『もう道に迷わない ―道迷いを防ぐ登山技術』

ずいぶん前に読んだ本だけれど…。一日カンヅメdayだったので。
Mou_miti1月の読図講座の前に、何か新しいネタはないかな、と読んでみた本のことでも。
山関係の分野の編集事務所を主宰され、日本山岳文化学会にも関わっておられる方が著者。


ヤマケイ新書
『もう道に迷わない ―道迷いを防ぐ登山技術』
野村 仁 著
2015年2月 初版発行
山と渓谷社 刊

例によって極にゃみ的に気になった部分を抜粋。

» 続きを読む

| | コメント (0)

おとな旅・神戸「摩耶山あじさいウォーク 」

おとな旅・神戸摩耶山あじさいウォーク にて摩耶山へ。
Dsc04405
猛暑の一日だったが、山上は涼しいのである。坂バス特別便、まやビューラインを乗り継いで摩耶山上へ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

7月20日の畑

前回が7月13日なので1週間目。
Dsc04379

» 続きを読む

| | コメント (0)

中山観音周辺ロケその2

またまためたくそ暑い一日。そしてまたまた中山観音駅周辺ロケ。
Dsc04317
昨日も暑かったけど、今日も炎天下でうろうろすると、危険を感じるほどの暑さだった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

中山観音周辺ロケその1

とうとう梅雨が明けてしまい、めたくそ暑い一日… ロケチーム溶けそう。
Dsc04277
極にゃみ的お気に入りの和菓子屋さんとか。
前回分がコチラにUPされてます。

| | コメント (0)

文月のお茶2017

ゲリラな感じで雨が通り過ぎて、すっかり涼しくなった夕刻のオーサカ。
Dsc04269
水無月に引き続き、文月のお茶のお稽古。

» 続きを読む

| | コメント (0)

『本当は怖い自民党改憲草案』出版記念講演

もしも、自民党の草案通りに憲法が改正されたらどんな社会になるのか?

De5ggejvoaiixrr
都議選で大敗を喫し、モリカケ疑惑をはじめとする、スキャンダルが次々に発覚。レームダックの安倍自民党が、改憲発議ができるかどうかはわからない状況になってきているものの、この「草案」の内容はあまりにも恐ろしい。
そのような改憲案を発議しようとしていること自体がとてつもない。
その草案とは、いったいどんな内容なのか…?

昨夕、『本当は怖い自民党改憲草案』の刊行記念講演会に行ってきた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

『さいはての花』

木曜クラスの“しのんちゃん”が、利尻・礼文に行ってこられて、Photoお土産にとくださった本。東京出身のカメラマン・松井久幸氏が、1981年から5年間、利尻島に移住。各季節の花や風景を撮り続けた集大成のような一冊。北の島に咲き誇る美しい花たち、そしてそれらの花々をはぐくんだ自然。憧れをかきたてる魅惑的な一冊で、行ってみたい気持ちがmaxな感じに。

『さいはての花 フラワートレッキング 利尻 礼文 サロベツ』
松井久幸 撮影
松井写真出版 刊
2004年6月 初版発行

主要なトレッキングコースの紹介も掲載されている。
しのんちゃん、ステキな本をありがとう!

| | コメント (0)

摩耶山紫陽花ハイキング

NHKカルチャー京橋クラスで摩耶山へ。暑さが厳しい時期なので…
Dsc04232
摩耶ケーブルでちょっとは涼しい虹の駅まで上り、標高451mからスタート。

» 続きを読む

| | コメント (0)

「花紀行~紫陽花が見頃の摩耶山上周遊」

コープのカルチャー」一日講座「花紀行~紫陽花が見頃の摩耶山上周遊」。Dsc04161

» 続きを読む

| | コメント (0)

六甲山専門学校7月度「六甲山小学校今昔物語」

六甲山専門学校7月度は、六甲山小学校の中谷勝彦教諭をお招きした。
Dsc04127
小学生が保護者の方と数組来てくれてた。高校生以下の参加者は初。

» 続きを読む

| | コメント (0)

『魔法の美術館』開幕!

明日からの『魔法の美術館』@大阪文化館・天保山のプレスプレビューへ。
Dsc03918
Dsc03923
「見て、ふれて、遊べる体感型アート」と題し、魔法のような光と戯れることができるユニークなデジタルアートの美術展。

» 続きを読む

| | コメント (0)

7月13日の畑

しあわせの村からバスで神鉄沿線へ出たので、ついでに畑に寄ることに。
Dsc03881
道場南口から青田の中の道を辿って…羽束山・宰相ケ岳が見える。7月10日に来たばかりだけど、あの時はちらっと見ただけでほぼ何もできなかったので。

» 続きを読む

| | コメント (0)

鵯越-高尾山-あいな里山公園2

NHKカルチャー神戸教室木曜女性クラスで鵯越へ。
Dsc03854
はい、直前下見日曜日に続き、3回目ですけど。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«『六甲山系登山詳細図』と六甲全山縦走路