« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

上高地

松本は快晴だったが、こちらは雪模様。今日は中の湯から徳沢まで4ピッチの歩き。
nec_0006.jpg

上高地はすっかり雪化粧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふうぅ。

ようやくパッキング完了。
nec_0009.jpg
 今回は、直前に予定していたメンバーが参加できなくなってとても残念なんだけど・・・、残りのメンバーで予定通り出発することに。ごめんね。
明日朝、新大阪からのぞみに乗って、昼過ぎには釜トンネルの入り口に着いている予定。お天気はどうも1日以降がかなり悪くなりそうだけど、とにかくがんばって行って来ます。
高層天気図を見てみたら、上空にはかなり寒気が入ってそうなので日本海にできるらしい?低気圧も発達しそうな雰囲気。下山が遅れるとひどい目にあうかもしれない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュラフをどうする?

今年はなんだか寒そうだし、ダウンとは言え、280gの夏用シュラフではちょっと辛そう。
nec_0013.jpg
 でも、冬用のシュラフを新調するのはお財布的にもツラいし、ぎりぎり妥協できるラインの650gってのはちょっと中途半端でイヤ(ホントの冬用は950g位なんだけど、シュラフに1kgってのは問題外)だし。
 んで考えたのが、

続きを読む "シュラフをどうする?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動食

冬も夏も、行動食の選択は悩む。
nec_0014.jpg
  だいたいパターンがあると言えばあるのだけれど・・・。
冬場はやっぱり軽さ優先と、もうひとつ大切なのはオーバーミトンを外さずにいかに簡単に口にできるか。ってことは、複雑な包装のものは最初から問題外だし、たくさん包材が出るものもNG。理想的には準備の時に包装をはずして、一袋に一日分のレーションをごちゃまぜに入れておくという形だが、そうできる食材というと限定されるし・・・。
 いろいろと制限のある中で毎回試行錯誤するのだが、某プロガイドさんが自家製のケーキとビスケットの中間みたいなものを持っていくという話を何かで読んで
、ちょいと真似してみようかと思い立った。ドライフルーツとナッツ類をしこたま入れた、やや水分少な目のフルーツケーキみたいなイメージで・・・自家製ならラップに包むだけだから包装も薄くて軽い。
 ところが、水分を控えすぎたのか、ちょっとパサパサな仕上がりに。これではパッキングしたら粉々になりそう、・・・難しいなぁ。コレ、明日のおやつかしらん。
 でも、もうひと工夫したらコンパクトで栄養バランスもよくて、それなりにカロリーが摂れて・・・という優れモノができそうな気がする。
 昔々(高校生くらいの頃)、お菓子作りを趣味でやってた時は何を作っても何時間もかかって、キッチンが粉だらけになって、後片付けも入れるととんでもない重労働だった記憶があるんだけど、それってよほど要領が悪かったみたい。このケーキ、仕込みにかかった時間はたった20分くらい、あとは他の用事を片付けている間にオーブンが勝手に焼き上げてくれる。びっくりするほどカンタン!なんだな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年って…

いったい何年だったっけか。
nec_0006.jpg
 数年ぶりで(!!)年内に年賀状を作って(ってーか最近年賀状そのものを作ってなかったし)、「さ、切手買いに行って、早く出しちゃお」と思ってふとナニゲに見てみたら、2007年もヨロシクとかって書いてある。れれれ、今年って何年だっけか?んんっ?確か2005年・・・ってことは来年はまだ2006年・・・ 
 はぁぁ~、やってしまった。大失敗。出す前に気づいてよかったものの、せっせと印刷したのになぁ。奮発して両面カラーで作ったのになぁ。
やっぱりかなりそそっかしいみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日は

悪あがきの、年内最後のトレーニング。
nec_0031.jpg
CLはお仕事で欠席だったのだが、正月パーティの三人でちょっと岩っぽいところをクランポンで歩いてみようか、ってことで荒地山から横池へと向かう。暖かくて穏やかな晴天で、気持ちのいいハイキング日和。横池は見事に凍っていた。
奥高座経由でさっさと下山し、三十番にてささやかな?クリスマスパーティ。あー揚げワンタンにレモン海老、マーボ豆腐に水餃子。久々においしかったなぁ。
日の高いうちに解散するが、その後悪い酒飲みが二人、秘密の飲み屋で二次会・・・(おいしかったね!アナゴとかぶらの蒸し物とか・・・ふぐの湯引きとか・・・
途中からあんまり記憶がないんだけど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Merry Christmas!

nec_0031.jpg
Merry Christmas!!

 しんしんと冷え込んで、静かな夜になりました。きーんと耳が痛くなるような寒い夜は、わりと好きだったりします。
 心が寒くなるような事件や目を覆いたくなるような災害がたくさん起こった2005年だったけれど、どうかどうかみんなが明日の幸せにおもいをはせ、誰かを思いやり、心穏やかに清きこの夜を迎えられますように。ちいさなともしびのような、あったかい気持ちになれる魔法を届けに、みんなのところに遠い空からサンタさんがやってきますように。
 静か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパ・スプマンテ

スプマンテと言えば・・・!行きたい温泉があったんだった。
それは、六甲道にある「おとめ塚温泉」。
nec_0029.jpg
 装備の検討&コソ練を兼ねてモンベル六甲店に行って、軽く汗をかいてから近くにある「おとめ塚温泉」へ、と言う計画でフッカーベルクロとチョークバッグを忍ばせてお出かけしたのだが、なぜかショップをうろうろしただけで温泉へ直行してしまった。懸案事項の「夏用シュラフでガマンするかどうか」も未解決なのだが・・・。今年は寒そうだからなぁ・・・、どうしようかなぁ。
 この「おとめ塚温泉」は、住宅街にフツーにある銭湯なのだが、優良自家泉源を持つ天然100%掛け流し・正真正銘の「温泉」。先日、温泉特集の記事を書くのに近隣の温泉情報をいろいろ調べた中で、イチオシで行ってみたいと思った温泉。
 薄緑色を帯びたお湯の中には、無数のシルキーな気泡が立ちのぼっている。じっと浸かっていると、皮膚の表面に小さな気泡がいっぱいくっついて、まるで透明のビーズのようにどんどん大きくなっていく。すべすべ感のあるキモチのいいお湯で、露天だとややぬるめなのでいつまでも浸かっていられる。遠くまでわざわざでかけたって、なかなかこんないい湯には出会えない。すっごくおトクな気分にひたってしまった。
 阪急六甲からだと、徒歩15分はかかるので少々アクセスは悪いけど、トレーニング帰りに六甲駅へ下りることがあれば是非。380円で天然掛け流しは、超お買い得。しょぼいけど飲食コーナーもあって、生ビールも飲めるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブにはボサノバ

おだやかに晴れた週末、「Presente de natal(クリスマスプレゼント)」が届いた。
nec_0026.jpg
あ、今日はクリスマスイブだっ。サンタさんありがとう。

naomi&goroのデュオは、とっても優しい雰囲気で、透き通ったnaomiの歌声が幸せな気分を運んできてくれる。今年はあんまりがんばってなかった自分だったけど、今夜のためにボサノバに合いそうなスプマンテでも買って来ようかな。
ちいさな幸せをかみしめながら静かに過ごすイブ・・・う~ん、いいカモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三時間後

こんなことに(☆。☆)ばらが雪で埋まってますけど・・・
nec_0015.jpg
路面は積雪4センチ?
みんなへっぴり腰で歩いてます。家出たところに急な坂があり、いきなりそこが核心部。おでかけ要注意だ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nec_0019.jpg
朝から雪が降り始め、あっという間に真っ白に。積もるのかなぁ。さくらさんと大学生君は妙にテンション高いけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドカレー

何を隠そう私は、インド・ネパール系料理に目がない大のカレー好き。nec_0013.jpg
 だもんで、ついついその系の本は手にとってしまう。これは、インド人と結婚した日本人主婦が書いたインド料理の本だけど、作ってみたいレシピが目白押し。
 23日に開催されるOkuda Wall恒例の「チャリティクリスマス」では、カレー屋台出店します。できあがりの味の保障はないけど、まぁネパール系カレーは私の定番メニューなので、ちょっと違うレシピで試しても大ハズレはないのではないかと・・・今回は南インド風にもチャレンジです。
 今のところ、3種類くらい作ってみようかと思っていますがハテどうなることやら。カレー好きさんはゼヒゼヒご参集くださいね。超お買い得オークションなんかもあります。山道具なんかも出るかもかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火の番のれんしゅう?

少し寒さが緩んだとは言え、天井が高いクラックスはやっぱり寒い。
nec_0032.jpg
しかも今日は妙に空いてて、うら寒い感じが…。だもんでついついストーブの傍に・・・アカンアカン、火の番の練習してる場合やないねんわ。

 とりあえずは、ボルダーで選り好みをせずにV1までを片っ端から片付けることに専念する。とにかく量をこなしてまずは筋肉再建をめざす(でも片付かないV1が6つも・・・)。
 その後ひもエリアに移動、とにかく「量で勝負!」がテーマだったので、ヒトケタ専門で攻めるが、解決済みのパートでハマりまくる。ボルダーで手が終わってるとは言え情けない・・・。  

 目標5本、の3本目で終了点落ちする。ほとんどやったことのないサプライズフォールに、自分でも驚く。なーんだ、落ちたってどーってことないじゃん。(と、次のリードで思えれば進歩するんだけど、次は5.8でテンションしてしまい、あまりの情けなさにちょっとへこむ。)

 珍しく10時過ぎまで登っていたけれど、よーく考えると今日はCRUX年内登り納めやんっ。もっと気合を入れて登るべきだった。でも、珍しく数をこなしたので帰りには肩がだるくて、かなりの疲労。こんな感じで毎週登れば少しはうまくなるだろうけれど・・・
年明けからもがんばります。テーマは、「気合と御稽古」に決めているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道迷い

岳人1月号の第二特集は道迷い遭難事故について。nec_0030.jpg
正真正銘・天然100%方向音痴の私としては、読まずばなるまい。
岳人編集部の方を被験者に道迷いに関する実験を行い、その結果と青山先生のアドバイスなどで構成されている記事。まだ全部読んではいないのだが、「人々が道に迷ったとき、非常に特徴的な問題がある。それは、ほんのわずかな地形情報に、十分な判断なしで飛びつき、定位情報として強引に取り込もうとする傾向があることである」・・・うーん、これまでの数知れぬ道迷いのときのことを振返ると、まさしくそのとおりである。強引に・・・おっしゃる通り!
この記事では、「どうすれば道迷いが防げるのか」というスバラシイ項目もあるので、読んで損はないと思う。

道迷いには、私のような方向音痴でなくても関心があるみたいで、青山ゼミの「疲労に関する実験」に被験者として協力してくださった方々も、かなりの確率で「道迷い実験にも参加したい」と言っておられます。私も被験者になりましたがホント面白かった・・・というか、天然自然の完全方向音痴が科学的に証明されてしまった?(おかげで迷っても堂々と「方向音痴やしっ」と開き直れる?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー色に喝采

パティオローズ、コーヒーオベーションが花盛り。nec_0026.jpg
冬の寒さにもまけず、華麗な花を次々に咲かせる、本当に喝采を上げたくなるような品種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬莱峡雪化粧

うっすらだけど、蓬莱峡にも雪が積もってた。
アイゼントレも気分出てい~感じ?
nec_0021.jpg
小屏風前には超怪しいオケラの「ブルーシートサティアン」が出現しており、M代表は焚き火番。割り込んでありがたくあたらせてもらう。

それにしてもマジ寒い~。正月パーティでロープワークの確認をし、午後は長モッコでボッカ。寒すぎて一瞬たりともじっとできないくらい。うちの比良パーティはラッセル三昧だったかなぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

単4リチウム発見

nec_0013.jpg
 ヘッドランプはペツルのティカプラス、ビーコンはマムートのバリフォックス、とどっちも単4なんだけど、冬場はアルカリだとヘタリが早くてやってられない。・・・って嘆いていたらShinちゃんが「単4のリチウムもあるで」と教えてくれた。ヨドバシで探したら4本セットで980円也。高いけど、しゃーないなぁ。
 ティカプラスはLED4灯で、ちょっとシビアな夜間行動にはちょっと無理っぽいんだけど、まぁ今回夜間登攀をするとは考えにくいので、軽さ優先で選択・・・。ラッセルくらいなら問題ないしね。
 今、ブラックダイヤモンドの「スポット」が気になってるんだけど。85gで「
1ワットの高輝度ハイパーブライトLEDと3灯のスーパーブライトLEDを搭載した高機能LEDランプ」っていうモデル。気にはなるけど、投資するタイミングでもないしなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天は二物を与え賜えり。

沢知恵さんのコンサートに行く。今年も期待通りの素敵なひととき。こんなきれいな人が、あんな迫力で・・・。
nec_0009.jpg
天は二物を与えず、と言うのはうそです。でも沢さんはきっと身をすり減らして歌ってる。そんな感じがする。苦しんでるのではなくて、なんていえばいいのかな。SFとかで、超能力者が能力を発揮したあとぐったりしたりとか老け込んだりとかするってのがあるじゃない、あんな感じっていうか・・・ちょっとトランス状態っぽい。多分、歌ってるときには何かが降りて来て?取り憑いてる。そんな感じ。ウタウタイってそんな感じを受ける人が多い。クライマーも。(大ちゃんとかも、何か降りてきてる気がする。あ、実力じゃないって言ってるんじゃないよ。そういう状態に自分をコントロールできる「能力」なんだと思う。人間離れしたちからを発揮する人って。・・・なんだか意味不明?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅田遠景

扇町公園から望むキタの夕暮れ。
nec_0014.jpg
 
たいしたトレーニングをしている訳ではないのだが、正月山行に向けて緊張感が高まっているせいか、膨張に歯止めがかかったような気がする。
一気にシメて元に戻すぞ〜( ̄〜 ̄)ふふふ。


 朝の腹筋トレを、復活させると共にちょいとスタイルを変えてみた。以前は、ねそべったまま、ひざを軽く曲げて、両手を頭の後ろに回して肩甲骨が軽く浮く、って感じで100回。
 今は、同じ姿勢だけど、両手はみぞおち、頭は同じく軽く浮くくらい。これだと、手の力を使えないので、50回が限界。これで、ぶくぶく拡張していた腹回りがちょっとスッキリはじめた。再開から3ヶ月かかったけど。
 しかも、わずか週1だけど、クラックス復帰して約2ヶ月、効果はテキメン。「身が引き締まる」って感じ。ハーネスのベルトによると、あと10cmはウエスト締めないといけないけど、でも「ゆるゆるモード」からは確実に復帰できる予感がする。来年の壮大なるクライミングの計画に向けて、頑張るぞ!絞るぞ!(ってーか当面、正月に向けて身体つくらなきゃ)やっぱボルダーは身体、シメるには効くね。まだ落ちた筋肉は復活してないので、V1あたりでハマるところが泣かせるけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬芽

冬晴れの街角では、街路樹がこっそり春支度。モクレンの冬芽が青空に映える。
nec_0031.jpg
ここ数日、肩凝りがひどかったのだが、ふじい治療院ではりとマッサージの施術を受けたらかなりラクになった。その後話し込んでしまい、クラックス到着が遅れる。でも、わかったことは、捻挫、肉離れなんかはもちろん、パキった指の治療もできるらしい。特に急性の症状には劇的に効果があるみたい。(やってる本人が、「急性の症状はすごく効果がわかりやすくて喜んでもらえるのでやっててうれしい」って言ってたし。ぎっくり腰とかも直後だとそうとう効くみたい。でも逆に、私の肩こりみたいに数十年、みたいのはなかなかたいへんみたい。ま、それはあらゆるところで言われたことだけど。

今日のへぼプロは、家元が来たので、Vを共にがんばる。Shinちゃんも珍しくボルダーで遊ぶ(最後はやっぱりスラブでがんばってたけど)。O隣さんと一年ぶりくらいで会ったのもうれしかった。

余分のフリーサイズのハーネス、チョークバックの残置をしたので、どちら様もシューズだけ持っていらっしゃいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬日

今朝は飛び切り冷え込んだ。にゃみ部屋は起きた時6度だった。

nec_0029.jpg
昼で10度だから暖房ナシは少しこたえる。でも夜の風呂上がり以外は、まだガマンガマン(ゆず湯にでも入りたいところ・・・)。
冬の関西はだいたい晴れの日が多いけれど、こんな日、福井あたりは雪なのかな。雪かきしに行かなきゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関西登山技術勉強会?

やったっけ、正式名称がわからないのだが・・・。で、かってに「松本塾」と呼んでいたら、全然別の人もどこかにそう書いてた!びっくり。
nec_0009.jpg
ヨドバシでご用を片付け、40分ほどあるので超寒い中を梅田から歩いて行く。途中、中ノ島でイルミネーションを見学・・・。市役所から公会堂のあたりがえらいきらめいていて、「OSAKA光のルネサンス」なんだそうざんす。(25日まで)

 今日は、忘年会につき無理やりさっさと終わり、いつもの中華屋さんへ。でも、タカハシさんのエイド論、もうちょっとわかりやすく聞きたかったなぁ。私には理系の頭がないので、質問すらできませんでした。結局、ディジーキャッチとロープキャッチ・・・、結論的にはどっちどっち?うううーん?繰り出されたロープの長さに依存するってことだけはわかったけど・・・。だから結局どうすれば・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

締め切りクリア

恒例「年末進行」にて、締め切りがいつもより1週間早い。
またもボロボロに朱が入った2月号初稿をどうにか流し込んで、ちょっと一息。

nec_0007.jpg
 昨日の筋肉痛が出るかと思ったがマダマダ・・・レキのストックを買って1年以上になるのに、一度もちゃんと使ったことがなくて、昨日はせっかくの雪だし、アイスアックスが必要なコースでもないのでダブルストックを試してみることに。下りでは「ひざにえぇなぁ」と実感したけれど、使い慣れないもんで腕がだるくて。きっと明日は筋肉痛、と思ったけど明日かしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比良初雪歩き

滋賀県は雪がかなり降ったと聞いたので、比良へ歩きに行く。

nec_0007.jpg

坊村から御殿山、西南稜から武奈ケ岳へ。雪がイッパイで楽しかった(^^)~。なんでか雪が降るとはしゃいでしまう。
途中、ラッセルも覚悟したし、下山途中の日没も覚悟の上であえて入ったけど、ルートはトレースがばっちりあって、高速道路。明るいうちに比良の駅に到着。ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬莱峡、晴れ時々人降り。

先々週、私だけアイゼントレをさぼったので、本日はその分一人でコソ練。
nec_0014.jpg
右フェースにフイックス張って目標5本。
ところが、いきなり正面の上から人が降ってきた(☆。☆)ロープ伝いに、えらいスピード。
地面到達までの数秒間に私が考えたのは、「アセンダーをロックせずに登っていたのか?(←以前Yカドさんがやってたのを見た)フリクションノットを掴んで落ちたのか?(←以前ゴフミさんがやったのを見た)それとも・・・」
とにかく現場に走ってみたら、さっき立ち話をしていた顔見知りのHさんだ
・・・
とりあえず自力で立ってるし、大変形はなさそうだし、頭も打ってないので一安心。でもショック症状が絶対に出ると思ったので、「大丈夫みたいですけど、とりあえずちょっと休憩しましょうか」と声をかけてその場に座ってもらう(せっかく頭を打たなかったのに、倒れて打ったらバカらしいし)。
オケラのMさんの奥さんも駆けつけ、二人がかりで「とりあえずアイゼンは外しましょうね」といいながら、こっそり足のチェック。大丈夫、折れてはいない。ひじをすりむいて出血してるのと、手にやけどをしてる以外は、緊急を要するケガはなさそう。

 それにしてもすさまじい姿だった。カッパはさけてぼろぼろ、オーバーミトンは溶けてるし、中のハンガロン(化繊だったらえらいことになってたと思われる)も穴だらけ。シャツもひじに穴があいてるし、それより何より驚いたのは、ハーネスがない!どこっ???
・・・と思ったら、なんと「フリーソロ」してはったらしい。たまたま落ちたとき、そこにフィックスロープがあったので、とっさにそれを掴んで、そのまま落ちたらしい。正面のイチバン上だよっ?他人事ながらぞーっとしてしまった。ああコワい。だからホーライキョーはコワイんだよぉ・・・

 大事に至らなくてホントによかったけれど、自分的には反省点がいくつか。夕方から忘年会があるので半日で帰るつもりだったのと、明日のパッキングを先にしてしまったのとで、装備がいい加減だった。
いつも持って歩いているファーストエイドキット一式、防寒着、ツエルト、・・・何も持ってなかった。本人さんは気丈で、ずっと意識レベルも問題なかったけど、やっぱりしばらくしてからショック症状が出て、「貧血みたい」と横になってしまった。「寒くない、大丈夫」って言ってたけどやはり保温処置はしてあげるべきだった。傷の応急処置も手持ちがなくて、そのへんにいる人にガーゼとかを分けてもらった。しかも、たいした出血ではなかったので気が緩んでいたのか、他人の血液に素手で触れてしまった。処置が終わってから帰り道で「あーそーいえば」と思い出した。幸い自分の手に傷はなかったので、大丈夫ではあるけれど。。。

 いつ何時でも救急セットは持ち歩くべし。 ささいな傷の処置でも、ディスポ手袋は必ず装着すべし。半日行程の予定でも、防寒着等は持っておくべし。
こんないい加減な状態で、もし重篤な事故に出会っていたら必要なモノがないという段階で、精神的にあせりが入って絶対にきちんと対応できてないだろう。反省!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デスクトップのマスコット

「ホットペッパー」のキャラの「あなたごよみ」っていうスケジューラ。時計と天気予報と占いなんかも出してくれて、なかなかカワイイ。わりかしジャマだけど。

nec_0021.jpg

おでかけするつもりが、ぼやっとしてるうちにバスに乗り遅れた。1時間に1本しかないバスなのに・・・でもこんなことしてあそんでいると、次のバスにも乗り遅れたりとかするんだよな(^^);;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの祝会

今日は土佐堀YMCAの「クリスマスの集い」。

nec_0014.jpg
 例年は昭和初期の名建築・大阪協会で礼拝を行うのだが、今年は10階のチャペルで実施。留学生さんたちのクワイアとキャンドルサービスがとてもよかった。
祭壇の前には、アドベントを象徴する4本のキャンドルにあらかじめ火が点されており、学生さんの手によってイエスの生誕を象徴する5本目のキャンドルに点火されるところから礼拝が始まる。クワイアのメンバーが、順に手に持ったキャンドルに火をつけては隣に送っていく・・・ゆっくりと、チャペルが小さなろうそくの火で囲まれていき、・・・その中で静かに祈りが捧げられ、賛美歌が流れる。とっても心温まるひと時だった。
 祝会では、毎年手づくりのクリスマスケーキを届けてくれる卒業生Tさんのケーキが今年も大人気。同じく卒業生イワタアイコさんが熱唱する「グローリーハレルヤ」が今年も聴けて、よかった・・・。彼女もいよいよメジャー
デビュー???
 「いのち」をテーマに、映像と音楽で構成されるパートでは、私が提供した山の写真もずいぶんと使っていただき、私には懐かしい思い出のシーンが流れた。新雪の中ではしゃぐメンバー、飛騨沢を登行していくOYパーティ、唐松からの下りの幕営地の朝、宝剣で迎えた神々しいような夜明け・・・。
 使い捨て食器の使用をやめよう、ってことで今回は「リユース食器」を導入したので、私はその「洗い隊」隊長を拝命して裏方と後片付けに専念。表現コミュニケーション学科の学生さんたちが積極的に手伝いに手を上げてくれたのがうれしかったな。おっちゃんもおばちゃんも、日本の学生君も、海外からの留学生君も、ホントにたくさんの人の善意で運営されている土佐堀YMCAというところが、実はけっこう気に入っていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアのスローフード

知人が文化サロンでイタリアの食の話をするってんで、頼まれてパワーポイントの資料を作った。写真があまりに多くて、データ量450メガを越えてしまったけど、古いマシンだったらもれなくフリーズすると思うんだけどいいのかな(無責任~)。
nec_0011.jpg
「ろくに講師料も出ないのよぉ」とぼやいていたけど、それって私の作業に対するギャラも出ないって意味かなぁ( -_-)?(だったら哀しいなぁ・・・丸々二日かかったのになぁ・・・)


ところで近頃「スローフード」だけじゃなく「スローライフ」なんて言葉も流行中だけど、元々はイタリアの片田舎、ブラという街で「ファストフードじゃなくて、きちんと作った食事を取り戻そう!」というムーヴメントが「スローフード」。いわば、「反ファストフード主義」だね。
この本はイタリアの「絶滅危惧種」みたいな食べ物をリストアップしたどえらく分厚い本。もちろんイタリア語なので中身は読めないけど、人々は昔から食べるために働いてきたのね、というプリミティブなことがよくわかった。
ちなみに、金色のかわいいカタツムリが、スローフード協会のシンボルマークです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しっとりと飲み会

今日は大阪の山岳界の大先輩にお誘いいただき、飲み会。。。
nec_0006.jpg
基本的に男前は苦手なんだけどなぁ。。。ドキドキ。
でも料理がメチャうまな店だったので、ひたすら飲みかつ食う。すみませんでした。ヒラメのつくり、湯豆腐、馬刺し、カキフライ、肉じゃが、etc.etc. 久しぶりにまともな料理と男前を前に、大緊張で悪酔いすらする余地もなく、まともに帰宅。当たり前だけど、はぁぁ・・・。
 でも、やっぱり昔からの筋金入りの山ヤさんは違う。ここんとこ着膨れでぶくぶくの私だが、「昔は正月山行までは(自宅で寝るときは)毛布だけで我慢したもんだが・・・」だって。ほかにもいろいろと山でのお話をうかがうが、今のふやけた私には耳の痛い話ばかりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時雨空

関西もすっかり冬めいて、昨日は木枯らし、今日は時雨。
nec_0011.jpg
あまりに急に冷え込んだので、寒冷順化が例年のようにうまくいかなくて、すっかり着膨れ生活に突入。厳冬期仕様のレイヤーしてたりなんかして。山服大活躍な毎日である。だって寒いんだもん~。夜なんか、電気ストーブのお世話にもなってたりして。ダメだなぁ。

 ダメと言えば今日のヘボプロ。思い切りダメ。
ボルダーでがんばるぞ、と思いきや、以前解決済みのV2が軒並み登れなくて思い切りへこむ。だもんで、CRUX初エントリーのK嬢につきあってVB、V0をやるが、それすらも危うい???筋肉はなくなってるわ、カラダは重くなってるわ。
 とんでもない状態なんだけど、そんな言い訳をぶつぶつ言っていたら、ばっちり「言い訳やなぁ!?」とShinちゃんに指摘される。仰るとおりや。
 その後、せめて「ひも」でがんばろう、と思うが、先週ハマった10aで、「3ピン取ってんねんからOK、意地でも突っ込め!」と自分に言い聞かせ(スミマセン、あまりにレベルの低い話で)、トライするが、やっぱり同じところでハマる。ガバをつかんでいるのに、次のムーヴがコワくて起こせない。先にクリップしたらいける?とも思うが、頭上クリップはもっとコワくてできない。どう落ちようが青タンこさえるくらいですむのに、何でがんばれないのか。こんな根性無しではどうにもならんわっ!と哀しくなって、同じくストーブのそばでしょぼんとしているK嬢と手に手を取って?逃げ出すことに・・・(ダメじゃん逃げちゃ・・・)。

 久々の「えっちゃん」では美味しくたこ焼きビールできたけど、ダメだよなぁ、こんなことでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスがやってくる

ここのところ毎晩、沢知恵さんのアルバム「いいうたいろいろ」ばかり聴いている。

nec_0007.jpg
やさしく美しく、しかも力強いクリスマスのうたシリーズ。
「さやかに星はきらめき」「アメージンググレイス」「きよしこの夜」・・・、大好きな歌ばかりなのだ。いやがおうにもクリスマス気分が盛り上がる。実はゼンゼン無宗教なんだけど。
 で、今週末は、「土佐堀クリスマスの集い」。例年大阪教会でクリスマス礼拝、土佐堀会館で祝会というパターンなのだが、今年は土佐堀会館のチャペルで礼拝を行う。学生さんたちのクワイヤ、キャンドルサービス。いつものゴシック系重厚路線とちょっと一味違いそう。(大阪教会はとっても素晴らしい近代建築なのです。機会があれば是非一度行ってみて。「ホンモノのクリスマスツリー」もあるし。建物と並んで、一見の価値あり。)

 そしていよいよ来週金曜日は、沢知恵さんのクリスマスコンサート。とっても楽しみ。・・・だけど、、、ロクスケにも行きたいんだよぉ。Daiちゃん~!!(クリスマス行事担当なので働かなきゃいけないんだよぉ・・・くくく、口惜しい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の有馬

雪道を有馬温泉へ。下界は紅葉真っ盛り。
nec_0030.jpg
いつもは銀の湯に行くのだが、今日は有馬三山を縦走してきて落ち葉山から下ってきたので久々に金の湯に入る。天候のせいか空いていてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪

朝起きたら雪がしんしんと降って、一面銀世界。わんこ状態ではしゃいでしまう。nec_0029.jpg
ノースロードへ出て、シュラインロードを下る。この道はとってもお気に入りの道。古くからの信仰の道で、途中に33箇所の石仏がある。下りきって、仏谷から湯槽谷山へ登り返し、有馬三山へ。UMEちゃんはちょっと諸般の事情にて、うなだれて歩いてますけど・・・

ちなみに、買出し隊・荷物運び隊の車組は、2台が下山不能に陥って車だけ山上でもう1泊したそうです。びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かまど炊きごはんの幸せ

なんたっておいしい炊きたてごはん(^-^)
nec_0012.jpg
薪で炊いて、炊きたてホカホカをいただく!!もう、おこげのこうばしいことったら!!
雪の降る中、朝暗いうちから炊いてくださったS会長、ホントに感謝なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊南市場

納山祭の買い出しで市場へ。
nec_0007.jpg
約50名分の食材を調達。すき焼き用肉8キロ、卵120個、葱1箱、白菜3個…などなど、豪勢な買い物三昧。肉は100g980円也が特価で780円になっているのを購入、さらに値切ろうとするが、さすがにまけてくれない。「7万円分も買うのに~!」とねばり勝ちで?すき焼きのタレを1本オマケしてもらう(セコっ)。
財布を握っている担当のN井さんは「金ならある」が口癖になっててちょっとバブリー。7人がかりで買出しをすませたあと、ランチはみんなでいつものうまいうどん屋へ。巻き寿司定食を食べるが、S会長がみんなの分も
ご馳走してくれた。ゴチです!!うまかったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »