« デスクトップのマスコット | トップページ | 比良初雪歩き »

蓬莱峡、晴れ時々人降り。

先々週、私だけアイゼントレをさぼったので、本日はその分一人でコソ練。
nec_0014.jpg
右フェースにフイックス張って目標5本。
ところが、いきなり正面の上から人が降ってきた(☆。☆)ロープ伝いに、えらいスピード。
地面到達までの数秒間に私が考えたのは、「アセンダーをロックせずに登っていたのか?(←以前Yカドさんがやってたのを見た)フリクションノットを掴んで落ちたのか?(←以前ゴフミさんがやったのを見た)それとも・・・」
とにかく現場に走ってみたら、さっき立ち話をしていた顔見知りのHさんだ
・・・
とりあえず自力で立ってるし、大変形はなさそうだし、頭も打ってないので一安心。でもショック症状が絶対に出ると思ったので、「大丈夫みたいですけど、とりあえずちょっと休憩しましょうか」と声をかけてその場に座ってもらう(せっかく頭を打たなかったのに、倒れて打ったらバカらしいし)。
オケラのMさんの奥さんも駆けつけ、二人がかりで「とりあえずアイゼンは外しましょうね」といいながら、こっそり足のチェック。大丈夫、折れてはいない。ひじをすりむいて出血してるのと、手にやけどをしてる以外は、緊急を要するケガはなさそう。

 それにしてもすさまじい姿だった。カッパはさけてぼろぼろ、オーバーミトンは溶けてるし、中のハンガロン(化繊だったらえらいことになってたと思われる)も穴だらけ。シャツもひじに穴があいてるし、それより何より驚いたのは、ハーネスがない!どこっ???
・・・と思ったら、なんと「フリーソロ」してはったらしい。たまたま落ちたとき、そこにフィックスロープがあったので、とっさにそれを掴んで、そのまま落ちたらしい。正面のイチバン上だよっ?他人事ながらぞーっとしてしまった。ああコワい。だからホーライキョーはコワイんだよぉ・・・

 大事に至らなくてホントによかったけれど、自分的には反省点がいくつか。夕方から忘年会があるので半日で帰るつもりだったのと、明日のパッキングを先にしてしまったのとで、装備がいい加減だった。
いつも持って歩いているファーストエイドキット一式、防寒着、ツエルト、・・・何も持ってなかった。本人さんは気丈で、ずっと意識レベルも問題なかったけど、やっぱりしばらくしてからショック症状が出て、「貧血みたい」と横になってしまった。「寒くない、大丈夫」って言ってたけどやはり保温処置はしてあげるべきだった。傷の応急処置も手持ちがなくて、そのへんにいる人にガーゼとかを分けてもらった。しかも、たいした出血ではなかったので気が緩んでいたのか、他人の血液に素手で触れてしまった。処置が終わってから帰り道で「あーそーいえば」と思い出した。幸い自分の手に傷はなかったので、大丈夫ではあるけれど。。。

 いつ何時でも救急セットは持ち歩くべし。 ささいな傷の処置でも、ディスポ手袋は必ず装着すべし。半日行程の予定でも、防寒着等は持っておくべし。
こんないい加減な状態で、もし重篤な事故に出会っていたら必要なモノがないという段階で、精神的にあせりが入って絶対にきちんと対応できてないだろう。反省!!

|

« デスクトップのマスコット | トップページ | 比良初雪歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/7553969

この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱峡、晴れ時々人降り。:

« デスクトップのマスコット | トップページ | 比良初雪歩き »