« あみだそば | トップページ | 戦いすんで日が暮れて »

元町ならやっぱり中華そば?

ボランティアでやってる六甲山の案内人研修で朝から神戸。
午前中は田辺眞人教授から歴史系のお話を聞くが、久々の「タナベ節」が楽しい。
ランチは「葱汁そば」を食べに、鯉川筋東にある広東料理店・順徳へ。
nec_0006.jpg
あっさりと上品なスープに美しい白髪ネギが風味よくマッチ、絶妙に旨い。
肉系の具は一切なく、極めて淡麗な味わいがベジーな私にはぴったり。¥630ナリ。

午後はインタープリテーションのスキルに関する講義。プロとして長年経験を積んできた講師が、実際にアイスブレーキングなども交えながら「伝える技術」の大切さをお話してくれた。さすがによく通る心地よい声と終始にこやかな表情で、「つかみ」もバッチリ。やっぱプロは違う・・・ この研修はあと3回あるので、次はドコへ行こうか楽しみ。

|

« あみだそば | トップページ | 戦いすんで日が暮れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/8377964

この記事へのトラックバック一覧です: 元町ならやっぱり中華そば?:

« あみだそば | トップページ | 戦いすんで日が暮れて »