« 怠惰な日々と“劇的な瞬間” | トップページ | お届け物 »

六甲山へ行こう2

まもなくヤマケイさんから、昨年刊行されて好評を博した“六甲本”の続編が出ます。
Photo今回は“エコツーリズム”に主眼を置いて編集されています。私もコースガイドの記事をいくつか書かせていただきました。エコツーリズムの視点から、六甲山の案内人として「こんなふうに見てもらえたら・・・」という思いを盛り込んで書いています。

 よく考えると、仕事として文章を扱って久しいのですが、これまで書いてきたものと言えば商業コピーだったり、マニュアルだったり、誰かのゴーストだったり・・・。
 自分の主観でテーマを選び、原稿を書かせてもらったのははじめてかも。しかも、いまさらですが、初の署名記事だったりします。よかったらご一読ください。

「六甲山へ行こう2」
山と渓谷社 刊
2006年5月20日 発行
(A4変形版)

|

« 怠惰な日々と“劇的な瞬間” | トップページ | お届け物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/9589580

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山へ行こう2:

« 怠惰な日々と“劇的な瞬間” | トップページ | お届け物 »