« 高速走ってるはずの時刻に | トップページ | 卯の花の匂う… »

美術館の遠足

「美術館の遠足」は、藤本由紀夫さんによるサウンドオブジェ、サウンドインスタレーション、ワークショップ等で構成された一日だけの展覧会。
美術館の遠足

1997年から始まって
、年に1度、1日だけ、10回シリーズ10年計画の「展覧会」の最終回がまさに今日。クライミングツアーが延期になったおかげでタナボタ鑑賞。

 “美術館は「芸術作品が展示されるための空間」ではなく「芸術を体験する空間」”という位置付けで、さまざまな仕掛けが施してある。
 ふだんは入れない収蔵庫とか茶室とかアトリエとか、はては展示スペースまでがオープンになっており、鑑賞者は好きなように美術館探索を楽しむ。天井裏のダクトとか、石膏オブジェの塊の奥とか、妙なところに音源が仕込まれていたり、ふだんは閉ざされている扉が開かれていて、「えっ?こんなところに通じてるの?」って迷路で遊ぶような楽しみもあったり。

  美術館の遠足 10/10 2006.5.27
  藤本由起夫×西宮市大谷記念美術館

|

« 高速走ってるはずの時刻に | トップページ | 卯の花の匂う… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/10264136

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館の遠足:

« 高速走ってるはずの時刻に | トップページ | 卯の花の匂う… »