« 名残のバラ | トップページ | 久々のCRUXとATCガイド »

唄の上手な娘

読書家の山ヤSさんに、関西の奇才・ひさうちみちおさんのコミックを借りた。
イラストレータとしても有名な方なので、作品はよく目にしていたが単行本を読むのは実は初めて。
Photo_1
コミックというよりはイラストチックな絵柄で、アジアンテイストがそこはかとなく漂い、飄々と、淡々と、ちょっとエッチでちょっと虚無的。
あーまさしく関西のサブカルチャー系世界・・・って感じ(確か、文庫になった本でらもさんとのコラボとかもあったな)。
登場人物の表情がなんだかいい味出してて、けっこう好きかもしれない。

んで、他にどんな作品があるのか調べてみたら、まぁ~、あるわあるわ。

「大人養成講座」
「大人の女養成講座」
「大人の恋愛養成講座」
・・・挿絵担当なんだけど、うーん、、、養成講座が好きなのかな?


「正しいお痴漢本」というのもあったが、いったい何が書いてあるんだろう・・・なんで“お”がついてるんだろう・・・「ひさうちみちおの妄想辞典」ってのもあったな。

コミック系では、その昔「ガロ」でデビューしたヒトで、
「パースペクティブ・キッド 」がデビュー作。他に「托卵」「イケズの構造」(京都人らしい・・・) などなど。

ところでこのヒトは、漫画家でイラストレータで文筆家で映画に出演もしてるから俳優でもあると言える、所謂マルチタレント、ってヒトなんだけど、実は山ヤさんだったりもするらしい。某A○○という会に入ってて、たまに山にも行ってるらしい。世の中には多才な人っているんだなぁ。

|

« 名残のバラ | トップページ | 久々のCRUXとATCガイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唄の上手な娘:

« 名残のバラ | トップページ | 久々のCRUXとATCガイド »