« オニトマサラダ With イタリアンパセリ | トップページ | お気楽くらいみんぐDay »

シラヤマギクの季節

夏の宿題が終わっていないのに、天気予報が「カラッと晴れてお出かけ日和です」って繰り返すから、ついつい出歩いてしまった。開発で消え去ったというウワサの「惣河谷奥壁」がどうなってるのかと、「桜の園」がどうなってるのかを見てみようかな、と。

惣河谷の取り付きはどうみてもなくなってるっぽいので、清荒神から入って自衛隊の演習場の脇から覗いてやろう、と思ったんだけど、宝塚で乗り換えた電車は、発車するなり「次は山本です」だって・・れれれ、快速急行?いきなり失敗。山本で降りて、反対側のホームで電車を待つ。しばらくして来た電車に乗ったトタン「次は終点宝塚です」
 ・・・何やってんだか。

結局、西園地から惣河谷上半分に合流するまでにあちこちから眺めてみたけど、なくなってるっぽいというかよくわからんと言うか・・・持ってる地図がかなり古くて大造成が入る前のものなので、場所の特定すらできなかった。仕方なくそのまま上半を詰め、中山ピークから十万辻方面へ下り、大峰山へ。「桜の園」は、桜守の会の手によって整備はかなりすすんでいるものの、桜の生育状況はよくわからなかった。来年のお花見をココでしたらどうかと思ったんだけど。
廃線跡に合流し、ついでだから生瀬まで歩くことに。0609020089
この道も、廃線になった直後くらいに来たきりなんだけど、あんまり夕方にひとりで歩いて楽しい道ではない・・ もちろんヘッ電は持ってたけどトンネルは長くて当然真っ暗、むかし誰それが死んだから○○淵という名がついた、みたいな看板とか不気味に置き去られたコウモリ傘とか見ているうちにコワくなってきちゃった・・


中山から大峰周辺は、六甲山周辺の野菊の中で一番早く花を咲かせるというシラヤマギク、可憐なピンクのママコナ
がたくさんさいていた。
0609020032 0609020038

|

« オニトマサラダ With イタリアンパセリ | トップページ | お気楽くらいみんぐDay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/11731738

この記事へのトラックバック一覧です: シラヤマギクの季節:

« オニトマサラダ With イタリアンパセリ | トップページ | お気楽くらいみんぐDay »