« 観音屋のチーズケーキ | トップページ | 仁川渓谷の岩場情報 »

六甲山行方不明者の顛末・・

たまたま普段は見ないテレビをつけたら、六甲山で3週間行方不明になってたって人が退院したというニュースをやってた。ご無事に回復おめでとうございます~。

記者会見に臨んだ主治医さんによると、発見時体温が22度(どっちかっつーと死体の範疇・・)まで下がっており、事故後急速に低体温状態になったのが長期間の生存の鍵であったと語っていた。要は冷凍人間状態・・・(後に「冬眠」と報道された)
ご本人は「山は怖いということです」ってコメントしてたけど、「山が怖い」んじゃなくて「酔っぱらって山に分け入る人」がアブナいんだってことは是非ともわかってほしい・・・
そして、「山はもうコリゴリ」だなんて思わずに、元気になったらまた六甲山に行ってくれるといいんだけど。ただしお酒を飲んだらケーブルで下りてね。
“現場”として映っていたのは、どうも“油こぶし”っぽい気がしたんだけど、ガケから10m転げ落ちた・・っていったいドコだろ。油こぶしは特に危ないところがないので、よく駐在帰りなんかに日暮れと争ってひとりで走って下るけれど、油断禁物~。

0612190003_1 ところで、夕食に大根サラダを作ったついでにその皮で酒のアテも。細く刻んでポン酢をかけて、しんなりしたら水気を切って石垣島ラー油をかけるだけ・・スパイシーで極ウマ。石垣島ラー油はもちろん餃子にも合うけど、こういうシンプルな食べ方の方が持ち味が生かされるみたい。皮独特の歯ごたえと辛みが(゚д゚)ウマー!

|

« 観音屋のチーズケーキ | トップページ | 仁川渓谷の岩場情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山行方不明者の顛末・・:

« 観音屋のチーズケーキ | トップページ | 仁川渓谷の岩場情報 »