« 谷町9丁目 | トップページ | ルートコンペ »

“狂い咲き”考

紫紺野牡丹が咲いていた。
0701120047_1日本での一般的な花期は初夏(5~6月)と秋(10~11月)。
花期を外れて咲くと“狂い咲き”などと言うが、ブナおじさんはいつも「人間は勝手に狂い咲きとか言うけれど、植物には植物の都合があるんだ。それを狂っているなどと言うべきではない」と仰る。確かに、いろんな“都合”があるんだろう・・・
けど、日本には四季があり、季節に特有のいろいろな現象がある。花が咲いたり芽が出たり、紅葉したりというのはだいたい時期が固定されているのが普通だ。私のオツムは極めてリベラル(いーかげん、とも言う)だから、“普通”がよくてそうじゃないものが悪いなどとはカケラも思っちゃーいないが、自然の変化に関してズレが多発することに対しては不安を覚える。

ところで・・・、秋の花粉症が治らないうちに正月が過ぎた。山裾の陽だまりではスミレが咲き始めていると聞くし、このままスギも開花を始めて、春の花粉症に移行しちゃうんだろうか。何だか狂ってない・・?ってーか迷惑な話だ・・・

紫紺野牡丹(シコンノボタン)
ブラジル原産、ノボタン科ティボウキナ属の常緑半低木。雄しべと葯がクモの足を思わせることから別名「スパイダーフラワー」。花言葉は「平静」。

|

« 谷町9丁目 | トップページ | ルートコンペ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118917/13515659

この記事へのトラックバック一覧です: “狂い咲き”考:

« 谷町9丁目 | トップページ | ルートコンペ »