« みぞの中がお好き・・? | トップページ | らーめん封 »

徳川道から摩耶山へ

午後から神戸で所用があるため、半日だけ歩く。
0703310045久々に“徳川道”を登ることにするが、なんと川を一筋間違えて伯母野で遭難。巨大マンションの敷地内でリングワンデリングに陥る・・・。
この道は、神戸開港直前に西国街道を往来する侍と外国人とのトラブルを避けるために幕命によってわずか2ヶ月の突貫工事で作られた“バイパス道”。神戸港を避けて、石屋川から杣谷沿いに山間部を抜けて行くルートだが、結局使われる間もなく幕府は崩壊。しかも、危惧されたとおり外国人との接触(神戸事件)は発生してしまったという皮肉なエピソードが。後にハイキング道として“カスケードバレイ”というハイカラな名前で呼ばれるようになった。ヤブツバキの大群落が印象的なコースである。
0703310049クロモジがずいぶん咲き進んで、薄黄緑色のかすみがかかったかのよう。キブシの黄色い花序も共に彩りを添え、早春らしい明るい色彩に溢れている。
荒れていて歩きにくい、という話を聞いていたけれど、全くどこにも問題はなく、普通に歩くことができた。カスケードバレイと言うより、堰堤バレイって感じではあるけど・・。古い沢登りの本を見てると名ルートとして紹介されてるから、昔は滝登りが楽しめたようだが、今は昔のお話である。
0703310067杣谷峠から天上寺へ。この寺は、正式には“摩耶山忉利天上寺”と称し、仏母摩耶夫人を祀っている。元々は南側斜面に広大な伽藍があったそうだが昭和51年に焼失、現在の場所へ移転・再建された。安産祈願で知られ、にゃみもこのお寺サンのお陰で無事出生したのである。綺麗な境内には、1本だけ濃い色の桜が咲いていた。淡路島を望む展望も素晴らしい。
0703310100摩耶山からは天狗道を下り、学校林道から新神戸へ。
徳川道にはタチツボスミレがたくさん咲いていたが、学校林道では“シハイスミレ Viola violacea”も見られた。
葉の裏側が紫色をしていることから、「紫背菫」というらしい・・やや赤紫系のかれんなスミレだ。

|

« みぞの中がお好き・・? | トップページ | らーめん封 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳川道から摩耶山へ:

« みぞの中がお好き・・? | トップページ | らーめん封 »