« Thanks Mother's Day | トップページ | 五月晴れの庭から »

アウトドアの救急法

0705130128 GW明け恒例の、救急法講習会を実施。
今年も午前中は西消防署による「普通救命講習会」、午後はスペシャルプログラム・・
日本のアウトドアにおける救急法の第一人者、『 野外のファーストエイド術』という著書でも知られる悳(いさお)秀彦先生をお招きしての実践的講習会。


0705130027午前中の「普通救命講習会」は、昨年9月から2005年ガイドライン準拠に変わり、いろいろと変更点が。
“心臓マッサージ”については“胸骨圧迫”と呼称が変わり、15回圧迫+2回人工呼吸→圧迫30回で2回の吹き込みに変更。人工呼吸がためらわれる場合は省略してもいい、とのことで、要は胸骨圧迫により力点がおかれるようになった。
0705130038 AEDの重要性についてもかなり強調された内容。設置されている施設は確かに増えてきているが、日頃から「ここにある」というのをなるべく意識してみるようにしよう・・。
AEDの仕様変更や2005ガイドラインへの変更について伺ったところ「実例からの統計データで少しずつ改良が加えられており、以前のものが必ずしも悪いわけではない」とのこと。手技については慣れているのなら以前の方法で実施しても差し支えないそうである。


0705130071悳先生の講習は、登山活動中におけるファーストエイドを主題に、墜落・滑落等の高エネルギー損傷を想定した対処から。
容態評価・処置は解剖学的な要素より生理的な要素、つまり「身体機能」より「救命」を優先・・。
医療機関でのよりよい二次処置のために、「MIST(受傷起点・明らかな損傷・予測される損傷・症状と経緯)」を記録すること・・。
0705130096また、5分で救急車に収容される街中とは異なり自力搬送や医療機関に引き継ぐまでにかなりの時間がかかることを前提としたさまざまな内容を学んだ。これはザックを連結した応用担架に事故者を乗せる「ログリフト」という手法・・
覚えてないこともありそうだけど、非常に有益な内容だったので少しでも覚えているうちにHPの方にレポートをまとめようと思う。

|

« Thanks Mother's Day | トップページ | 五月晴れの庭から »

コメント

昨日はお誘いいただき、ありがとうございました! R山の講習会とはひと味違ってて、いろいろ出てみるものだな〜と思いました。忘れないよう復習しとかないといけませんね。

……それにしても、昨夜あれだけフラフラ(!?)になってたのに、帰ってからこれだけ書かれたんですか? すごい。さすがライターですね。

投稿: SunnyK | 2007年5月14日 (月) 11:46

昨日はミドリさんの身代わり?お疲れ様でした!!
帰りはマジやばくって、あわや恒例の“今津線無限地獄”に陥るところでした。どうやって帰ったのか実はよく覚えてないんですが・・なんだかわからないけど写真1枚とサワリだけUPしてました(←???)
あとは朝起きてから追記したんです・・。
不穏なことを書いてなくてよかった・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2007年5月14日 (月) 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウトドアの救急法:

« Thanks Mother's Day | トップページ | 五月晴れの庭から »