« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

研修会@沢

指導委員会&遭対委員会の合同研修会に“いっちょかみ”な週末。
0706300005大台山系の沢で、渡渉技術の検証etc.をやるってんで、渡渉が(も!?)超ヘタくそな極にゃみ的にはちょっと覗いてみたいかな・・と。
金曜夜に大阪を出発し、とある豪邸に集合して軽く宴会。翌日はまずまずのお天気。晴れたり降ったりの妙な天気だったけれど・・。


0706300055三ノ公出合いでイロイロと遊んでみる。
激流の渡渉で有効と紹介されている『三角法』を試してみるが・・
かなり改良の余地あり、みたいな感じ。ま、ゼンゼン激流じゃないから、あんまり実感わかないんだけど。


0706300136ついでに斜張りとかもやってみる。吊り下ろされているにゃみにゃみ。の図。
後日書くけど、「石八」というアンカーを使っている。
この日は水に浸かる機会も多くて割と寒かったけど、アンダーアーマーの極寒期用を着てたらあんまり寒さを感じなかった。沢にもいいかも。

0706300115岩に張り付くように、サツキがたくさん咲いててキレイだった・・
一日、9人でさんざん暴れて、夕方「入之波温泉」に向かうと、下流に釣り屋がぽつぽつ‥すまんこって。
さて、今宵も豪邸?にて大宴会‥なんだが、夜半にさらに若手9名が合流するので、大変なことになりそう。

| | コメント (0)

イッテキマス‥

イッテキマス‥

| | コメント (0)

六甲山奇岩めぐり

日本におけるリゾート地の先駆けであり、近代アルピニズム発祥の地でもある六甲山0706280122 は、「アイスロード」「シュラインロード」「カスケードバレー」「トゥエンティクロス」などなど、ハイカラな地名も多い。そのため、なんだか近代以降に歴史が始まったような印象があるけれど、中世以前から山岳信仰の聖地とされていたところも実は少なくない。


0706280127古くは、推古天皇の時代に仏教を伝えるために天竺から渡来したと言われる法道仙人が、観音菩薩に導かれて訪れた「雲ヶ岩」。
真っ二つに割れた不思議な丸岩で、登ってみたら、ぐらぐらするんですけど~
・・・って言うか、そんなものに・・
乗っていいのかっ?にゃみにゃみ。っ!?

0706280107 直下には巨大な割れ岩にお経を刻んだ「心経岩」が・・
この岩の割れた相方はいったいドコへ・・?
下部は狭いながら岩小屋状態で、にょろっと入り込めばビバークできそう・・。



0706280133 “仰臥岩”という、巨大ベッドみたいな岩もあるし・・
この岩は裏側に熊野権現などが祀られている。
このエリアって、スピリチュアルスポットなのか・・・?



0706280141ちなみに、淀川の河口にあたる大阪此花区に“伝法”という地名があるが、法道仙人が日本に上陸して、初めて仏法を伝えた地、ということからついた名であるとか。

←仰臥岩全景

| | コメント (2)

沢準備・・

明日は大雨の予報なんだけど・・(^_^;) 明日の夜から大台方面へお出かけ予定。
0706280003 ・・ったって沢登りじゃないところが少々寂しいけど、ま、一応去年一度も履かなかった沢クツ履けそうだし、夜は沢屋の人たちと楽しく宴会ができそうだし、いいか。
・・ってワケで、『焚き火の焚きつけ』の表紙を眺めながらライターにガムテ巻いてみました~・・これが案外ムズい。
要は、反物を巻きなおす要領だな~・・

そう言えば極にゃみ的には“着物道楽”もドッカへ消え去ったな。あれはバブリーな道楽だった・・。ど貧民の今では考えられない・・

| | コメント (0)

六甲山紫陽花便り

0706280025六甲山上で、紫陽花がそろそろ見頃に。
まだうっすらと色づいた花は、とても清楚な雰囲気。





0706280029日陰の道端では、ユキノシタが開花。遠目には地味な花だけど、近くでよーく見るとなかなか味わい深い。





0706280065タツナミソウの大群落・・







0706280146スイカズラも、甘い芳香を漂わせている。







0706280170自生種のコアジサイ。
飾り花を持たない、控えめな印象の花だがほのかな香りがゆかしい。





0706280172個性派最右翼、アリマウマノスズクサ。ジャコウアゲハの食草で、本種は六甲山地の固有種だ。

あんまり目立つ花はない時期だけど、六甲山にはいろいろステキなお花が咲いてますよ~!(山の案内人)

| | コメント (0)

スカーレットオベーション

高貴なる面影を持つ、美貌のパティオローズ・・・
0706270006フロリバンダの“優花さん”やクライマー達が花盛りを過ぎて色あせていく中、パティオローズはまだ健在。寄せ植えでいただいて、それっきりほったらかしにしてたのに、ふと気づいたら『スカーレットオベーション』が気高い雰囲気をたたえた花をひっそりと咲かせていた。
“ティータイムローズ”の商品企画をやってた頃を懐かしく思い出す・・テスト販売だけで消え去った商品だけど・・D社での私の最後の作品・・
あの企画の中でミイラ取りがミイラになって、それまで園芸植物になんか全く興味がなかったのが、自宅の庭にバラを植えるよーな趣味人みたいになっちゃって・・
でもやっぱり「花は野におけ」かなぁ・・極にゃみ的には。

| | コメント (0)

チーズキーマカリー

今日はちょびっと、助っ人モードなんだけど・・なんだかカレーな気分。
0706270009んでランチは梅田のインド料理激戦区(?)、駅前ビルの“シュリ・アルナ”へ。なんでかわかんないけど、がっつり気分だったので、チーズ入りのキーマというへヴィな路線をセレクト・・
この店は、辛さが選べて、ちょい辛の2倍から20倍まであるんだけど、汗っかきの極にゃみ的にはノーマルで・・。バランスのいいスパイス使いが、割と好き。
0706270010 今日の助っ人業務は・・“校正屋”。入稿直前の最終チェックだけど、執筆者は別のライターさん。他人の原稿の朱入れだけしてる私って何者・・
ここ数日やってたのは根気勝負の単純作業・テープ起こしだったし、ホント単なる“便利屋”だよな。でもまぁ、やらせてもらえるシゴトがあるのはありがたいこと、感謝。

★シュリ・アルナ
大阪駅前第3ビル B1
11:00~15:00  17:00~22:00 定休日なし
06-6345-5211

| | コメント (2)

トケイソウ

フェンスによじ登ってるトケイソウが花を咲かせ始めた。
0706260004ブラジル原産のツル植物で、とても個性的な花だ。白花はよく見かけるけど、うちのは少し珍しい紫花。
英名は“パッションフラワー”というのだけど、passion = 激情、ではなく、the Passion = キリストの受難 、の方であるらしい。おしべの花柱をキリストに見立てて、後光が差してるように見える・・そうである。へぇぇ。

| | コメント (0)

隠し砦?

六甲山系北側にある奇勝“蓬莱峡”を、一悪人徘徊・・
0706260072ジョージ・ルーカス監督があの『スター・ウォーズ(1977=のちの「エピソードIV新たなる希望」)』製作のインスピレーションを得たという日本映画の名作『隠し砦の三悪人』(黒澤明監督・1958年)のロケが行なわれたのがこの蓬莱峡。
地質学的には「バッドランド」と呼ばれる、花崗岩の破砕帯が露出している場所だ。有馬高槻構造線なんて物騒なモノ(断層)も走ってる。
0706260080岩登り入門編のトレーニング場所として知られる“屏風岩”方面ではなく、今日は“座頭谷”を詰めていく・・
ポピュラーなハイキングコースなのだが、実はトレースしたことがない・・いや、大昔に行ったっけな・・?


0706260010天然系完全方向音痴のくせに、地図を片手にふらふら知らない道を歩くのが好きってんだから始末に負えない。だから・・こういう時は無節操にもテープやら道標をありがたがったりして・・。

コマツナギかな・・夏の花がもう開花。日差しがもう、すっかり真夏の色だもんねぇ・・

| | コメント (0)

『凍れるいのち』

今から約45年前・・昭和37年12月、北海道学芸大学函館分校山岳部のパーティー11名はPhoto_151 冬山合宿として大雪山縦走を目指したが、異常な発達をとげた二つ玉低気圧によるブリザードにつかまり、生還したのはリーダーただ1人・・。
リーダーは10人の大切な岳友を亡くし、自らも両足先を凍傷で失う重い障害を得ただけではなく、大切な息子を亡くした親たちの轟々たる非難や呪詛を一身に受けることに・・。

「45年間の沈黙を破って語られる遭難事故の全貌とその後の人生・・」というドキュメンタリー。
前回の勉強会のときにY見先生に貸して頂いたものだが・・
主人公は、体力においても精神力においても傑出した人物で、もし遭難事故に遭っていなければ・・・心に傷を負うこともなく、五体満足だったら、どんな人生を歩んだのだろう。

文中で紹介されているエピソードがひとつ。
主人公が成人式に出席したとき、アトラクションでやっていた運勢占いで手相を観てもらったところ、占い師は顔色を変えて「あなたは24歳の誕生日の日に死ぬ。その日を乗り越えたら素晴らしい人生を歩めるから、絶対にその日には海や山に行かないように」と言ったとか。すでに屈強な山男に成長していた彼やその仲間達は笑い話としてしか聞いていなかったが、まさにその24歳の誕生日の日、彼らのパーティを陥れる二つ玉低気圧が接近していた・・・
本当にあるんだねー、そーゆーコトって。ちなみにその手相って、関西では“ババつかみ”って言うんだけど、豊臣秀吉と同じタイプらしい。ナニゲににゃみ母もそうなんだよねー・・手相は遺伝しないだろうから、極にゃみ的には関係ないけど。

『凍れるいのち』
柏艪舎創設5周年記念特別企画出版
川嶋 康男 著

| | コメント (2)

三日月

なんでかわかんないんだけど、唐突にMy boom・・・
Photo_155←極にゃみ的“三日月”イメージ






★絢香『三日月』←極にゃみ的ヘビロ

| | コメント (0)

サヨナラ、アコーディオン

Photo_152きょねんのねんまつ、
きゅうにうちへくることになったアコーディオン。
おわかれの日がやってきて、
きょう、
くろねこさんが連れて行きましたとさ。

サヨナラ・・・

| | コメント (2)

菅屋の『麦こがし』

雨の日曜日・・窓の外では、バジリコすくすく。
0706240002「雨が降ったら、お酒を呑みましょう」(黒田薫著『焚き火の焚きつけ』より)ぢゃ~なくて・・


生憎今日は仕事なので、地元宝塚の人気菓子店“寶菓匠「菅屋」”のお菓子でちょっぴりコーヒーブレイクすることに。




0706240012一見シュークリームみたいに見える外皮は、大麦を使っているというサクサクの香ばしい生地。中には上品な甘さの十勝産小豆の漉し餡と、大粒の丹波栗。あんこに栗なんて、フツーの和菓子の組み合わせなんだけど、外皮の食感と香ばしさがすごく独特で、とっても美味。


しっかし、日曜日に家にいるなんてこと、めったとないんだけど。
「雨が降ったら、ボッカをしましょう」って昨夜寝るまで思ってて、温泉セットを完全防水パッキングして準備してたんだけど・・朝、雨音で目が覚めて、別に誰かと約束してるワケじゃなし、少々急いでやるべき仕事が若干あるわけだし、とかなんとかかんとか・・イイワケかな。

| | コメント (0)

なんだかなぁ・・

朝から雨にて、おでかけは中止することに。
昨日・・・、荒地山の北側から奥高座あたりをうろついていたとき、
0706230053奥高座にある水場を通過し、幾多の道が輻輳するややこしールートを独り辿っていたら・・前からおっちゃん3人組が接近。すれ違った直後、後から聞こえて来たのは・・
「女のクセに・こんなところに・しかも一人で」的3重否定系発言。そしたらリーダー的なおっちゃんが、「女でもな、あーゆー痩せたんは、山慣れしとんねん」
ハイ!ハイ!ハイっ!!極にゃみ的心のつぶやき→《2つ間違ってマ~ス!その①、“痩せてる”⇔“山慣れしている”には何の因果関係もありませんっ!その②、そもそも痩せてへんがなっ?おっちゃんどんな目しとんねんっ???》
でももしかして、“ヒートギア”の縦ラインって細く見えるのかな?
んじゃ~、ボトムスも縦ラインにすれば・・って私の下半身デブはそーゆーレベルではないか。

| | コメント (5)

六甲便り

梅雨の晴れ間に、ロケハンモード?で六甲逍遥。070623_36下見ちっくにあちこちウロウロ・・・
阪急芦屋川から城山へ、そして荒地山方面を目指す。昔なじみの懐かしい道。
 昔々、山の会に入った年・・。毎週実施される新人トレも、個人的な事情で2回に1回しか参加できなかった。その当時ボッカ量は男女5kg差で設定されてたんだけど、私は思うところがあってナイショで男性と同じだけボッカしてた。が・・25kgを越える頃から、ほかのメンバーと同じペースではついていけなくなった。でも、どうしても年内目標の30kgまでは担ごうと決めて自主トレ。
初めて一人で30kgボッカにチャレンジした日、この右側に昔あった“七衛門岩”のトンネルがどうしてもくぐれなくて、ザックを下ろして押し上げるのも、引っ張り上げるのもどうしても無理で、泣きながら荷を捨てた悔しい記憶がある・・でもあれは捨てちゃダメだった。女がすたるやんけ・・。
0706230040その七衛門岩も震災で埋まって通れなくなった。
上の写真はその左側に新たにできた現在のメインルート。

これは荒地山ボルダー群の入り口にある、『サンデーモーニングスラブ』


0706230070ハイカーの憩いの場『風吹岩』
天気がいいので眺望も最高。
“ちぬの海”こと大阪湾から生駒・金剛山系まで見渡せるナイスビューポイント。




0706230092睡蓮が満開になってる横池。穏やかなランチスポットとして人気だが、3年くらい前に来たときには金魚の大軍団がいて不気味だった・・
今は一匹もいなくて、メダカみたいな小さい半透明の魚がいっぱいいたけど、メダカ?



0706230108 ちょっと見頃は過ぎてるけど・・
東お多福山で、ササユリ発見!
この山を「六甲山唯一の草原エリア」って表現していいのかどうかを確認したくて行ったら、もはや“草原”と呼べる状態ではない、と思いつつ、ササユリを発見しちゃった。


0706230119_1今日、イチバン印象的だったのは、なんたって「コアジサイ」。
アジサイの山・六甲に咲くアジサイの中で、極にゃみ的には最も好きな花。
アジサイの仲間では唯一香りがある、地味だけど清楚な花だ。


0706230173ウツギの花が山頂部ではまだ咲いている。
「卯の花の匂う・・♪」って歌われるけれど、ウツギの花に香りはない。





0706230187林床にひっそりと咲く「タツナミソウ」
北斎の絵の波みたいでしょ。
見つけるとうれしい気分になる花のひとつ。





0706230204林床に咲く高貴な姫って趣きのユリ。







0706230214ヤマボウシがちょうど見頃に・・・







0706230009 今日のオヤツその1。
城山のヤマモモ。街路樹のヤマモモに比べると小さいけど、味は比べ物にならない。

クセもなく、甘くて本当に美味しい。



0706230167今日のオヤツその2。
山上エリアでナガバモミジイチゴが完熟。これもホント美味しい。
野生種のイチゴの仲間ではイチバン好きかも。

今日は・・空荷でブラブラ歩いただけなのに、すんごい疲労。コワいくらい足腰が弱ってるかも。
クライミングモードにスイッチしようと思ってたけど、本業の“歩き屋”がヤバい・・たるみすぎ?

| | コメント (3)

講演会

あ、これ撮ったの「写真撮影はご遠慮ください」ってアナウンスが流れる前だし・・
0706220005って、イキナリいいワケで始めるなよ。

今日は、関西電力さん主催の「環境月間シンポジウム」。作家の椎名誠さんの講演と、椎名さんと片山右京さんの対談、ってんでコレは行かなきゃ!と。
椎名さんのお話で印象的だったのは、
「恵まれすぎているものは見えない」ということ。ネパールの人々は星空に関心がないらしい。南洋の漁労民はサンゴ礁に関心がないらしい。モンゴルの遊牧民は花に関心がないらしい。旅人には感動的なものであっても、そこに暮らす人々にとっては“フツー”にそこにあるものだから。ネパールの降るような星空も、南洋の美しいサンゴ礁も、モンゴルに咲き乱れるお花畑も、ありがたがるのはそれが日常ではない異邦人だから。
系列が違うけど、“親の愛”とかもそーだね・・親に限らないけど、なくして初めてそのありがたさに気づくんだよな。学習しろよー・・にゃみさん~・・

それはさておき、水に恵まれすぎている日本人。水の大切さ、ありがたさに気づかなければならない局面に来ている・・と。
そして、モノを書いて伝える仕事をしている者として、次世代にどう伝えていくのかということが重要なテーマだと話された。

片山右京さんは「Co2をバンバン撒き散らして走ってたんですよね」と司会者に話を振られてたけど、最近ではてんぷら油の廃油を使ったリサイクル燃料でパリダカにチャレンジして完走したり、ソーラーカーでシルクロードを走ったりという試みをされているらしい。
発展途上の国へ行くと、町を走る車の大半が日本車の中古車だったりするそうで、「世界一の技術力を持った国であるならば、責任がある」と。途上国において環境保全への配慮が不足していることに対して非難したり攻撃したりするのではなく、技術提供をするなり、地球全体で考えた行動が必要であろう、と。右京さんの見識、凄いです。

カミカゼ右京さんの話で面白いなと思ったのは、「初めて車を運転したときから上手く乗りこなすことができた。馬も同じで、初めて乗ったときから普通に乗れた」という話。運動神経とかってレベルじゃなくて、“勘”の問題なんだろうな。でも、馬を駆って走っているときには「男の本能が沸き立つような気がする」そうだ。へぇぇ。

| | コメント (0)

二ヵ月ぶりに来てみたら‥

OCSは実に2ヶ月ぶり。ま、クライミングそのものがサボりモードなんだけど。
0706220001で、久々に来てみたら・・ナンダこれ?2階更衣室のカウンターに不思議なディスプレイ。

クライミングは・・・二ヶ月ぶりってことは、すべての課題が記憶力皆無の極にゃみ的には“オンサイト”。以前アップに登ってた課題を簡単なの(ココはルートだから5.7?)から順にやっていくが、アップが終わらなかった・・・ダメじゃん。
0706220003UPが終わらない割に、指皮持ってかれました・・

ロクスケでは3日連続で登ってもこんなことにはならないんだけど、なんでだろう?

| | コメント (0)

荒れ模様の金曜日

ようやく梅雨前線が活発化してきたらしい。
0706220002かなりの雨が降っています。
ヒロさんのトークを聞きながら、お昼まではがんばって原稿を書こう・・

午後は、とあるお仕事の件で、K氏と久々に打ち合わせ。楽しみ・・

| | コメント (0)

『ダーウィンの悪夢』

かつては数百種の固有種生物が生息する生態系の宝庫で、“ダーウィンの箱庭”と呼ば0706210001 れていた、アフリカ最大の美しい湖・ビクトリア湖。半世紀ほど前、何者かが外来魚ナイルパーチを放流した。肉食の巨大魚は在来種を駆逐して急激に増殖し、ビクトリア湖の生態系は壊滅的に。
しかし、この魚を水産資源として加工してヨーロッパや日本へ輸出することにより大きな利益が生まれ、湖畔に暮らす人々の暮らしにも重大な変化が現れる・・。
グローバリゼーションの功罪を問い直す、衝撃的なドキュメンタリー作品、それが『ダーウィンの悪夢』。
『不都合な真実』とセットで観たい作品・・と言われているが、あまりに重い。貧困ゆえの暴力やドラッグへの依存で蝕まれていくストリートチルドレン、生きていくために売春をしていて殺されてしまう少女、蔓延するエイズ、うじが湧いている魚の廃棄物を腐臭の中で加工する人々・・・正視に耐えない衝撃的な映像の連続に、隣に座っていた女性は途中でついに席を立った。私だって半分くらい気を失っていたくらいだ(?)。

太古から連綿と繰り返されてきた、人間の身勝手な欲望が生み出す醜い現実。宗教家が何を言おうと、聖人君子が倫理を説こうと、愚かな人類は永遠にフラクタルな悪夢を生み出し続けるのか。

できれば観たくない系の映画だけど、でもこのような現実が地球上にあるという事実を知らずにいることの方がもっと怖いから、やはり観てよかったのだろう。
監督であるフーベルト・ザウパー氏は、日本でのインタビューで次のように答えている。
「生命にとって、1番危険な懸念は知らないこと、無知だと思います。私は知的な戦いとして、このグローバリゼーションというコンテキストの中で、この仮面を剥ぐ、ということを使命に感じています。」(極にゃみ的にはこの日本語は理解できない)

しかし・・帰りに立ち寄ったマーケットで魚の切り身が並んでいるのを見た瞬間、吐きそうになった。コンビニ弁当とファミレスの食事はやめようと思った。白身魚のフライは当分食べれそうにもない。

| | コメント (0)

6月のワイン会2

0706200011今日のケーキ。師匠の手作りフルーツケーキ。6種類ものフルーツがたっぷり入った味わい深いもの。フルーツのナチュラルな甘みや酸味と赤ワインがまた絶妙に合う・・

御用でお出かけのO邸の“亭主”が帰らないうちに、フライングでワインを開けてしまいました・・

0706200012アレレ‥???

今日はちょっと、パターンが違います・・・





0706200014極にゃみ的には初鰹・・
こいつには旭ポンズがぴったり。にんにくも容赦なくたっぷり乗せてしまう・・

| | コメント (4)

6月の御稽古2

0706200005梅雨は相変わらず中休みのまま・・
とっても暑い一日となった。

夕刻から、お稽古のためお出かけするが・・
なんだか不思議な雲行き。



0706200007今日のお菓子は“びわ”
去年の方がもっとリアルだった・・」と師匠はやや不満顔。確かに・・

今日も洗い茶巾を御稽古する。水を張ったお茶碗を運び入れ、涼やかな水音を楽しむ夏のお点前だ。
人それぞれ、好みやセンスが違うけれど、お点前もそれぞれ個性があって面白い。

| | コメント (2)

梅雨はドコへ・・

大雨になるかもって言ってた昨日もカサはいらなかった。
0706200006そして今日も日差しが強い・・カラっとしてるのが救いだけど。真夏みたいな日差しを浴びて、ハイビスカスの赤バージョンが誇らしそうに咲いている・・
もちろんオレンジもガンガン咲いてる。



0706200010きゅうりの赤ちゃん・・・







0706200003“優花”さんの第2弾花。
いくら暑いからって、ちょっと開きすぎ・・でもこんな表情も可憐でかわいいな。

| | コメント (0)

おめざ。

1週間ほど前から、液晶が薄くなってきて、なんだか眠たそうだったMyプロトレック。
0706200002ボタン操作をするとふっと正気に戻るんだけど、ついに完全に人事不省に。
半年ほど前に修理して甦ったばっかりなのに~・・・と、哀しい気持ちでカシオのサービスステーションに持ち込んだら、単なる「電池容量不足」。・・修理と電池交換は別なんだった。とりあえず目覚めてくれてよかった・・

| | コメント (0)

ヤマモモ

SAKURAのお散歩のお土産?どこで採ってきたものなんだか、ヤマモモが・・。
0706190001六甲山系では南側斜面の低いところに分布している樹で、特に保久良神社の境内には巨木がうっそうとした森を形成している。モンスターを連想するような独特の樹形はなかなか風格を感じさせるものだ。

たねが大きいので実はちょっぴりしかないんだけど、少しスモーキーな香りがとても好き。

| | コメント (0)

ようやくCRUX・・

行かねば行かねばと思いつつ、ちっとも登りに行けない日々。
0706190014でも今日はゼッタイ行っとかないと、また半月とか1ヶ月とかってレベルで行けないから・・
・・ってワケで疲れきってるし、ちょいとゆっくり目の時間になっちゃったけどCRUXへ。超久々なのに超混雑でどうしようかと思うが・・
N姉様がK人さんのファイル課題で遊んでいるので混ぜてもらう・・珍しい。ファイルなのにV1コレクション!
手も足もでないのもいくつかあったけど、K人さん課題、タノsy~!!
・・問題は引きつけ&ロックが出来ないってコトかな。精進あるのみ???それとも勘違い系・・

久々に来たのに宿題ばかりが増えちゃった・・でもN姉様が「また来なさいよ。火曜と木曜にはだいたい来てるから」って言ってくれて、ここ1年で3回くらいしか会ってない人なのに、なんだかうれしいな・・と思えた日だった。いいジムだ・・

| | コメント (0)

ピビンパッ

さすがに石焼きピビンパは熱い(;^_^A
0706190012たまたまお昼時に通りかかった、“スープ定食”をウリにしてる『すーぷ房まだん』へ。“野菜がおいしい!スープがうれしい!無添加食べるスープ”というキャッチフレーズの店。

ピリ辛メニューの“すんどうぶ定食”にしようかと心が揺らぐが、なぜかがっつりモードの極にゃみ的には瞬間的に“チーズ入り石焼ピビンパ”という意味不明の選択を・・ウマいんだけど、あまりに熱くて・・辛くないのに、にゃみさん汗かきすぎ。でも鍋肌でカリカリに焼けたゴハン・・ウマかった~。スープはすんごい塩辛かったけど。

すーぷ房まだん
大阪市中央区平野町4-7-7 平野町イシカワビル1F
11:30~14:30、17:00~22:00(LO30分前)
Tel.06-4706-5533

| | コメント (0)

ヒートギア

先日、アンダーアーマーのアウトレットショップを覗いてみた。
0706160007自室は原則として冷暖房をしない主義の極にゃみ的には、たまたま入手したアンダーアーマーの『コールドギア』は着ているだけで暖かく、この冬の必須アイテムだった。で、今回その夏バージョン『ヒートギア』なるものを発見。酷暑時に最適なギア、らしい。で、この週末に試してみた。
コールドギアほどのタイトな感じはないけど、割とぴったりフィット。白の部分はきっと紫外線を通してると思うけど、炎天下でもそれなりに涼しい感じがする・・




0706120002 ただ、クライミングにはどうなんだろう・・二日間着ただけで、あちこちケバだってボロボロに・・別にいいけど・・
紫外線対策でアウトドアでは長袖を着たいんだけど、なかなか暑さに負けて実行できてない・・・ガンバってこの夏はコレを着るぞ~。

けど・・えらい透けてますな。

| | コメント (0)

本町でランチ

ご用があったので、ご用の前に本町へ。
0706180001んで、気になってたインド料理屋でランチ~♪と企んでたら、店がなくなってた・・(泣)
んで、ランチ難民と化してさすらう・・ほどの時間はなく、テキトーな店に飛び込む。「メンチカツ定食」を頼んだら、巨大どんぶりサイズのびっくりサラダが出てきた・・
和風味で美味い。小鉢モノ、味噌汁もついてる。

0706180002んで、注文通したおねーさんが「ミンチ1丁!女性で~す!」って叫ぶから、「えっ?この大喰らいのオッサンつかまえて何言うとんねん!上品な茶碗に小盛りのゴハンが出てきたらどうしよう・・」と不安が胸をよぎるが、ゴハン盛ってたおっちゃんはサスガ見る目がある!ドンブリに山盛りのゴハンが来た・・隣のオッサンと量的にほぼ一緒。しかも、ニコヤカに手渡しながら「おかわりは言ってくださいね」 って、 ・・・私は何者やねん。Nec_0018_6_2 ・・・ま、がっつり片付けたけど。
タイミングをきっちり見定めて料理を出す手際のよさ、アツアツカリカリに揚がっててボリュームたっぷりのメンチカツ。狭い店だけど満足度の高いお昼ご飯だった。加古川名物の「かつめし」とかも人気メニューのようだった。12時過ぎには満席になり、店を出る頃には行列ができてた。

★味名人(みなと)
大阪市中央区南久宝寺町3-6-13 Tel.06-6243-0217
営業/11:00~15:00(L.O.14:30)  17:30~23:00  日曜定休

| | コメント (2)

あーあ。

頭イタイ・・・・・・・・・
0706180041朝起きたらビール(ちゃうけど)がそのまま・・
あー・・昨日のアホな落し物のコトを思い出した・・
なんて学習能力が欠如してるんだろう・・。


昨日・・
遭対訓練の後、とりあえず大北前でカンパイ。そろそろ帰る?って頃合に、H辺さんパーティから“ぜんざい”の差し入れが・・女子組でありがたくいただいたが、そうこうするうちに電車が行ってしまい、仕方ないのでまたビールを買って・・みたいな繰り返しでナカナカ帰れないモード。先週、道場駅のトイレにバッグを忘れた話なんかも酒の肴にされてしまう。
なんとか道場を脱出して宝塚で降りたら、アレレみんな降りるの?・・ってコトで御一行様でみんみんへ。土曜日から泊り込みの極にゃみ的には、人間離れした臭気をただよわせていたため、Tシャツだけでも着替えようとトイレへ・・
で、しばらくしてから気づいたら・・ケータイとデジカメ入れていつも下げてるペットボトル入れがナイ!と、と、トイレだ~・・と見に行ったら、ナイ!
UちゃんのケータイでCallしてもらったら、しばらくして誰かが出てくれた!ビルの警備の方・・清掃の方が発見して、警備の方に渡してくれてたそうだ。ありがたや~・・
「受け取り」にサインして返してもらうが、「え?その袋に書いてある名前と違いますね?」と鋭いご指摘・・そーなんです、フクザツな事情?で、とある人の名前が書いてあるけど、間違いなく私のものなんです・・・

そんなこんなですっかり酔いが醒めてしまい、いつもの3人でまたいつもの店へ・・最後はマタマタ“無間地獄”に・・
どうしてこう、学習能力が欠如してるんだろう。タダモノではないバカである・・

| | コメント (0)

遭対訓練@百丈岩

会の年間行事のひとつ、遭難対策訓練を実施。天候が心0706170015配されたが、ばっちり晴れ上がって、爽やかな朝となった(極にゃみ的には前夜の酒宴の後遺症を引きずってたけど・・)。

労山さんのヤグラと、その横のミニ岩場を使って確保訓練、ビレイからの脱出、ロープアセンディング、ライジング(引き上げ救助)などを一通りやってみる。

0706170019 ビレイデバイスの仮固定は、事前学習会では巻きつけ法を紹介したが、極にゃみ的にはミュールノット+OHKバックアップの方がやりやすい。
ミュールノットはみんなニガテみたいだけど、ボウラインノットと同じで、手が覚えてしまえば別にムズかしいものじゃないんだけど。


0706170030ユカちゃん飛んでます!なんだかカワイイ・・

| | コメント (2)

夏空

日曜日の遭対訓練に備えてコソ練・・じゃなくて、事前確認をすべく百丈岩へ。
0706160006梅雨は完全に中休みで、サワヤカに晴れた一日となった。カリキュラムを一通り確認し、シミュレーションの予行演習もやってみてから、T氏と少しだけ登る。
が、あまりに暑くてあっという間に脱水状態になったので、サッサと下山してビールモードに。
川に面したベンチでゆっくり飲みながら日暮れを待って、ホタル見物・・。たくさんのホタルが闇の中を舞って、幻想的だった。
しーかーしー。スグそこにビールの自販機があるという恐るべきシチュエーション。1本飲んでは空き缶入れに始末し、次の1本・・となるため、いったい何本飲んだのかサッパリわからない。しかも相手が恐るべき酒豪のT氏・・。テントに引っ込んでからさらに焼酎を飲んだような・・?翌日二日酔いだったことは言うまでもない。

| | コメント (0)

雲古キャッチャー

イキナリ中休みを始めた梅雨のおかげで、サワヤカな朝である。
0706160002 が、昨夜“お一人様”だったってコトは・・今朝はSAKURA号のお散歩係ってことなのである。だいたい、コイツとは相性が悪いのである。しかし、やむを得ない。お互いに不機嫌な顔でお散歩開始。必須の画期的装備“雲古キャッチャー”を片手に・・

壊れた味噌漉しかなんかを活用したものだが、これがナカナカのスグレモノ。
・・と油断したら、とりこぼしちまったぁ~・・・(泣っ)
朝から“手づかみ”である・・・恨んでやるぅぅぅ。

0706160003←オマエじゃぁぁ・・・
なんとなく「ケッ!」という勝ち誇ったよーな表情をしているよーな気がしてならない・・水かけたろか。

よい子の“優花”さんは、第二弾のつぼみを大量につけてて、もうすぐ咲きそう。今年はホント、すごい房咲き状態・・・。
0706160004_1それから・・シチダンカもぐぐっと花がデカくなった。
昨日「伝統園芸植物研究所」で見たシチダンカはもっと楚々とした趣きだったけどなぁ。
うちの子はどうしてこんなに巨大化しちゃったんだろう・・

| | コメント (0)

今日の晩御飯・・

ホントは今夜、六甲山YMCAの“マントルピースを囲む会”に行くハズだった・・
0706150004んで、ゴージャスな晩餐(?)にありつけるハズだった・・なのに行けなかった・・残念。
で、ダレもいないおうちでひとりごはん・・とりあえず“切って盛るだけ”的メニューを作ってビールを飲みつつ、次に食うものを作るってのが極にゃみ流。マズはカリカリおじゃこ乗せ冷奴。ごま油でカリカリに炒った極にゃみ的常備アテが活躍。

0706150007あとは・・
よーく水切りをして、20分くらいかけてじーっくり焼いた豆腐に、福井の“麩市”の辛子味噌をかけて・・
アレレ?豆腐しか食ってない?
だって、賞味期限がビミョーに切れたデカい豆腐が丸々一丁あったんだもん。ひとりでこれは・・ビール2本と豆腐でもうマンプク・・
0706060001 ちなみに、“カリカリおじゃこ”にはノーマルのごま油+ごまバージョンのほかに、ピリ辛バージョンもある・・これは先日の激辛唐辛子を刻んで入れたものだけど。
何も作る気力のないときは、豆腐にこれをのっけて・・豆腐のパックを開ける気力もないときは、これをそのまま・・

| | コメント (2)

播州山崎花菖蒲園へ・・

播州・山崎にある、花菖蒲園へ。
056ただ今ちょうど多くの品種が咲き揃った見頃を迎え、平日ながらなかなかの人出である。
色とりどりの花菖蒲が100万本・・。品種ごとに植えられていて、斜面一面が美しいグラデーションに。極にゃみ的には、ハナショウブとアヤメとカキツバタがどうしても区別できないんだけど・・乾地にはえるのがアヤメ、湿地がカキツバタ、その中間がハナショウブ、らしい。
0706150224ハナショウブは自生種の「ノハナショウブ」を品種改良したもので、園芸植物としての栽培歴は300年だそうだ。
日本では古くから園芸を愛好する歴史があり、さまざまな品種改良種が生み出されてきたのだとか。
園内には、ほかにスイセン、ツツジ、シャクナゲなどが植えられ、春中楽しめるようだ。
07061553ランチは特製のお弁当。うど、イタドリ、ワラビ、タケノコ・・などの天ぷらと田楽、具沢山の炊き込みご飯。そして播州名産のそうめんを使った“にゅうめん”。
この施設はNPOが運営しており、地元の奥様方が集まって料理を作っておられるみたい。手作りの美味しいお弁当だった。
40ホントの目的地は園の隣にある『山崎伝統園芸植物研究所』だったんだけど、撮影禁止だったので・・替わりに道端に咲いてたササユリ。
園芸というのは古くからある日本の文化の一つで、世界的に見てもずば抜けて高度な技術によって育成されてきた稀少な品種がたくさんあるそうだ。しかし、自然種でないという理由で保護対象にはならず、現在絶滅の危機にあるものも少なくないとか。そういった品種を保護育成するために設立された施設で現在、2000種以上の珍しい植物が保護育成されているそうである。今回は特別な見学会だったが、今後定期的に一般募集による見学会を開催する方向で準備を進めているそうである。

| | コメント (0)

とりあえず接続・・

0706140001朝、ネットに接続できないまま時間切れでお出かけしてしまった。途中でネットカフェへ寄り道してたら昼飯を食う時間がなくなった。んで、帰りに江坂方面へ出撃するつもりだったけど、出先で遅くなったのと気になるのとでとりあえずまっすぐ帰宅・・

そしたら、いつもどおり(?)15分くらいで接続できた・・ほっ。
・・ってーかその状況がすでにおかしいよな。やっぱり回線かな?光に変えて、ADSL時代と比べて特にサクサク早いとも感じないし、ここんとこ接続にとんでもなく時間がかかるし。でも、タイミングによってはスグつながることもあって、わけがわかんない。とりあえずマシンのせいじゃなくて回線のせいのような気がする・・

| | コメント (2)

(-_-)zz…

Officeアシスタント君、ついに居眠りこいてますけど。お~い‥
Nec_0024_1_1ネットにつながらないとほかの作業ははかどるけど、だんだん不安になってきた。どうしよう…

と言いつつ、おでかけしなきゃ!
なんだかネット依存症みたいでイヤだけど、ご用でとっつかまる前にネットカフェ行かなきゃ・・・

| | コメント (4)

悪いのはどっち?

マシンが悪いのか回線のせいなのか?
Nec_0018_5_1・・って~か、いい加減にしてほしいんですけど。どこに文句を言えばいいのかネットで調べよう…じゃないってば。
ど~したらいいんだか。

officeアシスタント君も、なんだかたいくつそう・・

| | コメント (0)

ネット遭難中‥

Nec_0014_5_1最近ずっと、ネット接続に異常に時間がかかるって状況なんだけど、それでも20~30分くらいでつながってた。それなのに、今日は2時間かかってもダメ。メールも見れないしナンにもできない。ど~したもんだ…困った。

officeアシスタント君・・カワイイんだけど・・

| | コメント (0)

6月のワイン会

今日は、いつにも増してゴージャスなラインナップ。
0706130027なんたって、ワイン4本+樽ナマサーバー付き!
抽選でゲットしたビールを担いでサカタさんが来てくれて、しかも師匠がコボちゃんコレクションのステキなフランスワインを差し入れしてくださった。ううーん、なんてゴージャス。
しかも「かめワイン」こと、トートワーズ・クリークが再登場だ。

0706130025居残り生徒がいつまでも御稽古場から出てこないスキに、悪い酒飲み達はこんなことして遊んで・・

やっぱチルド輸送の生ビールは風味が違う・・・
味音痴の私でもおいしいなーって感動してしまう。


0706130035いつも師匠が手作りのお菓子を焼いてきてくださって、“飲み会前”にいただくんだけど、今日は師匠が“残業”してる間に悪い酒飲み達はフライングしちゃったから、お菓子は前菜を平らげたあと(?)くらいのタイミングで。
でも、そこそこデキャンタージュされてる重いワインにぴったりだった・・レーズンクリームが入ったサブレ。

しかし・・今日という今日はサスガに危険だった。
危うく“阪急無間地獄”の釜のフタを開けてしまい、目が覚めたら宝塚だった。なんとか1往復ですんだけど・・・。

| | コメント (5)

6月の御稽古

6月の御稽古は・・
0706130005少し気が早いけど、夏のお点前。久々に平茶碗を出してきて、“洗い茶巾”をやってみる。が・・
ナニゲに水を張ったお茶碗の中で茶巾をギューギューと絞ってしまい(本当は軽く一度絞って、あとは建水の中で絞る)、師匠に指摘されて動揺したらば、後の手順がすっかり頭から抜けてひどい状態に。やはり平常心が大切です。

0706130012今日のお菓子は『あじさい』。彩りがなんとも美しい。
これもおいしかったけど、師匠がオマケに持ってきてくださった『お茶の子』という“たねや”さんの新茶の季節限定の水菓子がまたおいしくて・・。薫り高いお茶の味と、葛特有の味わい、食感がえもいわれぬ絶妙のハーモニー・・

| | コメント (0)

『あてのない絵はがき』

画家で詩人でエッセイスト、岩魚釣りの名手でフランススキーの達人・・?
Photo_149おそるべきマルチタレントである辻まことさんの作品を柴野邦彦氏が編纂、その独自の作品世界を多彩に楽しめる一冊。
選者あとがきの中で、辻まことさんが語った空海に関するエピソードが紹介されている。
『弘法大師というのはその時代きってのエリートで、西域まで行ってお経を修めたというんだから、今で言えばオックスフォードとソルボンヌを卒業したような、超アカデミックな人なんだよ。アカデミシャンというのはたいてい論理で人を説きふせようとするんだが、この人は違ってたんだ。四国の八十八ヶ所に推選登山コースを作ってね、極楽へ行きたければこの山に登りなさいって言ったんだ。みんな白装束にワラジばきで山へ出掛けるわけだけど、今と違って夜は暗かっただろうし、オオカミも出ただろう。そういうところではね、人間は貧富の差も、学歴も年齢も関係なく、一個の生き物として試練に立ち向かわなくちゃならない。そして、それを続けているうちに、そうしたものに打つ勝つ力が自分の中に沸いてくるのを感じるし、またそうした中で自分が毛物(ママ)のように死ぬ事にも疑問を抱かなくなるんだよ。つまり極楽に行く前に極楽に居るような状態になっちゃうんだ。空海という人はそういう事を知っていたんだね』

Photo_150 ・・・ケモノのように死ぬことにも疑問を抱かなくなる・・それが極楽に居るような状態・・。そうなんだ・・うーん。深い。

←極にゃみ的お気に入り・・
 “銭湯みなと湯”の壁画だそうである。

『あてのない絵はがき』
 辻まこと 著
 小学館 発行
 1995年 初版

■辻まこと(本名辻一:つじまこと)
1913年9月20日生まれ、1975年12月19日死去。
あの伊藤野枝さんの息子さんだそうである。

| | コメント (0)

西北→バングラディシュ

0706120004 クラック愛好姐さん&うおっさんチームが『にしきたクライミングウォール』へ行くという話を聞きつけ、近所のよしみで(?)おじゃましにいくことに・・・
阪急電鉄神戸線「西宮北口」駅(通称にしきた)から南西へ徒歩7分くらい。プライベートウォールを一般開放しているって感じの、でもなかなかスゴい壁なのである。
なんたってココにはクラックがあるのであーる!しかもシンハンド&ワイド。今回、クラックが複雑に進化してた・・ハリボテが入って上部がハンド~フィストに。けど、極にゃみ的にはどのみち手も足もでない・・このジムは3回目なんだけど、やっぱり「にしきたグレード」にコテンパンにイワされた。アップ課題であっぷあっぷ・・
0706120006んで、早々にリタイアして、三人で反省会・・(?)
阪急塚口駅まで移動して、うおっさんの昔なじみのバングラディシュ料理屋さん『アイシャ』へ・・・
実はこの店、極にゃみ的某お気に入りカレーフリークさんのサイトでチェック済みで、一度は行ってみたいと思っていたお店だったんだ~♪
塚口駅の北側にある、なんだかレトロな商店街の中、駅から徒歩約2分というナイスロケーション。
駅の北側改札を北西へ、一つ目の角(マクドのとこ)を右に曲がって、伊丹線の線路を越えた次の角を左へ、30m。

0706120007 まずは、ダルバラ(マッシュした豆のフライ?)、サモサ、パコラなどを適当に揚げてもらってつまみながらビールなど・・・ダルバラはクミンがしっかり効いてて、すごく好きな味。総じて、「戦闘的でない穏やかで品のいいスパイス使い」って感じで、極にゃみ的には好みの味である。
辛さはほどほどだけど、スパイシーな香りのハーモニーが美味。
0706120008シメはやっぱりカレー。
『なすと甘鯛のカレー』という味の想像がつかないメニューと、『キーマ』をセレクト。
なすと甘鯛・・は、ベーシックメニューの甘鯛がなくて、鰆みたいな感じの魚だったけど、意外なマッチングで満足感の高い一品だった。キーマも、これまで食べたことのあるインド風でもなくネパール風でもない、複雑なスパイスブレンドが新鮮だった。
ほかにも、タマゴカレー、トマトカレー、ホーレンソウカレー・・食べてみたいメニューが目白押し・・でもランチは土日祝日しかやってないんだよなぁ・・また行きたいなぁ。

バングラデシュ料理アイシャ
尼崎市塚口本町1-8-6
Tel.06-6421-9433
17:30~21:30
土日祝日のみランチタイム(11:30~14:30)も営業
水曜定休

| | コメント (2)

“水うどん”

昨日、クソ暑いミナミを歩いていたら“水うどん”なる気になる看板が・・・
0706110092涼しげやん・・ってーか、「水」しか写ってないな(笑)。よくわかんないんだけど、「うどんを打つと水が疲れるので水を休ませながら打つと、透明感、歯ごたえのあるみずみずしいうどんが出来る」んだとか???
お品書きを見たら、一般的なメニューのほかに、ジャージャー麺とかピビン麺だとか韓国冷麺だとか、エスニック系もいろいろ・・
0706110091 悩みまくったけど、何しろ初めてだからシンプルに麺の味わいがわかる『きつね』をセレクト。すこし黄みがかった細めの麺で、不思議な透明感が特徴的。あ゛、麺が写ってないな(笑)。
見た目、タピオカ麺かと思ったけど・・食感的に“コシ”というのとはちょっと違う・・硬めではあるがあまり弾力のない歯ごたえ。エスニック系・がっつり和えます系のメニューなら合うのかも。
本店は岸和田で、なかなかの人気店であるらしい。

麺屋 茂凡 心斎橋店 
大阪市中央区心斎橋筋1-3-5   
06-6241-6123 
11:00~23:00 

| | コメント (0)

『セルフレスキュー』

Photo_148 山で事故・遭難を起こしてしまったときの対処法について、初歩的な項目から本格的な組織レスキューまで詳細に解説した“本邦初の総合的な山岳レスキュー専門書”。
山岳遭難に関する現状分析から救助要請の方法、ファーストエイドの基礎、シチュエーション別のセルフレスキュー、そして事故の後始末まで解説。イラストや写真などを活用して非常にわかりやすく、まさに至れり尽くせりの内容だ。

ロープの連結に“フィギュアエイト”を紹介しているのが少々気になるところであるが・・まぁこの話は昨年秋にテルさんに質問を投げたんだけど、要はきっちり結べば解けない・・って話だったっけ。

登山技術全書11 セルフレスキュー
渡邊 輝男 著
山と渓谷社 刊
2007年05月24日 初版発行

| | コメント (2)

上市“穴の谷”薬膳カレー

0706110001先日、馬場島で行われた剱岳山開きのときにもらった上市町のご当地?カレー。

環境省選定名水百選のひとつ“穴の谷(あなんたん)”の名水と特産の里芋を使い、47種のハーブ、キトサン、3Aカルシウムをブレンドしたという健康志向のカレーらしい。
クミンとかターメリック、コリアンダーなんかはフツーにカレーのスパイスだけど、青紫蘇パウダーとかアニスとかローズマリーまで入ってます。別にいいけど、“ブラックペパー”、“黒胡椒”、“ホワイトペパー”“白胡椒”・・って別物なのか?
0706110003お味の方は・・・
デッカい里芋がごろごろ入ってて、あんまり辛くはないっていうかどっちかというとマイルドな味わいで、なるほどカラダによさそう。
極にゃみ的には日頃あんまり日本式のいわゆる“カレー”って食べないけど、たまにはいいかも。なんかまったり系でうまかった。

| | コメント (0)

夏日

日差しはすっかり夏色。水浴びをしている子どもたち、幸せそう・・
Nec_0007_17_2今日は、とあるイベントの下見で鶴見緑地へ・・
花博の時に一度来て以来・・・ま、初めて来るよなもんだ。
けど、事前にきっちり地図を確認してきたにも関わらず、地下鉄鶴見緑地線の駅を下りた段階で頭の中の地図は180度廻ってた。
ってことで、炎天下いきなり道迷い。あーぁ。なんか、迷う時って、「根拠もなく思い込む」みたい。今日それがよーくわかった。


0706110031本日のランチの友。

お天気がよかったので、近くにあった『ル・クロワッサン』でパンを仕入れて、雀さんたちとシェアしながらいただきました。



0706110043 平日の鶴見緑地は、平和です。
が・・
とっても哀しいことが判明。“とあるイベント”は、7月の連休だった・・はぁぁ~・・・(脱力)

山に行けないじゃん。M井さん、Uちゃん、ごめん・・・

| | コメント (0)

一人、夕暮れの道場駅にて…

なぜか、ひとりぼっちで道場駅残置・・。
0706100022大北で軽く飲んで、宝塚で下りようと思ったら財布などが入ってるミニバッグがナイっ!駅を出られないじゃん。道場に忘れたんだっ!しかもトイレの中だなっ!!
40分後、取りに戻って無事回収、よかった…。
けど、次の電車まで20分もある…
会のみんなは、丸一集合ってハナシなんだけど・・・


0706100008とりあえず、遠雷が聞こえてたけど、今日は天気がよかった。7月にどこか登りに行こう!ってハナシになってるM井さんと、不動岩へ・・。
労山さんの中級登山学校とバッティングし、混雑する東壁をだらだらと登る・・
最近、使ってるビレイデバイスは『ゴースト』なんだけど・・。

0706100009_1これ、太いロープは超タイヘンってことに今日初めて気づいた。(基本的に泥臭い山屋の私はダブルロープの人・・)いや、太いったって、M井さんのシングルロープは10.3mmだから・・別に格別太くはない。リードのビレーはなんとかOKなんだけど、フォロワーのビレイの時、ロープが上がらない・・ロープアップで腕がパ~ンプ!! で、何回かやって、結局このスタイル。十数年ぶりでエイト環が登場。下方向の対物ビレイならこの方がずっとまし。
0706100012ラペルはどう?って思ったけど、イキナリ空中懸垂のハチノスハングで試してみる度胸もなく、今日は結局一日エコプロが活躍・・・

不動岩では、テイカカズラが咲いて、ほのかな香りを漂わせていた。


最後に、“ハチノスハング”にTRをかけて遊ぶ・・
TRの安心感ってすごい。超ニガテなジャミングだけど・・いい加減なジャムがナニゲに決まり、ナニゲにノーテンで登れた!ゼッタイにリードはできないけど、久々のハチノスがすっと登れて、ちょっと嬉しい!(レベルの低い話ですみません・・)

|

雨が降ったら酒でも飲んで・・・

我が会のソータイブチョーT氏とコソ練・・、じゃなくて、来週に備えて事前確認会をしよう!と百丈岩へ向かうが・・・Photo_147雨でんがな(怒!)。せっかくフィックス張ったけど、雷バリバリ!!かなり降りそうな空模様なので一旦テラスへ撤収。そしたら、本格的に雨がふり始め、「とりあえず茶店まで撤退する?」ってことで下り始めたら、道が濁流の沢状態。
あのー ・・、道にミニ滝できてますけど~・・

居住まいを正して、きっぱりと聞く。
「Tさん。もしかして貴方、雨男ですか」
「いや、シ水さんにはそう言われてますけど私は違うと・・」
「シ水さんは、雨男どころか“嵐を呼ぶ男”ですよ。そのシ水さんにそう呼ばれる貴方はいったい・・」(←完全に自分のコトは棚に上げている)


ちなみに・・・私の愛用のカッパは、“3分間カッパ”である。3分しかもたないのである。ザックカバーも、“3分間カバー”。
 …ウルトラマンと一緒だぁ~。かくして、ザックも着衣も、リッパに水浸し。

とりあえず駅前のオオキタ前まで撤退し、お昼だけどやけくそでビールモード。サスガに、今日は誰もいない・・・
ビール(うそ!。T氏はビールだけど私は発泡酒)を各自2本ばかり片付けて宝塚へ移動。若干の打ち合わせをしながら軽く飲んだけど、意外なことに飲むととんでもないゾーンに入っちゃう“危険な男”T氏は、「明日の準備が・・」とかってサッサとお帰りモード。えええっ?んじゃ私だって帰るよ。帰ってとりあえず濡れたものから解放されて、風呂でも入ってから快適に読書か・・・?

ってコトで、最近読んだ本の中では最も面白かった、『焚き火の焚きつけ』を読了。
著者の黒田氏だって、雨が降ったら“シメシメ”って感じで飲んだくれてるじゃん。正統派山屋は、雨が降ったら酒だ~!!(ま、私は正統派山屋とはとても言えない極にゃみ的軟弱路線だが・・)

でも黒田氏の感性ってとても面白い。かなり好き系。
一度遭ってみたい、ちゃうわ会ってみたい超個性的なキャラ。とことん惚れ込んでしまうか、“このヒト、無理!”って思うかどっちかだと思うけど・・。どっかの渓で接近遭遇しないかな。・・本の中ではディープな大阪弁を駆使してるけど、東京の人なんだよな・・会う訳ないか。

いずれにせよ・・、
窓を叩く雨音を聞きながらのむ昼酒は、うまい、そして、廻る・・
なんて心地よい酩酊感だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

グッドガール!シンシア

宝塚在住の木村佳友さんと“介助犬シンシア”のエピソードを童話形式で新聞に連載したものを絵本にまとめた一冊。
Photo_146突然の事故で車椅子生活となった木村さんが、初めはペットとして飼いはじめたラブラドール犬。その後、身の回りの世話をする介助犬として訓練し、重い障害を背負ってしまった木村さんが絶望の淵から再起して、コンピュータプログラマーとして社会復帰するのを支えたパートナーである。
目の不自由な人のサポートをする「盲導犬」は知られていても、「介助犬」の存在はまだまだ認知されているとは言えず、宝塚市では「シンシアのまち・宝塚」を宣言して(実は5年以上前のコトなんだが・・。今日ブチっと髪を切りに行ったときにちらっと見た週刊誌に関連記事が紹介されてたもんで・・)、認知アップや普及に取り組んできた。昨年春に毎日放送のドラマスペシャル『シンシア~介助犬誕生ものがたり』が放映されたり、絵本が発行されるなど、少しずつだが認知度が高まってきている。

童話絵本「介助犬シンシアの物語」 ~Good Girl! Cynthia~
大和書房 刊
毎日新聞大阪本社 編(文:寺田操 絵:太田朋)
1500円(本体価格)
※印税の一部は、毎日新聞社会事業団「シンシア基金」に寄付され、介助犬の育成・普及に役立てられます。

著者の寺田操さんは神戸生まれ、宝塚在住の詩人。絵を担当したのは、宝塚生まれ、神戸在住の太田朋さん。とてもやさしいタッチのすてきな絵本に仕上がっています。機会があればぜひ一度手に取ってみてください。

※このコラムの画像は、宝塚市教育委員会、毎日新聞社、アシスタントドッグ育成普及委員会によって制作され、宝塚市で無償配布されているものです。

ところで・・シンシアは昨年春に亡くなって、現在は弟分の“エルモ”くんがお役目を引き継いでいるんだけど、アシスタントドッグには基本的に英語で指示を出すらしい。言語的に簡単明瞭だから?だそうだ。で、ほめてあげるときに雌のわんこなら「グッドガール!」、雄のわんこなら「グッドボーイ!」ってなるらしいんだけど・・晩年のシンシアは人間の年齢に換算すると70歳代って感じ?でもほめるときは「グッドガール」なんだね・・?
「グッドドッグ!」じゃダメなんだろうか・・?これ、素朴な疑問。

| | コメント (0)

ミナミの底力。

ナニワ商人の真骨頂?
0705280009やっぱミナミは濃ゆい。アジアの中心かもしんないとか思う。いつも絶叫している人間広告塔のお兄さん・・どんどんコスチューム(?)がエスカレートしてるよな気が・・
一瞬ガムテ星人を連想したけど、たぶんアレが心斎橋筋を歩いてても、誰も振り向かないな。


雪駄でぺたぺたミナミまでおでかけしたら、甲の革が当たって足の皮がめくれまくりで痛いのなんの。やっぱフロップを買ってきたらよかったかなぁ。

| | コメント (0)

極にゃみ的ホールド展

0706010094違う・・




0706010093違う・・




0706010095うーん・・違う。




0706010078系列的に近い・・




0706010083スリムでいいな・・。




0706010091ちょっとにゃみっぽい。




0706010082にゃみっぽい。




0706010086にゃみにゃみ。。




★オマケ
0706030150かぴっぽい。




0706020142かぴ。

| | コメント (3)

夏モード・・・

暑いなーと思っていたら・・・
0706070001なんと、ハイビスカスが咲いてました。直径25センチくらい?デカ~・・

しかもこのハイビスカスは、去年からうちで生息してて、なんと越冬した根性モノ。
まぁ野外で自然に越冬したワケじゃなくて、にゃみ部屋の窓際でずーっと面倒みてたんだけど。

0706070002おまけにこんなやつまで・・
きゅうり・・・

K田農場のズッキーニも育ってるかなぁ。昨夜の“五時から会議”では、農作物の話ばっかりしてたなぁ・・
収穫物をいただく約束をいろいろとりつけたりなんかして・・^^;

| | コメント (0)

ホントに、登りに行くつもりだったんだ・・・

今日のノルマ?を片して、帰宅が11時過ぎでもいいようにオヤツにラーメンも食べて。0706060006_1昨日発覚した「トンデモ請求書」の訂正版をお届けしてから、CRUXへ行くべく、ロクスケ金魚Tの着替えも持って、家を出たんだ。が・・・諸般の事情で、食べまくり飲み会に・・

お初天神通りから東へ行ったすし屋へ・・
いきなりトロである。私のような下賎の者が・・、取材でもないのに・・、世間の皆様すみません。
0706060007_1しかも、次は『あぶりサーモン』である・・・これは極にゃみ的セレクト。
ろくに世間のお役に立ってないよな私が・・誠に申し訳ございません。
ぐふふ・・激ウマっ・・とろーっととろける身が、何て官能的・・。


0706060009 挙句の果てに、こんなんとか。
 ・・・ってーか、すし屋でいちいち写真撮ってるのって、超カッコ悪くないかっ!?
でもなー。回らないすしなんて一生のうちにそう何回もいけるわけじゃないしな。



0706060010 亀寿司・・・
K田様、ありがとうございますっ・・!

ロクスケクライミングから中2日、筋肉の超回復的にちょうどいいし、第一昨日もダメで明日もダメ。ってことは、今日行かねば・・だったし、
K人さんにも会いたかったし。

・・だったんだけど、ま、いーか。最後は「ヨネヤ」まで行って揚げ物まで食ってしまったってのがちょっとなぁ・・

| | コメント (2)

バジリコ初収穫

久々のおうちランチ。しかもひとりごはん。ってコトはやっぱり・・・
0706060003_1ベランダのプランターでわしわしに育ってるバジリコを間引きがてら少し収穫。

なんたって採れたてフレッシュ。松の実があれば“ペストジェノベーゼ”にしたいところだけど、そんな贅沢は言わないでシンプルに行こう・・


0706060005_2 極にゃみ的ひとつ覚え・・・
アーリオ・オリオ・エ・ペペロンチーニのフレッシュバジル乗せ。
食べてから思ったけど、見栄えはイマイチでも、バジリコは刻んだ方がよかったな・・でも、ホント香り高くて、美味なり~。

| | コメント (0)

シチダンカ

“幻の紫陽花”シチダンカが開花。0706060003江戸時代に来日して日本の動植物を研究したシーボルトが書いた「日本植物誌」に記載されているのに、その後見た人もいないまま幻の植物と言われていた花。
昭和34年に六甲山小学校の職員さんが変わったアジサイを発見して、一枝だけ採取して調べてもらったところ、なんと「シチダンカ」と判明。ところがその株はがけ崩れで失われ、わずか一枝のこったものが挿し木で生き延びた・・という数奇な運命のアジサイだ。数年前に六甲山の“アジサイおじさん”に鉢植えをもらって育ててたのが、今年になってようやく花をつけた。確か元々青かったように思うんだけど・・うちではやはり赤系。

0706060005_1バラの方は、フロリバンダもクライマーも一通り咲き終わり、優花さんは二回戦に向けて大量のつぼみを準備中。
足元では・・パティオローズが開花を開始。
ピンク色の小さい花を咲かせる『ハッピートレイルズ』・・・



0706060007白の花が房咲きになる『スノーシャワー』もつぼみがいっぱい・・。
どちらもとっても可憐で、好きなバラだ。

でもなぁ・・植えた当初最も期待値の高かった『ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー』が、ひとつもつぼみをつけない。しかもアブラムシが一段落したら、今度はうどん粉病・・憂鬱。

| | コメント (0)

この人を探しています

比良山系へ行かれる方へお願いです。
600_1 昨年秋、比良山へ登山に行って行方不明になっている方を捜しています。
←クリックしてください。拡大します。

・11月3日、イン谷口から入山。金クソ峠~中峠~小川新道を下り、奥の深谷の大橋小屋で午後1時過ぎに最終目撃されていますが、その後の足取りがわかりません。
・警察等が口の深谷、奥の深谷を捜索しましたが、12月に入って積雪が深まったので捜索打ち切りになりました。
・雪融けを待ってご家族が捜索を再開されていますが、まだ見つかっていません。
・可能性のあるエリアとしては、大橋小屋の南西方面。
・伊藤新道や白滝谷付近にも捜索範囲を広げる方向で考えています。

★何か心当たりがあれば、大津北警察署へ連絡を! 077-573-1234

| | コメント (0)

『焚き火の焚きつけ』

少し前に、井戸端話で“うお”っさんに推奨いただいた新刊。
0706050014うちの別宅書斎には入ってないし、買うべきか・・と悩んでいたところ、びびびっくりな出来事が!
な、な、なんと、うちの井戸端で話題になっているのを著者の黒田薫氏が聞きつけて、コメントを書き込んでくださったのであ~る!!びっくり仰天なのであ~る!!これほど驚いたコトはめったとないのであ~る!

ノリの軽い極にゃみ的には「買います買います、スグに買います!」みたいなコメントをした割に、書店に行く暇もなく、旅の供に必ず・・と先週の北陸ツアーの出発直前に本屋に駆け込んだら売切れてたし・・

んで、今日になってようやく入手。マダ一章しか読んでないけど、いきなり強烈なヤブコギのエピソード。先日来、なんだかヤブコギづいてる極にゃみ的には、「あんなものはヤブコギ界においてはおままごと」ということを思い知らされたのであった・・
それにしても・・ヤバい状況になると、頭の中で別に聞きたくもない歌がリフレインしちゃってやめられないってのはもしかして普遍的な現象なのであろうか。おそろしいことである・・

『焚き火の焚きつけ』
黒田薫 著
株式会社つり人社 刊
2007年4月10日 初版発行

後日記;
『焚き火の焚きつけ』及び著者の黒田薫さんに関する極にゃみ的コラム 
 ↓↓↓ タイトルをクリック!
雨が降ったら酒でも飲んで・・・
『本の雑誌』9月号
雷神様大暴れ
2007 極にゃみ的夏の思い出

| | コメント (0)

おうちごはん

なんだかんだ言っても、やっぱおうちゴハンが一番。
0706040017春先に山で採ってきて塩漬けにしてた“イタドリ”とか、







0706050001近所の人におすそ分けをいただいた姫筍とか、









0706050015いつも福井で買ってくる“がんもどき”だとか・・
こういう系のもの、好きだなぁ。
おうちごはん、幸せ~・・。
今回の福井ツアーでは、毎回大量購入してる『枕こんにゃく』が欠品してたのが残念・・


ところで・・今日はマタ、あくどい失敗を・・
超しょぼい請求書をお取引先様に渡したんだけど、「これ、金額間違ってませんか・・」って言われてよくよく見たら、本体価格より消費税の方が高かった!5%じゃなくて・・105%だ~((((((ノ゚⊿゚)ノ
どんなぼったくりやねん。(しかもなんで消費税取るねん・・払いもせんくせに・・)

| | コメント (0)

おそとごはん

0706050005さわやかな風が吹いてて木陰はとっても涼しいし、バラは終わりかけだけど、おそとがきもちいい季節だなぁ。
ってワケで、今日のランチはおべんと持ってうつぼ公園へ。自分で作ったおべんとならもっとよかったんだけど・・贅沢言わずに木陰でいただく。


0706050009でも、都会のオアシスみたいなこの公園・・、
亜熱帯大阪で夏は「クールスポット」として知られているところで、緑のパワーってすごい!って実感できるステキな場所だ。

| | コメント (0)

『セルフレスキュー』

0706040014もうすぐ、「ヤマケイテクニカルブック」シリーズから、セルフレスキューの本が出ます。
著者は、東京都岳連のテルさんこと渡辺輝男さん。

実はまだ読んでないんだけど、ざーっとコンテンツを見たところではトラブル発生時のABCを系統立って解説した、とてもわかりやすそうな構成。
最新の情報もいろいろ盛り込まれているようで、とても役に立ちそう・・

| | コメント (0)

寿そば

ちょっと面白い福井土産をご紹介。
0706040002土曜日の“動物宴会”にエントリーしたわらびーが持ってきてくれたもの。福井では、婚礼の時に家の2階から近所の人にお祝儀ものを投げるという風俗があるらしい。それなりの旧家の話だろうけど。アイテムはおまんじゅうとかいろいろあるらしいんだけど、お菓子はきっちり現地で食べて、“寿”と印刷されためでたい越前そばをお土産にいただいてきた。
花嫁が投げるブーケとかもらっちゃっても困惑するだけだろうけど、こういうのってなんだかいいことありそうでうれしいな。・・・「おろし」がなかったんで、単なるざるそばでいただきました。

| | コメント (2)

肥後橋の新洋食店

マダマダ涼しい北陸と違って、大阪は完全に夏。
0706040008_1リゾートぼけのような状態で朝からおでかけするが、とんでもない筋肉痛なのでランチはがっつり“ハンバーグ!”ってモード。
ちょうど、最近肥後橋にオープンした洋食屋さんのうわさを聞いていたので、ちょっくら偵察に行くことに・・。
うーん・・・ラウンジを改装したって感じ?なんだか小洒落た雰囲気。
日替わりランチはチキンソテーだし、洋食の王道3種盛(ハンバーグ、海老&魚フライ)はちょっとファッティだし・・
ってことは、

0706040007 やっぱ『煮込みハンバーグ』だな。
・・が、運ばれてきた皿を見てショック!え゛??えらい上品なんですけど。
でも食べてびっくり、皿が上げ底の逆で、真ん中がくぼんでて、そこに埋まってた・・見た目と違ってなかなかボリュームあり。
味的には「洋食屋」じゃなくて「フレンチ」系で、丁寧なオシゴトしてますねー、って感じ。品のいい美味しさがGood。
でも・・極にゃみ的には洋食屋ってのはもう少し下世話な感じというか、庶民的なイメージがあって、この高級感はどうなんだろう?この近所の有名ハンバーグ店『ピエロ』なんて、とてつもなく小汚い店なのに、連日行列だけどねぇ。あ、だからここは洋食屋じゃなくてビストロなんだ・・

★Bistro Ou・la・la(ウ・ラ・ラ)
 大阪市西区江戸堀1-1-1大同生命ビル東館B1
 Tel.06-6441-1122
 11:30~14:00/17:30~23:00(LO22:00)

| | コメント (0)

サンダーバードにて

手皮&腕が完全にヨレるまで登って、夕方臨時便のサンダーバードで帰阪の途に。
0706030168福井での週末は本当に楽しくて、ここしばらくのお疲れモードも完全リフレッシュ。とってもとってもHappyな時間を過ごすことができた。
今、乳酸含有率が異常に高いカラダになってるけど、へぼなりにやっぱクライミングは楽しいと思わせてくれたロクスケでの3日間。やっぱ“質のいいジム”で登るのは大切なことだと思った。がんばって機会を作って来なければ。

0706030162今回シメは・・
いつもだいたい、福井駅ホームの『今庄そば』なんだけど、極にゃみ的には、昨日の“激辛ねぎラーメン未遂事件”を引きずってて、なんとなくラーメンモード。で、駅構内の『八番ラーメン』へ。野菜ラーメンの塩、を食べるが・・ココのラーメン、なんの変哲もないチェーン店だけど、なんだか好きな味。でもちょっと今日は野菜が寂しかった・・
0706030174 んで、ホントのシメは・・
なんでかわかんないけど、ホームのキオスクで買う『一本義』。

そうこうしながら、極幸せな福井での週末が終わった。あーっと言う間の3日間だったな。
ゴリちゃんやわらびー、イワちゃんやT中君、Eリカちゃんとも会えて楽しかったなぁ。

ロクスケでは・・リニューアルテープ課題を中心に、合計60本以上登った。モチロン“初級課題”ばかりだけど・・
ファイル課題のいくつかと、青テープのいくつかは宿題のまま。これを片付けに行かなくては・・・福井でのタノシイ日々を思い描いて、明日からまたガンバろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば蔵谷川

ランチはかぴ号に乗って四人で武生へ。目指すは久々の『谷川』だ。
0706030153ココのおろしそばは、今まで食べたすべてのおろしそばの中の、極にゃみ的最高峰。
香りも歯ごたえも、つゆも大根おろしも・・・
美しく緑がかった透明感のあるそば・・
どうして関西のそば屋の名店で、この系の歯ごたえと香りで感動できるそばがないのかとても不思議だ。
ま、それはさておき・・
0706030154今日は四人なので、おろしそばだけじゃなくて、大好きな『そばがきぜんざい』も『そばがき』も、シェアして食べれるのがシアワセ…
そばがき・・今回お初。
ふんわり、もっちり、でも香りがよくて、こんなそばがきは初めて・・・
挽き立てのそばならではなのかもしれない。

0706030157 大好物『そばがきぜんざい』

どうしてこう、そばがきとぜんざいが相性がいいのか・・

きわめて幸せな、日曜日のランチであった。
さ、登らねば!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井の夜2

昨夜のかぴくまにゃみ+今宵はゴリちゃん、ワラビーも参戦。
0706020146またまた動物シリーズな楽しい宴‥。
いろいろ持ち寄り系が楽しい・・

富山から来ているGoriちゃん持参の、Gori家の新玉葱&えんどうはストレートに素材の持ち味を活かして。


0706020145Gori家の庭に生えるという水ブキは、Gori母の手作り。
彩りも美しく、歯ごたえもシャキシャキしててとても美味しい“さっと煮”。
富山名産の昆布がいい味だしてる、とても上品で美味い煮物だった。
うちのフキでもこんなのできるかな・・?でもこれフキじゃないかも???

0706020147丸岡産優良ワラビ、じゃなくてロクスケのわらびーは自家製玉葱ドレッシングを。もちろん素材の玉葱も自家製。これがまた激ウマで、Gori家の玉葱スライスに乗っけると、富山と福井の美味しいコラボ・・・
アレレ、このドレッシング、残ったらくれるって話だったように思うけど、うっかりしてた。季節限定モノだし、来年よろしく~・・

0706020143極にゃみ的には、リクエストにより豆入りキーマカレーを作ってみました。チャナマサラとキーマの不思議で美味しいコラボ・・・

あんまり辛くない、マイルド系にしてみたんだけど・・
ゴハンもチャパティもいらない、単品で食べれる一品って感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べた分は登りましょう。

ロクスケ二日目、手皮残量極少ではあるが…
0706010072なんじゃかんじゃと食べてしまった以上、その分は登らねばなるまい。
昨日に引き続き、リニューアルテープ課題を中心に取り組む。が、・・
晴れている土曜日なのに、どんどん客が来て、極にゃみ的には夕方にはもう“宴会に備えるモード”に・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平松牧場MooMooまきば

土曜日はとてもお天気がよかったので、新車のかぴ号で加賀方面へドライブ。
0706020113ずっと以前にぺんちゃんも一緒に行ったことのある、ジェラートが美味い牧場を目指す。

北陸路は“麦の秋”にて、美しく麦穂が色づいている・・・




0706020122平松牧場』は、畑の中の小さな牧場ながら、とても美味しいジェラートを食べさせてくれるところ。

ちょうどお庭のバラが見頃で、初夏のキラキラした日差しの中で咲く色とりどりのバラを楽しむことができた。


0706020118極にゃみ的セレクトは・・

クッキークリーム&いちごのダブル。
みんなのセレクトをちょっとずつ味見させてもらって、いろいろ味わえて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一筆啓上茶屋

やっぱり旨い、ココのおろしそば。
0706020112いいなぁ~、丸岡。サスガ福井の「そば産地」。
関西でも、こだわりのそば店では丸岡産そば粉使用ってのをウリにしている店が多いけど・・地元丸岡では、観光地のビジターセンターみたいなところで、たった500円でこんなに美味いおろしそばが食べられる。極にゃみ的には“大盛(3杯)”700円、でもちょうどいいかも。

0706020111 新緑がとてもきれいなお庭を見ながら、オープンエアの席でいただいた。

二日酔いの胃にやさしい刺激を与えてくれる・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井の夜

寝不足モードでへぼへぼと登ったあとは美味なる宴。
0706010100プリプリ新鮮な車海老とイカの刺身、絶品だった鯵のタタキ、アツアツの焼き帆立などの海の幸、そして蟹&卵トッピングのアスパラや、胡瓜の和え物・・
くまさんお手製の料理の数々は本当に幸せを実感させてくれる美味しさ。


0706010101くまさんが用意してくれた今日の酒は・・・
かぴさん好みの山口の銘酒『獺祭(だっさい)』。もちろん極にゃみ的にも大好物。なかなか関西ではお目にかかれないんだが・・・

すっきり端正で、それでいて米の美味さがキレイに活きたステキな吟醸酒。
久々の友との語らいのひと時に華を添え、あっという間に飲み干されてしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロクスケ

富山帰りに福井へ寄り道。福井北ICで落としてもらい、くま号に迎えに来てもらう。
Nec_0022_3_1ロクスケはテープ課題リニューアル中。
二ヶ月近くほとんど登ってないから、まともに登れるような気がしないんだけど・・・。

100番まであったテープ課題を改め、5段階の初級課題のみ表示。残りの課題はすべてファイル入り。
テープ課題は、全く新しいのも一部リニューアルのも以前のもいろいろあるみたい。


0706010067グレードは・・

このクラスでグレーディングしても意味がない・・そうで、単に「初級課題」?

これにまた、思いきり翻弄されてしまう極にゃみなのであった・・・
以前の「100番まで課題」は50くらいまでようやく片付いてたんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試練と憧れ

0706010055君のことは忘れない。
そして、決して山で事故を起こしてはいけないということも改めて心に刻みました。
山開きの馬場島は少し寒くて、前夜の涙雨はやんだけど、剱岳は深い雲の中にあってその姿を見せてはくれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »