« 講演会 | トップページ | なんだかなぁ・・ »

六甲便り

梅雨の晴れ間に、ロケハンモード?で六甲逍遥。070623_36下見ちっくにあちこちウロウロ・・・
阪急芦屋川から城山へ、そして荒地山方面を目指す。昔なじみの懐かしい道。
 昔々、山の会に入った年・・。毎週実施される新人トレも、個人的な事情で2回に1回しか参加できなかった。その当時ボッカ量は男女5kg差で設定されてたんだけど、私は思うところがあってナイショで男性と同じだけボッカしてた。が・・25kgを越える頃から、ほかのメンバーと同じペースではついていけなくなった。でも、どうしても年内目標の30kgまでは担ごうと決めて自主トレ。
初めて一人で30kgボッカにチャレンジした日、この右側に昔あった“七衛門岩”のトンネルがどうしてもくぐれなくて、ザックを下ろして押し上げるのも、引っ張り上げるのもどうしても無理で、泣きながら荷を捨てた悔しい記憶がある・・でもあれは捨てちゃダメだった。女がすたるやんけ・・。
0706230040その七衛門岩も震災で埋まって通れなくなった。
上の写真はその左側に新たにできた現在のメインルート。

これは荒地山ボルダー群の入り口にある、『サンデーモーニングスラブ』


0706230070ハイカーの憩いの場『風吹岩』
天気がいいので眺望も最高。
“ちぬの海”こと大阪湾から生駒・金剛山系まで見渡せるナイスビューポイント。




0706230092睡蓮が満開になってる横池。穏やかなランチスポットとして人気だが、3年くらい前に来たときには金魚の大軍団がいて不気味だった・・
今は一匹もいなくて、メダカみたいな小さい半透明の魚がいっぱいいたけど、メダカ?



0706230108 ちょっと見頃は過ぎてるけど・・
東お多福山で、ササユリ発見!
この山を「六甲山唯一の草原エリア」って表現していいのかどうかを確認したくて行ったら、もはや“草原”と呼べる状態ではない、と思いつつ、ササユリを発見しちゃった。


0706230119_1今日、イチバン印象的だったのは、なんたって「コアジサイ」。
アジサイの山・六甲に咲くアジサイの中で、極にゃみ的には最も好きな花。
アジサイの仲間では唯一香りがある、地味だけど清楚な花だ。


0706230173ウツギの花が山頂部ではまだ咲いている。
「卯の花の匂う・・♪」って歌われるけれど、ウツギの花に香りはない。





0706230187林床にひっそりと咲く「タツナミソウ」
北斎の絵の波みたいでしょ。
見つけるとうれしい気分になる花のひとつ。





0706230204林床に咲く高貴な姫って趣きのユリ。







0706230214ヤマボウシがちょうど見頃に・・・







0706230009 今日のオヤツその1。
城山のヤマモモ。街路樹のヤマモモに比べると小さいけど、味は比べ物にならない。

クセもなく、甘くて本当に美味しい。



0706230167今日のオヤツその2。
山上エリアでナガバモミジイチゴが完熟。これもホント美味しい。
野生種のイチゴの仲間ではイチバン好きかも。

今日は・・空荷でブラブラ歩いただけなのに、すんごい疲労。コワいくらい足腰が弱ってるかも。
クライミングモードにスイッチしようと思ってたけど、本業の“歩き屋”がヤバい・・たるみすぎ?

|

« 講演会 | トップページ | なんだかなぁ・・ »

コメント

20数年前、大学3年の夏合宿で初めて私が隊を率いたとき(後立山連峰)は30kg超を苦もなく(確か・・・)持っていた私ですが、今や10kgそこそこですぐにへろへろになっちゃう軟弱者です・・・。
今年の夏~秋に単独で早月尾根から剣にアタックしようとひそかに思っていましたが、それらしい準備もできず早くも諦めムードです(笑)。
にゃみさんの体重では30kgは辛いでしょ???

投稿: かめ | 2007年6月23日 (土) 23:08

ほぉぉぉ~、ここ行きたかったのに。
今度は城山→荒地山コースで行ってみようと思います。
ところでかの地のイノシシはフレンドリーなんでしょうか。恐々…

投稿: われ女姐さん | 2007年6月23日 (土) 23:12

まずはかめさん、コンニチハ!
かめさんは大学山岳部出身だったんですね、なんだか、根拠はないけど勝手にプラスチッククライマーなのかと思ってました。失礼しました・・
早月は・・たぶん5月が一番ラクですよ。

ボッカの可能範囲?は体重の半分くらいらしいです。ってコトは私に30kgは明らかにオーバーですね。今は多分無理ですね・・あの頃は若かった(笑)
でも、昔の山屋さんはもっと持ってましたよね。

それから姐さん、
サンデーモーニングスラブの下から、西へ入るとボルダー天国ですぜ。荒地山ボルダー群から奥高座ボルダー群まで、登り放題。どうせ誰もいませんから、貸切で遊べます。ぜひ行ってみてください。

でも、あのゾーンは道に迷う可能性大です。でも、迷ってもウロウロしてればそのうちどっかへ出ます。
ちなみに、イノ公は決してフレンドリーではありません。
相手を見ますからね、よわっちいヤツと思われたらキケンです。けんか腰でちょうどいいかも。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2007年6月24日 (日) 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 講演会 | トップページ | なんだかなぁ・・ »