« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

本気モードで夏

なんだか涼しいままに経緯している今年の夏だけど・・0707280028サスガに晴れ渡ると日中は暑い。カラっと湿度が低いので極にゃみ的にはあまり気にならないんだけど、室温が31度を越えるとコンピュータがうんうんうなりだしてなんだかコワいので、ちょいとマシンに“シエスタ”させようと午後のオヤツの後はちょびっと登りに行くことに。
日曜日の筋肉痛がいい感じなので、ダメ押ししちゃえってこともあって、涼しい○CSへ。前回唯一できなかった7級をやっつけ、残ってる6級へ・・。オブザベでは最後がクロスか送り手かわかんなかったけど、どうせガバだからどっちでもいけるやろ~と思ったら、あにはからんやどっちもできず・・未遂に終わる。そうこうするうちに大胸筋がパキっとか言って、痛いので撤退。はぁぁ・・・やはりヘボい。
 んで、女性に囲まれてゴキゲンだったH社長がナゼか私にもコーヒーをふるまってくれたのでありがたく戴いたけど、19万円のエスプレッソマシンなんだって・・恐るべし。
それから、3~4ハーフくらいのシューズが数足、4000円の投げ売り価格で出てた。女の子が値切ったら3,000円になってた。サイズが合えばお買い得?

| | コメント (0)

サワヤカ~

晴れてるけど、カラっとしてサワヤカな朝だ~。
0707310005夏中こんなだったらいいのにな・・・
もうすぐ暑くなるのかな。

今日はあまり得意ではないイラストレータに挑戦中。はてさて・・・

| | コメント (0)

ナゼいまどき“成長”?

選挙が終わってやっと静かになった。
Photoこんな間抜けなキャッチコピーももう見なくてすむ。
だいたい、赤ん坊ならともかく恐竜じゃないんだから成熟したオトナ(?)が成長する必要があるんだろうか。
地球規模で資源の枯渇が重篤な問題となって、人間の活動によって排出される炭酸ガスを始めとする環境に悪影響を及ぼす物質をどう減らしていくかが緊急の課題になっている今、ナニをどう「成長」させようっていうんだろう。
どこかが破綻することなく、いかにバランスよく全体をダウンサイジングしていくかが今の政治家の最重要案件じゃないのか。人口も経済も・・・マサカ高度成長期の幻想、いや、呪縛にまだ捕らわれているのか?その点、いち早く生まない選択をしているこの国の女はエラい。

| | コメント (0)

「Prier-プリエ-」の生シュー

たっぷりのカスタードクリームの上にこれでもかとホイップクリーム0707300002を乗せた、ダブルクリームの味わいがリッチ。
「こんなん食べたらブタになるなぁ」
「ブタになったらびっくりするわ!ぶひー。」
「ブタにはならんけど、確実にデブるな。ぶひー」
「それも、ただのデブやなくて、ゴージャスなデブやろ」
「ゴージャスなデブ・・貧乏なくせにゴージャスなデブ・・ぶひー、かなりイヤやなソレ・・」

大学生君がいるとろくでもない会話ばっかりである。でも、プリエのシュークリームは美味いからいいのだ。

| | コメント (0)

涼しい土用

夜中に降っていた雨は朝には上り、薄日が射してきた。
0707300004イリオモテアサガオに雨露がついてとっても涼しげ。でも色が変わってるのは酸性雨?
今日は土用丑の日で、世間では夏ばて防止にウナギを食べる日、ってことになってるけど・・
ウナギに限らず《卵、餅、しじみ、牛肉、馬肉、瓜、梅干し、うどん・・》等々もよいとされているとか。

0707300001雨のせいか上空の寒気のおかげかとっても涼しい朝だったので、朝ごはんはあったかい「たまごたけにゅうめん」・・。なんて贅沢・・
生だと真っ赤なタマゴタケのカサが、火を通すと黄色くなって、一晩おいたらうす茶色に変化。面白い。

| | コメント (0)

タマゴタケ

保塁からの下山中・・・
0707290009急に“探索者”の目になった校長先生が見つけたモノは・・
美味なるきのこの代表選手、タマゴタケ。
カエサルも好んだという絶品きのこだ。学名はAmanita hemibapha 、ヨーロッパの種とは少し違うそうだが、あちらでは「皇帝きのこ」と呼ばれて珍重されているとか。
先生が「私はまた見つけますから」って譲ってくださったので、ありがたくいただいて帰ることに・・
それにしてもなんて美しい菌類なんだろう。
0707290019ダシで軽く煮ていただいたんだけど、なんてステキな歯ごたえ!気分はカエサル・・?
「これでもかと言わんばかりに山の生命体の躍動感が口中に広がり・・(黒田先生、パクリでスミマセン)」って感じで、山に遊ぶ趣味に感謝・・な美味であった。

| | コメント (0)

夏でもスズシイ保塁岩

今日は、久々に校長先生とクライミング~♪
0707290001六甲山上、標高の高い保塁岩へ出撃。
岩登りそのものが超久々、ヘボ度アップは確実なのだが、校長先生とご一緒させていただけるとあってはガンバるしかないっ・・・
が・・・へぼい。いや、へぼい以上にしょぼい。アプローチの油こぶしの登りでヘロヘロ・・
1本目、中央稜正面の“電光クラック(Ⅳ・・まじ?^^;)”へ。
以前トポを見ながら「次はココかな」って思ってたけど、冗談じゃない。いきなり固まり、禁断のAゼロ・・先生スミマセン。
二本目、げげげーの“サラマン(5.9+)”。先生はナチュプロ・・どころかオールパッシブで(しかも支点はたったの3つ!)で登っていかれたけど、極にゃみ的にはテンションの嵐・・というより、ずり上がってはロープたぐってもらってまたずり上がり・・みたいな??クライミングとはとても言えない・・・(先生からもちょっとテンションしすぎやなぁ、と・・)でもどう考えても不動の“なめくじ”よりはるかにムズんですけど。
0707290005“スパイシーカレー焼きそばパン”をノドに詰らせながら無理やり流し込んだ昼休憩後、“スカイフレーク(5.9)”へ。校長先生はもちろんオールパッシヴでリード。
ガバがガバガバあるけれど、いったいどーすんだ~?って感じで、ワケわかんないレイバックと捨て身のヒールフックでずり上がるが・・はっきり言って、超カッコ悪い・・・誰も見てへんやろなっ?
極にゃみ的には、3年分くらいのウデ力を使い果たすわ、ショーモナイところで不意落ちして絶叫を響かせるわ(カッコ悪過ぎ・・・)、へろへろヨレヨレと帰還。
あまりにヘボすぎる弟子でスミマセン~・・弟子と名乗る資格なしです~。

| | コメント (0)

涼しい六甲山上で…

今日はボランティアで山の案内人。
0707280019山上エリアはぐっと涼しくて、紫陽花が美しく咲き誇っている。少々早起きして、油こぶしを歩いて登るが、登るほどに涼しくなって快適。
でも、サスガに日中は六甲では珍しいほどの高温となった。昼過ぎには32度を記録し、自然保護センターの管理人さんが、「今までこんな気温になったことはない」と言ったほど。

0707280006今日は、朝からこんなヤツと接近遭遇。
明治時代に中国から日本に入ってきた移入生物で、現在六甲山を中心とする兵庫県にしか分布していない『キベリハムシ』。
サネカズラ(別名:美男蔓)を食草にしている美しい甲虫だ。(クリックで拡大)
さながら漆黒の宝石といった趣きの美しい昆虫。

0707280020涼しげな花を咲かせてる『アカショウマ』とか(近年流行の園芸種・アスチルベと似てるっしょ)、






0707280015個性的な花『キツリフネ』とか・・

花が少ない盛夏の時期とは言え、いろいろ見どころはある。

今日は午前も午後も1回ずつツアーを催行したけど、やっぱりガイディングは技術が必要、と実感。

0707280047“知識”は当然必要だけれど、単に「この花の名前は・・」「この木の名前は・・」ではインタープリテーションにならない。その地域の、地形・地勢的特徴や歴史の上に現在の生物相があるってことを伝えなきゃいけないし、それによって何を訴えたいのか、という“内心のテーマ”を明確に持った上で参加者に接しなければと感じた。

0707280044・・とか何とかエラソーに言うほどのことは実はナニもできてないんだけど。
自分の伝えたいことをきっちり相手に伝えるというのは本当に難しいことだと思う。
帰り道、下るほどに暑くなる油こぶしでウンザリ・・下界は炎熱地獄。妖艶なカラスウリの花に出会えたのはラッキーだったけど。

| | コメント (0)

なぜか、瓢箪山。

イロイロあって、想定外のところへ来てしまった。
Photoけど、なんだか懐かしいな‥‥、瓢箪山。
昔々の大昔、K西ウォーカー巻末の見開きコーナー“この街で遊ぼう!”の記事を隔号で書かせていただいていた時に、あちこち取材した中で特に印象が深かった街。
駅を起点に“見どころ”とか“遊べるスポット”、おいしいお店などを軽いタッチで紹介するコーナーで、ロケハンから任せてもらってたこともあって、なかなか楽しいおシゴトだった。
0707270093一日かけて駅回りをセッセコ歩き回って面白いスポットを開拓。今みたいにインターネットで情報を集められる時代じゃないから、足で稼ぐ、ってのが基本だった。確かロケハン費は10000円くらいしか出なかったから、半日くらいでお茶を濁すのが妥当なところだろうけれど、あのシゴトに関しては毎回よく歩いたなぁ・・
自腹でよく食べ歩いたし。費用対効果無視ってのはあの頃からだ・・

| | コメント (0)

スカイウォーク

真夏日という趣きで暑そうなんだけど・・
0707270023ちょっとしたロケハンにおでかけ。貧乏人なんだから儲かる仕事に精を出さなきゃなんないのに、儲からなくても同じ力の配分で動いてしまうところが、まだまだオトナじゃないな・・(って今オトナじゃなきゃ、オトナになった頃死んでるし)
取材費が出ないのに自腹で出掛けてしまったり、どう考えても経費の方が高くついてたり・・どうやら世渡り上手にはなれそうもない。
0707270013さりながら・・それはそれとて、仕方のないこと。
でももう少し真面目に稼ぐ仕事をやんなきゃいけないのは事実。アレコレ踏み倒して遊んでちゃーイケナイ・・新規開拓、営業~・・しなきゃね。

ところで今日は、もう萩が咲いていた・・・


0707270066 ナデシコも・・・

これも秋の分類のような気がするけど、でも夏はこれからが本番なんだよなー。

| | コメント (0)

デジカメ変~身っ!

先日、愛用の“FinePix Z1”が突然起動しなくなって、修理見積もりを依頼してた。
0707270010そしたら、「基盤をはじめ、内部にかなりの腐食があるので、修理に27,000円かかります」って言われて、ひっくり返りそうに・・にまん?ななせんえんっすか?
(まー、3回水没させたし、落とすわぶつけるわ・・あまりにも雑い使い方だったからな。)
あと1万ちょい足したら最新機種が買えるよな、と思いつつ、その1万ちょいがツラい貧乏人・・。そしたらナンと、メーカー直売の中古品があるってコトを発見。メーカー直修理の完動品なので安心?(保証は6ヶ月だけど)
割と新しい機種のZ3でも20,800エン、今まで使ってたZ1なら15,800エン。でも、スペックを見比べて2,000エン高いけどZ2にすることに決定~。極にゃみ的には、デジカメのない生活なんて考えられないのだ。
まるで新品同様のキレイなボディに感動・・壊れたZ1は600エン(!)で下取りしてくれたけど、見比べて愕然とした。あまりにボロボロ・・下取りされてどうなるのか知らないけど、安らかに余生を送ってくれい。ひどい持ち主にあたってごめん・・・。

| | コメント (0)

懐かしの“ラクシュミ”へ

数年ぶりの懐かしいお店でランチ‥
0707270008ネパール系?(チガウ?)のカレーを食べさせてくれるお店で、大昔、四ツ橋の設計事務所に居候してた頃は、楽天食堂と日替わりってくらいの勢いで通ってた。
当時も割と行列のできる店だったけど、さらにエスカレートしてるかも。2時近くに行ったのにまだ行列・・でもすっかり“カレーな胃袋”なので、暑い中ガマンして並ぶ。
0707270007うっかり、「キーマの普通盛り」って頼んでしまったけど、実はすげー量で・・
中高年にはちょっとハゲしい盛りである。
しかもここのキーマはかなり辛くて、極にゃみ的には口の中が痛いくらい。しかもかなり塩辛かったような・・。でも、久々のらくしゅみカレーは旨かった・・野菜カレーも、アチャールも。
外でまだ待ってる人がいるかも?と思いつつチャイまでしっかりイタダイてしまった。でも中高年的には「小盛」でよかったかな。当分の間ゴハンも何も食べなくていい・・

★ラクシュミ 
大阪市西区新町1-20-7   06-6536-0779 
定休日/日・月・火・祝日 
営業時間/11:30~15:00

※後日記/今年の5月17日でオープン20年だったそうだ・・オープン直後から通ってたような気がするんだけど、トシとるはずやわ・・・

| | コメント (0)

ズッキーニのパスタ

オリジナルレシピはペンネだったんだけど・・
Dscf0004このズッキーニはゴールデンなんとかって品種で、初めて食べた・・
タカコさんのレシピでは、クタクタの炒め煮風にしてパスタと和えるみたいなんだけど、この品種はなんだかしゃきしゃきしててそーゆー感じにならない。
別々に食べた法がよかったりして・・?

| | コメント (0)

漂蕩の自由

“最後の無頼派”と呼ばれ、自ら“老ヒッピー”と名乗る檀一雄氏が様々な旅のエピソードを綴った痛快なエッセイ。
Photo 「ただ、私にあるものはどう処理もしようのない不吉な己の心塊だ。手を出し足を出すまぎらわしようのない妄動の五体である。私だって平穏無事は願っている。妻子の飢えるさまを見たくはない。が、何物かに向かって飢える心を隠蔽することだけは出来にくい。世の人から指弾されようと、それが己のいつわらぬ漂蕩の性(さが)だからである。」

NY・ワシントンスクエアの安宿で、8階の窓に腰かけて師走の風に吹かれながら、墜死するかもしれないような状態で苦渋の酒に酩酊するこの男・・


何かを真摯に求めることを捨てて、ぬるま湯の中で半ば腐敗しながら生きているような私なんかとは人生の濃度が全く違う。

『漂蕩の自由』
檀一雄 著
中央公論新社 刊
2003年8月初版発行

彼の代表作のひとつ『火宅の人』・・・、
そこに描かれる壮絶な自我の模索、やむにやまれぬ激情にからめとられて破局だけが約束された関係に身を投じずにはいられなかった心の在りようを思うとき、何度この作品に触れても、心を焼き尽くされて私は平常心ではいられなくなる。
一度余裕がある時に、沢木耕太郎氏の「壇」と並行して精読してみたいと思っているのだが、やはり平常心を保つことはできないだろう。冷え込む夜に、完治したはずの古傷がうずくように・・

| | コメント (0)

憧れの軒下吊し。

農家の軒先なんかに玉葱が吊ってあるのを見るたび風情があっていいなぁ・・
0706080003_2 って思っていたら・・・
ファーマーKatudaさんがにんにくと玉葱を縛ったのを送ってくれた・・とりあえず物干しのすみっこに吊るしてみたけど、なんかうれしくてついにやにやと眺めてしまうなぁ・・。

巨大にんにく、魔よけにもなるかな。

| | コメント (2)

釣魚をめぐる博物誌

題名のまんま、古今東西の釣りと魚に関するエピソード満載の楽しい本。
Photo_175最近、極にゃみ的に気になってる人々がナゼか釣りを嗜んでたりするもので、なんとなくこういうものが気になるのかなぁ・・?

・・エジプトの女王クレオパトラ七世が、夫となったアントニウスと釣りにでかける。しかし、いっこうに魚が釣れないアントニウスは、こっそりと漁師を潜らせて垂れている釣り針に生きた魚をつけさせた。ところがクレオパトラはそんなことはお見通しで、次に釣りに行ったとき、自分の家来を先に潜らせておいて、魚の干物をアントニウスの針につけさせた。干魚を釣り上げてしまったアントニウスはインチキがばれていたことに気づいて二人で大笑い・・なんてエピソードも。
好きだなぁ、そーゆー女。

それから、「うお」と「さかな」。
元々、「魚」は「うお」で、「さかな」と読ませるようになったのは驚くほど近年のことであるらしい。昭和48年に更新された当用漢字改訂音訓表ではじめて「さかな」の読み方が掲載されたが、それまで使われていた昭和23年制定の当用漢字音訓表では「ギョ・うお」としか記載されていないのだとか。「さかな」は本来「肴」であり、「さか」は酒。酒のアテが「さかな=酒菜」で、その主たるものが魚であったってコトらしい。

『釣魚をめぐる博物誌』 角川選書353
2003年 初版発行
長辻 象平 著

| | コメント (0)

イリオモテアサガオ

このサワヤカさは・・きっと梅雨明け。
0707240003うちの超オクテなイリオモテアサガオがようやく本気で咲き始めた。いよいよ夏本番ってところか。
それにしても、カラっとしてて過ごしやすい暑さ。

| | コメント (0)

やっちまった・・

土佐堀の運営委員会に出席後・・・
Photo_173機嫌よく食って、機嫌よく飲んで、その後少々終電に時間が際どいからって肥後橋から地下鉄に乗って、そしたらちょっと余裕で阪急に間に合って、なぜか座れてしまって、んで哀しい小説を読んでいたら、うっかり泣き寝入り?してしまったらしく・・・


Photo_174すっかり眠りこんでて、ふと目覚めたら、さ、さ、三ノ宮。ど~すんだいったい?!
幸い西宮北口までは帰れるみたいだけど・・、あとはどーすんだ。
ってワケで久々に西北からタクシー。・・運転手さんと震災のハナシになって、いろいろ喋ってたらしんみりしちゃった。家も会社もつぶれて、人生変わってしまったんだって。最後は「でも生きててよかったですよね」ってハナシに・・・濃ゆい一日だった。

| | コメント (2)

Pesto Genovese

ペスト・ジェノベーゼのパスタ・・極にゃみ的大好物。
Dscf0004_1土曜日の仕事帰りに材料を仕入れて、KATUDA農園のバジリコがしおれないうちに・・と土曜日に夜なべでペストーを作った。お陰で日曜日は早起きがちょっと辛かったんだけど・・

茹でたてパスタに混ぜるだけだから、インスタントラーメンよりカンタン。しっかし・・おでかけ前にこんなものを食っていいのか?は別の問題・・・

| | コメント (0)

んんっ???

昨日、天川川合で発見したモノ・・・。
Dscf0017え? ・・ええっ?
なんかビミョーな違和感を感じて、よく見てみたら・・


むーん。


Dscf0016 ヤカンのマークがお茶目である。


けど・・ホントにいいのかっ?森田商店・・

| | コメント (0)

オッサン隊@でぇと沢!?

先週不発だった鈴鹿の沢へ・・と思っていたら、CLモリ井さんが行けなくなった。
Dscf0003Uちゃんと二人でゴルジュに溺れに行くほど度胸がある私ではないので・・・
木曜日の例会の時、ゴフミさんに「私を沢へ連れてって~♪」と言ってみたらば、提案いただいたのが大峰の川迫川支流白子谷。
なんでも、“デート沢”だそうだ。初心者の異性を連れて行って楽しく過ごして点点点・・というコンセプトで構成された沢らしい???
Dscf0004しかもゴフミさんはパジェロ・・もとい、アキ田さんを誘って、足の便まで確保してくれた。なかなかデキる男である。・・ってワケで、オッサン4人で“でぇと沢”である。
が・・この橋を渡ったのが失敗?いきなり、入谷不全症候群。白子谷、ドコ~???
あとで調べたら本流渡渉が正解。でも、でも、本流は増水してたんだも~ん・・
Dscf0007危うく迷子になりそうになりながら、どーにかこーにか入谷。
しっかし、この谷は“近畿の赤木沢”・・
ヘボでも楽しく登れる小滝及び美しいナメ滝が連続し、ややこしそーな滝はカンタンに巻ける。
嗚呼ここは桃源郷なりや。キモチよく適度に水を浴びながら(ってーかなんだか水量多いんですけど~)、楽しく登る。
Dscf0013・・・が、楽しかったのはココまで。
ツメが・・ツメがぁぁ。
多くは語るまい。ルートファインディングの失敗かもしれない。昨夜の雨でコンディションが著しく悪かったのかもしれない。が、こんなトコロにカワイイおねーちゃんをだまくらかして連れてきた日にゃ、無事に帰っても二度と口は聞いてもらえまい。Dscf0010_1 モリモリの下心は露と消え去るのみである。
ヘロヘロで下山し、混み混みの天の川温泉で汗を流し、一部混雑する309をちんたら走って大阪へ。会の呑み助たちが○一屋へ集結しているという情報を得るも、時間的にそろそろ精算しそうなタイミング。そんな頃合に行ってガツガツ食べるのもどうかと思い、「とりあえずハラ拵えしよーぜ」ってことで軽く食っていたら、「今日はもう帰ります」とのメール・・明治屋はパスですか。
・・ってワケでシラフで無事に帰宅したのであった。なんたって今朝は4時起きだからね。眠い~・・・

| | コメント (0)

『いきいき地球館』

今日は小学生対象のエコクラブのイベントで『花博記念公園・鶴見緑地』へ。
Dscf0112 この夏休みに“キッズISO 14000”に取り組む子どもたちと一日一緒に過ごした。
キッズISOプログラムの説明を補足するために子どもたちに見学してもらった『いきいき地球館』をイベント終了後に見学に行く。ワザワザ休館日に下見に来たから私はマダ中を見てないのだ。
Dscf0133「エコ路地町」にある“江古田”家や小学校、スーパーマーケット、ホームセンターなどを回りながら、エネルギーや資源、ゴミ問題などを考えてもらうという趣向。

子どもたちが楽しく見学できるような仕組みがいろいろあって、大人も楽しい。

Dscf0141家庭でできるエコ作戦を実行するとどれくらいの省エネになって、いろんな作戦をプラスしていくと合計いくら節約できるか・・がわかる“デンタくん!”とか・・・
エアコンの温度設定を何度にしたらいくら・・とか、見ないテレビを消したらいくら、とか、待機電力を減らすためにこまめにコンセントを抜くといくら、とか・・細かい設定条件はよくわかんないけど、ゼンブ普通にできそうなことばかり(ってーか、極にゃみ的にはやってることばかり・・)。
節約の成果をエネルギー量じゃなくて金額換算にしちゃうところがナニワな感じでいいな・・w。

Dscf0142リサイクル資源がナニに変身するのかをアミダくじで確認できる“リサイクルアミダ”とか。

クイズを織り交ぜたアニメーションで温暖化問題などの現状を説明していたり、なかなか楽しく学べる施設だ。

夏休みに家族で遊びに行くのに最適かも。小学生の自由研究課題はこれでバッチリ!?

| | コメント (0)

怪しい植物見学

諸般の事情で、怪しい植物君たちを見学・・・。
Dscf0031Dscf0094Dscf0086Dscf0092



可憐な植物も見学・・・。
Dscf0105Dscf0109“ヒマラヤの青いケシ”なんだけど・・
花の色は移りにけりないたずらに・・状態。
冷凍保存している種子を20日ごとに解凍・発芽させ、年中花が見られるようにしているそうだ。恐れ入ったことで・・

| | コメント (0)

Katuda農場ランチ

先日の収穫物を大活用してランチ。
0707210005大量のバジリコをしおれないうちにペストーにしたいんだけど、買出しに行かないと松の実もパルミジャーノもない・・

とりあえずフレッシュをそのままパスタに大量投入・・にんにくもいっぱいもらったので、遠慮会釈なくたっぷり入れちゃう。


0707210002めんどくさいけどポテトサラダも・・
なんと、にんにくをざくざく切ってじゃがいもと一緒に茹でて大量投入・・
これはやっぱ・・、当分の間外出禁止か?

| | コメント (0)

案外あるもんだ・・

これまであんまり意識してなかったから見えてなかったけど・・
Aed_atあちこちで普及してきたAED。迅速に使用することによって蘇生して完全に社会復帰した例も報告されているし、AEDそのものも進化してきているようで頼もしい限り。
先日救急救命士さんに「だいたいどんな場所にあるんですか?」って聞いたら、「日頃から意識して探すようにすれば、すぐに見つかるようになりますよ」って言われた。山菜採りなんかで「見える目」にならないと見つからないのと一緒かも。見慣れることが大切・・かな。

久々に所属会の例会に出席。その前にちょいと登って行こ~・・と企んでたら、急な(しかもあんまり実りのない・・)打ち合わせに巻き込まれて未遂に終わる。そして運動不足のまままたもや飲み会・・・うーん・・極にゃみ的には過重積載注意報?

| | コメント (0)

畑の花・・

katuda-Farmのお花たち・・
0707180005すいかの花。
やわらかな産毛の生えたつるがなんだかカワイイ・・





0707180010枝の根元にこっそり咲いた、地味というか目立たない小さな花。
でもよく見るとやっぱマメ科っぽい。枝豆。





0707180019 ズッキーニの花。
株の根元にでっかい花が咲いてる。ズッキーニがこんなふうに実るって初めて見た。
花もフリットなんかにして食べられるそうなんだけど、なんとも言えずデカい!
やっぱこいつ、カボチャだ・・

| | コメント (0)

7月のワイン会

0707190076マズは、夏にぴったりの爽やかなシャブリ・ヴィエーユ・ヴィーニュ。師匠手作りのケーキと共に・・。きなこと豆乳のヘルシーな味わいが美味。





0707190066 本日のラインナップ。






0707190082_1 いろいろ美味しいものはあったけど・・・
極にゃみ的には、アップルマンゴーが一番印象的な美味しさだったなぁ。
でも、案の定飲みすぎて、目が覚めたら乗り越し~・・・

| | コメント (0)

7月のお稽古2

今回も夏のお点前を御稽古。
0707190056お菓子は、なんとD-yan師匠のお手製。葛の風味ゆたかな味わいと、柚子がアクセントになった餡がとっても品のよいコンビネーション。
師匠は今秋からしばらくの間ご家庭のご事情で渡米されるため、御稽古はしばらくお休み。さしあたって最後の御稽古となるので、いつになく丁寧なお点前をと心がけてみたけれど・・やっぱりお笑い系。
2年もお休みしたら忘れるだろーなー・・
おさらい会が必要かなぁ。

| | コメント (0)

野半の里

0707180028農作業のあとは・・かつらぎ町にある「野半の里」へ。
天然温泉「蔵乃湯」でさっぱりと。
大正時代の酒蔵を改装して作られた風情のある建物で、清潔で広々としたお風呂はとっても快適だ。
「高張泉」という、各種温泉成分が濃厚で浸透圧の高い極上の湯質。
0707180032特筆モノは「地ビール風呂」で、水風呂に地ビールを注ぎいれて泡がぶくぶく、ビールな気分(?)にひたれる不思議なお風呂である。
ビール好きのUちゃんなんか、ニコニコ幸せそうに入ったきり出てきやしない・・
4種類の天然温泉が楽しめる、とってもお買い得な施設だった。地ビールが味わえるレストランなどもあり、ゆっくりと訪れてみたいところ・・・
★野半の里
和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702

| | コメント (0)

収穫

トマト、なすび、パプリカ、万願寺とうがらし、ズッキーニ、バジリコ、大葉、とうもろこし・・
0707180025収穫作業はホントにわくわくと楽しい。

畑でいただく完熟トマトの美味しさときたら・・
それから、もぎたてのとうもろこしは、生で食べるととっても甘くてジューシー、これは新発見。

| | コメント (0)

収穫祭

KATUDA Farmにて農作業体験のはずが、雨ですがな。
0707180008でも、植物も虫も含めて、たくさんの生き物が生存競争を繰り広げているドラマチックな現場を目の当たりにするのはとっても面白い。
人間が関与して、自分に都合のいい植物が優先的に育つようにコントロールしているのが農場ってワケだな。



0707180012不都合な存在・・その植物の成長を妨げるほかの植物だとか、食ってしまう虫だとかをどう排除するかが問題で、正々堂々と真っ向勝負してるのが無農薬有機栽培。
農薬撒き散 らすのは丸腰の相手を飛び道具で攻撃するよなもんだなぁ・・などと漠然と考えながら・・。

それにしても・・稲がすくすく育ってる水田の風景はとても美しい。日本にはやっぱり水田が大切。
ところで・・極にゃみ的には服装には全く無頓着なんだけど、今日はちょっとファッションにこだわってみました・・

| | コメント (0)

前夜祭

前夜祭
楽しい宴@和歌山

| | コメント (0)

『食品の裏側 -みんな大好きな食品添加物』

食品添加物商社のトップセールスマンだった著者が、娘さんの3歳の誕生日に、仕事をやりくりして帰宅したら・・
Photo_172テーブルには子どもたちが大喜びするごちそうがズラリ。子どもたちが美味しそうに食べているミートボールをふと口にした著者は・・「これは食べてはいかん!」と叫んで皿を取り上げた・・

そのミートボールは、スーパーの特売用商品として食品会社に依頼されて自分が開発した商品。普通なら廃棄するか、ペットフードに加工するしかないようなドロドロのクズ肉に、大量の添加物をジャバジャバ入れて商品に仕立て上げたもの。
廃棄物並みのものが活用できるんだから環境に優しいし、一円でも安いものを買いたい主婦にとっては自分は救いの神のようなもの。使っている添加物は国が認可したものばかりだし、何も悪いことはしていない。食品業界の発展にも寄与して、むしろ世の中に貢献している・・
誇りを持って仕事をしてきた著者だが、自分が開発した商品は、愛する子どもには食べて欲しくないものだということに気づいてしまった・・

自分がやってきたことは「死の商人」となんら変わらないのではないか。このままでは畳の上では死ねない-そう思った著者は、翌日会社をやめた・・・。

「食品の裏側」をここまで赤裸々に書いた本はこれまでなかったそうである。先日発覚した食肉業界のトンデモ事件なんて、むしろ普通に行われていることらしい。
安さ、便利さの代わりに、私たちは何かを失っている。それは、目には見えないけれど、おそらくとても恐ろしいこと・・そんなことを考えさせてくれる一冊。

もはや“再生産”とは無縁の私は、ここ何年も個人的には変異原性があろうが催奇性があろうが、べつにどうでもいいか~、なんて思ってたけど、個人がどうのこうのと、そういうレベルの問題ではない。“自然”からスポイルされ、人工的な環境で飼育されている家畜のような我々はもはやまっとうな生き物とは言えないのかもしれない。
そんな中で山菜やらイワナやらを求めて山野を彷徨するよな人種なんて、もはや絶滅危惧種・・・

『食品の裏側 -みんな大好きな食品添加物』
東洋経済新報社 刊
阿部 司 著
2005年11月第1刷 2006年3月第11刷 発行

※本書を批判するサイトも併せて紹介
★香具師か、食品添加物のゲッベルスか『安部司著「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」を批判する』(うさぎさんの小屋) …ココ!

| | コメント (0)

「プラマイゼロ」と「帳尻合わせ」

著しく運動不足な連休だったので、最後に帳尻を合わせておくべし。
Dscf0088 ・・ってコトで、帰りにちょいと寄り道をして登りに行くことに。チープでジャンクな“オヤツ”を仕入れて、行先をちゃんと確かめて某ジム方面へ行くバスに乗った。
阪急で行けば150円だけど15分は歩かないといけないし、小雨模様だし、カサが壊れたし、この際キヨブタで200円も張り込んで近くまで行けるバスにしたのだ。
が・・十三大橋を渡ったバスは、ナゼか左折。
 ・・え゛?ドコ行くんっ!?
 ・・あ゛?そういえば行先見たけど「歌島橋」やったわ。ちゃうがな・・。確認しても、違う行先のバスに乗っちゃ~意味なしっ!! ・・あり得ないおバカである。
哀しい気持ちで胸いっぱいになりながら新北野で降りて、50エンのムダに涙しながら信号待ちをしているところへ追い討ちをかけるかのように雨が降り募り、極にゃみ的にはドツボな気分に。

・・そのとき。横のガードレールから、かそけき囁きが。
『ご主人様。わたくしをお連れくださいませ・・』
・・おおっ? 見れば、きゃしゃな柄をした、水玉模様のエレガントな傘が私を呼んでいる。『おぬし、捨てられたのか。あわれよの。我が供をおおせつけて遣わそう』などとその細腰をぐっと引き寄せてみれば・・
間違っても100均のカサなどではない、高貴な出のカサだ。極にゃみ的鑑定によれば、元値は税込315円は下らないと思われる。開いてみたらナニゲに使い込まれて汚れてるけど、その分を差し引いたって200円の値打ちはありそうだ。プラマイゼロ~(^-^)v
・・かくして、うかつに「加島行き」ではなく「歌島橋行き」のバスに乗ってしまったココロの傷は癒え、好物のやきそばパンをシアワセな気分で食い、にゃみにゃみ~っと登ってこのややこしい連休が終わったのであった。めでたしめでたし(??)

 が・・・・「ルーフなんて手も足も・・」ってつぶやいたらお勧めされた、新しくできた「ルーフ入門用(?)10+」のナガモノ課題をやってみるも、ルーフにたどりつかないんですけど~・・全く手も足も出ず・・カナSy~・・

| | コメント (8)

驟雨

イベント終了と同時に大雨。
Dscf0087主催者の行いがいいのか、プロジェクトリーダーなのか、参加者なのか・・よくわかんないけど、絶妙なタイミングだった。

さー、撤収だ~‥

| | コメント (0)

出動~!

今日は朝から助っ人。念のため早く着いたのでとりあえずお茶~(^^ゞ
Dscf0001_1鶴見緑地で、とあるイベントのお手伝い・・・。
ちょい前にロケハンに来たとき、思いっきり方向間違えて遭難したんだけど、今日はだいじょーぶ! ・・って当たり前か。同じく手伝いのおねーちゃんに「前に来たとき、地下鉄出て反対側へ行ってしもてん・・」って言ったら、思い切り「ありえねーっ」って顔された。天然の方向音痴ですから・・

| | コメント (0)

おちゃらけトリオDay

なぜだかおちゃらけトリオが集まって‥
Photo_170少々筋トレモードで遊んでみる。
鈴鹿のゴルジュでヒルに食われながら溺れる予定だったのに・・台風4号のバカヤロー!

ひと暴れした後は、久々に“おとめ塚温泉”へ。
青空の下で露天風呂~はとても爽快で、ビミョーにくやしくて、複雑であった。

Photo_171 それにしてもこの温泉は、ホントに心地いい。
つかっていると、シルキーな泡がやわらかくまとわりついて気持ちい~い。
天然掛け流しでこれだけいい湯質で、これでちょいと不便な山の中にあれば、きっと“秘湯”とか呼ばれて温泉マニアが押し寄せるんだろうな。あいにくとフツーの住宅街にある、フツーの銭湯の顔してて、銭湯料金ってところがまたなんとも。

| | コメント (0)

茄子の辛子味噌和え

“雷3日”・・ 夏山では、同じパターンの天気が3日くらい続くことをいう。
Photo_169なんだか極にゃみ的日常も、ここ3日くらい同じパターンのよーな・・
んで、今日の夜更けのアテである。和辛子味噌は加熱しないほーが旨いってコトを学んだので、加熱後に粗熱を取ってから和える方向性で・・
んん~、んまいっ。なんか、3日続けて茄子ばっか食ってるよな気もするが・・まあいいだろう。

| | コメント (0)

憂鬱な雨の一日・・・・・・

結局一歩も家から出ず。
Photo_168しかも仕事してたんだか、ダラダラしてたんだかわかんないよな状態で・・ やんなきゃなんないコトが捗らなくてイライラしつつ、なのにダラダラしてる自分によけいイライラ。
そんな時は~、ぎゅうにゅうか~・・ え?焼酎の牛乳割り? それはちょっと・・


明日はがんばるぞ~(っておい!今日はもう終わってんのかよー・・ おーい・・ にゃみさ~ん・・ ぉ~ぃ・・・)

| | コメント (0)

茄子と胡瓜の昆布和え

昨夜、酒のアテに昆布の佃煮をつついていてふと思いついたメニュー。
0707140004 ホントはセロリとかミョウガとかくせのある野菜を使ってみたかったけど、冷蔵庫にはナスとキュウリしかなかった。でも、ちょっと塩でしんなりさせたのを絞って、昆布と和えただけ!針生姜とゴマをふりかけて、出来上がり~。なんてインスタント!

今日も、力尽きて時間を見たら10時半だった。そーゆーもんなんだろうか。まぁいいや、今日は閉店、飲みモード!当然だけど、週末沢計画は中止。はぁぁ~・・・。荒れ模様の連休に乾杯して、明日は寝坊するぞー。

| | コメント (4)

『Prier-プリエ-』のプリン&シュークリーム

今日の極にゃみ的オヤツは、「Prier-プリエ-」の一番人気コンビ。
0707140034とろりとしたクリームはコクのあるミルクとたまごの風味たっぷり、ほのかにバニラビーンズが香りを添えて・・
シェフの山森敦史さんは、宝塚ホテル、そして宝塚ホテル出身のパティシエ三輪青丹さんのお店「菓子工房みわあおに」で修業して、2001年にこのお店を開いた方。
ホントに小さな小さなお店だけれど、シェフ自らとびきりの笑顔で迎えてくれる、とっても感じのいいお店だ。
駅でお店への道順を聞いてる人なんかを見かけるし、遠方からワザワザ買いに来る人がいるほど人気のあるお店だってことは前から知ってたけど、お買い物するのはナゼか初めて。今日はどーしてもシュークリームが食べたい気分で、ついフラフラ~と吸い込まれてしまったのであった。シュークリーム1個とプリン1個なんてセコい買い物する客にも感じがよかった。ココのケーキ、見た目はふつうだけど、食べると自然に笑顔がこぼれて、幸せな気分になる“魔法のケーキ”らしい。ウン、そう言えば今とってもシアワセな気分だな~・・(え?いつもシアワセそう・・、って?)

★「Prier-プリエ-」
兵庫県宝塚市小林2丁目12-19 Tel.0797-72-4008
10:00~20:00 木曜日 ●阪急今津線小林駅下車東へ1分

| | コメント (0)

六甲山の砂防

長雨が続いて、その上に台風が来るという。
0707140026元々六甲山は土砂災害の多いところで、過去に幾多の大災害を蒙ってきた。69年前の昭和13年7月には700名近い死者・行方不明者を出した「阪神大水害」(おおっと、生まれてませんぜ)が起こり、神戸では三宮や元町など街の中心部も壊滅に近い被害を受けた。
この稀有の災害をきっかけに、国が直轄事業として主要河川の砂防に乗り出したのである。
0707140022雨がたくさん降って不安なので・・なワケはないけど、とにかく今日は砂防のお勉強におでかけ・・
以前、某市民懇話会で「六甲山の沢は堰堤ばっかりで登っても、ち~っともおもろ~ない」などと国交省さんもいる席上でほざいた私だが・・・他の地域のことはさておき、六甲山系に砂防事業は必須なんですね。よぉく判りました。
ちなみに、日本の砂防事業は世界的にも最高レベルで、英語圏でも「Sabo」という名称が使われているそうである。

しっかし、、、連休にこんな天気にならなくても。うちの会では、山行中止のパーティが続出・・まして沢なんてNGかなー・・

| | コメント (0)

揖保乃糸

兵庫県民的正しい夏のおひるごはん。
Dscf0068しょうがもネギも下品なくらいたっぷりが極にゃみ流。やっぱ夏はそうめんっしょ。
ってナニゲに早メシ・・
元々、六甲南麓では急流を活かした水車業が盛んで、「灘目素麺」という名産があったのだが、いつしかすたれて“幻の味”となってしまった。その技術が播州に伝えられ、揖保の糸を生んだと言われている。いわば六甲が元祖、なんですな。
Dscf0067水ナスの漬物とかをあちこちに送りつけては、はるかに高価なお返しをゲットするという“エビタイ釣法”作戦によって各地の名産品をせしめている超セコい我が家である・・
まずは赤穂の親戚から揖保の糸が届いたナリ~・・
つゆは先日「山崎伝統園芸植物園」へおでかけした時に買ってきたものだけど・・

| | コメント (0)

呑平茄子

ハナすすりながら10時半までガンバってみたけど、とりあえず本日閉店。
0707130032先日福井土産にもらった“呑平の味みそ”と茄子がハゲしく合いそうな予感がしていたので、ごま油で炒めた茄子に、酒でゆるめた味噌をからめてみた。
んんん~、んまいっ。
せっかくの和辛子のつーん、というのが加熱で飛んでしまったのが残念ではあるが・・ビールとは好相性。

0707130034辛子と言えば・・“あなたもカミカミ”の細切するめを作ってる小田こんぶシリーズ。辛子味の塩昆布で、これまたビールのつまみに抜群。
薄くスライスしたセロリとかキュウリと和えてもきっとおいしいだろうな~。
今度やってみよ。

| | コメント (0)

ぷち脱走。

鼻は花粉症状態だし、のどは痛いし咳は出るし、リンパ腺も腫れ気味。
Ocsjuly12健康だけがウリの極にゃみ的には認めたくないけど、これはどーやら軽くビョーキモードである。こんな時は、ボッカの半日もやってどばっと汗をかけば、案外スッキリ治るってコトは経験的に知ってるんだけど、そうもいかないので一瞬登りに行くことに。

アレレ、級表示の課題発見。ってコトはボル課題かな・・イチバン簡単そうな6級に手をつけてみる。1本目、足がわからなくなって撃沈。バカである。一応2撃で。2本目、一撃。3本目、オブザベ通りだとは思うけど、保持側の肩をロックしといてぱっと取りに行く、っていうニガテムーヴができなくて、何便出してもムリ。うーん・・ウデは張ったけど、風邪には効いたかなぁ?

| | コメント (0)

第二期開幕

じめじめとした梅雨空が続く中、いったん休憩中だったバラたちが再び開花開始。
Nec_0007_22_1クライマーのサハラと新雪がすごい元気なシュートを伸ばしていて、久々に見てびっくり。
優花さんもケアフリーワンダーもハッピートレイルズもどんどん咲いてる。でも春一番の花に比べるとちょっと地味目かな。

極にゃみ的には、なんだか体調がイマイチである・・ここ数日、以外に涼しい“梅雨寒”な日々だったせいか、めったに引かない風邪でもわずらったか・・ここんとこ運動してないからカラダ重いし・・登りに行きたいけど、ちょっとテンパってきたしなぁ・・ブツクサブツクサ・・

| | コメント (0)

重要かもね。

こういうご時世やしね。
Photo_166でも630Kgって、どれくらいヤバい状況まで「破談」せずに持ちこたえるんやろね、ね、カラファテさん‥???

にゃみ’sデジカメ君はメーカーさんの窓口に持ち込んだけど、ソッコー検査入院とあいなりました。
日頃からぶつけまくり落としまくり、しかも2回も水没させた、って言ったら、受け付けてくれたおねーさん、目が点になってた。フツーは落とさないのか・・雑くてすまん。
ってーか、デジカメないと困るっちゅーの!

| | コメント (0)

なんでだ~っ???

わしわしに育って2階のベランダまで到達したイリオモテアサガオ。
0707110002ようやくつぼみがつき始めて、一つ二つ咲いた・・
ところで・・愛用のデジカメFinePixが前触れもなく意識不明に。
・・急にスイッチが切れなくなって、ほっといたらオートパワーオフ機能が働いて落ちたけど、今度はスイッチが入らない。なんでだ~っ・・

ってワケで緊急入院させなきゃ。デジカメのない生活ナンテ考えられない。頼むからはやくよくなってくれい。(泣泣泣・・)

| | コメント (0)

呑平茶屋の味みそ

福井土産第3弾、大野の枕こんにゃくのお供は・・
0707100003福井の桜の名所として知られる、足羽山にある茶店“呑平茶屋”(おおおっ・・私のためにあるとしか思えない・・)の、オリジナル?田楽味噌。
和辛子入りってところがまた泣かせるやおまへんか・・
なんたって“桜みそ”がピカイチだと思ってたけど、この呑平も負けてない・・

0707100008甘さと和辛子のピリっとした味わいがバランスよくて、しかもでっかいボトルにたっぷり入ってるから、他の料理にアレンジしよかって気持ちになってきた・・
この味噌で茄子しぎとか作ったら激ウマかも~。なんてコトも考えつつ・・


雨音を聞きながら、田楽つつきながら、グラス傾けながら、極にゃみ的シアワセな夜がほわほわと更けていくのであった・・
くまさんありがとー!!

| | コメント (0)

あなたもカミカミ、わたしもカミカミ・・

福井でくまさんにもらってきたオヤツ・・
0707070001味付けはナシで、するめをただ細切りにしただけのものなんだけど・・あぁ~、止まんない旨さ。

低カロリー高たんぱく、噛み応えがあるのもいいし、調味料無添加なので塩分取りすぎの心配もない。コバラが空いた時にぴったりだと思うけど、やめられない止まらないのが玉に瑕・・。松前漬用とかで売ってる細いやつとは違って、噛み応えがシッカリ・・

メーカーの“おだこんぶ”は、昆布問屋さん。ネット通販してないか調べてみたけど、するめはないみたい。あぁ~・・もうなくなりそう~・・

| | コメント (0)

『登山時報』7月号

先日の全山遭で編集長のK嶋さんから最新号をいただいた。
0707_1労山さんが発行しているマンスリーの機関紙で、44ページと程よいボリューム。カラーページも多く、親しみやすい紙面構成だ。
巻頭は志水哲也さんの新連載「日本の幻の滝」の第1回目で、知床の美しい滝が写真入りで紹介されている。
記事の中で特に興味深かったのは、企画“中高年登山者の身体トラブル-「ランク制」の有効性”。山本正嘉氏・西谷広大氏による記事だ。
「ランク制」というのは、リーダー会で各人の体力評価を行い、それに見合ったレベルの山に登るというシステムだそうで、六甲山でもよくみかけるあの西宮のM昭山の会さんの事例・・
この調査によると、M昭さんでは、一般と比較して平均年齢も高く経験年数も少ないにも関わらず、トラブル発生率が明らかに少ないという。
また、登山者の体力調査による分析も併せて掲載されており、面白かった。「行く山のレベルを現在より落とさなければならない登山者が多く、事故を回避するには今以上に体力を向上させたり、無理のない歩き方を工夫する必要がある」と結ばれている。

| | コメント (0)

全山遭のまとめその①

H18 山岳遭難の概況
●H18年度は、統計を開始したS36年以来最悪、最多の遭難件数をマーク。
●ここ10年間を比較すると、右肩上がりで事故件数が増加中。
●年齢層では、40代以上の中高年層が全体の80%を占め、60代以上が最多。
●事故の態様別では道迷いが最多。ビギナーレベルの登山者が多い?
●病気、疲労が原因の事故が増えており、山を軽視しているあらわれ?
●単独遭難は全体の1/4だが、死亡率ではパーティでの遭難の1.7倍。
●通信手段は携帯電話が多くなったが、山岳では不感地帯も多く、バッテリーの消耗も激しいので、予備バッテリーの携行や不要時は電源を切るなどの工夫が必要。また、バッテリー残量が少なくなって通話は無理な状態でも、メール機能は使える場合もあることを知っておく。
(警察庁生活安全局地域課課長補佐 稲垣好人氏の発表を要約)

★中部山岳を擁する3県のH18年度の統計資料
Photo_163Photo_165Photo_164 









こんなのもあります。
★政府広報オンライン 
~万全な計画と準備で楽しい山登り~ 山岳遭難防止のために

| | コメント (0)

わらびーピクルス

先週末、瞬間滞在だった福井だけど、ステキなお土産をもらった。
0707090005その①は、わらびー特製の手作りピクルス!
わらびー農園で採れたもぎたてキュウリを漬け込んだもので、ローレルと唐辛子で風味よく仕上がってる。
酢好きの極にゃみ的には、とてもシアワセな味わいだ。夏ばてとかにも効きそう~・・。ま、夏ばてする前になくなるだろうけど。

やっぱり、丁寧に手作りされた食べ物は美味しい。
昨日、諸般の事情でめったに口にしないコンビニ弁当を食ったら、やっぱりマズかった。元は食品なのに、どうしたらあんなひどい味になるんだろう。白身魚のフライがあったのも決定的なダメージだった(も、もしかしてオマエはナイルパーチかっ???って)。ひどいものを食べさせてしまったイサオ先生にも申し訳なくて・・


さて福井土産のその②は、くまさんが仕入れててくれた極にゃみ的大好物“枕こんにゃく”。呑平みそとの相性やいかに・・
そちらも楽しみ~。

| | コメント (2)

久々の・・

あの店のあの味・・久々に鶴橋の老舗寿司店へ。
0707080143 名物のオケに入った寿司がうまい~!
講習会終了後は、講師慰労も兼ねて、遭対のメンバーで鶴橋駅前の“うをさ”へ。串カツもドテ焼きも一品料理も、何でもあるけど、基本的にすし屋さん。大海老の握りと鉄火巻きというかつての定番を久々に。


★うをさ
06-6763-5003

| | コメント (0)

山の救急法講習会二日目

二日目は止血や固定など外傷処置を中心に。
0707080043目に異物が刺さった場合・・・・・
コワい・・・・・・けど処置せねばなりませんっ。でも紙コップないよな、山行中。しかも、どーすんのその刺さったままの異物が搬送中に何かにぶつかったら・・・恐ろしい。
ずぅぇ~ったい刺さりたくない・・


052腸管脱出とか、腹部に異物が刺さったとか、特殊な怪我についても。
刺さった異物は抜いちゃダメ!ハミ出した腸も、もどしちゃダメらしい。乾燥しないように(!)湿らせたガーゼか食品ラップ(山にラップは持ってかないわな・・)で軽く被覆して、そのまま搬送・・。
コワっ。
ほかにもたくさん特筆すべき内容があったけど、後日報告書を・・まとめ・・なきゃーなー・・ぜんざんそうもだよなー・・ うーん・・

| | コメント (0)

救急法講習会

今日明日の二日間、悳(いさお)秀彦先生をお招きしての講習会。
0707070139初めの予備知識の部分では、G2005 の変更点について詳細に理由なども含め説明していただいた。
また、登山活動中の事故を想定し、特に高エネルギー事故(墜落や滑落)を中心とした処置を実技を交えて実施。事故者へのアクセスのしかたや、頚椎の固定、体位変換や搬送法などについて学んだ。
★悳先生は・・「野外のファーストエイド術」などの著書でも知られる、山岳遭難対策・ファーストエイドの第一人者。

| | コメント (0)

はすうどん

みんながんばって二日酔いを押して早起き。
0707070090名古屋方面へおでかけというかぴくまに便乗し、米原まで乗せてってもらうことにして南条PAで朝ご飯。はすの葉入りの細麺で、大根おろしいりのつゆでいただくというもの。蓮根チップスをトッピングして食べるのかな・・
二日酔いにはよさげなメニューであった。

| | コメント (0)

スキあらばロクスケ。

ご用があって、明日午前中に大阪に着かなきゃいけないんだけど・・
0707060084_1せっかくだから(?)ロクスケに登場~‥( ^_^)/シューズとチョークバッグしのばせて来てよかった~・・

ロクスケでは、七夕のササが設置されてた。みんなユニークな願い事を書いてた。
ロクスケクライマーの皆さんの願い事がかないますように!あ、できたら私のも・・・

| | コメント (0)

なぜかペンキ塗り

なぜか、極にゃみ的にはペンキ塗りが大好き。Photo_159でも、それを見抜いて靴箱仕上げた大工のイワちゃんはすごい。極にゃみ的ランチメニューを知ってるダケじゃなく、極にゃみ的生態も把握してるな、さては。

でも、刷毛目を残さず美しく塗るのは、下地によるんだってちょっとわかった。N腹プロありがとうございます。職人への道は遠い・・
でも久しぶりのペンキ塗りはタノシかった~・・(仕上げ塗りしたかった~・・)

| | コメント (0)

全山遭二日目

午前中は第一分科会に出席。
0707060081富山県警山岳警備隊の椙田隊長から富山における事例紹介。
長年がんばってきていただいた椙田さんももうすぐ定年、本当に長年お疲れ様でした。
山屋的にはゼッタイにお世話になっちゃダメだけど、パトロールとか、日常の訓練だけでも本当にすごい組織である。
近年、消防の防災ヘリの出動件数が県警航空隊を超えたとか。関係諸機関のさらなる連携強化が望まれるところであろう。タテの組織を超えて、ヨコの連携。そんなものに活用されればいいな、この集いが。

| | コメント (0)

富岩運河

朝食後、少し時間があるので富岩運河を散策。
0707060077残念ながら曇り空で剱岳も立山連峰も見えず。

| | コメント (2)

富山の美味・・

全山遭初日の夜は“情報交換会”。とりあえず保護者のテルさんにくっついておく。
0707050060テルさんはいろんな人に私を紹介してくれるのはいいんだけど、「大阪の女王様です」って一言多い(?)上、『ひざまずいてアイゼンをおなめ』事件まで疲労、ちゃうわ披露、してくれるので、極にゃみ的にはトホホ・・である。
でも料理はすんげーゴージャス・・山屋にこんなオサレなものを食わしても・・ちゃうちゃう、ありがとうございます。

0707050069しかも、地酒コーナーなんてモノが設置されており、越中の銘酒がズラズラ~・・
コンパニオンのおねーさんがリクエストした酒を上品なグラスに注いでくれる・・
キリっと冷してあって、どれもおいしくて、10種以上あったけど、ついつい全銘柄制覇!してしまった・・・

0707050001その後アヤシイ酒飲み軍団は夜の運河へ繰り出し、地酒コーナーの残り酒を片付け、勢いに乗って駅向こうの繁華街へ・・
五月にたまたま立ち寄った『さんじゅうまる』にて2次会。
極にゃみ的には途中でブラックアウトして、テルさんがホテルの前まで送ってくださったことしか覚えていなかったりして・・
おごってくださった都岳連N内さん、ゴチでした~・・・


0707060074翌朝は、6時に起きてホテルの展望風呂に入って、チェックアウト後はなんとなく好きな立山そばで朝ご飯。
なんだか昨夜もハゲしく飲んだような???でもなーんにも覚えていないにゃみにゃみ。だった・・

| | コメント (0)

全山遭1日目

毎年恒例の、山岳遭難に関わる行政と民間の寄り合い、「全国山岳遭難対策協議会」0707050044 に、ウチのオヤカタ、ちゃうわ委員長が出席できないので、名代?で参加させていただく。

テルさんのお陰でナニゲにいろんな方にご紹介いただきつつ、旧知の方々にもご挨拶。



0707050048 お昼は・・なぜかプロジェクトXを観ながらランチ。富山県警山岳警備隊を紹介してる、山屋にはオナジミのやつ・・でもやっぱり感動してしまう。

富山では弁当にホタルイカが入ってるよ・・(^.^)

| | コメント (0)

日本海

富山に朝5時に着いて、インターネットカフェで雑用片付けつつ時間をつぶそう・・と思ったら、ナント駅前にはナイ!しかも開いてる飲食店が皆無。
0707050022んで、しかたがないので、海にでも行ってみよう、と、"ポートラム"という路面電車の始発に乗ってたら・・・
なんだか人生相談持ちかけたくなるよな雰囲気の人が歩いてる。「わー、テルさんみたい」と思って、追い越した列車から振り返ったらナナナんとご本人。あらら~・・テルさん、さようなら~。

0707050026んで、日本海を見て、湊町をうろうろして、そろそろ朝飯でも食いに駅前に戻るか、とポートラムの駅に帰ったら、て、て、テルさん・・
以前研修で知り合った労山のK嶋事務局長とか、I芹理事とかもいらして、なんだかご一行様状態に・・・
でも知り合いに会えてうれしい。しかも憧れのテルさん・・超ラッキーな富山の朝であった。

| | コメント (0)

7月のワイン会1

本日の最高級ワイン、飲みそびれたり~・・・
0707040006関スパ最高級・・ではなくて、Uちゃんが代理購入の阪神セラーだ。金文字がなんだか光ってる・・
でも“カリ・ベイ”はいいなぁ。かなりお気に入り系。

師匠の手作り、紅茶&チーズのケーキにぴったり・・
シアワセなマリアージュである・・
0707040013 さぁて、ワイン会は主の帰りを待たずに中座し、極にゃみ的には旅立ちだ。

| | コメント (0)

七月のお稽古1

もうすぐ七夕、彦星さまはいずこ…
07070400027月の御稽古は、やはり夏のお手前。
でも、おつむがテンパってて、いろいろな雑念を払えないままお稽古に臨むと、ダメダメ・・慣れてるはずの手順すら怪しいのなんの。集中力が足りないなぁ・・

一期一会が実践できていない。ダメダメ・・

| | コメント (0)

楊桃の実

すごく大きなヤマモモの実をいただいた。甘酸っぱくて、とてもジューシー。
0707030004ヤマモモは、ヤマモモ科の木で、四国や九州などの暖地に多く、六甲山でも裾野に近い部分でよく見られる。雌雄異株で、実がなるのは雌の木だけ。あの独特の濃紅色はアントシアン色素で、抗酸化作用があるそうだ。メラニン抑制機能もあり、クエン酸も多く含まれているので、山歩きのオヤツには最適かも。
窒素固定作用があるため、治山植栽や街路樹としてもよく植えられているが、以前はあまり結実しなかった東京周辺でよく実が実るようになってきたなんて話も聞く。温暖化のせいかな?

| | コメント (0)

「静かな黄昏の国」

自然環境はもはや破壊されつくし、ゆっくり滅亡への道を辿る近未来の日本で、「本物のPhoto_158 森で暮らしませんか」という誘い文句に乗った老夫婦を待ち受けていたものは・・(表題作。ネタバレだからこれ以上書かない)。
淡々と進行する物語ばかりだが、「実際あり得るハナシかも・・」と、背筋がぞわわーっとなる恐ろしい短編集。ホラーと呼ぶにはリアルな世界だ。

満たされた食事、安全で清潔な住環境、そして詩や音楽など美しいものを鑑賞し、何不自由なく育てられている『神の子』。
「考えることはいけません。信じ、従うことです。考えることは、自分の小さく愚かな知識に捕らえられることです。あなたが従わなければならないのは、神という大きな知恵なのです」・・・シスターが“神の子”に語るこの言葉。

もちろん虚構の櫛田ワールドのセリフだけれど、こういう言葉は、実は世の中のあちこちで囁かれているような気がする。考えることを、知ろうとすることをやめることは・・限りなく楽で、そして限りなく恐ろしいことだろうと思う。極にゃみ的には、卑小でも愚かでも自分の目でモノを見、自分の頭でモノを考えたい・・

『静かな黄昏の国』
 篠田節子 著
 角川書店 発行
 2002年10月 刊

| | コメント (0)

石八

河原にゴロゴロしている岩をアンカーとして活用するワザ・・
0706300158元々は石屋さんが使っている技術だそうである。
ロープを8の字にかけて、すっぽ抜け防止を施す。要の部分にアンカーポイントになるループを出す。
セッティングはちょっと面倒だけど、斜張り救助などで強い張り込みをするような場合にはとっても安心感がある。


Photo_157ずいぶんズサンな絵だけど、図解するとこんな感じ・・。
まずダブルフィギュアエイトループを作ってセンターに置き、それを中心に八の字型にロープを巻きつけていく。片方の輪はセンターのループをくぐらせてひとひねり入れるのがポイント。構造としてはかなり単純だけど、究極のソリッドアンカーが出来上がる。

| | コメント (2)

山の会考

山登りをする人たちの、いろんな会が消滅したり、新たに発足したり。
0707010179それなりの歴史と実績のある会は存続していってほしいと思うけど、現役が活躍できないようではどうしようもない。とある歴史ある会から、現役の皆さんが離脱して新しい歩みを始めた。それは、『大阪アルデ山岳会
・・気安い仲間のように話をさせてもらったりしてるけど、実は凄い山屋のこの人の新しい会。よい集まりになりますように・・・。

極にゃみ的には、最初に入った会にずーっと所属しているんだけど、「どうしてその会にいるの?」と聞かれることもしばしば。どうしてって・・考えたこともない。なりゆき?
「何がしたいの?」・・したいことが先なのか、縁あってここにいるから、ここでできることをしているのか・・考えてみてもよくわからない。
会によって本当にやってることも違えば、運営スタイルも違う。どの会の門を叩くかでその先の山屋としての運命は全く異なってくるだろうし、主体性を持って“移籍”していく人も少なくない。
でもなぁ・・どうなんだろう・・・。鎖国時代のよーに他会と交流のない時代でもないし、私みたいあちこちに首を突っ込んでフラフラしてるのも、それはそれで一つのスタイルか?とも思う。

| | コメント (3)

丸ごとトマト汁そば

前から気になってた「トマトが丸ごと入ってるラーメン」・・・
0707020002しかも、にんにく風味で、ピリ辛。これは食してみなければ・・
でも・・、ナニゲにちょい辛をリクエストしてみたら、極にゃみ的には案の定、“顔面ナイアガラ”‥!(;^_^A
生トマトを湯剥きして火を通したものが、6つ切りくらいでゴロゴロはいってて、中華味なのかなんなのかわかんないけど、美味しい~・・。

青冥 堂島店
大阪市北区堂島浜1-3-18
06-6341-7001 
定休日/日曜・祝日 
営業時間/11:00~翌4:00 

| | コメント (0)

沢レスキュー訓練@黒石谷

S穂・K雪・S樺さんの合同救助訓練にナゼか“いっちょかみ”な日曜日。
0707010181昨日から来ているついでに、毎年恒例でこの時期に沢・秋に岩・冬に雪上・・の救助訓練をされている3会合同の企画におじゃま虫なのだ。
3会の若手会員たちもやってきて、総勢20名弱・・・午前中は、昨日検証した内容の紹介をしたり、基礎的な技術の確認。流れの中でロープを強く引いたら水中に引き込まれる・・というのも体験してみたり。
0707010218午後は、2班に分かれて応用シミュレーション。
あ!事故者発見!!
ヨカッタ、“当たり外れがある”という事故者のうち、軽いほうが当たって。
でもコワいことがニガテな極にゃみ的には、リーダーに指名されたワカモノに「セルフレスキューは不可能、って判断もアリだよ」などと悪魔のささやきをしておくことも忘れない。
0707010243けど、私同様特別参加のS州山岳会・ARI永さんは「時間いっぱい、沢通しで下ろす。総合力が試されてるんやぞ」とキッパリ・・恐れ入りました。
確かに、偵察に出て「このパートをどう下ろす?」と考えるのはとてもクリエイティブ。訓練とはいえ、ひとつミスをすれば複数の死人が出てもおかしくない状況下で、真剣にタクティクスを検討するのは総合力以外の何モノでもない。
こういった経験が、どれだけ現実に事故現場に遭遇した時に活かされるのかはわからないけれども、ヤバい状況をリアルに体験しておくことは、不確定要素の多いアウトドアで遊ぶ我々には必要なことだと思う。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »