« なぜか、瓢箪山。 | トップページ | 夏でもスズシイ保塁岩 »

涼しい六甲山上で…

今日はボランティアで山の案内人。
0707280019山上エリアはぐっと涼しくて、紫陽花が美しく咲き誇っている。少々早起きして、油こぶしを歩いて登るが、登るほどに涼しくなって快適。
でも、サスガに日中は六甲では珍しいほどの高温となった。昼過ぎには32度を記録し、自然保護センターの管理人さんが、「今までこんな気温になったことはない」と言ったほど。

0707280006今日は、朝からこんなヤツと接近遭遇。
明治時代に中国から日本に入ってきた移入生物で、現在六甲山を中心とする兵庫県にしか分布していない『キベリハムシ』。
サネカズラ(別名:美男蔓)を食草にしている美しい甲虫だ。(クリックで拡大)
さながら漆黒の宝石といった趣きの美しい昆虫。

0707280020涼しげな花を咲かせてる『アカショウマ』とか(近年流行の園芸種・アスチルベと似てるっしょ)、






0707280015個性的な花『キツリフネ』とか・・

花が少ない盛夏の時期とは言え、いろいろ見どころはある。

今日は午前も午後も1回ずつツアーを催行したけど、やっぱりガイディングは技術が必要、と実感。

0707280047“知識”は当然必要だけれど、単に「この花の名前は・・」「この木の名前は・・」ではインタープリテーションにならない。その地域の、地形・地勢的特徴や歴史の上に現在の生物相があるってことを伝えなきゃいけないし、それによって何を訴えたいのか、という“内心のテーマ”を明確に持った上で参加者に接しなければと感じた。

0707280044・・とか何とかエラソーに言うほどのことは実はナニもできてないんだけど。
自分の伝えたいことをきっちり相手に伝えるというのは本当に難しいことだと思う。
帰り道、下るほどに暑くなる油こぶしでウンザリ・・下界は炎熱地獄。妖艶なカラスウリの花に出会えたのはラッキーだったけど。

|

« なぜか、瓢箪山。 | トップページ | 夏でもスズシイ保塁岩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜか、瓢箪山。 | トップページ | 夏でもスズシイ保塁岩 »