« 呑平茄子 | トップページ | 六甲山の砂防 »

揖保乃糸

兵庫県民的正しい夏のおひるごはん。
Dscf0068しょうがもネギも下品なくらいたっぷりが極にゃみ流。やっぱ夏はそうめんっしょ。
ってナニゲに早メシ・・
元々、六甲南麓では急流を活かした水車業が盛んで、「灘目素麺」という名産があったのだが、いつしかすたれて“幻の味”となってしまった。その技術が播州に伝えられ、揖保の糸を生んだと言われている。いわば六甲が元祖、なんですな。
Dscf0067水ナスの漬物とかをあちこちに送りつけては、はるかに高価なお返しをゲットするという“エビタイ釣法”作戦によって各地の名産品をせしめている超セコい我が家である・・
まずは赤穂の親戚から揖保の糸が届いたナリ~・・
つゆは先日「山崎伝統園芸植物園」へおでかけした時に買ってきたものだけど・・

|

« 呑平茄子 | トップページ | 六甲山の砂防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呑平茄子 | トップページ | 六甲山の砂防 »