« 水都大阪・渡船巡りのプチ旅 | トップページ | 霜月のナンチャッテ遭難事件 »

『植村直己の足跡』

兵庫県出身で、エベレスト日本人初登頂者となった冒険家・植村直己さんの偉業を辿る1展覧会が開催されている。山スキー&登山用品専門店として創業60年を迎える「北口山スキー研究所」が記念行事として企画。エベレスト登頂や北極圏単独犬ぞり旅行などの写真をはじめ、直筆の絵はがき、遺品の数々が展示されている。
それにしても、超絶の頂で強風に抗いながら国旗を手に写した写真を見ていると・・・
世界最高峰に足跡を刻むということは決して“マイワーク”ではなくて、なんか重たそうなものを背後に引きずりながらの登攀だったんだろうなと複雑な気持ちにさせられた。しかし、極地での幕営中の表情などを見ていると、この人は本当に“冒険”が好きで、未知のものに挑んでいくということをやめられなかったんだろうなって感じがした。

『植村直己の足跡』
北口山スキー研究所 2F交流サロン
大阪市北区西天満2-3-5  06-6364-3240
開催期日:~11月30日(金) 無料

|

« 水都大阪・渡船巡りのプチ旅 | トップページ | 霜月のナンチャッテ遭難事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水都大阪・渡船巡りのプチ旅 | トップページ | 霜月のナンチャッテ遭難事件 »