« 摩耶山 | トップページ | 自然公園ふれあい全国大会at神戸 »

BS hi「白夜の大岩壁に挑む」

珍しく飲まずに帰宅。だってテレビ観たかったんだもん。ま、今日は飲む相手もいなかったんだけど。0711180088映画は好きだけどテレビってニガテで、めったに見ない。でも今日のNHK BS hiの番組は見たかったんだ~・・・
帰宅後わんこの散歩を6分で済ませ、シャワーは5分、洗濯物は4分で乱雑に取り込み、3分でニラ炒めを作ってロング缶と共にテレビの前へ!いえーい!間に合った・・・

ってーか、やっぱ山野井夫妻はスゴイわ。

泰史さん「誰より登ってるよ、僕は。でも、若干足りないんだ」 だからグリーンランドへ。
妙子さん「やっぱり楽しいから。できる範囲でやりたいなって」 できる範囲がスゴすぎ!妙子さん、いつでもいい表情してるなー。前向きな生き様、ホントにすごい。

一番印象的だったのは、泰史さんの
「真面目に遊んでるんです。この程度の遊びに命かけてますから。」
・・この程度って。ねぇ。
・・最後に、
「僕なんか技術も体力もないけど、モチベーションだけはずっと昔からあるし、今もあるし。」 ・・・そりゃー、部分的に見ればもっとテクニカルなクライマーも、もっと体力のある人も、もしかしているかもしんないけど、総合力って部分でホントにとてつもない人だと思う。それを実現させるのはモチベーションなのか・・ そうなんだ・・ モチ・・・

今、哀しいのは、この番組の録画に失敗したこと・・あー、残念。チューナが調子悪くて、途中で何回もフリーズしてちゃんと観れなかったんだよなー・・誰か録画してたら貸してほしー・・

|

« 摩耶山 | トップページ | 自然公園ふれあい全国大会at神戸 »

コメント

テレビ欄を眺めていたら、ええええ!てな感じで。
もう7時なんだけど、DVDレコーダーの操作方法が分からない!取説見ながら見ながら…十数分くらい過ぎてやっと録画ボタンを押せました。ふう~。
9時になって大河ドラマが終って(家族優先なんで)、再生ボタンを押すまでがまた大変でしたが。

大きな壁、誰も登ってない岩、いいなぁ…。
一言、一言にいちいち涙、涙、涙、でした!


投稿: われ女姐さん | 2007年11月18日 (日) 23:21

そっか、大河ドラマとバッティング・・・
それは申し訳ないことを。気づかずずーっと観てました。
それにしてもモロそうな壁でしたね・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2007年11月19日 (月) 07:39

いえいえ何をおっしゃいますやら。
でも大河とバッティングだけでなく、天気予報とフィギュアスケートともバッティングしてた??
真央ちゃんよりタエちゃんがいいし、第一、天気予報なんか今見なくてもいいだろって…

でも、脆くても結構フリーでいくんですよね!

投稿: われ女姐さん | 2007年11月19日 (月) 12:29

そーですね、エイドは最後のパートだけでしたね・・

でも、真央ちゃんとバッティングしてたんですか。
そりゃ~妙子さんは絶対的に素晴らしいけど、真央ちゃんも・・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2007年11月19日 (月) 23:10

私もこの番組、テレビのドキュメンタリものとしては久々にうならされました。 山野井夫妻はすごいですね。 ギャチュンカンであんだけの凍傷を負えば普通もう、クライミングはよして尾根歩きとハイキングで残りの人生は、ひっそりと余生をおくるのが一般的だと思います。 
 それがグリーンランドの未踏の岩に挑もうっていうんですからすごいです。山野井泰史氏は、あんだけ指をなくしても、ものすごいテクニシャンですね。 奥さんの妙子さんは、さらにほとんどの指なくして普通ならハイキングするのでも大変だろうに、未踏の岩壁に一緒にいく。しかもついていくだけじゃなくて、部分的にはトップもするっていうんだから感動ものです。 泰史氏のセリフがまたいいです。
「クライマーは、やっぱりトップをやって未知のルートを開拓してこそクライマー。そのことに指があるとかないとか関係ないです。」 ああ、なんてすごいセリフなんでしょう。 感動しました。
 一緒に同行した木本氏は、2003年のグリーンランドの岩壁のぼりでは敗退しましたが、あのときの映像も目にやきついています。 山野井夫妻におとらずこの方もすごいモチベーションが高いですね。
 木本氏本人は、自身のサイトでは、山野井氏の今回のルートは、イージールート過ぎると不満そうでした。 木本氏の主張は、処女岩壁に挑むんだったら、正々堂々と真正面からオーソドックスなルートをとるべきといっていますが、木本氏もクライミングに関してはとても理想が高い方なんだと思いました。 まあ、木本氏も含めて山野井夫妻3人とも、指のない障害者なんだから、オーソドックスな理想的ルートじゃなくても登頂できたこと自体すごいです。
 木本氏が2003年に失敗したのも、あまりにも理想的で困難なルートを目指そうとしたからで、今回はその二の舞にならずに登頂成功して本当によかったと思います。

投稿: ドミンゴ | 2007年11月21日 (水) 10:45

ドミンゴさん、コメントありがとうございます。
本当に見ごたえのある番組でしたね。
映像もさることながら、山野井さんが語っておられた言葉の数々がとても印象的でした。

>指があるとかないとか関係ない
って意味のことは何度も口にしておられましたね。

「手なんかどうでもいい」とも。登りきることが優先、という意味ですが・・

木本さんもとてもモチの高い人みたいで、本当にみなさんすごいです。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2007年11月21日 (水) 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 摩耶山 | トップページ | 自然公園ふれあい全国大会at神戸 »