« クリスマスのつどい | トップページ | なぜかカモシカ・・ »

仙人食“イワタケ”

ついに、あのイワタケを食することに・・
0712070001水で戻して、洗って洗って洗って洗って・・・実に長い道のりだった(?)
←洗いを終えて、ようやく黒汁がでなくなった状態。
が、なんだか硬いところもあるし、ゴワゴワしててこんなモノがホントに食えるのか?
半信半疑で湯通ししてみると・・ 
 おおおぉ~っ。

0712070002なんと、数秒でくた~っとなったので、すぐに冷水に取った。
いろいろ調べたところ「5~6分ゆでる」と書かれたものが多かったのだが、我が師は「湯であおる」と・・要はさっと湯通しして茹ですぎてはいけない、と仰った。まさにその通りだ!
ぽん酢で食ってみた。特に味ってないけど、こりこりとした繊細な歯ごたえが絶品。ほんの少ししか戻さなかったので、一口ずつ・・って感じだったけど「あー、これが仙人の食べ物かぁ・・」と感慨深いものが。

【イワタケを食うまでのプロセスまとめ】
・採取に適しているのは雨か霧の日。乾いていると割れてしまう。
・壊れないように大事に持ち帰る(ヘルメットに入れた・・)。
・水に漬けて、ふやけてから壊さないようにやさしく洗う。
・すっごく根気が要るけど、黒い汁が出なくなるまでひたすら洗う。

どこかの地方の伝承で「空を見ながら洗う」というのがあった。のんびり気長に・・という意味であろうか。

・洗いあがったら、熱湯にさっと通して、ざくざく切って二杯酢かぽん酢で。
★滋養強壮に効果があるそうである。病み上がりのにゃみ父にはちょうどいいかも。

|

« クリスマスのつどい | トップページ | なぜかカモシカ・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスのつどい | トップページ | なぜかカモシカ・・ »