« “残業というほどでもない” | トップページ | “耳袋秘帖” »

福山シェフの「バナナフランべのタルト」

週末に某イベントで神戸のカリスマパティシエ・福原光男氏のタルト作りの実演を拝見。
0712150006福原氏は名谷にある名店「パティスリー リッチフィールド」のオーナーシェフで、数々のコンテストで輝かしい受賞歴を誇る達人。熟練の手技と楽しい語り口で「香ばしいバナナフランベのタルト」を仕上げて見せてくれた。
サクっとした「シュクレ」、ふわっとした「ダマンド」という食感が異なる2種の生地をベースに、カスタードクリーム、キャラメルバナナをトッピング。

0712150009 美しく盛り付けた一皿を試食させていただく・・キャラメルとバナナの甘いハーモニーにローストしたナッツの濃厚な味わいがプラスされた豊かな味わい。ハイセンスなビジュアルにも感動。

東須磨の「ボックサン」創業者の次男だが、他店で修業をすることなく親の会社に入社したため、ずいぶん風当たりの強い時期もあったそう。持ち前の負けん気でコンテストにチャレンジし、ようやく入賞できるようになると「親の七光りや」と言われ、上位入賞を果たすようになると今度は「血筋やなぁ」と言われるようになったとか(笑)。
「美味しいものを作って喜ばせよう」という情熱に溢れていて、それは=「びっくりさせてやろう」みたいな雰囲気で、そんなところに「パティシエ・エス・コヤマ」の小山シェフと何か共通するものを感じてしまう。どちらも魅力的なパティシエ・・。

★パティスリーリッチフィールド 名谷店
兵庫県神戸市須磨区白川台1-4-1 078-797-6123
am10:00-pm8:00/火曜定休

|

« “残業というほどでもない” | トップページ | “耳袋秘帖” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “残業というほどでもない” | トップページ | “耳袋秘帖” »