« ナイアガラ状態? | トップページ | 摘み草は楽し-2 »

蓬莱峡“裏剣山針峰群”登攀

GW山行は氷のパートもある・・ってーか氷瀑が核心? 0804200002 その対策トレーニングで蓬莱峡へ。もちろん砂壁の登攀なんだけど・・
校長先生がさくさく越えて行かれた出だしのパートが、ナゼかマッタク登れない!!トラバースしてラインを変えたり、いろんなことを試してみるがゼンゼン手も足も出ず・・朝イチからテンションの嵐。アックスは決まらないわ、クランポンは決まらないわ・・


0804200013タマシイ抜けるほど消耗しつつ、何とか登りきる・・・またもや膝はアザだらけだよ。
そのまま裏側へ下降し、今まで一度も行ったことのないエリアへ・・。
落石の嵐にも少し慣れ、短いほうのバイルを利き手に変えたらなんとなくマシに登れた。ってーことは、左手のアックスはマッタク使えてないってことだな・・

0804200008リードの校長先生は巧みに弱点を突いてラインを引き、絶妙の位置でランナーを設置して行かれるが、バランシーな部分が多くて極にゃみ的にはなかなかてこずる・・
3ピッチでトップアウトし、一部ビレイしていただきながらの下降も割とマジモードで、気分はほとんど本チャンのマルチルート・・・。蓬莱峡、奥が深いぜ~。なんとも濃ゆい一日だった。

0804200022帰りに、キクラゲ発見~♪
校長先生は、登攀能力だけではなくてこーゆーものを発見する才能もあるのであった・・。

|

« ナイアガラ状態? | トップページ | 摘み草は楽し-2 »

コメント

うわぁ~。
こういう感じ、大好きです。

投稿: Goringo | 2008年4月20日 (日) 21:14

へへへ。楽しいよぉ

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年4月20日 (日) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイアガラ状態? | トップページ | 摘み草は楽し-2 »