« 今宵の酒のアテ(山独活Part2) | トップページ | 富山県警「春山情報2号」 »

すき間から生え出るやつら

極にゃみ的には、ナゼかすき間から出てくるやつらが気になってしまう・・
0804220003石垣なんかによく生えてる「ペラペラヨメナ」。北アメリカ原産のキク科の多年草で、関東以西に広く分布している帰化植物だ。メキシコ小菊などの別名もあり、ひよわなイメージがあるが、耐暑性・耐旱性があり、川沿いの崖や石垣のすき間などどこにでも生えるたくましい植物。






0804220005これまた石垣によく生えてるやつ・・「ヒメツルソバ」。
ヒマラヤ原産、タデ科の匍匐性植物で、金平糖みたいな花がとってもカワイイ。早春から秋までずーっと咲いてるような・・。どこにでもあるような気がするけど、園芸店では「ポリゴナム」って名で売られていたりもする。


0804180008石垣系可憐な花と言えばこれも忘れてはいけない・・
ゴマノハグサ科の「ツタバウンラン」 。これもヨーロッパ原産の帰化植物で、大正時代に移入されて野生化したもの。よく見ると高貴な雰囲気をたたえているが、どこにでも生えている。



0804220001キク科の「オニタビラコ」も舗装のすき間なんかにいっぱい生える。ロゼット状で越冬する様子から「田平子」の名がついたそうで、近縁で匍匐性の「コオニタビラコ」は春の七草のひとつ“ホトケノザ”の正体。
日本全土、アジアからオセアニアまで広く分布しているそうだが、学名が「Youngia japonica」だから日本のものが代表種なのかも。

|

« 今宵の酒のアテ(山独活Part2) | トップページ | 富山県警「春山情報2号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今宵の酒のアテ(山独活Part2) | トップページ | 富山県警「春山情報2号」 »