« グリーンカーテンを作ろう! | トップページ | 春の山菜食べ納め? »

「若あゆ」シーズン。

またまた食ってばかりですんまそん2。0805210103釣りの解禁と関係があるのかないのか知らないが、5月も末に近づくと、京都の和菓子屋さんでは軒並み「あゆ」という焼き菓子を売り出す。お店によって微妙に姿形が違うんだけど、「鶴屋吉信」のあゆはシンプルで、おっとりした顔つきが可愛らしい。
玉子味の生地にもっちりした求肥をはさんだ素朴な味のお菓子だが、季節を感じさせる初夏の風物詩である。Uちゃん、ゴチでした!

|

« グリーンカーテンを作ろう! | トップページ | 春の山菜食べ納め? »

コメント

こんにちは。

こちらのブログを拝見してますと、
愛宕山は足慣らしといったところでしょうか。

若あゆ、
いろんな店のものを
食べ比べたわけではありませんけれど
やはりあのモッチリ感は最高ですね。

本物の鮎より
好きかもしれません!

投稿: kozo | 2008年5月22日 (木) 18:30

kozo さん、こんにちは。お訪ねいただきありがとうございます。
京都はやはりお菓子も行事も風流な季節感があっていいですね。嵯峨祭、よさそうですね。子どもたちも参加しての町の皆さんで盛り上げておられる雰囲気がすてきです。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年5月22日 (木) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリーンカーテンを作ろう! | トップページ | 春の山菜食べ納め? »