« アサガオの季節 | トップページ | 『民衆の鼓動 韓国美術のリアリズム1945-2005』 »

久々の献血

諸般の事情にて、ちょい贅沢な御昼御飯を御馳走にあずかり・・
0806170001大阪では「うどんすき」の名店として知られている美々卯にて、“花ゆば御膳”なんていう上品なランチをいただいちゃった。
あ、写ってる徳利はサケぢゃなくて、うどんのつゆなんで!




0806170007あまり世間のお役にもたってないのにそんなものを食っただけでは申し訳ないので、プリミティブなボランティア?献血に行くことに。ヒルトンプラザウエストにある「西梅田献血ルーム」は、なかなかラグジュアリーなロケーション。前回どういうワケだか失敗に終った成分献血に再チャレンジ!(極にゃみ的には太くても短いちびっこなので、400ml全血献血はできないのである。)

080617000540分くらいかかったけど、初の血しょう成分献血に成功~! 倒れるんじゃないかとドキドキしながらのチャレンジだったけど(若い頃は献血をする度に倒れていた)、案外ラクだった。失敗だった前回は帰れないかも?だったけど、今回はゼーンゼン平気。時間的余裕が必要だけど、成分献血なら身体に負担が少なくてとってもいいと思う。


0806170045しかもオミヤにレスポワールのお菓子をいただいた。ほかに、日によって協賛企業さんのご提供でネイルケアとか、マッサージとか、手相占いとかのサービスも受けられるらしい。面白いなー。
ところで、最近20代の献血率が低下の一途だそうだ。提供される側にしたって、中高年の血よかぴちぴちフレッシュなワカモノの血のほうが元気になるんじゃないか~?
ワカモノよ、世のため人のため、献血にいこ~・・

今回の献血は、最近病状が思わしくないという古い友人の、そして手術のために今日入院した知人の、回復を祈りつつ。私の血液が誰かの役に立ち、その誰かが少しだけ健康になり、そしていろんなめぐり合わせの末に、私の大切な友人たちの病がよくなりますように

★西梅田献血ルーム/大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー10F
10:00~18:00(成分献血は~17:00) 毎週金曜、第4土・第2日曜日定休

|

« アサガオの季節 | トップページ | 『民衆の鼓動 韓国美術のリアリズム1945-2005』 »

コメント

おー、献血ですかー?! お疲れ様っす!!

成分献血は確かに時間かかるけど、最近400mでも昔よりかなり時間掛かるんで大変なんですよ!!
一気に抜いて欲しい(時間が惜しい)私ですが、最近は安全志向だから、とっても時間が掛かるので、イライラです・・・。

って、コレが自慢でコメントしたんですが、私は次回90回目の献血です!!(笑)
死ぬまでに100回は達成して、これだけでも世の中に貢献したいと思っておりまする!
こんなことしか威張れることがないので・・・(笑)。
それにしても、昨今の異常なほどの安全志向はやめて、もっと手軽に献血できるといいのですけどねー!!
それと、昔は50回、100回とかの献血で結構表彰状やいろんなものがもらえたものですが、今はほとんどありません。モノ目的ってのも浅ましいですが、100回献血なんて周りが称えても十分いいくらい素晴らしい社会貢献だと私は思うのですが・・・。
若者のモティベーションを喚起するためにも、もっと称えてもいいんじゃないかな(私が自信ををもって威張れるためにも?)・・・・・のかめでした(笑)。

投稿: かめ | 2008年6月17日 (火) 22:27

献血!
成分献血って、一旦出て行った血液がまたもどってくるんだ?と、なんだかむずがゆい感じがして、やったことありません
だけど、わらびーは見た目より(?)太いので400ml全血できます
毎日質の良い野菜食べてるのできっと血液も質が良いハズ

投稿: わらびー | 2008年6月18日 (水) 00:22

まずは、かめさん、お久しぶりっすー。
献血90回はすごいですねー。400mlと仮定して×90で36リットル!!
100回表彰は現存してるって話もありますけど、どうなんでしょうね。それにしても、動員作戦?でネイルケアだの占いだの、さらには活け花のアドバイスだのお抹茶のサービスだのいろいろ苦肉の策が目白押し。採血中には看護師さんが好みの飲み物をデリバリーしてくれるし、各台には一人用のテレビがついてるし。すげーなーと思います。それだけいろんなコストをかけてでも人間の血液を集めたいわけですよね。

わらびー、こんにちは。
健康優良わらびーだからきっと高品質(?)な採血できそー。わらびーは太いんじゃなくて、タテが長いんだって。
生えたての蕨みたいに、すーっと伸びてるから。ワラビみたいなわらびー・・(オヤジでゴメン・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年6月18日 (水) 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサガオの季節 | トップページ | 『民衆の鼓動 韓国美術のリアリズム1945-2005』 »