« 神戸たこ焼き | トップページ | “いっちょらいの麺” »

容花

爽やかで健康的な朝顔、儚げで謎めいた夕顔、それでは昼顔のイメージは・・?
0805280017アンニュイで背徳的なフランス映画ではなく、日本人ならやはり万葉集。
 
 高円の  野邊の  容花(かほばな)
    おもかげに  見えつつ妹は  忘れかねつも
                      大伴家持

“容花”はムクゲとかカキツバタという説もあるが、ヒルガオ説が有力だとされている。ヒルガオ科ヒルガオ属のつる性多年草で、特に珍しくもない雑草だが、万葉人にとっては美人のイメージだったわけで、よく見ると確かに気品のある美しい面差しをしている。初々しく清楚な乙女というところか。

|

« 神戸たこ焼き | トップページ | “いっちょらいの麺” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸たこ焼き | トップページ | “いっちょらいの麺” »