« 群馬の美味な夜 | トップページ | 黒豆クンその後・・ »

2008年夏合宿 in 谷川岳(記録)

2008年のお盆は、組長一家に紛れ込んで谷川岳へ。0808130015組長とは長い付き合いながら、一緒に何かを企むとモレなく大悪天がついてくる“悪天コンビ”ではないかという疑いが一部にはあるようだが、本人同士的にはそんなことはないと固く信じている。いや、信じたいのだが・・
8月13日、早朝に大阪を出発。晴れ渡って暑い北陸道を走り、現地に着く頃合・・土砂降りの雨が降り始める。なんでやね~んっ・・


0808130017とりあえず、指導センターへ計画書を出しに行き、買出しにでかけたら初日の予定は終了。
ベースにて、にゃみにゃみ。食堂特製キーマカレーなどで夕食を済ませ、早めに就寝。





■8月14日
08081400373:00起床、3:50出発で一の倉沢出合へ。
4:40出合着。
水を汲み、ハーネスを装着して4:55出発。
左岸から雪渓を横切り、右岸の夏道の高巻道を登り、5:30ラペルポイント着。3パーティがかちあった上、ロープジャムなどのトラブルもあって回収完了までに1時間を要してしまった。


0808140043事前情報では「ひょんぐり下の衝立前沢の雪渓に穴があいている」とのことだったが、穴どころの騒ぎではない。ひょんぐり上の滝つぼの上でスッパリと切れ落ちて、崩壊寸前。
6:30、雪渓トラバースを開始するが「落ちたらまず死ぬなー・・」と思うと足がすくむ。雪面は案外安定しているが、帰りもここを下らないといけないと思うとぞぞぞ~っ。

0808140051ビクビクしながら雪渓を渡ってテールリッジに取り付く。傾斜はないが、これまた落ちたらちょっとタダではすまないところが続くので、怖がりの極にゃみ的にはドキドキしながらの通過となる。ちょーカッコ悪い四つんばい登り状態・・
私ってば、こんなコワがりなのに、なんで岩登りなんか好きになっちゃったんだろう・・?


08081400547:00、衝立岩中央稜取付着。南稜フランケへ向かうHHコンビを見送り、小休止のあと組長とジャンケンで順番を決める。幸い勝ったので、核心の4ピッチ目が当たらないように計算して、1ピッチ目をにゃみリードでスタート!




0808140056ボロボロながら残置支点もそこそこにあり、ホールドスタンスともに豊富で楽しく登れる。が、4ピッチ目の途中で雨が降り始め、滑るわホールドはないわ・・A0しまくりでなんとか抜ける。あ、Ⅳ・A0の核心だった。
雨が強まり、壁はどんどん濡れてくる。こわごわ登ってロープを伸ばすが、ピナクル手前はどうみても楽しくなさそーな泥っぽい階段状・・

0808140061どうせ同じところを降りてくるだけだし、「ここで終了しませんか~」と軟弱な提案をする。
組長は「ワシはええけど、オマエは初めてやねんから、トップアウトしたいんと違うんか」と気を使ってくれるが、無理に登っても楽しくなさそーだしcoldsweats01ってコトでサッサとラペルを開始、10:15取付に戻る。


0808140072ビビリながらテールリッジを下り、超へっぴり腰で雪渓を下り、滑りながら登り返し、下の雪渓もクリアしてほっと一息。
12:20、一の倉沢出合帰着。南稜フランケをあきらめ、南稜から国境稜線へ抜けるというHHコンビが一般道に出るまで見守ることにし、しばしお昼寝タイム。
15:00、稜線到着の無線連絡を受け下山。

0808140100夕刻、地元群馬の山岳救助隊で長年活躍してこられたM田氏夫妻がベースに訪れ、歓迎の宴を開いてくださった。家庭菜園で収穫してこられた枝豆や胡瓜などの野菜に始まり、メインはいろんな肉10kg!をM田さんが手際よく豪快に料理してくださり、超ゴージャスなご馳走三昧・・heart04万太郎谷を遡行してきたK雪の6名パーティも合流し、総勢12名での大宴会となった。

0808140103M田氏の地元、島岡酒造の「淡緑(うすみどり)」。
端麗かつ華やかなフレーバーが印象的な美味しい酒だった。夜更けまで美味なご馳走&酒を堪能しながら、山の話に花が咲いた。





■8月15日
08081501153時くらいまでは天候がもつ、という地元M田さんの言葉を信じ、5時過ぎに出発。6:15一の倉沢出合着、6:50ラペルポイント着、8:15烏帽子沢奥壁取付着。
M田さんお勧めの中央カンテを登るつもりで来たが、前夜の雨で壁はびしょ濡れ。しばらく考えた末、比較的乾いてそうで無難ぽい南稜に変更。



08081501241ピッチ目リードで取り付き、イヤ~な感じのチムニー手前でサッサと「ビレー解除~♪」ムズそうなところは組長にお任せ作戦coldsweats01 。高度感もあり、ルートファインディングも面白く、楽しく登って行ったが・・最終ピッチがびしょ濡れ。
「どうする?」と聞いてくださったが、濡れてる壁は楽しくナイってコトであっさり撤退することに。
11:00ラペル開始。

0808150131ロープジャムもあって12:15に南稜テラス着。
ここから中央稜の取付までもたいがい悪いので、慎重に慎重にクライムダウンしていく。
時折、「ズズーン!」と雪渓の雪が崩落する地響きが聞こえ、とても気味が悪い。下降に使う雪渓が崩れてたらどうしよう~・・とビクビクしながら下る。



0808150142テールリッジの途中で、ボッカして来ていたM田家の巨大キュウリを3つに折って3人でバリバリと食べてリフレッシュ。気合を入れて下るが・・雨がぱらつき始め、ドキドキ。
ビビリながらもなんとか雪渓下降をこなし、14:25、一の倉沢出合帰着。
たいした雨に遭わずに無事帰れてヨカッタ・・やっぱ3時までがキモ?

0808150165「湯テルメ」で入浴、買出し後ベースへ。舞茸ソテーとか、塩やきそばとか、チンネで食べ損ねた「乾物チヂミ」なんかをちまちまと作って、チビチビ飲みながらK雪チームの帰着を待つ。合流後本格的に飲んで食ったが、すでに夜も遅いし、明日晴れたらどうしよう???



■8月16日(沈澱)
0808160184雨予報のため、レストとする。のんびりコーヒーなど飲みながら後片付け後、山岳資料館を見学したり、一の倉沢出合まで散策したり・・湯檜曽の「このみ」屋で巨大舞茸天ぷらの舞茸天丼を食べ、水上温泉の「ふれあい交流センター」で風呂に入り、山岳資料館を冷やかして、大雨の中M田邸へ・・未明まで続く大宴会となった。


■8月17日
08081702275時半に起きるが、眠い・・。遅くまで付き合って、なおかつこんなに早くに朝御飯を用意してくださった奥様に感謝。ダシが激ウマの特製味噌汁に舌鼓・・
明け方近くまでM田さんと熱く語らっていたI田さんは、起こしても起こしても意識不明。ムリヤリ車に積み込んで、6:30、M田邸を出発。


0808170230北関東~関越~上信越~中央道~名神経由で帰阪の途に。早朝に出発したのが奏功し、渋滞知らずで無事帰着。
皆さんお疲れ様でした~。
すっかりお世話になってありがとうございました。

|

« 群馬の美味な夜 | トップページ | 黒豆クンその後・・ »

コメント

お帰り!みやげ話を楽しみに待ってるぜぇ!

投稿: Kず | 2008年8月18日 (月) 23:37

はぁ~いhappy01
ぜひぜひscissors

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年8月19日 (火) 06:30

こんにちは〜! 悪天をついて(!?)無事谷川のルートを登られたようでよかったですね。

今年の雪渓はかなりやばかったようですね〜(^^;)

それにしてもにゃみにゃみ。さんはどこへ行っても顔が広い!&どこへ行っても美味しい宴会がついてきますね〜(^^;)V

投稿: SunnyK | 2008年8月20日 (水) 12:09

SunnyKさんもお帰りなさい~happy01
あっちもこっちもけっこう雨攻撃だったみたいで、
結局一番お天気に恵まれたのはやっぱお天気ねーさんかもsun

谷川は毎日モレナク、お約束の大雨でした。
そんな中2日登れたのはラッキーだったかも。
大宴会も楽しかったですしねー。よい合宿となりました。

また勉強会かなにかでお話しましょーhappy01

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年8月20日 (水) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬の美味な夜 | トップページ | 黒豆クンその後・・ »