« Every Sunday Afternoon・・・ | トップページ | Katuda Farm で農作業・・・ »

私、皮下脂肪がつきやすい「UCP1」です。

あんまり読むとこがなくて読み飛ばした“遺伝子分類によるダイエット法”の本0808200001からエッセン スだけ。日本人によくある肥満遺伝子?の3タイプは・・お腹がぽっこり出る「β3AR」(りんご型)、下半身デブの「UCP1」(洋ナシ型)、手足が細長い「β2AR」(バナナ型)。体型も違えば気質も体質も違うそうで、それにあわせたダイエット法を実践すればラクラク痩せられる~、って感じの本だった。着目点は悪くないとは思うけど・・
←あ、これ、にゃみ家の夕食。彩りサラダ~♪

リンゴちゃん遺伝子のヒトは日本人の約30%。洋ナシちゃんは日本人の約35%、バナナちゃんは24%で、複合タイプの人も少なくないとか。リンゴちゃんは甘いものが好きなのに、糖分太りしやすい。性格は明るくて温厚、でもお腹が空くとイライラする。洋ナシちゃんは皮下脂肪がつきやすくて、人によっては一見筋肉質に見えることもある。性格は真面目でちょっぴり頑固。バナナちゃんは太りにくいけど太ってしまったら痩せにくい。けっこう神経質で几帳面。なんだそうだ。

・・うーん。極にゃみ的には完全に洋ナシちゃんだな、べつに頑固ではないけど体型が完全にそうだし

でも、この分類をクレッチマー、またはシェルドンの類型論と併せてみると面白いかも。バナナちゃんは“細長型”(外胚葉型)として、“肥満型”(内胚葉型)がリンゴちゃんと洋ナシちゃんに分けられるってワケだ。これに、肥満ではない“闘士型”(中胚葉型)をプラスすれば、だいたい分類できちゃうかも!?

|

« Every Sunday Afternoon・・・ | トップページ | Katuda Farm で農作業・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Every Sunday Afternoon・・・ | トップページ | Katuda Farm で農作業・・・ »