« トマトとピーマンの煮物っ!? | トップページ | 長柄橋 »

『都と京』

軽妙で飄々とした独特のタッチで極にゃみ的にもお気に入りの人気コラムニスト、Photo酒井順子さんによる“東京VS京都・都市比較論”?
東京モンである著者が、ナゼか30歳を過ぎてから京都に魅せられ、月イチペースで京都詣でを開始。生半可な関西ジンよか京都通になり、愛着ある地元東京とお気に入りのマチ京都を独自のユニークな視点から比較するという面白いエッセイ。ことば遣い、料理の味、都市のランドマークから祭り、カフェ・・東京と京都はこんなにも違う!という面白い発見に満ちた一冊だ。
ま、東京人にとって京都は完全に異国なんでしょう。
関西人的にみても、京都・大阪・神戸はそれぞれマッタク違う文化の都市だと思いますし。



『都と京』
酒井順子 著
新潮社 刊
2006年9月 初版発行

|

« トマトとピーマンの煮物っ!? | トップページ | 長柄橋 »

コメント

この本、新聞切り抜き保存してあって、まだ購入していない。

ここのところ、金欠気味で、、、。2カ月ほど微熱が下がらず7月中~現在まで欠勤多発(有給は山で全部消化)。名医のもとに通院中。

なんとか、復活して、リハビリして、あそこのスラブに登攀に行くぞ。残念ながらこれでは谷川岳の沢登りは中止だ。

五葉の泉でした。

投稿: ほんどテン | 2008年9月14日 (日) 00:39

ほんどテンさんっ!ってーか五葉の泉さん、
体調不良ですか・・・
それはつらいですね。

でもいいお医者さまに診ていただいてるのならきっと大丈夫。ゆっくり養生して復活してくださいねー。
どうぞお大事に・・・・。はやくよくなられますよう。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年9月14日 (日) 06:13

にゃみ。さん、おはようございます。

あたたかい、お言葉、ありがとうざいます。

過去に、この大学病院、併設している看護学校の看護士養成の実習モデルの要請され、「わたしでお役にたてれば」と快諾したことがあります。

この本の新聞の書評(2紙)の切りぬきは小さなスペースでわずか数行。

この本、にゃみ。さん、の書評のほうが面白い。星5つです。

もたもたカキコミをしている間に「こんにちは」の時間になってしまいました。


 

投稿: 五葉の泉 | 2008年9月14日 (日) 10:40

五葉の泉さん、星を五つもありがとうございます。うれしいです。
ナニゲに、最後を「サカイ風」で締めてみたの、気づいていただけました???笑

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年9月14日 (日) 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトとピーマンの煮物っ!? | トップページ | 長柄橋 »