« 『都と京』 | トップページ | 暑いよ~・・ »

長柄橋

八百八橋と言われる大阪には名橋が多くあるが、0809110339淀川にかかる長柄橋は美しさにおいてトップクラスの橋のひとつだと思う。
昔々、このあたりに橋を架けようとしたが工事は困難を極め、人柱を立てることとなった。誰を人柱にするかで困ったので地元の長者“巌氏”に相談したところ、「袴に継ぎのある人を」と言った。ところが、彼の袴に継ぎがあったため、人柱として埋められてしまった。


0809110342嘆き悲しんだ一人娘の光照前が「物いわじ 父は長柄の橋柱  鳴かずば雉子も 射られざらまし」と詠んだのが“雉も鳴かずば撃たれまい”の語源となった言われている。
ものいわじ・・はナニゲに「巌氏」と掛詞になっていたりするところがなかなかびみょー。


0809110334橋の南詰には、観音様が祀られているが、都島区から豊中市にかけて、淀川の両岸を焼き尽くした1945(昭和20)年6月7日の第三次大阪大空襲の際、橋の下に避難していた人々が400名以上も亡くなり、その供養のために建立されたものだという。



0809110335観音様の脇には、「旧長柄橋弾痕」と書かれた旧橋脚の一部と、表面が剥がれた痛ましい観音様がおられる。1951年に橋の大修理が行われた際に、「旧長柄橋の空襲跡の保存を求める連絡会」の奔走により遺された、戦争の傷跡を今に伝える貴重な存在である。

|

« 『都と京』 | トップページ | 暑いよ~・・ »

コメント

そっか、まるでテレビのドキュメンタリー番組を見ているような気になったよ!ちと誉めすぎ

投稿: Kず | 2008年9月12日 (金) 08:15

この壊れた観音様の正体を突き止めていればね。ドキュメンタリーばりなんだけど・・(^-^;

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年9月12日 (金) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『都と京』 | トップページ | 暑いよ~・・ »