« 本場直伝!広島風お好み焼きの焼き方 | トップページ | 『蚊遣り豚の謎』 »

銀杏

大好きな秋の味覚・・今宵の酒のアテ。
Dscf5221知人が山で怪我をして入院したというので昨夜見舞いに行った。下降中につかんだ木が折れて転落し、数回バウンドして背中から叩きつけられたそうだ。案外元気そうな顔をしていたが、胸椎がひとつ折れていて全治三ヶ月・・
本人曰く「死んでいてもおかしくない状況だった」そうなので、まあ不幸中の幸いか。事故なんて、そこら中で口を開けて待ってる落とし穴みたいなものなんだろう。ハマらないように気をつけようね・・

|

« 本場直伝!広島風お好み焼きの焼き方 | トップページ | 『蚊遣り豚の謎』 »

コメント

>事故なんて、そこら中で口を開けて待ってる落とし穴みたいなものなんだろう。ハマらないように気をつけよ・・

このブログ全体に流れている軽薄な口調が、自然に対する畏怖の念を忘れさせて、お気楽に山に入っていく風潮をつくりだす要因になることも自覚してください。
色々ミスがあっても結果オーライなどという言動は謹んでください。
遭難者を地元のボランティアの人たちが仕事を休んで救助に当たっているという現実もあるんですよ。
いっぽ間違えば他人に多大な迷惑をかける遊びだということを自覚してください。

投稿: みかねて | 2008年10月29日 (水) 11:27

みかねてさん、こんにちは。

かなり失礼な書き込みと感じたから、それこそみかねて書き込みさせていただきました。
山を楽しんでいる人たち各々、事故には気をつけているんだと思います。このブログを見に来られる方たちの多くはきっと山が好きな方だと思うのですが、はたして、このブログが持っている「ほのぼのとした雰囲気」によってそんな山屋さん、あるいはこれから山を始めようとする方たちが、山の恐さを忘れてしまうでしょうか?真面目にそう考えておいでですか?

そもそも、このブログのどこに、みかねてさんがおっしゃる「軽薄な口調」が存在するんだろう?
存在する、しないは、その人の感じ取り方だから仕方ないとして、みかねてさんがおっしゃる「結果オーライ」という謙虚さを感じられない言い方とにゃみさんが書かれいる「不幸中の幸い」という表現は似て非なるものとおもうのです。
このブログそのもの、あるいはここの主人のにゃみにゃみさんを誤解されているのではないでしょうか。

投稿: カルパッチョ | 2008年10月29日 (水) 12:37

“みかねて”さん、カルパッチョさん、書き込みありがとうございます。

“みかねて”さんが仰るように、「軽薄な口調」と言われれば確かにそうかもしれません。
私が意識的に作っているタッチはまさに「軽い」ものを目指してますから。ブログなんてメディアには、軽い内容が似合うというのが私の考え方であり、このサイトはとくに「気楽に読める」ものにしようと思って書いていますので(本人は「軽薄」ではなく「軽妙」のつもり、ではあります)。

“みかねて”さんが仰る、
「自然に対する畏怖の念を忘れさせて、お気楽に山に入っていく風潮をつくりだす要因になる」というご意見には正直驚いています。そのように受け取られる方もおられるということは全く予測外でしたので、ご指摘をありがたく思います。

しかしながら、私は常に自然に対して謙虚であれかしと思っていますし、実際そのように行動しているつもりです。
もちろん未熟者ですので、下らないミスをすることはよくありますが・・
けれども、愚かなミスをしたときにも、
「こんなアホなことをしたら、こんなひどい目に遭うんやで」というつもりで、恥を曝してすべてを書いているつもりです。

それに関して「結果オーライ」いうように書いたつもりはありませんが、先日の錫杖での夜間行動のことを指してご指摘くださっているのだとしたら、私の表現力が稚拙なのかもしれません。

夜間行動になってしまった経緯については、私たちが未熟であったためかもしれませんが、「対処」については、ほぼ問題のない行動だったと自分では思っています。結果オーライではなく、パートナーと協力し合って、極めて慎重に、そしてできうる最善の行動をしたと思っています。私の初歩的ミスを私のパートナーは文句のひとつも言わずに、カバーしてくれました。それに対しては心から感謝しているし、このパートナーで本当によかったと思っています。

山岳遭難に関して、関係各所の方々に多大なご迷惑をおかけしていることは重々承知していますし、だからこそ遭難防止のために非力ながらいろいろ心配りをしているつもりでいます。もしほかのコラムもお読みいただいているのなら、おわかりいただけると思うのですが。


長文になってしまい、申しわけありません。
(簡潔で短い文章、っていうのがこのサイトの基本コンセプトなのに!)


カルパッチョさん、コメントいただきありがとうございます。

私のカルいオツムが紡ぎだすお騒がせな文章が、
「お気楽に山に入っていく風潮をつくりだす要因になる」のだとしたら、遭難対策に関わっている立場としては問題ですよね。
・・正直言って、どうすればいいのかさっぱりわかりません。
皆さまからアドバイスをいただければと思います。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月29日 (水) 21:13

にゃみさん、今晩は。
あっさりと電話回線の接続が済んだことで、ホッとしているところです。

にゃみさん
> 正直言って、どうすればいいのかさっぱりわかりません。

って、これまでどおりでいいと思います。
みかねてさんが、あらためて何かを言って来られたら、それはそのとき考えて、対応すればいいのだし、これまでの路線で続けてください。

そもそも・・だけど、自分もそうしているから、棚上げ発言になってしまうんだけど、やはり、今回のような意見を書き込んで来るのなら実名がいい。その人の素性っていうものがわかっていたほうが安心だと、常々感じています。
書きたいだけ書いて、巻けたら尻尾を巻いて逃げていき、また、ハンドルネームを変えてしつこく登場する2チャンネラー的な方ではないと思うけど、やはり、ある意味怖いから・・

投稿: カルパッチョ | 2008年10月29日 (水) 22:19

カルパッチョさん、ありがとうございます。

まさにそうで、
“どなたかわからない”方からのメッセージって、どう対処していいのかホントわかんないんです。

知ってる人なら「こういう表現ならわかってもらえる!」って言うのがなんとなくわかるんですが。でも、知らない人にちゃんと伝わるコトバを発しない限り、プロ失格ですよね。マダマダ未熟です、私。

人によって同じ言葉でも受け取り方が違う、っていうことはよくわかっているつもりでしたが、ちょっと自信に揺らぎが出てきました。

今後どうしようかな・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月29日 (水) 22:34

ここは、にゃみさんの自己表現の場なのだから、そのままでよいのでは(^-^)/
ライターならではの、様々な話題、楽しませてもらっておりますが(^-^)/
真剣に、山にとりくみ、楽しみ、そして得た元気で、また社会にもなにがしか貢献していることは、他のページをみてもわかるのでは、と思います。
いろいろな意見があるでしょうが、ひとの言葉に何か思い、またコメントできるのは、活気ある証拠ですね(*^o^*)エネルギー使うことだもの。

投稿: なつ | 2008年10月29日 (水) 23:54

なっちゃん、コメントありがとう。

「自己表現」でも、それがほかの人に悪影響を与えるのであれば考え直さないといけないなー、とは思っています。表現力に問題があったのなら、それはそれで私にとっては大問題。

でも、ほとんどの方がROM専決め込んでいる中で、なんらかのレスをつけてくださるのはありがたいことだと思っています。

>ひとの言葉に何か思い、またコメントできるのは、活気ある証拠ですね(*^o^*)エネルギー使うことだもの。

って書いてくださったとおり、
マイナス評価のコミットだってパワーのいることだと思うので、ありがたいと思っています。

今後とも、お読みくださっている皆さま、お気軽にレスってくださいね。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月30日 (木) 05:11

ひとつ補足しておきますが、

>事故なんて、そこら中で口を開けて待ってる落とし穴

というのが、「山岳遭難事故」を仕方がないことだとあきらめている?と受け取られたのだとしたら、ものごとの受け止め方の問題なのですが・・・

私は、山に限らず事故とか災難のきっかけはそこら中に存在していると思っています。だから、日頃からそれに陥らないように注意して行動しているのだと思っています。
注意深く行動しているつもりでも災厄が降ってくることもあるのだということを、この夏ひとつのいやーな体験で学びましたが・・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月30日 (木) 05:17

みかねて氏のレスに対して強すぎる反応がいくつか見えます。小生なら御意見有難うございましたで終わるようにおもいます。ただ、銀杏コラムは、事故当事者の気持ちに配慮が足りないとおもいます。頚椎なら車椅子の可能性が強く、御本人は暗い気持ちを隠して明るく振舞っている。病状を聞いて帰る道すがら、2人で好物をアテに酒盛りしている。小生なら書いて欲しくないであろう事故の原因は書かないし、酒盛りもしないし、強引に誘われたにしても酒盛は書かない。みかねて氏の御意見は小生のような気持ちが根底にあったのではとおもいます。

投稿: 山頂 | 2008年10月31日 (金) 06:50

胸椎を頚椎と違えて書きましたが、同じく危険な部位で、重篤な障害が心配されます。

投稿: 山頂 | 2008年10月31日 (金) 06:57

山頂先生
コメントありがとうございます。

>事故当事者の気持ちに配慮が足りないとおもいます。

この点はご指摘の通りです。
ご本人が非常にお元気そうでいらしたので・・
ちなみに、その後もちょいちょいご連絡をいただいていますが、状態は悪くなさそうです。


>みかねて氏のレスに対して強すぎる反応がいくつか見えます

これに関しては、当該記事に関するレスではなく、このサイトそのものに対する根本的なご批判であったため、反論せざるを得ませんでした。

要は、私の文章が軽薄であり、遭難を助長するかのような内容である、ミスを容認するような書き方は慎むように、という内容だったと理解しています。

それに対して、文章のタッチが軽薄なのは事実かもしれないけれど、山での遭難ということに対して決して軽薄な姿勢ではないつもりだし、逆に「こんなこともあるから皆さんも気をつけてね」というつもりで記事にしているので、その点を明確にするためにコメントを書かせていただいただけです。
決して過剰反応だとは思っていません。

投稿: 管理人 | 2008年10月31日 (金) 07:46

にゃみさん、山頂さん こんばんは
今回の「みかねてさん」の書き込みに対する私の書き込みは、山頂さんがおっしゃるとおり、過剰反応し過ぎたと反省しております。
行間を読むだけの時間を、すこし置けばよかったのだけど、目にした直後、直ぐにキーボードを叩いてしまいました。
にゃみさん、ごめんなさい。
ただ、やはり譲れない、黙っては見過ごせないこともあるのは事実で、軽薄等という言葉を書き込む以上は、どのような形であれ、風当たりが強くなることは仕方ないことと考えます。
しかし、私がしょっぱなに書き込みなどしなければ、にゃみさんのことですから、山頂さんがおっしゃるとおり、「御意見有難うございました。」で終わらせていたと思います。引っ込みがつかなくしてしまいました。本当に、にゃみさん、ごめんなさいね。
今後は、もう少ししっかりと考えて書くことにします。

投稿: カルパッチョ | 2008年10月31日 (金) 21:45

カルパッチョさん!!
コメントありがとうございます。

>今回の「みかねてさん」の書き込みに対する私の書き込みは、山頂さんがおっしゃるとおり、過剰反応し過ぎたと反省しております。

客観的に見てどうなのかはわかりませんが、
私にとってはとてもありがたいものでした。

知性派かつ憧れのクライマーであるカルパッチョさんが反応してくださったっていうことそのものに、とても慰められたんです。

>私がしょっぱなに書き込みなどしなければ、にゃみさんのことですから、山頂さんがおっしゃるとおり、「御意見有難うございました。」で終わらせていたと思います。

そんなことないです!!
私は決して好戦的な性格ではないのですが、カルパッチョさんのカキコがなければ、何を書いていたことやら、かなりあやういものがあります。
カルパッチョさんならではの理知的な文章を読んでいる間に心を落ち着かせることができたんです。本当にありがとうございました。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月31日 (金) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本場直伝!広島風お好み焼きの焼き方 | トップページ | 『蚊遣り豚の謎』 »