« 2008年度 指導員研修会 | トップページ | 金木犀の季節 »

奥深い商店街。

神戸名物?「高架下」・・線路の下に延々続く、長い長~い商店街。0810060017夜の帳が下りてくるよな頃合に突入するには、いささか勇気のいる雰囲気ではある。が、そこは百戦錬磨の単独行者にゃみにゃみ。、ためらうこともなく足を踏み入れるのであった・・って、神戸の子で高架下を知らんかったらモグリなんだけど、何しろ奥の深い、いや“奥行の深い”スペシャルワールドが展開しているのである。

0810060019 “日本一長い商店街”天神橋筋の2.6kmには及ばないが、JR神戸駅の少し東から元町駅までの「モトコー」と元町から三宮までの「「ピアザKobe」を足すと全長約1.8km。ピアザは洋服やアクセ、靴などお洒落なお店がたくさんあって若者向きだが、モトコーの方はなかなかシブい。古本屋、古道具屋、古着屋、古レコード屋、古ビデオ屋、古ワープロ屋(!)、and more・・新品ですら古びて見えるのはナゼだ。

0810060005半分くらいシャッターが閉まってて少々ブキミだったりもするが、「毎日が掘り出し市」ってポスターのとおり、マニアックなモノ・レアモノが満載。何屋なのかすらサッパリわからない店なんかもあって、どこか外国のバザールにでも迷い込んだような不思議な雰囲気が味わえる場所なのである。
ちなみに、随所から脱出できる構造で、万一アタマまでトリップしそうになってもすぐに現実に戻ることが可能なので婦女子も安心して掘り出し物を探してほしい。掘ってナニが出るかは知らんけど・・

|

« 2008年度 指導員研修会 | トップページ | 金木犀の季節 »

コメント

ネオンが昭和だね!

投稿: Kず | 2008年10月 7日 (火) 00:58

ええ感じっしょ。思わず写真撮りたくなったもん

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月 7日 (火) 08:23

阪神電車の元町駅を地上に出て、海側に向って行くとポートタワーのある中突堤に続く。瀬戸内航路ではあるが船酔いに敏感な私に覚悟を決めろと待合室がせまる。
元町といえば、関西汽船のこはく丸やこばると丸が懐かしい。

投稿: Kず | 2008年10月 7日 (火) 17:51

元町は、ハーバーランドやメリパと違って、ところどころに昔の面影がそのまま残ってていい感じ。

ところでKずさん・・・
“船酔いに敏感”なのに、よく船に乗る仕事してたねー!?

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月 7日 (火) 19:03

小生もよく通りまして買い物モしましたよ。米軍放出の落下傘用ナイロンベルトを買いまして、鉄板を切り抜いて3角形の金具を作り、スリングの芯を抜いて糸を取り、チェストハーネスを自作してクライミングを始めました。ちなみに、クライミングロウプは12mmの漁業用ナイロンロウプでした。
盥で酸性染料を使って赤く染めましたが、硬くなってザックいっぱいでしたが、屏風岩東壁(滝谷から)に挑戦するまで
の1年間使いました。山頂。

投稿: 山頂 | 2008年10月 7日 (火) 21:14

そうでした、山頂先生も神戸っ子でしたねー

それにしても、初めに何でも自作をされていたので、今でも何でも作れてしまうんですね。モトコーがそんな風に活用されていたなんて!!びっくりです。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月 7日 (火) 21:21

そのザックはキスリングのサイドポケットを外して雨蓋にし、拾ってきた柿の柿渋で染めた上に塩化鉄で染めて真っ黒にしました。祖母は無理だと言いましたが、小生は目算があり、上手く行きました。
  山頂

投稿: 山頂 | 2008年10月 7日 (火) 21:41

山頂センセ、柿渋染めまでなさるんですか!?

六甲山中で自生?してる渋柿を拾ってきて日々の食料の足しにしたことはありますが(いったいどんな生活やねん・・
柿渋染めとは・・ひょぇぇ。

イマドキ、正しい柿渋染めのものは一種の高級ブランドなんですよー。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月 7日 (火) 22:03

アニリンブラック等という恐ろしげなものではなく、極健康的だし、使ううちに良い風合いが出ました。小生がひらって使ったのはヒラガキの類でしたから恐らく甘がきの種類で、
一般にはシブ染めに使わないのだそうですが、渋けりゃいいので(シブオールが有ればよい)、気にせず使いました。醗酵させると臭くなるそうですが、潰してすぐに使いましたので、良い香りでした。醗酵させるのがホントに必要か疑問です。と言うのは酵素は通常シブオールと結合して働きがなくなります。シブオールが減ってしまうはづです。

投稿: 山頂 | 2008年10月 8日 (水) 18:54

シブオール・・ってのが柿渋の成分なんですね。
発酵には何か意味があるんでしょうね、各地に柿渋染めの伝統がありますが、どことも発酵させるようなので・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2008年10月 9日 (木) 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年度 指導員研修会 | トップページ | 金木犀の季節 »