« あの向こうには・・ | トップページ | なにがほんとう? »

冬の干し物

朝から雷雨で、しかも気味が悪いほどの暖かさ。0812040002 この雨を境に冬将軍がやって来るんだって?
今日が雨になることはわかっていたので、ベランダの干し物を取り込むことにした。
その1、干し柿。
頂き物の渋柿がいい感じで干し柿に。
干し柿のナチュラルな甘さってとっても好き。ねっとりクリーミーな舌触りも、生の柿とは別物の美味しさがある。


0812040003その2、切干大根。
デカい桜島大根をいただいて、とても食べきれなさそーだったのでちょっと太めにカットして干しておいたのが、いい感じに干しあがった。売ってるやつより数倍味が濃くて美味しい。




0812050004その3、これは干してたのを取り込んだわけではないけど、日に干してから糠漬けにした日野菜。
実は、市販の“漬物”って、ほとんどが調味液に浸しただけの“浸し物”だ。それに引き換え、伝統的スタイルの漬物は、野菜を日に干して水分を抜き、塩の力と重石でしっかりと漬け込む。乳酸発酵によって旨みが出るし、糠のビタミンやミネラルがプラスされて栄養価もUPするのだ。

08120500064~5日間しっかり干したので、かなり歯ごたえのある漬け上がりになった。こんな硬い漬物なんてイマドキ売れないんだろうな。
でも、噛みしめる美味しさってあるし、噛む力って生命力と比例しているような気がする。
幼い頃から柔らかいものばっかり食って育ったイマドキの子たちより、硬いものをしっかり食ってきた今の50代以上の方がきっと強いと思う・・
(うちらの世代はたぶんダメです。生まれたときからジャンクフード食わされてるし。)

|

« あの向こうには・・ | トップページ | なにがほんとう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの向こうには・・ | トップページ | なにがほんとう? »