« 連休最終日は不動岩 | トップページ | 文楽 初春公演 »

Master Of Stone

懐かしい映像・・ シリーズ3作目のダン・オズマンのパートです。

クライミングの才能はないし、きっと向いてないのかも・・
とヘコみがちな今日この頃なれど、こんなのを見て「美し~」と思う私って。

|

« 連休最終日は不動岩 | トップページ | 文楽 初春公演 »

コメント

これって……、フリーソロ…ですよね〜。
しかも手ぶらでレストとかして……
なんというルートのどれくらいのグレードですか?

…にしてもおそろしい〜〜。
世界には命知らずの輩がいっぱい…なんですね〜。

投稿: SunnyK | 2009年1月14日 (水) 12:50

フリーソロですよねー・・

ネバダのケイブ・ロックというところにある「Fire in the hole(12b)」だそうです。12b・・・

シリーズには120mものロングルートを飛ぶようにフリーソロしてる映像とかもあって、フリーソロでランジかいっ・・って感じなんですけど、こんなことしてたらそのうち死ぬよなーって思ってたらやっぱり・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年1月14日 (水) 13:28

DVDありますか?タダでできる、フィットネス。
ビリーキャンプに入隊しましたが、私は当日脱隊、母は3日で挫折しましたので、よければ譲りますがf^_^; かなりハードですよ。

投稿: なつ | 2009年1月14日 (水) 15:47

なっちゃん、こんにちは。

>タダでできる、フィットネス。

ううーん。当日脱退っすか・・・
あっという間に挫折する自信はあるけど・・・
トライはしてみるべき???ただ今冬季増量中・・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年1月14日 (水) 16:03

ダン・オズマンによるフリーソロコレクション・・
↓↓↓
http://jp.youtube.com/watch?v=viy9pWTGNys

出だしはこのコラムに埋め込んでるのと同じ映像なんですが、カリフォルニアのLover's Leap「BEARs REACH(5.7)」のスピードアッセントなんかも収録されています。
400フィートを4分25秒で完登、途中のダブルダイノはとんでもないです。

ま、これがクライミング?って言われると、ちょっとどうなんだろうって感じもするけど・・。壁をタテに走るランニング?

投稿: 管理蛇 | 2009年1月14日 (水) 19:46

げ!さっきは携帯で見てたので、動画みてませんでした~

わたしはさっぱり魅力を感じないなぁ~命を粗末にして・・・としか思えん

ちなみに、バンジージャンプも嫌いです。ついでにホラー映画もダメです。
この動画も似たようなもの(?)で、生理的にNO~ですぅ

地面からキレ~に、ロープのラインが伸びていたら、魅力を感じたかもしれませんね

投稿: なつ | 2009年1月15日 (木) 01:53

バンジージャンプは私もキライ。ホラーもスプラッタもダメ。

えっと、フリーソロっていうスタイルを礼賛しているワケではないのだ。
動きとして、ビジュアルとして美しいと思うってこと。

流れるような無駄のない動き・・合理的で美しい。これにクリップの動作が入ったら魅力半減だと思う。

このクライミングは、ダンにとっては“作品”だと思う。ダンサーがダンスを披露するように、大道芸人が芸を披露するように・・そんな世界のものだと思う。

でも、なっちゃんの
>地面からキレ~に、ロープのラインが伸びていたら、魅力を感じたかもしれませんね

ってのは、なっちゃんが「自分」を「登る主体」ととらえて見てるからだね。私は多分、単なる観覧者の目なんだな・・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年1月15日 (木) 07:03

なるほど、なるほど、ビジュアルかぁ。ビジュアル……ロン毛がイヤ…ってそういう話ではないか(^_^;)失礼しました~

投稿: なつ | 2009年1月15日 (木) 18:43

え゛っ・・・
なっちゃん、ロン毛男ダメなのっ?

って私も別に好きではないけれど

ってーか、自分がベリーショートにしてからは、ムダに長い髪を見ると男性も女性も「うっとーしーやろうなー。シャンプーようけいるやろうなー。ドライヤー時間かかるやろうなー。資源のムダやなー。」としか思えなくなってしまった。情緒がないな・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年1月15日 (木) 20:54

正確にいいますと、ストレートのロン毛がノー!!です。
まあ、私の好みなんて、どうでもよいですね(^_^;)

投稿: なつ | 2009年1月16日 (金) 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休最終日は不動岩 | トップページ | 文楽 初春公演 »