« オヤジタイム | トップページ | 三倉岳で出会ったお花たち »

“西遊記”どたばたツアー④

ツアー三日目は天気予報どおりの雨模様。0903220188_2 西遊記チーム&源平一の谷チームは 「雨でも登れる」カブリ系の長屋坂へ行ってみることに。全体的に前傾した石灰岩の大岩壁だ。
そぼ降る雨にけぶっているけれど・・
アプローチは車道からわずか50m!カサいらない!




0903220200壁の下はぜんぜん濡れてない。傾いたホコラが鎮座する、まんなかへんのテラスはとっても快適な広場。






0903220209_2 三倉で一人オンサイト祭りを開催したmuraさんが、朝から「黒鳥の交差点(5.11c)にトライ。







0903220233下部にひとつ核心があるようで、みんな出だしセッションで燃える・・

すでに何度か登っているゴクウねーさんはデモで華麗なキョンを披露・・。










0903220225カッパのなっちゃんも、やっぱフリークライマー・・カッコイイ登り。深いキョンを決めてる。













0903220198ヘタレの極にゃみ的には・・
“一番カンタン”という「ザグ5.9」をTRでトライ。オブザベ段階では、2回目にリードかな?と思ったけど、登ってみたら案外ムズくて・・テンションしてしまったweep リード?いやだ。ムリっ。

2本目は「ミセスリエコ5.10a」にTRトライ。これは不思議とノーテンで登れた。好き系?ガバのダイナミックムーブがいっぱいでとても楽しかった。
最後は「プラナン1/10 5.9」にやはりTRトライ。“後ろの岩を使わない”限定は速攻あきらめたけど、これもジム課題っぽくて楽しかった。ゼ~ンブトップロープかけてくださったゴクウねーさん、ありがとうございました。

0903220220どの課題も登った後「リードしてみる?」って聞いてくださったのに、根性ナシのヘタレですみません。ちょびっとずつチャレンジしてみます。

極にゃみ的には、今回“備中デビュー”で、石灰岩は初めてだったんだけど、へぼい登りながらなかなか楽しめた。滑るし、けっこうコワいんだけど・・

今回のツアーでいろいろ考えたんだけど・・。大事な休日、ココロから楽しめることだけをやろう。ヘタレはヘタレなりに楽しめばいいんだし、一緒にいて楽しい仲間と、楽しい時間を過ごすことが一番かなー・・

|

« オヤジタイム | トップページ | 三倉岳で出会ったお花たち »

コメント

おはようございます〜。いっぱい言いたいことが…。。

>華麗なキョン……

黒鳥…はボルちっくでパワフルなルートで、非力な自分はとっても登りにくい。ほんの5手6手が続かない。『キョン』は力をセーブできて静的に悪いホールドをとれるとっても強力な武器なんです。つまり、パワーがないからやってるだけで、フリークライマーだからキョンてわけじゃないんですよ。
クライミングは、力をセーブできるところは最大限にセーブして、なるべく楽に登ることを考えるのがミソ。10cのルートなら10aのパワーで登れるように考える。そしたら11aの力で11cも登れるわけです。
アルパインも同じ。厳しい難しいところがでてきたときのために、簡単なところはなるべくらく〜に登るようにつとめるんです。

>どの課題も登った後「リードしてみる?」って聞いてくださった……

途中でテンションしても、登れなくて敗退してもいいと思った。にゃみさんにとってはたとえ1ピン2ピンでも、ちょいムズカシメなルートをリードしてみる…てことが大きな1歩になると思ったので。まあ、ぼちぼちと、でも、臆せずトライを。(これくらいのルートだったら、にゃみさんが登ると言ったら喜んでヌンチャクかけるし、TRも回収も全然平気!なので遠慮せず。イレブンとかツエルブとか登られたら困るけど…coldsweats01

>ココロから楽しめることだけをやろう。ヘタレはヘタレなりに楽しめばいいんだし、一緒にいて楽しい仲間と、楽しい時間を過ごすことが一番かなー・・

この『ヘタレ』とか『ヘボ』とかいう言葉は以後禁止!
言葉にだすと本当にそんなふうに思っちゃう。
クライミングはグレードじゃないと思います。自分自身の限界に挑戦してそれをおしあげること、だと。
初級の人もTRオンリーの人もいろんな人を知ってるけど、一生懸命ホールドにかじりついて、必死になって登ろうとしている姿は、高グレードをRPするのと同じくらい、心をうちます。自分の限界に『一生懸命』トライする姿にはグレードはないから。そういうトライができる仲間と一緒に登って下さい。ガンバですscissors

投稿: SunnyK | 2009年3月25日 (水) 09:53

>たとえ1ピン2ピンでも、ちょいムズカシメなルートをリードしてみる…てことが大きな1歩になると思ったので。

そうですね・・・。

>まあ、ぼちぼちと、でも、臆せずトライを

はいぃ~。
落ちても死なないところでぼちぼちトライしてみます~。

>この『ヘタレ』とか『ヘボ』とかいう言葉は以後禁止!
coldsweats01

>クライミングはグレードじゃないと思います。自分自身の限界に挑戦してそれをおしあげること、だと。

うーん、そうかも。
前向きな気分になれるクライミング仲間と、
そして楽しいと思えるコトが大切だなーと。

いろいろな意味でとってもいいツアーでした。
いろいろ、ありがとうございました。

黒鳥みたいなカッコいい課題にトライできるようになりたいカモ~shine

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年3月25日 (水) 17:37

>落ちても死なないところでぼちぼちトライしてみます~。

wobbly
ボルトルートは基本的なことをしっかりやってれば、普通は落ちても死にませんよ〜happy01

>黒鳥みたいなカッコいい課題にトライできるようになりたいカモ~

登れますよ〜。
私も、以前はあこがれてて、登ってる人は仙人みたいに思ってたルートを何本か登ってきました。そして、まだまだあこがれのルートはいっぱいあって、いつか登りたい〜…と思ってます。

ほんのちょっとの気持ちと、努力を続けること…、かな。そして一緒に登る仲間をみつけること!

投稿: SunnyK | 2009年3月26日 (木) 09:43

私も今日、名張で、ナーバスレイバックを、クラック初リード!してきましたぁ~!
ムーブ教えてもらい、カムの位置も大きさも教えてもらい、上げ膳据え膳でしたが、それでもそれでも!めっちゃうれしい第一歩でしたぁ~(^^)
にゃみさん、遠くに行かんでも、「エボシ」といういい岩場が近くにあるじゃないですか~
私も初心に帰り、エボコマに登りたいルートが多々あるので、一緒に行きましょう~
太陽がいっぱい、ゴールドフィンガー、斜陽などなど・・・ミセスリエコをノーテンで抜ける力があるんだから、これらを完璧にリードできる力は十分あるはずだと思います~。

投稿: なつ | 2009年3月26日 (木) 23:59

Sunnyねーさん・・・

>ほんのちょっとの気持ちと、努力を続けること…、かな。そして一緒に登る仲間をみつけること!

登ってくれる仲間!は、私にやる気さえあればおーけー!ですよね。

あとは自分の「ほんのちょっとの気持ち」ですね。

でもそれがたいへんかも。

だけど、無理して「頑張る!」とかじゃなくて、楽しみながらトライ!なモードにしたいです。


なっちゃん!

>私も今日、名張で、ナーバスレイバックを、クラック初リード!してきましたぁ~!

えら~い!

>遠くに行かんでも、「エボシ」といういい岩場が近くにあるじゃないですか~

だね。エボシ、極にゃみ的にはかなりこわいんですけど~・・じゃなくて、楽しもう!

今年のテーマ・・楽しむクライミング。

決めた!

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年3月27日 (金) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オヤジタイム | トップページ | 三倉岳で出会ったお花たち »