« 大阪に新しいクライミングジムが誕生! | トップページ | きょうのうりちゃん。 »

桜の園「亦楽山荘」と宝塚の大峰山

やんなきゃなんない作業はあるけど、天気がいいので0904120003 せめて半日だけ歩こうと武田尾へ・・。街の桜はもはや“落花盛ん”で葉桜になっているけれど、山桜はまだまだこれからが見頃。
そこで、毎年必ず訪れる武庫川渓谷沿いの桜の名所に行ってみることにした。“桜学者”として名高い故・笹部新太郎氏の演習林跡を、宝塚市と「櫻守の会」が整備した「桜の園」である。



0904120009武田尾駅から下流へ500mほど戻ったあたりから始まる「旧福知山線廃線跡」から入って行く。
短いトンネルをふたつ越えると、桜の園への入り口がある。
「亦楽山荘(えきらくさんそう)」とは笹部氏が蘇東坡の漢詩『於潛令同年野翁亭』の一節から名づけたものだそうだ。


0904120037園の外周を巻くようにつけられている「遠見の道」を登り、満月瀧の少し上から沢筋を詰めあがる。南西から山頂へ続く尾根に出て、大峰山頂へ・・






0904120068山頂と言っても、まったく展望はなく、なだらかで広い落葉樹林の中に、ぽつんと三角点がある。

不動岩とか大岩岳あたりからよく見えるのに、こちらからは見えないんだな。高い樹林のせいで。




0904120092あずまやのある「育樹の丘」から「さくらの道」を下った。
樹齢100年ほどはあると思われるヤマザクラの巨木が、淡い色合いの花を咲かせていた。やはり山桜には、独特の気品と風格があるように思われる。

★昨年の「桜の園」 ・・ココ!

奇しくもまったく同じ日だった・・

|

« 大阪に新しいクライミングジムが誕生! | トップページ | きょうのうりちゃん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪に新しいクライミングジムが誕生! | トップページ | きょうのうりちゃん。 »