« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

夜更けのたらこスパ。

今日も一日“捕まり系”で、ぐったりして遅々に帰ってきて・・・0906300002なんかエサないかなーと台所をあさっていたら、やっぱり残業で遅く帰って来たうちの「たま」が、たらこスパゲティを作るというので・・「二人前作って~♪」とリクエスト。できあがってみたら、夜更けなのに超大盛!
極にゃみ的には一日デスクワークだったのに、ワカモノ仕様で高カロリー食を食ってええんかいっ!?ってなハナシはさておいて。ああ旨かった。

思えばこのコ、今や「家事能力ゼロなのでは?」とか認識してしまうほど何もしないヤツだけど、よく考えたら「明るく貧しい母子家庭」の小学生だったころ・・
連日締め切りで夜半まで原稿と戦ってた母(わ、私だ!当時、とある情報誌の特集ページの下請けをしていた)をしっかり支え、一日交代で朝ごはん担当を引き受けてくれてた。当時うちには「炊飯器」なんてシャレたものはなかったから、6時に起きて土鍋でご飯を炊き、煮干でダシをとって味噌汁を、そして何か1品だけの質素なおかずを作り、7時になったら「マリ~、朝ごはんできたで~」って起こしに来てくれる、健気なコドモだった。彼女と同世代でそんな体験をした子はほとんどいないだろう。も少し彼女に感謝してもいいかもしんない。
あの本の、地図の挿絵もほとんどボランティアで描いてくれたワケだし。
もーちっと大きく扱ってくれてもよかったのになぁと思うけど、あのイラスト。不自然なほど小さいのはナゼだろう。

| | コメント (5)

夏越の祓

水無月晦日、一年の半分。穢れを祓い清める神事「大祓」が行われる日だ。
0906220045いろいろ穢れてそうだし、茅の輪くぐりにでも行きたいところだけど、今日も朝から捕まり系。昨日も一段落して逃げ出したのが夜の9時だったし、今日もシューズ背負ってってもムダだろうなぁ・・ゼンゼン登ってないし、筋肉が消失して、体重が軽くなってきちゃったdespair ぜんぜんうれしくないな。

今日の誕生花「アガパンサス」。ユリ科の涼しげな花。蒸し暑いのでせめてビジュアルだけでも爽やかに。

| | コメント (2)

さくらんぼ

山形からさくらんぼが届いた。宝石のように美しい小さなくだもの。
0906250001アメリカンチェリー10個より、佐藤錦1個の方がスキ・・

今週もまた捕まり系Weekになりそう。シューズとウエアを背負って歩くだけかなぁ・・

| | コメント (2)

紫陽花ロードとモリアオガエル

金晩から、三日続けて六甲山・・0906280023今日は「ガイドハウス」で“山の案内人”のボランティア。5時過ぎに起きて油こぶしを歩いて登る。ケーブル山上駅から記念碑台までの“紫陽花ロード”のアジサイは、うっすらと色づきはじめ。下界はすっかり長い長い真夏だけど、山上はまだ“初夏”ですよ。とても爽やかで涼しい一日を山上で過ごした。


0906280055定時開催の“観察会”は一般参加者がいなかったので、案内人仲間と自主研修と称してモリアオガエルのいる池へ行った。
たくさんの卵塊が池の上に張り出した木の枝の先に産み付けられていた。総数60あまりだとか。絶滅が危惧されてもいる、あのかわいらしいカエルが六甲山にたくさんいるのがうれしい。

| | コメント (8)

「自然観察山歩 -西六甲のアジサイ」 

兵庫県山岳連盟の行事で、西六甲へ。
0906260005月例「自然観察山歩」の6月度は、六甲山北麓の神戸電鉄谷上駅からスタート。まずはヤマアジサイがたくさん自生している炭ヶ谷を登る。






0906260011_2これまで見たことのないほどの大群落があって、しかもちょうど見頃を迎えていた。
清楚で涼しげなヤマアジサイにたくさん出会えてシアワセな気分に・・





0906260015ホタルブクロもまだ咲いていた。やはり北側斜面は涼しいので、少し南麓とは花の時期が違っているようだ。






09062600435万株のアジサイがまさに見頃を迎えている「神戸市立森林植物園」へ・・・
さすがに名だたる紫陽花の名所だけあって、園内はすごい人出で驚いた。
団体行動のため、アジサイ園に立ち寄れなかったのが残念・・睡蓮も見頃だったんだけど。
やっぱり森林植物園は、一日かけてじっくり見学したいところだ。

0906260102修法ヶ原から善助茶屋跡、二本松林道と経由し、市章山・錨山へ。
「海外移住と文化の交流センター」にて解散、スタッフは“反省会”と称して、元町の赤提灯へと急ぐのであった・・

| | コメント (2)

たっぷり やすい うまい 松屋

兵庫の皆さまと・・
0906260113元町で“反省会”と称して飲み会。
元町駅のガード下にある「松屋」へ・・







0906260115ナカジマ会長イチオシの“にんにくのから揚げ”なんかをつっつきながら、しこたま飲んで・・







0906260118なぜだかJAZZを聞きに行ったりなんかして・・
盛りだくさんで面白い一日だった。

| | コメント (2)

六甲山YMCA「第47回マントルピースを囲む会」

六甲山上の「六甲山YMCA」で、偶数月に開催されている集いに参加。
0906250007とりあえず、アチラにUP・・・ココ!

| | コメント (2)

ラジオ関西にて・・

今日の夕方、先日収録していただいたインタビュー0906250001ラジオ関西 「時間です!林編集長」でオンエア。記念品でいただいた携帯ラジオが活躍・・自分の声を聞くことって基本的にナイから、「へぇぇ、こんな声してるんだ」ってヘンな感じだった。四半世紀前にしゃべるバイトをしてた過去があるとは言え、けっして話し上手ではない私がそれなりに語れたのは、ひとえにインタビュアーの手腕。林アナに感謝。


0906220022番組でご紹介いただいていたように、収録後六甲最高峰までご案内しました。お天気がよくて涼しくて、とってもいい日でした。六甲山の魅力を五感で豊かに楽しんでもらえたかなー。

←一軒茶屋からの登りでちょっとお疲れモードの林アナ

番組中で「剱岳にも登っているクライマー」っていわれてましたが、実際のところ「剱岳にも登るハイカー」ですかね、今の極にゃみ的現状としては。
剱岳 点の記』の監督、木村大作さんとお話しをされて、その“熱さ”に感動されたとかで、剱岳のことが引き合いに出されてたってワケ。

| | コメント (4)

ミスト作戦始まる・・・

亜熱帯オオサカで、0906240016酷暑をスポット的にでも和らげようという“ミスト作戦”が始まっている。大阪市役所を初めとするいくつかのエリアで試行中のプロジェクト。
けどなー。ミストが漂ってる場所よか、木陰の方がずっと涼しかったんですけどー。
ミスト作戦ももちろんいいですけど、もっと木を植えましょう。自然は偉大だー。ってーか、暑くしてるの、ニンゲンやんっ!

| | コメント (5)

『神の火』

オリンポスの神々を欺いたプロメテウスのように・・Kaminohi 原子力を巡る国際謀略をテーマにした、泥沼の虚無を漂うどろりと重いテイストの高村ワールド。『黄金を抱いて飛べ』も、土佐堀川あたりの風景がよく登場したけど、この作品にも肥後橋界隈が出てくる。あ、あのビルのことかな・・などと思いながら読み終えた。
兵器以外の原子力については、肯定も否定もできない私ではあるが・・こういう作品を肯定派が読むと、鼻でせせら笑うのであろうか。

高村作品はへヴィなので、読むのにとても時間がかかる。都合一週間ちかくかかったのではないだろうか。ナニゲに助っ人状態がマダ続いているから、どんどん本が読めるんだけど・・ さー、今日も暑いけど出動だ。

『神の火』
高村薫 著
新潮社 刊
※初出:1991年、新潮社より書き下ろし
1995年、文庫にて全面改稿
1996年、文庫版を元に新刊行

| | コメント (2)

神戸うどん

旧居留地101と言えばグルームさん。が、0906220023今日は三宮のうどん屋さんのオハナシ。レトロなビルが建ち並ぶ旧居留地エリアに新しくオープンしたお店。「神戸うどん」って初めて聞いたけど、言葉なんて常にそんなものだよな。
で、この店。ハイセンスな内装。ピアノ曲がメインの落ち着いたBGM、若いスタッフの丁寧な接客。例によって、ランチタイムを大きく外れた妙な時間に訪れたのだけど、女性の“お一人様”が多かった。一人でランチする女性は、それなりにこだわるから、そういう意味では地元で一定の評価がされていると思う。
0906220024極にゃみ的に食べてみたのは「生海苔と夏野菜の冷うどん」のセット。海苔に、トマト、とうもろこし、甘辛く煮た茄子、葱にシーチキン。

「ひやひや」は夏の定番だけど、「香り出し汁」ってメニューに冠するくらいダシ自慢みたいなので、もし次に行くことがあったら、あったかいメニューを食べてみようか。

★神戸うどん 十漆十漆(とぅるとぅる)
神戸市中央区江戸町101三共生興スカイビル1F
078-333-4621
11:00~24:00(L.O.23:00) 不定休 

| | コメント (2)

梅雨の晴れ間の涼しい六甲山にて

阪急六甲でピックアップしてもらって涼風吹きわたる六甲山上へ。
0906220004『六甲山を歩こう!』をラジオ番組の中で紹介してくださるということで、地元ラジオ関西の林アナウンサー&スタッフの方と記念碑台でロケ。
強力パワーの「アメフラシ大明神」たる林アナウンサーVSノーテンキ晴れ女の対決は、にゃみにゃみ。の勝ち。


0906220005東屋で休憩中のハイカーさんグループにインタビューする林アナ






090622001315分ほどで収録は終了~。
オンエア予定は、今週末6月26日の夕方。16:30から17:30の「時間です!林編集長」の中の、ローカルエディットというコーナー。
どんなふうに編集されるのかドキドキ・・coldsweats01
林アナはすごくテンションの高いヒトで、移動中もマシンガントークで喋りっぱなし。ついシンクロしてハイテンションになれたけど、うまく乗せて喋らせるところはさすがプロ。
顔が出ない分、テレビのときよかずっと気が楽だったな。

| | コメント (2)

剱岳 -点の記

新田次郎さん原作の「剱岳 点の記」のロードショーが始まっている。
1024_768_2富山県の観光キャンペーンでもずいぶん力が入ってますなー。(←クリックで拡大)
ネタバレすることは書かないけど・・極にゃみ的には、大好きな剱岳が見れてよかったかな。突っ込みドコロはいろいろあるけど、山に惚れて、映画にしたいと思った木村大作監督の思い、そしてきっととてもたいへんだったろう現地ロケをチームワークで乗り切った撮影班に拍手。そして、山の本当の魅力は、やっぱり行かなきゃわかんないって部分を残してくれたことに感謝。行くとね、もっとすごいから。
それにしても・・主人公の柴崎さん、なんだかちょっと大ちゃんに似てたなぁ。

| | コメント (4)

打ち上げは「鶴橋風月」へ・・

土日の二日間にわたって行われた講習会終了後、0906200001 首都圏から来られている講師を囲んで大阪名物?のお好み焼きを食べに・・

お好み焼きは焼きあがるまでに時間がかかるので、とりあえずビールの供に「キムチ」「枝豆」「塩キャベツ」。
ごま油と塩をかけただけのキャベツが旨い。



0906200002豚・牛・いか・たこ・えび・牡蠣・ホタテ・・と豪華な具材が盛りだくさんに入った「プレミアム風月」1260エンは、お好み焼きの値段とちゃうやろっ!?と突っ込みたくなるけど、インパクトがあるのでお客様向けにはオススメだ・・(自分用には絶対頼まないけど)




0906200004ココのモダン焼きは、そばが独特で、とても美味しい。
焼くのは店のおねーさんが全部やってくれるので、見てるだけ~。
手早くふんわり焼き上げて、ソースとマヨネーズをたっぷり塗ってくれる。



0906200005極にゃみ的にはトマトやきそばがイチバン美味しかったなー。
チーズトッピングでコクウマ~。

★鶴橋風月・・・ココ!

去年も同じパターンだったような・・

| | コメント (2)

「アウトドアの救急法」その2

昨日に引き続き、アウトドアの救急法では0906210043一人者の悳秀彦氏をお招きしての講習会2日目。 一次救命処置がメインの一日目に対して、登山活動中の事故を想定したファーストエイド。電話1本5分で救急車、という街中とは状況が異なり、専門チームに収容されるまでに時間がかかる可能性が高いことを前提とし、転滑落など高エネルギー事故が多い点や気象条件が悪い点も強調。

↑高エネルギー事故では、頚椎損傷の可能性が高い

0906210053包帯法は普通の救命講習会では省略されることが多いが、山では必須の項目。通常の三角巾や伸縮包帯を使った包帯法のほか、パンティストッキングを使った応用包帯や、サムスプリントを使った固定法などを徹底的に。




0906210092そして、最後のシメは恒例チームごとの「シミュレーション」。今年もまたなかなか衝撃的なヴィクティムがいろいろと登場して・・
コラ!Vサインしてんじゃねぇ!心筋梗塞!
下腿部開放性骨折のヒトやら、眼球が飛び出しちゃったヒトやら・・見た目にパニック。



0906210105出血や生々しい傷を見るとついそちらに意識が行くけれど、忘れてはいけないのは「ショックの評価」。
ショック状態のメイクなどもリアルに施してあるんだけど、みんな出血している傷の処置に精一杯で「ぐあいよそう」のチェックまで意識が回らなかった。やっぱりシミュレーションって重要だと実感・・。

0906210109←女性受講者に手を握って励まされ、なんだかシアワセそうなヴィクティムさん。メイクじゃなくて実際にその状態だったら、女性は多分近寄ってくれないと思うけどcoldsweats01

去年のあのヒトもなかなかだったけど、今年もなかなかデシタ。

※「ぐあいよそう」・・ショック状態の評価項目
ぐ:ぐったり  あ:冷たい汗  い:息ぐるしい  よ:弱い脈  そう:蒼白


※事故者の意識レベルを確認するためにも、名前や連絡先を聞くことは重要。その時意識がはっきりしていても、状態は変化する可能性はあるので、ショック評価は傷の手当と平行して専門チームに引き継ぐまで継続的に行う。

書ききれないほどいろんなことが盛り込まれた内容の濃い講習会だった。悳(いさお)先生、今年もありがとうございました。

| | コメント (4)

もしものとき・・の「アウトドアの救急法」①

梅雨は相変わらず中休み中。0906200022 朝からメンバーの挨拶は「あいにくのお天気ですね」
しかし、万が一のとき居合わせた自分にナニができるのか。なしうることをきちんと把握しておくこと、5分で救急車が来ない山中で遊んでいるということをきちんとわかっておくことは重要。
講師である悳秀彦氏は、日本のアウトドアレスキューにおける第一人者。最新の知見に基づくよい講習をしていただいた。初日は、事故予防と一次救命処置(BLS)が中心。

0906200031今回画期的だったのは、受講者一人一体のCPR訓練用人形を使って、徹底的に胸骨圧迫の手技を練習した点。従来の救命講習会では、グループに1体で交代していくというスタイルだったので、練習というよりは“体験”に近いものだった。今回は、DVDを見ながら全員で同時に練習し、講師がポイントを補足しながら一人一人が習得できるようなきめ細かい進め方で行われた。

0906200048現在公共施設を中心に20万台まで普及しているAEDに関しても、単に使い方の体験だけではなく、設置場所を探しに行くシミュレーションも交えながら、一連の流れを全員が体験。

従来のCPR(2005ガイドライン以前)と大きく変わり、
・より質の高い胸骨圧迫・・「強く・早く・絶え間なく」
・5分以内(電気相)の除細動 の重要性が強調されていた。

★以前の講習会・・・ココ!

★全国AED設置場所検索のサイト(日本救急医療財団HP) ・・ココ!

【講師プロフィール】
悳 秀彦 (いさお ひでひこ)氏
1947年群馬県生まれ
MFAインストラクター・トレーナー、DANジャパン酸素供給法インストラクター・トレーナー、日本赤十字社救急法指導員、米国心臓協会BLS for HCPインストラクター、元・米国ワシントン州認定救急医療士
(社)日本山岳協会遭難対策委員会、医科学委員会常任委員
(社)日本山岳会指導員会、医療委員会委員
 日本勤労者山岳連盟顧問
 日本スノーシューイング連盟理事

主な著書:『野外のファーストエイド術』(地球丸)

| | コメント (2)

“出会い”の飲み会

山つながりは、こーゆーコトがあるから面白い。0906190212この週末は、室内で講習会・・なんだけど、首都圏からお招きしている講師の先生を囲んで一献、という話で集まった。行く店行く店、軒並み満員で、飲み屋難民と化す寸前になんとか入れた「ニューミュンヘン梅田店」。
“お久しぶり”のイサオ先生との再会がワクワクして楽しかったのは言うまでもないんだけど、今日驚いたのは・・


0906190210Sunnyネーサンのサイトを通じてこのブログサイトにも訪れてくださっていて、しかも『六甲山を歩こう!』をご購入くださったという方が同席されたこと。お互いに「ええええーっ、そうなんですかぁ!?」「アナタが!?」状態で大驚愕。
ああ、山屋の世界は狭い。で、こんなに現役引退状態の私に、いろんな出会いを運んでくれるこのご縁に感謝。

| | コメント (6)

『俺は沢ヤだ!』

なんだか、山に行かずに本ばかり読んでるとてもくだらんヤツって気がしてきたけど・・Naruse_sawayaまぁそういう時期もあるやろ。自宅でシゴトだと本を読む暇はないけど、出動すると電車移動中に読めるからなぁ・・というワケで、続けて読了したのがコレ。
「岳人」の連載記事に大幅に加筆して編集されたもので、日本で(ということは世界で?)トップクラスのアグレッシブな沢ヤの足跡を垣間見ることができる一冊。限りなく不可能に近い領域の大渓谷の遡行記録は、なまじ沢をちょびっとかじっているだけにドキドキしてしまう。

[“単独行の歓び”から]
 もう引き返せない一歩というものがある。例えば、プロテクションの見込みのない壁の真ん中で、微妙なスラブの一歩を踏み出すとき。岩棚から流芯を飛び越えてダイブし、暗いゴルジュの只中に突入するとき。戻れる可能性が絶たれる一歩の重みは、たとえようのないほどに大きい。単独行であればなおさらだ。
 そこは、現実と非現実との境界線。一歩踏み出せば、日常のなじみの世界から自分の存在が消えたような孤独感を憶える。
 ・・・(略)・・・
 真夜中一一時。ゴルジュを抜けたささやかな河原で淋しく火をたきながら、なぜ僕をこの世界に帰したのか、と谷に尋ねる。何も聞こえてこない。答えが返るまで僕は何度も疑問を投げかける。孤独な谷の夜は、ゆっくりと更けていく。


[“あとがき”から]
 もちろん僕も、二酸化炭素をまき散らして車を乗り回し、快適な住宅に住んで現代文明の恩恵をたっぷり受けているひとりだ。コンビニを頻繁に利用し、ファストフードの匂いにつられ、肌を露出したお姉さん達に見とれて、けつまずいたりもする。それはわかっている。それは承知の上だ。だが、本当に科学技術の発展によって人類や地球の未来が拓かれるのだろうか。心の奥底で、何かが訴えている。どこか違うぞ、どこか嘘っぽいぞ、と。
 ・・・(中略)・・・
 今の生活水準に固執したまま地球環境を論じることなど虫が良すぎる話だ。かといって、安易に過ぎ去った時代を賛美することも慎みたい。貧困や差別が横行していた。争いも多く生まれてきたことだろう。だが僕らは、一度それを経験してきた。二度目はそれを、克服できるはずだ。一度手に入れた物質的な豊かさや便利さを再び手放していくのは簡単なことではない。だが、一歩、また一歩と、それを重ねていかなければならない時が来ている。真の豊かさとは何か、美しさとは何か。沢登りという行為が原始的であればあるほど、僕にとってそれを教えてくれているような気がしている。


『俺は沢ヤだ!』
成瀬陽一 著
東京新聞出版局 刊
2009年3月 初版発行     なっちゃん、ありがと。いい本だった!

| | コメント (2)

『登って写して酔いしれて』

山岳カメラマンとして長年活躍しておられる武藤 昭さんの自叙伝。
Muto_akira中学2年生のときに「グループ・ド・ボエーム」を創立し、明星山のルート開拓をはじめ、国内外で先鋭的なクライミングを実践。闘病生活から一転、高校1年生にして未踏の大岩壁(明星山)に足跡をつけ、初登攀争いから始まる怒濤の山岳人生を歩んできた著者による、世界各地の山のエピソードが満載。
目下冬眠中で山から少し遠ざかっている極にゃみ的にも、心躍る一冊だった。

『登って写して酔いしれて』
武藤 昭 著
白山書房 刊
2007年1月 初版発行

| | コメント (4)

真竹の筍尽くし

KatudaFarmツアーで刈らせてもらった(掘る、ではない)真竹のタケノコ。0906180001
孟宗竹に比べて、少し苦味があるんだけど、アクはあんまりないし、歯ごたえがとてもいい感じ。
姫皮がとても柔らかくて美味しいのでサラダにしてみたらしい。
マヨネーズ味とぽん酢味の二種&キンピラ風煮。




0906180002筍ご飯も。
以上、キンピラ以外はにゃみ母製。帰って食べるものがあるってシアワセだ・・。

極にゃみ的には、スクランブル出動だったんだけど、今日は早めに逃げられるハズだったので、久々に登りに行こう!とシューズとウエアをパックに忍ばせておでかけしたんだけど・・ナ・ナント、お財布を忘れた。一文無し。
お腹が空いて死にそうだったけど、ひたすらガマンしてふらふらで帰宅。また今週も登らずウィーク更新中だ。

| | コメント (2)

“D-yan師匠おかえりなさい”会

一年半ぶりにアメリカから帰国されたD-yan師匠の帰国お祝いの会。
0906170004ポットラックスタイルでいろいろと持ち寄って、楽しい語らいのひと時を・・
辛いモノがニガテのはずのD-yan師匠が作ってくださった麻婆豆腐。シャープな辛味が爽やかで、夏日にはぴったりの美味しさだった。




0906170005KatudaFarmで収穫させてもらったジャガイモの、ミニサイズのを集めて、アヒージョ風に・・
オリーブオイルににんにくと唐辛子を入れて、ゆるゆると煮る感じで、ほっこりとしたじゃがいもの味を楽しむ一品。




0906170006じゃがいものガレット。
ちょっと薄味すぎてパンチのない味だったけど・・







0906170007ズッキーニと玉葱のマリネ。
ここんとこ登ってないからサスガに“揚げる”度胸がなくって、少量のオイルでソテーにしたら、これまたちょっとパンチに欠ける味に・・
ま、ヘルシーってことにしておこう。




0906170003ワインは、おなじみ「トートワーズクリーク」の白。ヴァン・ド・ペイ(地酒系)にしては濃くて深みのあるフルボディタイプ「ドメーヌ・ド・グラビエウ」。阪神百貨店で「パワフルボディ」という笑えるキャッチコピーに釣られて買ってしまったけど、千円ワインにしちゃぁおトクな一本だった。あとは「飛鳥」に「野田ふじ」と国産ライン。久々のワイン会、すっかり飲みすぎてしまった・・・


0906170010シメは、なななんと「デリチュース」のチーズケーキ・・
これがまた赤ワインに合うんだなー。

皆さんいろいろとご馳走さまでした。
とっても楽しく美味しいひと時を過ごせました。

| | コメント (2)

橋本市「ステーキ&手作りハンバーグ ろいん」

Katuda Farmで農作業を楽しんだ昨日、0906160016畑のお隣さん“センセイ”と三人でランチ。センセイお勧めのハンバーグが美味しいお店で月替わりのお得なランチセットをいただく。グレープフルーツ大のタネを目の前でこんがりと焼き上げてくれるハンバーグは、とても丁寧に作られた繊細な味。脂身の比率が絶妙で、基本的に肉食をしない極にゃみ的にも「どうぶつのあぶらってうまい・・」と思ってしまった。辛子醤油でいただくスタイルもなかなかGood。ご馳走さまでした~。

0906160018★ステーキ&手作りハンバーグ ろいん
和歌山県橋本市御幸辻252-6
0736-39-0141
11:30~LO14:00、17:30~LO21:00
月曜定休(祝日の場合は翌火曜が休み)

| | コメント (3)

夏日の農園から・・・

梅雨入り宣言以来、中休みしっぱなしで夏日となった今日。
0906160007久々にKatudaFarmへおでかけ。暑い日が続きすぎて、芋が充実する前に地上部が枯れはじめたので、やむなく収穫と相成ったじゃがいも。今年は上手に掘れました。




0906160008オクラが可愛い芽を出していました。








0906160010クリが花を咲かせていました。
去年はちょっと不作だったので、今年はがんばってくれるといいな。





0906160012K田さんは、「夏野菜は手間がかかるからなー・・」と、ちょっとヒキ気味だったのだけど、お願いして植えてもらったトマト、ナスビ、シシトウたちが花を咲かせはじめていました。




0906160014ずーっと前にイタリア土産にもらった種を自宅で育てていたんだけど、その種をお譲りして植えてもらっていたイタリアンパセリ。2年目で大々的に花を咲かせています。この株は今年で枯れるけど、来春にはたくさん新芽を出すことでしょう。
シックな色合いのカメムシ君たちが・・・。
畑はいつだってドラマチック・・


0906160020山では真竹の筍シーズン。孟宗竹と異なり、地上に出てきてから鎌で刈ります。たくさんいただいたけど、どうすればいいのかなー?
梅干用の梅を収穫させてもらおうと企んでいたんだけど、先週末ごっそり盗まれたのだとか。ひどいことをする人がいるもんだ。ろくな死に方しないよ!とっても楽しみにしてたのになー。

0906160023取り残されてすっかり熟れた梅を食べてみました。プラムみたいな味で、普通に美味しかったです。
紀州産の美味しい梅干は、これくらい完熟のもので漬けるそうです。ああ漬けてみたかった・・




0906160031K田さんとこではコメは作ってないのですが、近隣にはたくさんの水田が。
すくすく育つ稲を見るのは大好きです。なんだかほっとする風景だから。
それからお茶の葉を少し摘んでみましたが、ちゃんと加工できるかな。

| | コメント (2)

沢の強力お助けアイテム「ゴージュバッグ」

先日の沢登りで、カナヘビ・・じゃないやカナヅチのくせに、0906060015 へつりに失敗してハマるわ、小滝に取り付くのに失敗してハマるわ、と、はまりまくりだった極にゃみ的に大助かりだったアイテムがコレ。
神戸のアウトドアメーカー「ファイントラック」さんの商品で、フローティングロープをコンパクトに収納した「ゴージュバッグ」。



Img_0096ダイニーマをコアにした水に浮く6.5mmで、15mと25mのものがある。バッグに押し込んだ状態で携行し、遠距離に届かせたいときにも正確に投げることができる。
水に浮くので、下流に取り残されたカナヅチ君に向かって流すのも容易。たるませなければワンポイントの“お助け”ビレイに使えるし、懸垂ロープが足りないときにも何度も活躍した。ややこしいところへ行くときにはパーティにひとつあるととっても便利かも。
←突破できない深いトロで、上から引っ張ってもらっているにゃみにゃみ。たびたびお世話になりました・・


Img_0078←へつりから取り付くのに失敗してドはまりし、ずぶぬれでビレイしてもらってるにゃみにゃみ。腰、引けてますがな。

★ファイントラックさんのサイト・・ココ!

ちなみに、このときお世話になったファイントラックのお二人の沢の記録が岳人745(2009.7)号の第一特集のトップを飾っていますよー。

※この商品はスタティックコードで、クライミング用ではありません。

| | コメント (7)

三田の三輪大明神と三輪明神窯

有馬富士からの帰り、三田に伝わる古窯跡0906140188 「三輪明神窯史跡公園」に立ち寄った。
有馬富士公園から三田ゴルフクラブの脇を通って下っていくと、市街地に出る手前に窯跡がある。江戸時代の後期から昭和10年代にかけて、青磁を中心とした焼き物が作られていたところで、大規模な登り窯の跡が発掘・保存されている。ほかに見学者は誰もいなかったが、スタッフの方がていねいに説明をしてくれた。


0906140191このような施設では、展示物を見るだけではわからないことがいろいろとあるので、インタープリターの存在はとても大切だと思う。
かつて「三輪の茶碗山」と呼ばれていたこと、お年寄りの中には「子供の頃によく遊んだ」という思い出を持っている方もおられること・・そんなエピソードを聞くと、ただの“歴史上の遺物”がぐっと親しみを感じるものになる。

0906140196史跡公園から続く細い山道を下ったところにあるのが「三輪神社」。“三輪の神奈備山”に祀られた三田でも随一の古社。奈良県桜井市にある大神(おおみわ)神社から分祀されたもので、ご祭神は大国主神の幸魂(さきみたま)である大己貴(おおなむち)神。何となくやさしげな気がたちこめるよいお社だった。本殿の裏側に砂利道の通路が通じており、ナゼか真裏にお賽銭箱がひとつ。ひねくれモノの極にゃみ的にはわざわざそちらへお賽銭を・・
おみくじ引いたら「吉」だった。

| | コメント (4)

ヒメジョオン

今日歩いたエリアでは、ヒメジョオンが群生していた。
0906140040春先から咲く「ハルジオン」と花はそっくりだけど、ハルジオンは葉が茎を抱くようにつくのに対して、ヒメジョオンは葉の付け根が細いのですぐに見分けられる。草丈もヒメさんの方がのっぽさんだし、ハルジオンのつぼみはなんかみんなうなだれてるのに、ヒメさんはすっくと首を伸ばしているので、ずいぶんと雰囲気が違うのである。



0906140030ハルジオンは春の花、ヒメジョオンは夏の花・・かな。


| | コメント (2)

ぷち山登り

道場のひみつのお宿で快適に目覚め、0906140006 遭対訓練前の朝練にでかけるUmeちゃんを見送ってから三田方面へ・・・
周辺の地図を持っていなかったので、新三田駅前の観光マップを見て歩き始めたが、きっちり道に迷って、1時間くらいさまよった挙句、振り出しに戻~る・・despair
駅前の観光マップはひじょーにわかりにくい。地図に頼らず勘に頼っても一度スタート・・


0906140015「有馬富士」という名の、小さいけれど秀麗な山。福島大池という池のほとりからきれいな遊歩道がつけられている。
よく整備された、なだらかな坂を登り、最後にちょびっとだけ急登をこなすと、374mの山頂へ。池畔から30分ほどのアルバイトだ。


0906140036稲が伸び始めた田んぼが点在する、のどかな里山風景が広がっている。小さな山々がゆったりと起伏するとても和める風景。
山頂は爽やかな風が吹き渡り、梅雨のさなかとは思えない心地よさだった。

| | コメント (4)

ほたる狩

Umeちゃんと二人で、今年も百丈河原で蛍見物・・
0906130003持ち寄りのアテをつっつきながら軽く飲んで、ひみつの宴会場に移動して本格的に飲むつもりだったのに、河原で宴会してたOYチームに発見されて、なし崩し宴会に突入・・
最初はTB氏と三人でこそーっと飲んでいたのに、次々にいろんなヒトが現われて、気づいたら宴会の輪が・・coldsweats01 コンナハズでは・・
どろ酔い前に辛くも脱出し、ホタルを眺めながらぶらぶらとお宿へ移動。そっから本格的にアテを制作しながらワインwineタイム。
今年もホタル、ばっちりでよかったねぇ。
その後酔っ払いの“東のマリちゃん”から電話がかかってきて、酔っ払い三人で盛り上がったけど・・ナンの話をしたんだっけ・・sweat01

| | コメント (2)

水道筋でうどん。「な也」

せっかく雨の降らない土曜日なんだけど、空気の抜けた風船みたいな感じでダラダラ・・0906090007先日食った美味しいもんのコトでも書いてみよっかな。
ご用で王子公園あたりへお出かけしたとき、久々にココのうどんが食べたくなったのであった。暑い日だったので、冷たいおろしうどん。とってもコシのある麺が官能的で“かまたま”とか熱いメニューも美味しいですよ。夜はときどきライブハウスになる、ちょっと不思議なお店。
★「かまたま」は ・・ココ!

0906090009★な也
神戸市灘区水道筋2丁目16 078-801-7801
11:00~20:00 (ライブ開催日~16:00)  無休

このお店のある「水道筋商店街」は、阪急王子公園駅南東にあるとっても活気のある市場で、安くて面白いお店がいっぱい。東へ通り抜けたところにあるのが「灘温泉」水道筋店
天然掛け流しの温泉だけど、銭湯料金で入れる人気店。駅から少し遠いけど、わざわざ行く価値ありですぞ。

| | コメント (4)

助っ人業務終了。

恒常的に業務がオーバーフローしているお取引先様で、0906120002 3月半ばからずーっと“助っ人”状態でとっつかまっていたんだけど・・
ようやく、というかとうとう、というか、作業が一段落した。
昨日から新しいバイト君が入ったコトだし、週明けイチバンで納品って案件も今日夜9時までかかってカタしてきたし。
極にゃみ的には、請け負ったっきり3ヶ月もろくに手をつけられずにほったらかしのべつの案件をやんなきゃいけないし、それって今のところ“おこづかい”程度の仕事だから、何か別の稼げるコトを考えないと食っていけないし・・けっしてヒマにはなんないんだけど・・。
3ヶ月にわたる“ハケン”状態から急に解放されて、ほっとするってより、なんだか喪失感みたいなものが・・とりあえずこの週末は、“癒され”モードでいこうかな・・・

| | コメント (4)

夏の味覚のぷち宴会

今週はまだあと一日あるし。なんていいワケしながら、0906110006 どんなにがんばったってどうせ今日中には終わらない助っ人先の仕事を中途半端に投げ出して、山仲間との楽しい飲み会へ突入。仕事はまた明日がんばるさー。

ビールの友は、
かつおのたたき・・・




0906110004それから、ハモのてんぷら・・・

大阪の夏はコレやね。






0906110009たこぶつ・・・関西のタコは旨いっしょ。

山の話で盛り上がりながらハイテンションで楽しいひと時を過ごした。今日の“日記”は同じ写真のアングル違い?とか言いながら両方からデジカメを向けて・・

さてダレでしょう。両方見てるヒトにはバレバレですが・・ご馳走になりました~。

| | コメント (4)

今宵、茶屋町で。

「1000000人のキャンドルナイト」@茶屋町 が開催されます。
0906040054NU chayamachi、梅田ロフト、MBS、アプローズタワーあたりのエリアで、いっせいに照明を少し落として、キャンドルアートが優しい光を揺らめかせるひと時が演出されます。

詳しくは・・ココ!

※写真は、6月4日の「西梅田ナイト」。

0906040067←あららK田さんがこんなトコに・・coldsweats01

| | コメント (2)

「霧の森大福」

助っ人先で、社員さんの女性がお土産にいただいた0906090011らしいお菓子を配って歩いてて、ナゼかヨソモノの私にもひとつ下さった。
冷たくひえてて、ずっしり持ち重りのする緑色をした不思議なお菓子。大福なんだけど・・しっとりとマイルドなこしあんの中から、コクのあるクリームが出てきて、すごいサプライズのある味。お茶を練りこんだ柔らかな餅に、さらに上から抹茶をたっぷりとまぶしてあって、お茶の香りがなんとも清冽・・・。

0906090010ちらっと調べてみたら、茶どころとして知られる愛媛県の新宮で栽培される「新宮わきの茶」のかぶせ抹茶をたっぷりと使った贅沢なものらしい。新宮の茶園では30年もの長きにわたって一切農薬を使わずに茶の木を栽培しているとか。

★霧の森菓子工房 ・・・ココ!

| | コメント (2)

にゃみ×2

帰ってきたら、机の上にちっちゃなプレゼント。
0906090013わー。ちびへびのぬいぐるみストラップ。しかも“たま”とお揃で2匹。かわいー。うれしー。
でも、気をつけないとすぐ脱走しそう。

★たま&にゃみ。のまぬけな会話
「タレ目やな・・」
「吊り目やろ・・」


0906090031ホンマや・・
タレ目やったら“へび”やなくて・・・
“おばけ”やん・・・sweat01

| | コメント (2)

ハッピートレイルズ♪

とうとう梅雨入りしてしまったようだが、0906080001 にゃみ庭ではミニバラが満開に。
ピンク色の「ハッピートレイルズ」は1996年作出のミニチュアローズで、ポンポン咲きのかわいらしい花をたくさん咲かせる。
フロリバンダやクライマーが一通り終わってから、足元でひっそりと咲き始めるので、忙しいとつい見落としてしまう。
四季咲きと聞いたが、うちでは初夏にしか咲かないなぁ・・


0906030004こちらは1993年作出の「スノーシャワー」。
ハッピートレイルズはこの子の色変わりだそうなので、系統的には同じみたい。雪が降るように白い花をたくさん咲かせるわけだが、この時期に降るのは雨だよなぁ。

| | コメント (2)

アレレ?新聞広告が。

ちょっとご用があって、兵庫岳連事務所のある神戸登山研修所0906090005 へ立ち寄ったら、机の上に例の新聞記事と一緒にこんな切抜きが置いてあった。
おやおや、広告出してくれてるんや。知らなかった・・
いえ、もちろん神戸新聞を購読してるんだけど、読む暇がなかったもんでね。
うちの“たま”にはたいへん不評な後ろ姿写真がこんなところにも・・ああ恥ずかし。

けど、むさびーコーチも福井で紹介してくれてるし、うれしいナ。

| | コメント (3)

みなさん、ありがとう!

友人知人がこぞって『六甲山を歩こう!』の紹介をしてくださっている。
0906090019ミーティングなどの場で紹介してくれたり、仲間に紹介してくれたり・・日曜日の百丈では、AOKさんが労山の皆さんにご紹介くださったし。
ここしばらく忙しくてろくにネットチェックもできていなかったのだが、今朝マメオさんのサイトを覗きに行って仰天。大々的に宣伝してくださってるbell ああ驚いた。ありがとうございます。
日曜日に一冊買ってくださったクリちゃんも、さっそく記事にしてくださった。会社の方にも宣伝してくださっているそうで、とてもありがたいです。
支部にポスターを貼って会員さんに呼びかけてくださっているヒヨコ登山会さん、神戸森の学校、「着払いでええから20冊送って!」なんて太っ腹なご注文をくださった組長・・みんなみんな本当にありがとうございます~。

★マメオさんのサイト・・・ココ!
★クリちゃんのサイト・・・ココ!

| | コメント (3)

沢で出会った花たち

土曜日の沢で出会ったお花たち・・
0906060025水辺に倒れたまま花を咲かせていたヤブデマリ。
白い装飾花が清らかな流れに清楚に映えていた。






0906060036_2そのすぐ近くで咲いていたムラサキ科キュウリグサ属の「ミズタビラコ」。
忘れな草みたいな感じの可憐で涼しげな花。






0906060020ウワニャミソウ・・ちゃうわ、ウワバミソウの花。
なかなか美味な山菜で、「ミズ」とも呼ばれる。
根っこが赤い色をしていて、刻むととろみがでてとっても美味しい。今回で覚えられたかなぁ・・





0906060044お花じゃないけど・・こんなのにも出会いました。
今回行ったのは、深いゴルジュと滝が連続するなかなか険しい渓谷で、サスガの鹿も転げ落ちた?

とても美しく、とても楽しい沢だった。

| | コメント (2)

お気楽くらいみんぐ

土曜日の夜は蛍舞い飛ぶ百丈河原へ移動して宴会。0906070109 日曜日は早朝からR山さんチームの救助訓練に紛れ込んでレスキューのおさらいをさせてもらう。全国一斉の清掃ハイクに行かれるメンバーと別れて、昔の仲間たちと簡単なところを選んで、まったりとクライミングを楽しんだ。途中、2ピッチのルートを登っていて、中間のビレイポイントでセットをしようと思ったら・・・


0906070115ビレイデバイスがどこにもない。カラビナのゲートが開いていたのかな?先行の仲間が直前に通ったところを探しに行ってくれたけど、どこにもない。
ザンネン・・と思っていたら・・「落ちてますよー」と他パーティの方(YMCCの方?)が知らせてくれた。おかえり!私のATCガイド!ホントに助かりました。ありがとうございます~heart01

| | コメント (5)

シーズン初沢・・・

根拠もなく勝手に“お気楽モードの楽勝沢”と思い込んでエントリーした沢行。0906060017 目に鮮やかな新緑に彩られた、それはそれは魅惑的な沢だったが・・・。
ちょっとスリリングな懸垂下降を繰り返し、降り立ったところは深いゴルジュと滝が連続する場所。
いろいろあって、遡行したのは極短いパートだったが、へつりに失敗してドボン、滝身の横を登ろうとしてドボン・・・
極にゃみ的には“どハマリ”の、なかなか強烈な沢だった。






0906060037よ~く考えると私以外のメンバーはみんなそれなりのエキスパート。だめじゃんにゃみにゃみ。
 ・・と沢の中で思ってももう遅い。
お助け”を出してもらいまくりでなんとか突破の連続だったが、素晴らしいメンバーシップにサポートされて、楽しく登ることができた。とてもステキな沢行にご一緒させていただいたことに感謝。

| | コメント (2)

前夜泊で楽しい宴会

金曜夜発で兵庫の山奥にある桃源郷へ・・
0906050002シェフA特製のお料理をつっつきながら、楽しい山仲間8人での宴会。美酒と美味と山の話で夜更けまで盛り上がった。今シーズン“初沢”の、よき入渓祝いができた。

| | コメント (2)

「六甲山の日」

今日、6月5日は「六甲山の日」です。
0906050003神戸新聞さんの地域欄で、『六甲山を歩こう!』を紹介していただきました。朝っぱらからまぬけ面をお見せしてすみません。

ココ!でも紹介しています。

| | コメント (7)

「ふくじゅ」でイッパイ

連日よく呑みますなぁ。はい。今日は、0906040041K田さんと梅田の大阪駅前第一ビルの「ふくじゅ」へ。
大阪駅前第一ビルにある、灘五郷・御影の「神戸酒心館・福寿」の直営店だ。
B2の北西のすみっこで、なかなかわかりにくい場所にあるんだけど、いつもたくさんのヒトで賑わっている。



0906040045ここではなんたって、超大きくてジューシーな出し巻がお約束。
独り占めで一人前食べてしまった。
湯葉とか豆腐なんかも美味しいし、お造りもとても新鮮で美味。極にゃみ的には今年お初の水茄子なんかも食べたんだけど、なんたって一番印象的だったのは・・


0906040051自家製「鯖のへしこ」。
若狭のへしこはすご~く塩辛くて、美味しいけどたくさんは食べられない。でもこれはかなり甘塩で、でも糠の旨みがしっかり凝縮。長期保存を目的とした本来の「へしこ」とは違う食べ物なのかもしれないけれど、これはこれで美味しかったなぁ。

★御影郷ふくじゅ 
大阪駅前第一ビルB2(北西角)
06-6341-1138
15:00~23:00 土・日・祝休

| | コメント (2)

天然酵母パンの店「こせちゃ」

先日、洛北・北白川をうろうろしていて、小さなかわいらしい看板を見つけた。
0906010136右下のちっちゃい看板。なんだろう?と思って行ってみたらパン屋さんだった。細い坂の路地の奥にひっそりとある、とてもかわいらしいお店。






0906010140美味しそうなパンがいっぱいで、目移りして困りつつ・・







0906010001くるみとレーズンの蒸しパンとか、ハッサクか何かのピールが入ったバターロール、お焼き風にナスが入ったおかずパン、そしてゴマ入りの食パンを買った。

帰宅が遅くなって、しかも夕食を食べていなかったので、夜更けなのについついビールの友に「なすみそパン」に手をつけてしまった。

0906010003味噌味のナスビがたっぷり。
ふんわりもっちりしたパン生地との相性もバツグン!
とても風味のいいパンだった。
残りは翌日のランチに食べたけど、どれもとっても美味しかった。
近くにあるといいのになー。

天然酵母パンの店 こせちゃ
京都市左京区一乗寺釈迦堂町33-2 075-791-5291
9:00頃~19:00
火・水曜日/8月/年末年始 定休

| | コメント (2)

お好み焼きでイッパイ

ハーバーランドからの帰りに、取材はしていないけれど0906030039 情報掲載だけさせていただいていた「Rock Garden Kobe」と、モンベル六甲道店へご挨拶に立ち寄り、ふと思いついて六甲山関係で定例のセミナーを主催しておられる方の事務所をお訪ねした。講演依頼をいただいていたのでその打ち合わせを軽くやってから近くのお店でイッパイ。
山関係のヒトって、一癖も二癖もあるキャラが多いけど、そういう意味では最右翼かもしんないこのヒトが、実は私は全くニガテではない。タイプが対極だから反発しないのかなー。

| | コメント (2)

取材

今日は、夕刻から神戸新聞社さんにて取材。0906030015_3  ・・・と言っても、“取材する”のではなくて “される”側。
そういう経験は初めてなので、どういう態度でいればいいのかよくわからない。けど、担当してくれた社会部の記者さんは感じのいい女性で、よけいな緊張をしなくてすんでよかった。

それにしても、口下手の私が自分で驚くほど“熱く”語ってしまった。聞き手の腕かな?私がインタビュアーなら、こんなに話を引き出せたかなぁ。
いや、勝手に語ってしまったかな?たぶんそんなことは生涯に何度もないかも。

| | コメント (4)

京とうふ「藤野」の豆乳ドーナツ

あっさりして美味しいと評判のドーナツをお土産に買った。
0906010201錦市場の中にあるお豆腐屋さんの店先で揚げながら売られているもの。
「お豆腐屋さんの立ち飲み」が併設された「こんなもんじゃ」というお店なんだけど、夜に予定があるし、昼間っからイッパイってワケにもいかず・・




0906010202お土産用に買ったんだけど、なんとも魅惑的な甘い香りがしていて、揚げたてのアツアツふわふわのを一個食べたら、止まらない~・・・
お土産足りるかしらん。

★「こんなもんじゃ」 ・・・ココ!

| | コメント (1)

今出川「ほんやら洞」のカレー

京都で、ランチにカレーを食った。0906010108今出川通りに面した「ほんやら洞」は、京都では古くからちょっと有名なお店で、学生街だけに安くてボリューミーなカレーが人気だった。が・・・
マイルドなスパイス使いで、キーマとも野菜カレーともつかない不思議な味わい。まずまず美味しい・・んだけど、量はフツーだし、セットでついてきたサラダがちょっと・・ぐったり系?
なんとなく納得しかねてちらっと調べてみたら、元の経営者は西陣の方に別のお店を出して引越しちゃったらしい。そっちへ行けばよかったなー。

| | コメント (3)

出てますね~♪

今日も一日とっつかまって身動きが取れなかったんだけど、 ケータイに0906020008_2「本、書店に出てるよ~」というお知らせメールが・・ずーっと会っていない古い友人からも「本屋でQWNの本見つけた!驚いた!」なんてメールももらって、なんだかうれしい気分に。
山関係の仲間たちが、いろんな会合の席で紹介してくれたり、会友の方々からの注文を取りまとめてくれたり、いろいろ積極的に宣伝活動をやってくれてる。いい仲間に恵まれてとてもシアワセ。ゼンゼン地元じゃない方々も購入くださったりして、ホントにありがたいです。まったく儲かりはしないけど、こうして人とのご縁の温かさを実感できることが何より。

★『六甲山を歩こう!』 ・・ココ!

| | コメント (2)

ツユクサが咲いた

昨日、京都をうろうろしていたんだけど・・
0906010011神社の石燈籠の脇で、ムラサキツユクサが咲いていた。
北米原産、ツユクサ科の植物で、観賞用として移入されたが、現在では野生化して広まっている。
「ムラサキツユクサ」と「オオムラサキツユクサ」があるのだが、見分け方はしらない。



0906010162同じくツユクサ科の「トキワツユクサ」も咲いていた。
こちらは南米原産で、やはり観賞用として持ち込まれたものが帰化している。

今日は蒸し暑くなるらしい。梅雨入りも近いのかなぁ。

さー、またしても助っ人Dayだ、ガンバっていこ~。

| | コメント (2)

京都ツアー

昨日、久々に京都へ行った。0906010006四条大宮から市バスに乗ったら、隣に外国人観光客の家族がいた。何語かまったくわからない言葉で喋ってて、エキゾチックな雰囲気がなかなかいい感じだった。そしたら、車内放送でこれまた何語かわからない言葉が聞こえて来た。てっきり、その外国人さんに呼びかけているのかと思いながら聞いていたら・・「せん~まるぅ~、せん、まるぅ。おりる~ひとぉ~、通したげてぇ~、くださいねぇ~」 って・・日本語やんっ。
えらいまったりした喋り方の運転手さんだった。しかし「せんまる」って・・千本丸太町やねんけど、京都のヒトには通じるんやろなー。窓には、清明神社のお守りステッカーが貼ってあった。京都らしいなーと思った。

| | コメント (2)

間もなく発売『六甲山を歩こう!』

もうすぐ、六甲山のハイキングガイド『六甲山を歩こう!』が発売されます。
0905200001これから山歩きを始めてみようという初心者の方にもぴったりなライトコースから、これまであまり媒体で紹介されたことのないマイナーなコースまで、幅広い構成の厳選オススメ20コース+六甲全山縦走路を9つのパートに分けて紹介する128ページ。安全に山歩きを楽しむためのコラムや、毎日登山、茶屋など六甲山ならではの魅力を紹介するコーナーも。
六甲山の案内人仲間の皆さんにご提供いただいた美しいお花や鳥の写真も満載のフルカラー版です。今週半ばくらいには店頭に並ぶ予定ですので、ぜひ手に取ってみてくださいね!

『六甲山を歩こう!』
神戸新聞総合出版センター 刊
2009年6月5日 初版発行
根岸 真理 著(さしえ:たま)
定価 1500円(税込1,575円)

※ナニゲ~に、どっかで見たことのあるよ~なヒトがあちこちに・・

★yukaricoffee さんのレビュー ・・・ココ!

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »