« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

「そじ坊」でランチミーティング

今日は助っ人出動だったけど、K田さんからメールが。0908310001ついでがあるから収穫物をおすそ分けしてくださるってことで、いそいそと待ち合わせ場所のドーチカへ。「どこ行く?ギューもあるしトンもあるで」などとイジワルを言うK田さんに肘鉄を食わせながら堂島アバンザの「そじ坊」へ。残暑のお昼にざる蕎麦はなかなかGoodだった。
突き出しのそばかりんとうが美味しくて、ついついビールが欲しくなってしまった。あかんがな~。

| | コメント (2)

“踏み荒らすもの”たち・・・

自然環境に対して、人はいろんな関わり方をしながら生きているのだけれど・・・
0908300048脆弱な環境に対して、こんな関わり方はしてはいけないと思う。
モトクロスの紹介をしているサイトに、「自然と触れ合う楽しみ ・自然の中を走る事が原点のスポーツ」と書かれていた。
“自然と触れ合って楽しむ”人が、こんな無神経なことをするだろうか。








Z_0908300035歩く権利、立ち入る権利、走る権利・・・いろいろあるのだろうけれど、傷つきやすいもの、弱いものを無残に蹂躙するような行為を許してはならない。バイクに跨って走る人たちには見えないのだろうか、このあまりに痛々しい有様が。どうしたら彼らに気づいてもらえるのだろうか。

0908300075生存に適した環境が脆弱であるため、自生地が激減し、絶滅が危惧されている稀少生物たちがいる。彼らの生きる環境を奪わないでほしい・・。
もちろんモータースポーツだけを批判するのではない。ハイカーも同様で、多人数で湿原に踏み込むとたちまち荒れてしまう。“関わる環境保全”が必要なところと、“見守る”ことが必要なところがあることをしっかりと見極めたい。

| | コメント (6)

神戸市西区「神出」エリアへ。

今回の“マントルピースを囲む会”は1泊企画Dscf9785で、土曜日にも体験プログラムが用意されていた。日帰りしちゃうこともあるけど、今回はお泊り参加。
飲みすぎてなんだかよくわかんない写真撮ったりしてるけど!
←ナニを撮りたかったんだろう?意味不明・・
まぁ自分の部屋にちゃんと帰っただけエライってことにしておこう。

Dscf9802で、土曜日のプログラムは午前中には終わる予定。一緒に参加したKTさんが「どこか行きたいところがあればお連れしますよ」と言ってくださったので、ずーっと以前から気になっていた雄岡山・雌岡山あたりへ行ってみたいと提案してみた。近くにある「兵庫楽農生活センター」もセットで、ぜひ一度行ってみたかったのだ。


Dscf9809雄岡山は241m、麓から歩いても10分ほどで山頂というコンパクトな山。とてもわかりにくい登り口を発見してくれたものの、駐車スペースがないので、とりあえずお昼時だったこともあり、美味しいバイキングで評判のレストランがある「兵庫楽農生活センター」へ。が、1~2時間待ち状態だったので“待ってるリスト”に名前を書いて雌岡山へ。

Dscf9806KTさん曰く「ちょっとH系の神さまがいらっしゃる」という、古代からのプリミティブな信仰対象の山なんだけど・・・H系というより、男神様は“そのまんま”だし、姫神さまは極にゃみ的にはどう想像力をたくましくしてもさっぱりわかんなかった。



Dscf9807_2山頂に「神出神社」というとても感じのいいお社があって、景色もよかった。スサノオノミコト、クシナダヒメ、オオナムチノミコトをお祀りする古い由緒を秘めたお社。周辺は緩やかに起伏する開けた土地で、あちこちにたくさんのため池があり、穏やかで明るい独特の景観を形成している。古代から人が住んできた場所なんだろうと思う。

Dscf9808ため池が点在する向こうには、うっすらと西六甲の山々や明石海峡大橋、そして淡路島が見えた。
雌岡山はちょうど子午線上にあるそうだ。




Dscf9819ちょこっとだけ歩いて腹ごなし?後、頃合を見計らって楽農生活センター併設、“食育”をテーマにした自然派レストラン「かんでかんで」へ。
地元産の野菜を中心に、素材の持ち味をストレートに活かした多彩な料理をブッフェスタイルで味わえる。


Dscf9821
一般的なバイキングは濃い味付けのものとか揚げ物などが多いが、どれもあっさりと上品な薄味で何を食べても美味しかった。





Dscf9839
たらふく食べた後は、神出町内の農家が提供する新鮮な農産物や加工品を販売している「きらめき神出」も寄り道。
午後も遅い時間帯だったので、野菜類はほとんど売り切れていたけれど、わずかに残っていた冬瓜と縞瓜をゲット。早い時間に来たらいろんなものがあるんだろうなー。

★兵庫楽農生活センター
神戸市西区神出町小束野30-17
営業/9:00~17:00(レストラン11:00~16:00)
水曜定休・レストランは水曜日も営業
公式HP ・・・ココ!

| | コメント (2)

ノルディックウォーク

今回の“マントルピースを囲む会”は、テーマが「ノルディックウォークの実践」。
Dscf9798 JNFAのインストラクター・垂口波人氏を講師にお招きして、翌朝六甲山YMCAの周辺を実際に歩いてみるという体験型プログラムだった。専用のポールをお借りして、ポールの突き方などを教わった。
普通の山歩きで使用するものと比べてはるかに軽く、手にしっかりとフィットするストラップが特徴。

Dscf9799突いたときにちょうど肘が90度になるくらいのサイズが適正ということで、ちょっと長いなーという感じがしたけど・・
突き方、歩き方を教わって少し練習してみると、なるほどこれくらいの長さが必要ということがよくわかった。積極的に推進力として利用するので、整備されたトレイルをがしがしスピードに乗って歩きたいときにはいいかも。

| | コメント (2)

六甲山YMCA第48回マントルピースを囲む会

28日の夜は、六甲山上・YMCAにて“マントルピースを囲む会”。Dscf9783夕方御影でKTさん号に拾ってもらって山上へ・・
下界は酷暑がぶり返して、蒸し暑かったけど、サスガに山上は涼しくて、マントルピースに火を入れた。
お料理なんかはアチラに詳しく書くとして・・




Dscf9786笹倉シェフの美味しいお料理と神戸ワインをたらふくイタダイたあとは、焼酎で二次会、日本酒で三次会・・。
KTさんが持ってきてくれた御影郷「大黒正宗」を茶碗でやりつつ、 静かな山上の夜が更けていった。

| | コメント (2)

逢魔ヶ刻

昼と夜が入れ替わるひとときを逢魔ヶ刻と呼ぶ・・・
Dscf9751ありえないものが見えてしまったりすることがあるからだとか。

・・・・





Dscf9740今、中之島界隈では面白いプロジェクトがいろいろと展開中。
べつにオバケ屋敷ではありません。美味しい生ビールにエスニックフードなんかもありますぜ。
今日みたいに蒸し暑い残暑の日でも、夕暮れ時の川沿いは涼しいっす。

★水都大阪2009 ・・・ココ!

| | コメント (2)

ホントに夏が終わるのかもしれない・・

秋口になると、蚊の吸血行動が激しくなる。Dscf9672種の存続本能?昼間も夜中もオニのように吸血する。この現象は、昨年とか一昨年だと9月末か10月だった。が、今年は昨日あたりから感じている。このまま秋に移行するとは思えないんだけど、やはり想定できない気候になっているのだろうか。
ところで、あちこちでシンテッポウユリと思われるユリが咲いている。外来種なんだけど、今年ものすごく数が多い気がする。

| | コメント (7)

う・う・うなぎ・・・うらめしや~・・

昨年6月に発覚した中国産うなぎの産地偽装事件・・その“当事者”のうなぎ、Dscf9657神戸地検が証拠品として保管することを指示し、22000箱220トンが冷凍保管されていたそうだ。今頃「もう処分していい」ってことになって、焼却処分することになったものの、焼却場のキャパの問題で作業には1ヶ月以上かかるとか。一年間冷凍するためにどれだけの電力がムダに使われ、水分の多い生ゴミを大量焼却するためにどれだけ処分場に負担がかかるんだろう。
これは、毒物混入とか言う話ではない。産地を偽ったけれど“ちゃんと食べられる食品”だ。これでは裂かれて焼かれて一年以上凍っていたウナギは浮かばれないし、「中国産でもいいからうなぎを食べたい」のに食べられないヒトだってやりきれない。
隣の記事は「高速1000円はCo2排出増につながり、温暖化対策にはマイナスだ」って・・・。そんな最初っからわかりきってることを今さら・・。
「景気が安定的な回復基調に入ったときにはやめるべきだ」って公明党のマニフェストもどうなんだ。環境より景気が優先。いまだにそんなことがふつーにまかり通っているってどうよ。脱力してものも言えない。

| | コメント (9)

プラネタリウムで観る「銀河鉄道の夜」

プラネタリウムってみょーに好きなんだけど、Ginga_miyazawa0001 ポーアイにある「神戸市立青少年科学館」では星空の投影だけではなくて、いろんなプラネタリウム用の映像作品の上映も行っている。そんなプログラムのひとつが宮沢賢治原作の「銀河鉄道の夜」。
“映像化は不可能”と言われているこの作品・・・。
「デジタルファインアート」というジャンルの表現は、ヒトによって評価がいろいろだろうけれど、プラネタリウムという人工の天空で鑑賞するにはそれなりにふさわしい気がする。

★神戸市立青少年科学館・・・ココ!
 ココでの上映は27日、29日、30日のあと3日!

作者のKAGAYAさんは、天文学に詳しく、星空や宇宙・神話の世界を緻密かつ幻想的に描き上げる“デジタルペインティング”の第一人者。

| | コメント (0)

さっさと不在者投票

選挙の日曜日は早朝から出動予定だし、0908250009今日もペンディングされたまま動けなかったので、不在者投票に行った。ウワサでは「以前は不在者投票をするには理由を書かないといけなかったが、今は書かなくてよくなった」と聞いていたが、提出が必要な「宣誓書」には理由の欄がきっちりあって、仕事orレジャーや遊びか、外出先が選挙区内or選挙区外か・・など細かいことを書かされた。理由なんか勝手やろになぁ。

それにしても急に涼しくなった。今朝のにゃみ部屋の気温は22度で驚いた。昼間は暑かったけど、日が暮れるとまた涼しくなった。爽やかで快適・・

| | コメント (3)

「ひゃくてんまんてん」のカレーラーメン

「38種のインドスパイス」って書いてあったけど、0908200117べつにインド風ではなくて、でも日本風カレー系でもなく、とんこつスープにカレー味がしっかりマッチ。やや硬めのストレート麺との絡みもよくて、背脂コッテリなんだけど脂っこい感じはしなくて美味だった。
正統派ラーメン(?)からしたら邪道なのかもしれないけど、カレー蕎麦と同じで「カレーラーメン」という独立したジャンルのタベモノなんだろうと思う。


0908200118極にゃみ的にはカレー味が好き。カレーうどんが好き。カレー蕎麦もヘンだと思うけど食ってみたら旨かった。んで、カレーラーメンも・・。なんでこんなにB級なタベモノが好きなんだろうって思うけど、好きなんだからしょーがない。

★ひゃくてんまんてん
京都市中京区三条高倉西入ル(京都文化博物館南側)
075-213-2292
11:00~21:30 無休

■カレーそばなる食べ物 ・・・ココ!

| | コメント (0)

メタボ警報・・・

助っ人系オシゴトは、わけのわからん展開で現在フリーズ中。0908240032明日の予定も立てられない困った状況。そんな中、阪急電鉄本社にて“駅ナカ”系スイーツの試食会に参加した。
今期、あまりにシゴトがヒマそうだったからついつい道楽で始めちゃった「バーチャル駅長」の役得というやつだけど・・。
受付で「経営企画室の○○さん・・」などと言いつつ「オシゴトのアポだったらなぁ」と思うと、ちとせつない・・。

0908240040が、これがなかなか苛酷な試食会で、4店さんからそれぞれ3品、ってコトは計12品の試食をすることに・・。いくら甘いものが好きでも、そんなには食べられないってbearing
知ってるお店のものは泣く泣くパスって、食べないと書けないものだけを・・それでもあと1ヶ月くらいは甘いものはいいかも。糖分充分当分分摂取した。

けど、あまりの摂取カロリーにコワくなって、帰りに梅田から近く、月曜日も営業しているOCSへ・・
行ったときは比較的空いていて、ひがぴょんさんコンビをはじめジョシ率高くていい感じ。その後登場のYo子さんがナビってくれた課題にいろいろチャレンジしたりとか、なかなか楽しかった。
先日のイベントDaiちゃん課題(初心者向け)なんかも触ってみたけど・・
一番カンタンなやつ・・→ 一撃できたけど「極にゃみ的にはカンタンではない」。
二番目にカンタンなやつ →オブザベしても全くムーブが組み立てられない。
1トライ目は、力任せに登って、終了点デッドに失敗して撃沈。
Yo子さんが美しくデモってくれて「ここでスメア。ここでトゥかけて・・。」って解説してくれたけど、極にゃみ的にはゼンゼンできなくて、5便くらい出して最終的には“ムリヤリデッド”で解決したけど、ダメだろうなぁ・・ Daiちゃん課題、な~んかムズいんですけど~・・

けど、垂壁のレギュラー課題10aが一撃できたので、気をよくして帰ることができた。
「トンネルを越えてつなげればお買い得10d」らしいので、持久力をつけて次回トライしよ。

| | コメント (6)

石山の「パン処 鈴屋」

石山駅から瀬田川へ向かう道の途中にある、町屋風の素朴なパン屋さん。
0908200099ついついもう1軒寄るところがあったのに吸い込まれてしまった。
店内には、いろんな種類のパンが少~しずつ、ニギヤカに揃っていた。甘い系もお食事パンもいろいろ・・




0908200121極にゃみ的セレクトは・・
ナチュラルな味わいのフィグ・オ・ノア、メープルシロップのデニッシュ、たまごフィリングたっぷりのおかずパン。翌日のランチに食べたけどどれも美味しかったな。

★パン処・鈴家
滋賀県大津市松原町6-10 077-533-1223
7:00~19:00 月曜定休 

| | コメント (0)

処暑の六甲山

日曜日は六甲山上「ガイドハウス」にて“山の案内人”。0908230004ここ3日間、にゃみ部屋は明け方でも29度の超熱帯夜が続いてウンザリだったけど、久々に涼しい朝を迎え、機嫌よくボーっとしていたら・・出遅れ!のんびりハイクアップのつもりが、わき目も振らずガシガシ登るハメに。いつも観察モードで1時間半くらいかけてダラダラ登る道を60分で歩いた。現役山屋の頃にはガチャ20kg背負ってそれくらいで登ってたけど・・


0908230008山上エリアは秋の花たちが咲いていた。ヤマジノホトトギス、今年初めて見たけど、かなり満開。

午前中の観察会は参加者がそこそこおられて、当番全員出動。ベテランK堂さんにお任せしてフォローに回ってたら、途中で「ネギシさん!これ、何やったっけ?」って話を振られたとき、参加者の方から「ネギシさん? ・・って根岸真理さん?」って言われて超びっくり。

0908230026「本買いました!」 ひょぇ。びび、びっくりですぅ。じゃなくて!あ、ありがとうございます~。
当番仲間のS本さんもお買い上げ下さった本をわざわざ持ってきてくださって「サインして」 ・・・びびびっくりのW攻撃。

そんなコトで舞い上がってる場合ではないんだけど、出版の世界ってホントあまり知らない領域で・・ローカルなりにいろいろあって面白い。テレビのときもいろいろ驚いたけど、マスメディアってコワい世界だ。

| | コメント (0)

香枦園駅前「たこやき ひさし屋」

阪神香枦園駅前の南西スグのところにある小さなたこ焼き屋さん・・・
0908220023近所のこどもたちのオヤツを提供、って感じの庶民的で感じのいいお店。この冬くらいから開店してたのは知ってたんだけど、大谷美術館帰りに“かき氷”の文字に釣られて立ち寄ってみた。





0908220022・・・ってコレ、たこせんだし。
関西人以外の方のために念のため説明すると、えびせんべいにたこ焼きをはさんだ下世話な食べ物なんだけど、みょーに美味しいのである。目玉焼きを挟んだ「たません」ってのも店によってはある。
ココのは2個入りで100エンと、コバラが空いたときにぴったり。

0908220024モチロン、かき氷も食べましたよ。
イマドキのかき氷は氷がとっても繊細で美味しいなー。宇治ミルクにしてみたけど、シロップと氷の比率がとても絶妙で、最後まで美味しかった。かき氷って年に1回くらいしか食べないけど、満足満足。
たこ焼きもなかなか美味しかったので、今度は夕方を狙ってきてビールとキムチ焼きかなぁ?

たこやき ひさし屋
西宮市川西町1-16 0798-23-1178

かき氷の中に自家製わらびもちが入って、黒蜜をかけた氷わらびもちってのもあるらしい。食べながら気づいたんだけど、これも食べてみたいな。

| | コメント (3)

恒例・大谷記念美術館「ボローニャ絵本原画展」へ・・

毎年、初秋の恒例行事「ボローニャ絵本原画展」が今日から開幕。0908220003ご招待券をいただいていたこともあり、さっそく観覧させていただいた。初日だが土曜日なのでさほど混み合うこともなく、静かに鑑賞できた。子ども連れのファミリー、年配のご夫婦、学生らしき人たち、中高年グループなど本当に多彩な人々がゆったりとした雰囲気の中で作品を楽しんでおられた。



0908220008『2009 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』
  2009年8月22日(土)~9月27日(日)
  10:00~17:00(入場~16:30)

西宮市大谷記念美術館 西宮市中浜町4-38 0798-33-0164

思えば学生の頃から20年以上・・(もっとか?)通っているこの展覧会。大谷美術館さんの企画はいつもステキだけど、毎回いちばんワクワクさせてもらってるかも。

| | コメント (2)

バッタリ出会って超びっくり!

とある取材でお店を訪問中、スタッフにいろいろ話を聞いていたら0908200057私をそこへ行かせた張本人(編集長!)とバッタリ。めっちゃ奇遇ですなー。ってーか、なんで今ココに~sweat01
状況的には、普段下っ端しかいない辺鄙なブランチに急に社長が来たようなもんだ・・
めっちゃ緊張するんですけど。取材終了後「ちょっとお茶でも」ってコトでいろいろ情報交換できたからヨカッタんだけど・・入稿前で超お疲れだったけど、男前は疲れ果ててても男前だった。

| | コメント (0)

京の老舗“ヤオイソ”のフルーツサンド

烏丸今出川のちょい北にある老舗果物店ヤオイソさん(本店は四条大宮)。0908200025
併設のフルーツパーラーの名物メニューがフルーツサンド。「レディースセット」はフロート入りのミックスジュース&フルーツゼリー付き。ミックスジュースは、ほとんどフルーツポタージュって感じで、おさじでひとすくいずつ楽しんだ。フルーツサンドは、大きくカットされた果物がごろごろ入っていて、コクのある生クリームとの相性もGood。
めったにこーゆージョシ御用達系のものを食したりはしないけれど、これはかなり美味であった。

ヤオイソ烏丸店
京都市下上京区烏丸通今出川上ル東側
075-451-8415
10:00~17:00 年中無休

| | コメント (4)

週刊朝日の特集で・・

8月28日号の週間朝日さん、「週間図書館 夏休みスペシャル」0908200125  “カリスマ書店員おススメ。ご当地書籍大集合!!「本の甲子園」”ってタイトルの特集で、全国各地からお勧め50冊を紹介している。この中で・・・






0908200127なんと、私の本が紹介されてました。
お知らせくれたUちゃん、ありがとね。
ジュンク堂三宮店の店長サマ~、ありがとうございます~。
←クリックで拡大

| | コメント (2)

旅人

今日は暑い中京都滋賀方面で取材。0908200102かつてのK西ウォーカーみたいに一日8件とかのハードなものではありません。カメラさんもいなくて、自分ひとりでのんびりモード。
石山の駅前に、旅姿の芭蕉さんがいてはりました。旅に出たいなぁ・・・山じゃなくてもいいから。
せめて友人の引越しを手伝いに行きたかったけど、諸般の事情でムリ。まぁしゃーないか。今夜は原稿書くぞー。

| | コメント (2)

またまた寄り道・・

助っ人先のややこしいオシゴトをムリヤリ片して、お四国帰りのK田さんと待ち合わせ。
0908190006先日Uちゃんと行った新梅田食堂街の「ひょうたんや」さんへ・・・
一杯ビールを飲んだあとは、日本酒三昧。
浜福鶴さんの空蔵、奥播磨、裏霞、獺祭・・
だんだんわけのわからん状態に。




0908190004 芸術的なほど美しいハモとか、たまごの味噌漬けとか、サンマとか・・・美味しいもの三昧だったけど、どうやって帰って来たんだろう。
久々の“今津線無間地獄”であった。

←チドリさんのお皿・・

★陽菜ひょうたんや
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F  06-6362-7087 日曜定休

| | コメント (2)

今日も寄り道・・

お盆明け早々助っ人出動してたんだけど、0908140092 意外と早い時間にシゴトが終わったので、先日課題が残ったボルダージムへ。お買い得系の10aがさっくりOSできたってのは大きな勘違いで、5.9の間違いだった。で、2便出して未遂に終わった10a課題のリベンジ。よーくオブザベしてトライしたらワントライで登れた。気合と根性と持久力と読みが足りなかった・・かな。って必要なものゼンブやんsweat01


0908180011ずっとろくに登ってないので、あっという間にウデが売り切れ・・なれど、ちょこっと情報収集したいコトがあって、H社長とお喋りタイム。登ったのは小一時間だけど、喋ってたのは2時間くらいか?相変わらずノリのいいひとで、おかげさまでいろいろとギョーカイ情報を教えてもらった。帰り道の商店街はすっかり寂しいモードだった。

| | コメント (0)

山帰りの寄り道は・・

和佐又から大普賢岳へ行った帰り道、入之波(しおのは)温泉へ立ち寄った。
09081600862軒の温泉宿があったが、町営の「五色湯」は閉鎖されてしまっているため、「山鳩湯」は大混雑。第2駐車場から近くの道路わきまで車がイッパイ。
が、ちょうどタイミングよく入ったときには空いていた。黄土色のまったりとしたお湯がとてもキモチよくて、極にゃみ的お気に入りの温泉のひとつ。

入之波温泉湯元山鳩湯
 奈良県吉野郡川上村入之波 07465-4-0262

0908160088サスガに夏休みだけあって、吉野川流域はかなり交通量も多くてちょこっと渋滞系。帰りにコバラが空いたので、大和上市にある「たこ沖」さんへ。醤油マヨをたっぷりとかけた上にネギを散らしたたこ焼きが激ウマ。以前に食べたときより進化してる気がする・・

★たこ沖(「食堂もんき」に併設)
 奈良県吉野郡吉野町上市2110 0746-32-3252
10:00~20:00(たこ沖は11:00~21:00) 水曜定休
※「もんき」は日替わり「おかん定食」ほか、美味しそうなメニューが目白押し。
 地元の特産品などお土産も買える。

| | コメント (2)

ぷち遠出のグルメハイキング

ちょっとだけ涼しい山へ!ってコトで、前夜泊日帰りにて大峰山系・大普賢岳へ・・
0908150035超快適な和佐又キャンプ場にていきなり宴会。
歩かなくていいテン場なので、ビールも食材も持って行きたい放題。





0908150040豆腐のこんがり焼きネギだく仕上げとか・・







0908150034ししとう入り麻婆茄子とか・・・
しこたま食って、クーラーボックスいっぱいのビールもほぼ飲み尽くして早めに就寝。





0908160055翌朝、適当に起きて、大普賢へ向かう。
サスガに標高が1000mを越えているので登りでも涼しい。






0908160054「笙の窟」にて、恒例の野点を・・
お菓子は日持ちの関係で「とらや」の羊羹。






0908160065大普賢岳を越え、水太覗、サツマコロビ、稚児泊と進み、七曜岳まで縦走。曇っていた空も徐々に晴れてきていい感じ。





0908160071洞窟の中から清冽な水がほとばしり出ている「無双洞」へ下る。実は、この超冷たい水で素麺を食べてみたいというのがこの企画のベース・・・。





0908160070クーラーバッグで揚げ浸しにした茄子を持ってって「茄子素麺」に・・・
きーんと冷たい沢水にさらした素麺はキリリっとしてとっても美味しかった。
なんとも贅沢なランチであった。ゴチソウサマ~smile

| | コメント (2)

三宮「カルメン」のフラメンカエッグ

ずっと前に、とある広報誌のオシゴトで電話取材だけして、0908140039ずっと気になっていたお店へ。阪急三宮駅北側のちょっとアヤしいエリアにある、日本最古のスペイン料理の老舗「カルメン」。“フラメンカエッグ”という名物料理を食べに・・。
お盆休みの最中で、しかもランチタイムを外れた時間だったので、けっこう空いていたけど、1956年(昭和31)創業というだけあって風格のあるいい感じのお店。


0908140049トマトソースに浸かった野菜と卵が目の前でぐつぐつ煮えていく・・
フランベの青い炎を眺めながら出来上がりを待つことしばし。





0908140053“サフランライス”と一緒に食べるんだけど、超具たくさんなパエリア風のご飯。
ガスパチョ(真夏以外はソパ・デ・アホ)にサラダ、コーヒーまでついたかなりおトクなランチメニュー。
周りの喧騒がウソのような静かな雰囲気で、ゆったりとランチを楽しめる穴場的なお店だった。


スペイン料理 カルメン
神戸市中央区北長狭通1-7-1 カルメンビル2F 078-331-2228
月曜定休 12:00~15:30/16:30~22:30

| | コメント (3)

十三ツアー

「一度ボルダリング体験をしてみたい」という銀杏クンをそそのかして、0908140094 超久々にOCSへ。お盆休みの最中だというのに、超混雑していてびっくり。
しかも壁リニューアルされてるし。ん?前回行ったのが3月だから・・4ヶ月ぶりですか。イワ本さんとかYo子さんとか、古い常連さんもそこそこいたけど、圧倒的にワカモノが多い。リハビリ程度に軽く登る。新しい壁の10aがさっくりOSできたけどお買い得系なんだろうな。


0908140097ウデが売り切れたあとは、十三駅前のイッパイ飲み屋へ。とある方から「面白いことがあるから来て見れば?」との事前情報があったのだが、彼女と連絡がつかず、結局なんだったのかよくわからず。
ま、楽しく飲んだからいいけど~???



0908140100安くて美味しかった。お店のひとも感じよかったし。
昭和初期創業の老舗で、画家でもある主人はあの「鉄わん波平」の考案者だそうだ。






1_0908140096★居酒屋 富五郎
大阪市淀川区十三本町1丁目1-13
06-6305-0356
17:00〜23:00 日祝定休

| | コメント (3)

久々に“東六甲縦走”

なんだかんだで現役山ヤ引退状態、“自称ハイカー”の0908130004私であるが、ここんところくに歩いてすらいない。体力なくなってるだろーなーと思っていたところへ、盆休みで帰省の銀杏クンから「ゼンジュウのラストパートを歩きに行きますけど~」とお誘いメール。芦屋川から宝塚まで縦走するという。それって私の定番コースやん。このコースを25kgの担荷で6時間でラクに歩ければまずまず、しんどいようならトレーニング不足、というのが大昔からの自己基準なのだ。

0908130007ハイカーなんで、ボッカはナシで出発。
ところが、未明の2時頃まで飲み倒していたという銀杏クンは途中でお昼寝モードに。おネエちゃんだったらゼッタイ放置したりしないけど、前厄のオッサンやし、単なる二日酔いやし、ダイジョーブやろ、と見捨てて行くことに。薄情なツレですまん。


0908130010とある沢へ、とある花を探しに行こうか・・などとも思ったけど、高座の滝の増水加減からして、沢筋を単独で下るのはちょっと気が進まない。あんまり濡らしたくないアプローチシューズだし・・ってワケで、蛇谷北山から縦走路へ抜けることにした。が!ツレを見捨てたバチが当たったか、北山の下りでロストウェイ。おかしい・・こんな道じゃない・・とさまようことしばし。標識まで戻って仕切りなおしたけど、情けなし・・

0908130017デジカメのバッテリーがなくなりかけていたので、あんまり写真を撮ってないんだけど、途中で白花のヒメヤブランを見つけた。初めて見たけど、可憐。

結局塩尾寺までほぼ6時間。暑かったこともあるけど、空荷なのに休憩ばっかり、やっぱ体力落ちてるなー。歩く力を取り戻さないと・・。老化は足から始まるっていうしな。

| | コメント (3)

なんですと?

さすが熱帯大阪・・・ふとみると37度で、次に見たら38度で、
0908120010ランチ食って出てきてみたら39度ですかい。
街中煮えてます。

| | コメント (10)

『Χωρα 死都』

互いに家庭がありながら000008_2長年秘めた関係を続けている中年の男女が、エーゲ海に浮かぶ小島へ。そこには「ホーラ」と呼ばれる廃墟があって、次々と幻覚や奇蹟じみた不可思議なことが起こる。音楽、宗教、そして不吉な廃墟・・・妖しくも美しいモチーフをちりばめたホラー小説。不倫などと言うとあまりに俗っぽいイメージだが、篠田さんの筆にかかるとやむぬやまれぬ思いが奥深く表現されて、せつなさに酔ってしまう。
過ぎ去ってしまった朱夏の思い出がじんわりと胸の底でうずく・・

『Χωρα 死都』
篠田節子 著
文芸春秋 刊
2008年4月 初版発行

| | コメント (2)

飲み友達とバッタリ!

オシゴト帰りに、ふと思い立ってちょこっと4ビルのロッジに立ち寄ってみたら・・・
0908110008Uちゃんとばったり。当然そのまま帰るワケはなく、新梅田食堂街の立ち飲み屋へ。自家製オイルサーディンが激ウマだった。メニュー豊富で、トロ箱ごといろんな魚がおいてあったけど、鮮魚関係も充実してるみたい。ほんのイッパイ飲みだったけど、久々に一緒に飲んで楽しかったねぇ。

★陽菜ひょうたんや
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F  06-6362-7087 日曜定休

| | コメント (6)

『旧怪談 耳袋より』

江戸時代の旗本で「御勘定」という0908070055中級幕吏からのちに南町奉行として活躍した根岸鎮衛が約30年に渡って書き綴ったエッセイ『耳嚢』から、怪談風の話をセレクトして京極風現代訳で読ませる面白い一冊。
登場人物がイニシャルで書かれていたり、イマ風の軽妙なタッチなんだけど、原文が添えられているので読み比べるとなかなか興味深い。読んで眠れなくなるよな怖い話ではなく、よーく考えるとなんだかコワいお話ばかり。
そう言えばうちの先祖も勘定方という下級役人だったらしい。備中池田藩なので、根岸鎮衛サンとは関係ないと思うけど・・・

『旧怪談 耳袋より』
京極夏彦  著
メディアファクトリー 刊
2007年7月 初版発行

| | コメント (2)

出会い頭は面白い。

想定外のことに出会うととっさにヘンなことを口走ってしまうことってあるけど・・。
0908100001今日、某ビルのトイレから出ようとしたとき、入ってきたヒトと出会い頭でぶつかりそうになった。足を踏まれても反射的に「ゴメンナサイ!」って叫んでしまう私なんだけど、相手のヒトは私より先に叫んだ。
「いらっしゃいませ!」 coldsweats01

テナントのスタッフさんかな・・
お互いに苦笑いしながらすれ違ったけど、面白かった。

| | コメント (2)

茄子素麺

極にゃみ的夏のお気に入りメニュー。0908100007揚げ浸しにしたナスをたっぷりのだしと共に素麺にぶっかけて食べるというもの。沢で素麺ランチの計画だったので、トッピングのひとつとして作って行ったんだけど未遂に終わったので家で食べることに・・薬味はネギと大葉にミョウガ。
助役さんにこのメニューをご紹介したら、煮浸しにするときに刻みネギと唐辛子を入れて作っておられた。ナイスアイデア!ニンニク・ショウガ・ゴマ油で中華風にしてもいいかも~。

| | コメント (5)

沢未遂な週末

台高方面の某沢を狙って前夜泊で行ってみたけど・・0908090001現地着と同時に雨が降り始め、やむなく車内宴会&車中泊。夜半にかなり雨脚が強まり、朝になっても降り止まず。回復の見込みなしってことで雨敗退。寄り道案もいくつか出たけど、なんかみんなノリが悪くて「帰ろっか」ってコトに。
ま、久々のN兄やらS組系ねーさんズともなんだかんだ喋れたし、雨のドライブも悪くなかったかな。運動不足ではあるが・・

| | コメント (2)

今年も、会えた・・・。

真夏の陽射しの中で、そこだけ涼風が吹き渡るかのような涼しげな花・・
0908080019湿原は踏み荒らしに弱い環境で、たくさんの人が訪れるとダメージが大きいため、毎年ひとりでそっと会いに行く。倒木の道を乗り越え、ヤブをこぎ、ようやく到達したその奥で、今年もしっかりと咲いていた。
そっと見守るべきもの、積極的に手を入れてよい状態をキープすべきもの、自然にもいろいろあって、上手につきあっていきたい。

0908080032ところで・・
アカヤマドリだよなぁ。
直径20cm強、相当デカい。






0908080008帰っていろいろ調べてから気づいた。こっちはアカヤマドリの幼菌だ・・
持って帰ればよかったなー。これだって15cmくらいあったんだけど。

| | コメント (5)

六甲山麓に復活・・「白馬堂」

その昔、大阪にあったという老舗登山用具店「白馬堂」。0908070050 あいにく私はその存在を知らない世代なのだが、ある程度以上の年齢の方はこのマークに見覚えがあるのではないだろうか。
当時の店主のお孫さんにあたる方が阪急六甲駅の近くにその名を継いだお店をオープンされた。少し前に芦屋川Sky High Mountain Works の店主タクさんのブログで見て知り、今日ふと訪れてみた。


0908070042こじんまりとして明るく、感じのいいお店。山道具屋っていうよりお洒落な雑貨店みたいな感じ。
決して品数豊富ではないけれど、魅惑的なプライスの掘り出し物があったりとか、気の利いた小物類などがまったりとした感じで並べられていていい感じ。
きさくな店主・アサヤンさんは、いつもお世話になっているエアリアマップ「六甲山」を手掛けておられる方。そーいえば前にSHMWのイベントでスピーカーやっておられましたね~。あれはぜひ行きたいイベントだったんだけどな・・
0908070053阪急六甲駅の改札フロアから東側へ続く陸橋を通り、山側へ下りて線路と平行する道を東へ、2つ目の角を北側へ曲がったところにある。
「六甲山にもっと気軽に登ってほしいんです」と語る店主は、二人のお子さんを持つ現役“お父さん”。パパ目線でセレクトしたキッズ用パック、子どもを背負えるパック、ペアで選べるものなど、ファミリー層向けの品揃えがほかにはない特徴。

0908070046六甲山に登るためのグッズなら一通り揃うというのを基本コンセプトに、ハイキングイベントなども実施していくとか。大阪府山岳連盟の登山インストラクターの講習も受けられたとかで、お店では先日の講習会でご一緒させていただいた方ともお会いした。世間は狭いです~。
「おしゃべりだけでも、気軽に立ち寄ってくださいね」とのことなので、山帰りに遊びに行ってみて。

白馬堂 神戸市灘区宮山町2-4-7 サニー六甲2号
 078-841-8986
 12:00~19:00 水曜定休(ほか、不定休あり)
※とりあえず今月のお休みは・・
 12日(水) 18日(火) 19日(水) 26日(水)

| | コメント (3)

立秋なれど、涼風至らず。

今日は立秋、そして七十二候では第三十七候の「涼風至る」という日だが・・
0908070004明け方の室温29度。うんざりするほど暑い。
台風のおかげで週末のお天気もはっきりしないしなー。どうなることやら。






0908070002暑いから沢に行きたいけど、コレ・・
ちっとやばいかなー。

| | コメント (6)

マトリョミン

以前から気になっていた世界最古の電子音楽Matryomin_0908050045テルミン」の演奏シーンを映像で見ることができた。その中にちらっと出てきた可愛らしいヤツが「マトリョミン」。ロシアの民芸品・マトリョーシカの中にテルミンを仕込んだもので、なんとも言えないお茶目な楽器だ。

片手に乗せて、片手で音を紡ぐのだけれど、アンサンブル「Mable」による演奏がとってもステキ。

★Song of Mable(youtube) ・・ココ!

| | コメント (2)

山の怪談『赤いヤッケの男』

ヒマにあかせて本ばっか読んでるんだけど・・0908030004夏らしく怪談モノでも読んでみようと手に取った一冊。
山で実際に聞いたりした話を元に書き上げたという短編集で、時々単独行をやる極にゃみ的には、こんなの読んだら夜一人のテントで怖いだろーなーと思ったけど、ダイジョーブかも。コワさのつぼが違うのかな。
霊魂というものが肉体とは別に存在することがもしあるとしても、そーゆーふうには出んやろ、とか思ってしまう私って・・、何か恨みを残して死んでも、おそらく化けて出ないだろうと思う。メンドくさいし。

『赤いヤッケの男 山の霊異記』
安曇潤平 著
メディアファクトリー 刊
2008年2月 初版発行

| | コメント (3)

KOBE SWING OF LIGHTS

モザイク&メリパで華やかな夏のイベント。神戸の街にはJAZZが似合う。
0908050077ミナト神戸の粋を味わえるすてきなイベント。
今月23日までの毎夜、ライティングショータイムは20:00と21:00の一日2回、土日は花火の打ち上げなどもありいっそう華やか。

★ KOBE SWING OF LIGHTS 公式サイト・・・ココ!

| | コメント (2)

サイとおじいさんと馬とAB型の彼女

日曜日のロクスケツアーは、お気楽モードの小旅行気分。0908020002なんだかんだ喋りながらのんびりドライブ。なっちゃんは時々すんごく面白い(ってーかヘン)なことを口走るヒトなんだけど、何かの話のときに「それって“サイオウガウマ”ですよね」って言い出した。
「いや、まったく違うし!」「何の関係もないし!」とまるいさんと二人で責めつつ、「ところで塞翁が馬っていったいナンだっけ?」にはちゃんと説明ができない。
「サイとおじいさんと馬が~・・」(なっちゃん) ←だ~か~ら~、ぜんぜんちゃうしっ。
「帰ったら調べよう」ってことにしたけど・・ココ!
←あ、コレ無関係。「けんぞう」の床の間。

しっかし、ロクスケってて驚いた。ジョシ組ぷちセッション状態のときナニゲに判明した事実・・むさびーコーチ以外全員AB型。一番マイナーな血液型なのに、ありえ~んcoldsweats01 けど、M嬢とは気が合いそうだ。

| | コメント (8)

福井の食材シリーズ

晩御飯は福井土産。
0908030003永平寺の胡麻豆腐、銀杏がんも、焼き鯖・・
枕こんにゃくに竹田の揚げサンも楽しみ~。

| | コメント (2)

W麺&More・・・

ロクスケツアーの行きがけに「けんぞうそば」でおろしそばを食べた。
0908020006「五合そば」というスタイルで、大きなざるに5杯分のそばが盛られ、おろしツユと辛味大根汁、だし醤油、葱、鰹節が別についてきて、それぞれ好きなスタイルで取り分けて食べるというもの。福井県産そば粉100%・十割のけんぞうのそばはサスガの美味しさで、大満足。



0908020024帰りがけ、またまたオナカが空いていたので今度はインターまでの道沿いにある「八番らーめん」で塩ラーメンを食べた。8号線沿いにいくらでもあるチェーン店だけど、ふつうに美味しくてなぜかお気に入り。たっぷりのキャベツがシャキシャキでとても美味しかった。餃子まで食べてお腹イッパイに・・


0908020027さあ帰ろう、と走り出してすぐ、「わー、なんかステキなお店が・・」と立ち寄ってしまった「COLUMBA」。カフェ併設のケーキ屋さんなんだけど、ガーデン風のファサードがお洒落。美味しそうなケーキがいっぱいあったけど、さすがに食べられない・・餃子やめときゃよかったなー。




0908030001福井弁をネーミングした蒸し菓子シリーズ。
「だんね」・・別にかまいません
「おぼこい」・・かわいらしい
「てなわん」・・かなわない
「かたいけの」・・お元気ですか
どれも聞いたことないけど。関西弁でも「おぼこい」って言うけど、単にかわいいっていうより幼いことを指すかな。

| | コメント (8)

ロクスケ日帰りツアー

悪天予報のため、なっちゃん、まるいさん0908020005と三人で急遽ロクスケツアーに行くことになった。ラッキーheart04 なつ号で朝からトコトコと走り、高速料金1850エン也で福井北ICまで。
まずは“そばランチ”ってことで、ジモティのくまさんにケータイでナビってもらいつつ「けんぞうそば」へ。あわや道迷い遭難?になりつつも、まるいさんの“野生の勘”でお見事一発到着。大混雑だったのでしばらく待って、三人で「五合」を食べる。久々の福井のそばは美味しかった。

0908020007重たい腹をさすりながらロクスケへ・・
むさびーコーチが楽しい課題をいろいろと案内してくれて、プチ道場もどきであれこれトライ。ホント面白い課題がイッパイあって、それぞれ得手不得手がイロイロってことに気づいて面白かった。カンテ女王・まるいさんの華麗なテクには驚いたな。


0908020014ほかのジムではゼッタイありえないようなユニークな課題も多くて、ちょうど居合わせたロックスケイパーのM嬢も一緒にいろいろトライ。短い時間だったけど、ホントに楽しかった。
ここんとこずーっと登ってないから、指皮とウデがあっという間に売り切れてしまったけど、もー少し持久力つけて、がっつり登りにきたいな。

ロックスケイプ
福井市西開発4-701 0776-53-8238


0908020028帰り道は名神高速でけっこうな渋滞につかまり、大阪帰着は10時半。往復共にずーっと運転してくれたなっちゃん、ありがとう。
それにしても、週末1000円制度&なつ号がリッター20kmというすごいコスパをたたき出してくれたおかげで、往復の交通費は一人当たりわずか2,000円ちょい。まったくもってありがたい。

| | コメント (4)

レイン・リリー

昨日から今朝にかけて大荒れの天気だった。梅雨末期の大雨ってやつだろうか?
0907290001毎年、道ばたの舗装のスキマで花を咲かせるゼフィランサス・シトリナが開花していた。ヒガンバナ科の球根植物なのだが、このすきまで球根はいったいどうなってるんだろう?ゼフィランサス、ハブランサスの仲間は雨の翌日に咲くことが多いので「レインリリー」の別名があるのだが・・。雨、多すぎやろっ!
早朝から有馬富士へでも登って、それからちょこっとクライミング?ってつもりだったのがこの天気で急遽予定変更。遠方ドライブに出ることに・・

| | コメント (1)

『仮想儀礼』

「信者が30人いれば食っていける。500人いればベンツに乗れる」0907310001 のが新興宗教だとか。宗教モノでもすごい作品をいくつも書いておられる篠田節子さんによる、かなりコワい小説。
作家になることを夢見ていた男が、騙された挙句に地位も家庭も全て失う。ホームレス同様に落ちぶれた“騙した側”の男とふたりで“金儲けの手段”として新興宗教を始める・・というストーリーなのだが、現代社会が内包するさまざまな問題点を織り交ぜながら、“いかにもありそうな”リアルな世界が描かれている。それなりの成功をおさめる<上>から、狂気に満ちた<下>へ、一気に読ませる筆力はサスガ。何かを“信じたい”人って、きっと少なくないんだろうな。

『仮想儀礼』(上下)
篠田節子 著
新潮社 刊
2008年12月 初版発行(初出・小説新潮2004年4月号~2007年5月号)

最近読んだこの作者のほかの作品・・
『転生』
『斎藤家の核弾頭』
「静かな黄昏の国」

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »