« KOBE SWING OF LIGHTS | トップページ | マトリョミン »

山の怪談『赤いヤッケの男』

ヒマにあかせて本ばっか読んでるんだけど・・0908030004夏らしく怪談モノでも読んでみようと手に取った一冊。
山で実際に聞いたりした話を元に書き上げたという短編集で、時々単独行をやる極にゃみ的には、こんなの読んだら夜一人のテントで怖いだろーなーと思ったけど、ダイジョーブかも。コワさのつぼが違うのかな。
霊魂というものが肉体とは別に存在することがもしあるとしても、そーゆーふうには出んやろ、とか思ってしまう私って・・、何か恨みを残して死んでも、おそらく化けて出ないだろうと思う。メンドくさいし。

『赤いヤッケの男 山の霊異記』
安曇潤平 著
メディアファクトリー 刊
2008年2月 初版発行

|

« KOBE SWING OF LIGHTS | トップページ | マトリョミン »

コメント

メンドくさいし、、、
そうか!!!化けるにはマメさが要求されるのね

私も化けるより、飲んで寝てたほうがいいわ

投稿: ツボ | 2009年8月 6日 (木) 09:30

 はぁ。はぁ。私も今「山のミステリー」(工藤隆雄。東京新聞出版部)ってのを読んでいます。この手の話は苦手なんですけど、・・・本屋さんでたまたま手に取ってしまったのです。これって、霊の仕業・・・・・(ギャァ~~~!!)

投稿: ごんた | 2009年8月 6日 (木) 10:04

ツボさん、こんにちはー。
そうそう、飲んで寝てるのが一番いいな。
メンドーなコトはキライ。

ごんたさん、こんにちはー。
たまたま手に取ってしまって手元の来たってコトは、
アレですね。ご縁、ってやつですねぇ

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年8月 6日 (木) 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KOBE SWING OF LIGHTS | トップページ | マトリョミン »