« 出会い頭は面白い。 | トップページ | 飲み友達とバッタリ! »

『旧怪談 耳袋より』

江戸時代の旗本で「御勘定」という0908070055中級幕吏からのちに南町奉行として活躍した根岸鎮衛が約30年に渡って書き綴ったエッセイ『耳嚢』から、怪談風の話をセレクトして京極風現代訳で読ませる面白い一冊。
登場人物がイニシャルで書かれていたり、イマ風の軽妙なタッチなんだけど、原文が添えられているので読み比べるとなかなか興味深い。読んで眠れなくなるよな怖い話ではなく、よーく考えるとなんだかコワいお話ばかり。
そう言えばうちの先祖も勘定方という下級役人だったらしい。備中池田藩なので、根岸鎮衛サンとは関係ないと思うけど・・・

『旧怪談 耳袋より』
京極夏彦  著
メディアファクトリー 刊
2007年7月 初版発行

|

« 出会い頭は面白い。 | トップページ | 飲み友達とバッタリ! »

コメント

あら、武士の家柄だったの?

武士は食わねど高楊枝

にゃみちゃんはよく食べるよね

投稿: ツボ | 2009年8月12日 (水) 06:33

祖母なんかは「武家の娘」って感じでしたけどねぇ・・いまや全く関係ないですねぇ。
食わなきゃムリ・・・

投稿: にゃみにゃみ。 | 2009年8月12日 (水) 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会い頭は面白い。 | トップページ | 飲み友達とバッタリ! »