« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ちょい飲みっ@梅田「本日開店」

ちょこっとミーティングでちょい飲みっ。0909300003以前梅田でバッタリ会ったSさんとも来たことのある立ち飲み屋さんへ・・
生中が290円と格安なのがヨイなー。本日気に入ってしまったのは、生キャベツの味噌マヨソース添え。味噌マヨとしゃきしゃきキャベツが合う。コレはパクろう。簡単に作れそう。
クリームチーズの奴風(奥)もビールのアテにはGood。切って醤油と鰹節かけるだけ。わさび醤油にするとさらにいいかな?

0909300004「今から飲み会やからスキマ空けとかなアカンねん」と言いつつツレはミンチカツなんか注文しちゃって。ランチタイムに300エンの「ミンチカツカレー」の具はこれかな?
小ぶりだけど2個で290円、格安・・。サクサクに揚がってて美味しいですぞ。カレーの具はやっぱ1個かな?


0909300005アレレ・・こんなモノまでcoldsweats01 デカい揚げにんにく。
明日はやっぱり外出禁止でしょーか・・・
それより、帰りに阪急電車乗ってもいいんでしょうか?
帰りの車内ではゼッタイだんまりです。
が、ホクホクで旨い。ビールが進んで困る・・



0909300007疾風怒涛の立ち飲みタイムでした~scissors

この店、2ビルのB1にもあったような・・チェーン店?

立ち飲みBAR 本日開店
大阪市北区小松原町4-2 ホワイティ梅田イーストモール内 06-6316-0866

| | コメント (0)

しほみ饅頭

にゃみ家の定番オヤツにはいろいろあるんだけど・・コレもそのひとつ。
0909280001塩の名産地として知られる兵庫県赤穂の銘菓で、塩味をきかせた落雁でこしあんを包んだとても上品な味わい。
茶人でもあった赤穂藩主・浅野内匠頭が特産の塩を使った「赤穂まんじゅう」を作らせ、美味が評判を呼んでいたのが、討ち入り事件によって「義士まんじゅう」と呼ばれ、江戸でも一躍大人気となったとか・・。なんだか皮肉な話だけど。

0909280003後の天保年間に名人と呼ばれた江戸の菓子職人、江戸屋藤冶郎・平兵衛親子を赤穂に招いて改良を加え、より完成されたとか。たしかに、非常に洗練された味わいがあって、京都の老舗にも決してひけをとらないレベルのお菓子だと思う。

総本家かん川
赤穂市新田812-2 0791-45-7333

| | コメント (0)

dragon

とあるモノのデザインで龍を図案化したかったんだけど、Dscf0782_2ムリだった。愛嬌を持たせようとすると単なる間抜け顔になるし・・来年までにゆっくり考えようか。って来年もやるのか?

←コレはたまたま通りかかったお寺で見つけたもの。こういう意匠ってすごいよなぁ。
「人類は進化している」のかどうか知らないけど、こーゆー手仕事の世界ってどうなんだろうって思う。もちろん現代にも名工・名匠はおられるんだろうけれど・・

| | コメント (2)

北陸麺2連発+大福あんぱん

そう言えば・・連休の山帰り、北陸路経由だったので、お気に入りの麺2連発だった。
0909210173その①は、降りてきてとにかくオナカ空いてるなーってコトで、通りかかったところにあった「八番らーめん」へ。
8号線沿いにいっぱいあるチェーン店なんだけど、ナゼかお気に入りの極にゃみ的定番店。
レギュラーメニューの「野菜ラーメン」はその名の通りキャベツ・もやしなどの野菜がたっぷり。安くて早くてふつーに美味しい。

0909220186それから、北陸自動車道を走っててまたまたオナカ空いた~ってことで立ち寄ったのが、やはり極にゃみ的定番の「女形谷PA」。商売熱心で元気のいいおばちゃんたちがやってる活気のあるお店だ。ナゼか下り側しか行ったことがないんだけど、ココではあの“竹田のあげ”が食べられるのである。お気に入りのあげ定食もあるけど・・


0909220185いっぺん食べてみたかった「あげそば」。あのデカい揚げがどーんと乗ってる。しかも、じゅわっと甘辛く(関西のきつねほど味は濃くなくて薄味)炊いてあって、揚げだけでもけっこうな満足感。

 ★竹田の油あげ 谷口屋
 ★女形谷(オナガダニ)PA・下
新米おむすびも美味しそうだったなー。

0909220187けど、こんなものを見つけてしまったのだ・・・
「越前ヨーロッパン キムラヤ」の大福あんぱん。
レジのおっちゃんのトークに乗せられてついつい手に取ってしまったけど・・





0909220188リッチ系のパン生地の中に、あんこたっぷりの大福餅が・・
タダのあんぱんと違って、羽二重餅のようなとろりとした大福の皮が不思議な食感・・
ボリュームもたっぷりで満足感のあるあんぱんだった。
しっかし、炭水化物ばっかり食ってるな・・

越前ヨーロッパン キムラヤ

| | コメント (4)

『スパイラル・エイジ』

7歳も年下の男をふとしたはずみで殺してしまった女。Photo_2夫の上着から抜き取った“見覚えのない鍵”の主を消し忘れのケータイメールからつきとめ、乗り込む女。そしてその不倫相手の妻に乗り込まれた女・・・。
20年以上も生き続けている夜店ですくった金魚“ギンちゃん”がひとつの軸となり、40歳の三人の女性が巻き込まれていく非日常的な世界。
嫁姑・小姑との関係、痴呆と介護、性別役割分担と不倫・・いろいろなキーワードを織り交ぜながら、“腹をくくった女は強い”ということを実感させられるユニークな作品だった。
しっかし、ちゃんと“女”やってる女のヒトってえらいなぁ。オッサンな私はただただ尊敬するわ。

『スパイラル・エイジ』
新津きよみ 著
講談社 刊
2005年5月 初版発行

ところで、本書の参考文献として取り上げられている『スパイラル エイジング』は、「ワコール人間科学研究所」による40年間の調査研究をまとめたもの。
それによると、女性のからだには大きな変化が訪れるターニングポイントが3回あるそうだ。

 ★ココ!

1回目は、成長期から成熟期への転換期である16~18歳。次いで、成熟したオトナとして身体的に完成する24~26歳。そして最後が急激な体重増加や体型の変化が始まる37~39歳。つまり、老化の始まりってコト。

極にゃみ的には、1回目は学校の授業に適応できなくて胃潰瘍を患い、イッキに10kgの体重激減をやらかしたのでサッパリわからなかった。
2回目は“究極のデトックス”と言われている出産によってカラダが劇的にすっきりした時期とバッティング(パーフェクトにセルフコントロールする妊娠期間×授乳期間の一年半くらい?って、はっきり言って超シビアにカラダを絞れますよ←「妊娠ダイエット」って本を書こうかと思ったくらい)。
3回目の頃は、とある精神的ダメージによって一気に10歳分くらい老け込んだので、“スパイラルポイント”どころの騒ぎじゃなかった(・・けど、あの急激な老化現象には我ながらそーとー驚いた。一夜で髪が真っ白になったマリー・アントワネットほどではなかったけど)。

ま、山をやってるおかげで“急激な体重増加”はなかったけど(ちと油断したら今すぐ中年太りかも?だけど??)。

| | コメント (2)

SOURCE コンバーチューブ

行動中に手軽に水分補給ができるため、0909030001脱水症状を予防し、特に長い山行やハードに歩くときの体調維持に有効なハイドレーションシステムだが、なぜか抵抗感がある人がいまだに多いそうだ。体力的にムリが効かない中高年には特に重要な装備だと思うけど・・

極にゃみ的にはplatypusのシステムを使ってきたが、ドリンキングチューブのどこかにピンホールがあいたかして使えなくなったので、二代目として採用したのが長年お世話になっている山道具屋「ロッジ」のスタッフ・野間さんおススメの「コンバーチューブ」。



0909030002チューブ+アジャスタブルキャップがセットされていて、愛用のplatypusと組み合わせて使えるのだ。
「SOURCE」なんて聞き慣れないメーカーだって思う方もいるかもしれないけれど、ハイドレーション・システムでは現在ヨーロッパで一番人気だそう。砂漠などの苛酷な環境で行動するイスラエル軍でも採用しているメーカーで、ヘビーな条件下での使用を想定しているため、使い勝手も丈夫さもピカイチ。

0909030003同じく愛用のナルゲンボトルにも装着できるのがありがたい。しかもマウスピースが正円で、どの角度で咬んでもスムーズに水が出るのがほかにはない特徴。on/offがワンタッチで切り替えられるのも便利だし、市販のペットボトルに装着できるってコトは専用リザーバーを持っていなくてもハイドレーションシステムを使えるってコト。
コレで気軽にハイドレーションデビューしてみませんか~。

ちなみに、イスラエル軍だけでなく、米海兵隊、米陸軍、英陸軍、ドイツ連邦陸軍、アイルランド陸軍、オーストラリア消防など世界各国で採用されて高い評価を受けている「アーミーVersion」ってのがある。マニアの間では話題になりつつも、なかなか入手できないのが難点だったのだが、芦屋川の「Sky High Mountain Works」では10月下旬に再入荷予定だそうです。
 ★入荷情報はお店のブログサイトをチェック! ・・・ココ! 

| | コメント (1)

六甲山の山裾で・・

明るいうちからなんだか濃ゆい宴会モードです。
0909270134六甲山が好きで集ってる人々とは、知ってるヒトとも知らないヒトとも仲良くできます。で、いろんな話に花が咲きました。
山の組織、山の仲間、いろいろ考え続けているけれど、まぁとりあえず山ヤの端くれでいることにそれなりに満足してるかな。身の振り方は今考える余裕がナイ・・

“古い上衣よさようなら さみしい夢よさようなら”
久々に歌を歌いました。なかなかキモチよかった。
けど、私にとって古い上衣って?

| | コメント (2)

ねごろ大唐

和歌山のJAショップでみつけた「ねごろ大唐(おおとう)」。
Dscf0734根来寺で有名な和歌山県岩出市の特産品で、巨大なシシトウって感じ。唐辛子の仲間だけど辛くはなく、ピーマンのようなクセもなくて食べやすい。肉厚でとても甘く、柔らかい。直感的に直火焼きが美味しそう、と思ってグリルしてみたら大正解だった。

★紹介サイト・・・ココ!

阪神間では出回っていないのがザンネン・・

| | コメント (0)

『キノコは安全な食品か』

「日本のきのこ研究の第一人者が、Photo 健康食品とされるキノコと農薬、キノコと放射線、キノコと重金属・・・(中略)・・・実態を余すところなく描く、衝撃のキノコ読本」とある。

①キノコは菌類。植物ではないので、すべての栄養をほかの生物から得ている。つまり“植物”に近いイメージを抱きがちだが、どちらかというと“動物”に近い生き物である。
②松林が姿を消すなど、自然環境が大きく変化する中で、野生のキノコは激減している。それに反比例するかのように人工栽培のキノコは激増しているが、生産性を重視するあまり、ほとんど“工業製品”のような生産状態にある。
③ヘルシーフードの代表のように思われているキノコだが、実際の栽培現場では農薬や殺菌剤、正体のわからない栄養剤などが大量に使われているケースもある。とくに海外産のものに関する安全性はまったく疑問。
④種によっては重金属や放射能を溜め込む性質を持つものもある。天然モノ=安全とはいえないのが現実。
⑤人類史上、これほど大量のキノコを常時食べる食習慣はなかった。人工栽培の普及が早すぎて、食品としての安全性、そして生物種としての環境リスクなどが充分に調査・研究されないままに生きたキノコの輸入や新種の移入が行われている。

たとえば・・
・舞茸などは、ごく一部の人がほんのたまにしか食べることができないものだった。
・ブナシメジは歴史的に食用にされたことがない種である。
・エリンギは近年海外から移入されて栽培が盛んだが、ヒラタケの近縁種で胞子を飛ばす能力が高く、環境中に逃げ出すと周囲の生態系に重大な影響を与える可能性がある。
・マツタケは、北朝鮮・中国・韓国・カナダ・アメリカ・モロッコ・ブータン・トルコ・メキシコから大量に輸入されているが、元来土から出るキノコなので、茎の中にはカビや細菌が入っていて、完全に除去することはできない。万一在来種のマツなどに有害な微生物や害虫などが入っていてもなすすべがない。

「これほどおおらかに外国の生物を大量に受け入れている国も珍しいのである」とくくられている。一般にキノコ=食品という認識しかないが、動物ではなく、植物でもないナゾの多い生物なのである。

『キノコは安全な食品か』
小川真 著
築地書房 刊
2003年1月 初版発行

| | コメント (0)

芋&栗&落花生

今日のお夕飯には昨日の収穫物を・・
0909260004ビールの供には、茹で落花生。
とれたて新鮮な落花生を殻ごと塩茹でにすると、とても柔らかくて、おつまみとして売られているバタピーなんかとは全く別種の美味なのである。
未熟果の小さいものも、ミルクのような濃厚な味わいで美味しくいただける。



0909260001ヤツガシラは、里芋と異なり親芋も小芋も食べられる上、茎(ずいき)も美味しい。とりあえず芋は煮付けに、ずいきは酢味噌和えになってた。
我が家の主婦が「ずいきなんて今まで料理したことがないから、公民館でお年寄りの方に食べ方を教えてもらって来たのよー」だって。
去年、私が酢味噌和えと煮付けにしたの、食べてたやん・・・catface

0909260003_3栗はお菓子に加工・・って案もあるけどとりあえず栗おこわ。にゃみ家の炊飯器は最近ナゼだかとっても上手におこげを作ってくれるようになったため、おこげ処理班の極にゃみ的には毎日ごはんの食べすぎでタイヘン。
今日も美味しいごはんをありがとう。 

| | コメント (0)

秋晴れの農園にて

久々に和歌山の友人の農園へ・・
Dscf0720残暑が厳しく、まるで真夏のような陽射しが照り付けていた。






Dscf0702それでも、あぜ道にはヒガンバナが鮮やかな色をちりばめて、秋の訪れを主張していた。






Dscf0704冬野菜たちが成長をはじめ、
(これは白菜)






Dscf0711里芋は元気な葉を広げ、







Dscf0710試しに数株掘ってみたさつまいももしっかり育っていた。






Dscf0706百舌鳥のしわざ?








Dscf0725ちょいと見に行ってみたみかん山では、早生みかんが美味しそうに色づき始めていた。
まだ酸っぱいけれど、温室みかんなんかとは全く違うしっかりとした味わいだった。




Dscf0730そうそう、落花生が・・・







Dscf0732土の中にしっかりと実っていて、







Dscf0735塩茹でにして食べたら絶品でした。

秋の豊穣な農園は魅惑的な美味の宝庫。

| | コメント (0)

秋の花々@穂高

今回の“シルバーウィーク”山行で出会った花たち・・
0909210140新穂高温泉からのアプローチでたくさん咲いていたのは、キク科シオン属の「ゴマナ」。地味で小さな花だけどかわいらしい。






0909210154同じく林道にて・・
サラシナショウマかと思ったけど、オオバショウマかも。試験管ブラシみたいでかわいい。






0909190025キミは何アザミ?
極にゃみ的には、アザミはアザミ、まぁええか。







0909190017標高の低いところでよく目立っていたのがミズキ科のゴゼンタチバナの赤い実。
オオヒョウタンボクやマイヅルソウの実もいっぱいあった。






0909190013サワヒヨドリ?
キク科フジバカマ属だと思うけど、葉をちゃんと見なかったので同定できない。






0909190014夏の名残のトリカブト。









0909190042南岳西尾根ではコケモモがたくさん実っていた。ベニバナイチゴもたくさんあった。食べてみたけど・・






0909190047これまた同定できない・・セリ科シシウド属?









0909210157降りてきて、穂高牧場あたりでたくさん見かけたのはノコンギク?
涼しげな青紫がキレイ。

普段歩いているところと違う山域に行くと、いろいろ新鮮・・・

| | コメント (2)

珍しいカッコで・・・

ワケあって女装のフォーマルウェアでうろついたら、めちゃめちゃ疲れた。0909240001式は午後からだが、ちょこっと用事を頼まれていたので午前中に出かけたものの、ウエストのかっちりした服装だったので昼飯を食べる気にもならなかった。
歩きにくいわ疲れるわ暑いわ・・毎日女装しているヒトってエラいな。けど、久々にパンプス履いて歩いたらぐぐっと背筋が伸びた。一応こんな私だが、スーツ&パンプスで駆け回っていた過去もあるにはあるのだ。もうヤだけど。

| | コメント (4)

下天のうちをくらぶれば

知人が山の事故で亡くなった。0909190007長年クライミングを続けてこられて、今まで無事だったのに・・・。
私はとても臆病だから、山で死ぬようなことはきっとないだろうと思ってはいるけれど、どんなに慎重にふるまっていたって、ふと魔がさしたり、ふと死神に魅入られることってあるんだろうと思う。いつ死んでもおかしくないようなところで遊んでるんだもんな。

 人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり 
    一度生を享け滅せぬもののあるべきか

誰しもいつかは死ぬわけで、知人の訃報に接しても若い頃ほど動揺しなくなってきている自分を感じている。多分“死”が他人事なんかじゃないってわかってきているんだろな。

| | コメント (0)

阪急六甲の「白馬堂」さんにて

白馬堂さんで『六甲山を歩こう!』『六甲山ネイチャーウォーキングガイド』を0909230003 置いていただくことになりました。店主の“あさやん”こと浅野晴良さんは、いつもお世話になっている『エアリアマップ 六甲・摩耶』を担当されている方。
その地図とガイドブックが仲良く揃って、これから六甲山へ行きたいという方々をお待ちしていま~す。
白馬堂さんは、駅からスグの小さなお店で、ちょっとお洒落で、ちょっとこだわりの山グッズが揃っていて、そしてゆったりとした時間が流れています。とくにほしいものがなくても、山好き・六甲好きの方はぜひ遊びに行ってみてください。和み系店主さんとのまったりした会話で癒されますよー。

白馬堂
 神戸市灘区宮山町2-4-7 サニー六甲2号
 078-841-8986  
 12:00~19:00 水曜定休(ほか、不定休あり)

※白馬堂さんブログでさっそくご紹介いただきました・・・ココ!

| | コメント (0)

関西ハイキング2010

2年ぶりに『関西ハイキング』が刊行されました。
0909230001神戸・大阪・京都のそれぞれ“裏山”コースとか、六甲全山縦走路、生駒縦走歩道、京都東山トレイルなどを詳しく紹介。「世界遺産の山めぐり」と題して高野山や大峰、熊野古道なども取り上げています。

今回私はショップ紹介とクライミングジムデータのページを担当させていただきました。ジム、いっぱいできててびっくりしますよー。

★関西ハイキング2010
山と渓谷社 刊
2009.10.20発行(もう店頭に出ています)

| | コメント (0)

内蔵助谷の事故情報

山下さんの事故 富山チューリップテレビ・・ こちら


後日記:お通夜は23日に、告別式は24日にしめやかに執り行われました。たくさんの山仲間の方たちが参列してお見送りをしました。次の週末にも、あのいつもの人懐っこい笑顔で駅前でビールを飲んでおられるとしか思えませんが・・

※リンクの切れたリンク先は削除しました。
上記リンクもいつ削除されるかわからないので、以下に転載しておきます。(2014.6.7)

続きを読む "内蔵助谷の事故情報"

| | コメント (2)

紆余曲折の北陸路

いろいろな事情による紆余曲折の末、ナゼか富山で一泊して帰ることに。30_0909210178 んで、地元友人goriちゃんお勧め、駅前の「シネマ食堂街」にある飲み屋さんへ行ってみたものの運悪く本日お休み。





30_0909210180残念だけどまたの機会にぜひ行ってみたい風情のありそなお店・・。






30_0909210182 で、その後自室で独り酒を飲んだようである。ナゼなら、ココに動かぬ証拠が・・
で、ふと目覚めるとナゼか床で寝ていたにゃみにゃみ。である。せっかく三日ぶりに柔らかいベッドの上で眠れることをトテモ喜んでいたのに・・なんでやね~ん。

S・MRK邸に転がり込もうというワルい目論見は外れたけど、がっつり酔っぱらうという結果は同じであった・・・

| | コメント (2)

ジンクス打破! だけれど・・・?

山行最終日。またまた秋晴れの美しい朝を迎えた。
35_0909210125夜明け前から“我が家”の前は写真を撮ろうとする人々で溢れかえってニギヤカなことおびただしい。
暗いうちからうろうろしている人々を尻目にのんびりと起きだして朝ごはん。



35_09092101276時頃には奥穂への登り口は大行列・・恐ろしいくらい人だらけ。






35_0909210134我々は人けの少ない白出沢を下降する。
この道は十数年ぶりだけど、急でガレガレでやたらと長い下り・・このパートのためにストックを持ってきたが、大正解。
コースタイムには下り5時間半と書いてあるが、3時間ほどで白出沢出合に着いた。


35_09092101563日間ともとってもいい天気に恵まれて、快適で楽しい山行だった。ダレとダレが悪天コンビやって?
そんな悪いジンクスは完全に払拭。これからは晴天コンビと呼んでくれ。
と、意気揚々と下山してみたら・・・


200_0909210172こんなコトになってましたが・・・coldsweats01
(あ、車上荒らしじゃないですからね。新穂のパーキングは警備の人が巡回してて管理はばっちり)
連休の観光地なもんで、道路が大渋滞して、JAFに救援依頼してもなかなか現着できない・・・さっさと降りてきたのに、帰れないんですけど。
アレですか、ホントのところ、「悪天コンビ」じゃなくて「トラブルコンビ」だったんですか。

| | コメント (0)

秋晴れの穂高連峰

秋の山行二日目は、南岳小屋から大35_0909200081キレットを越えて白出コルまでのショートコースなのでのんびりと起きだし、6:30頃ゆっくりと出発。快晴だが、前日に書いた天気図からの予想通り風が非常に強い。
足場が悪い上に時折強烈な突風が吹くので、時々耐風姿勢になっちゃったりなんかしつつ・・・



35_0909200097KR井さんのサポートは組長がばっちりしてくれているので、お気楽に楽しく歩く。
ガチャがないから荷物も軽いし、気分もるんるん♪
一般ルートの縦走登山って楽し~♪
くらくらするよな足場で風が吹くとドキドキするけど・・


35_0909200111北穂のちょっと下のガレ場で降りてきた人からの落石が腕に当たってちょいと痛い思いをしたけれど、連休のワリに日程的にまだすれ違いの人が少なかったので助かった。
北穂の小屋では、折り畳み自転車を担いで来たヒトに出会ってびっくり。ドコで乗るねん・・・


35_0909200114お昼に白出コルについてさっさとテントを張るが・・続々と登山者がやってきて、午後も早い段階でテン場は満杯。最終的にはありとあらゆるスペースにテントが張られてエラいことになっていた。快適我が家からは前穂北尾根がばっちり見えて、のんびりと昼ビール&お昼寝タイムを楽しんだ。

35_0909200118そして今日もまた極上の夕陽を眺める。
日暮れ時になっても続々と人が押し寄せて来て、小屋泊のヒトはたいへんだっただろうな。やっぱりテントはマイペースで過ごせるのでとても快適。
サッサと寝てしまったCLをほっといて、KR井さんがボッカしてきてくれたワインでほっこりして就寝。今日もいい一日をありがとう。

| | コメント (2)

秋の穂高ツアー一日目

“シルバーウィーク”はS穂クラブのパーティに紛れ込み、穂高縦走ツアーへ。
0909190019爽やかな秋晴れの中、新穂高温泉から入山し、南岳西尾根を登る。






0909190030ここ数年穂高周辺にはあまり来ていなかったので、久しぶりでとても懐かしい。
剱もいいけど穂高もね!って感じ。





1_0909190055ぐんぐん登ると、どんどん展望が開ける。
尾根の最上部まで行くと中岳の向こう側に槍の穂先が見えてくる。もう少しで南岳の小屋。
KR井サンがんば~。




1_0909190063がんばったご褒美はとっても美しい雲海に沈む夕陽。秋の山は快適でとってもステキ。
縦走スタイルの登山はとっても久しぶりで、なんだか新鮮な感じ。やっぱ“お気楽山登り”が好きかも・・

| | コメント (0)

台風14号

南海上にあって北進中の台風14号「チョーイワン」は、中心気圧935hPa、Photo 中心付近の瞬間最大風速 70m/sでくっきりと目が現われた「大型で非常に強い」台風だ。
予想進路を見てみると、上陸することなく東寄りに進路を変え、日本の東の海上を進むようだが、半径500kmで15m以上の風が吹き、脊梁山脈の高山では離れていても“引き”の風が強く吹く可能性が。


Photo_2高層天気図の予想図を見ると、19日に弱いトラフが通るものの、20日にはリッジの前面に入りそう・・だけど、なんともよくわからん雰囲気。さて、“シルバーウィーク”の山の天気はどうなるでしょう。
北アの3000mあたりでは、先週くらいは最低気温が氷点下近くまで下がって冷え込んでいたけれど、現在の予報ではやや高め。日中は6~8度くらいで推移しそうだけど、山へ行く人は防寒対策は万全にねー。

| | コメント (0)

恒例・秋のアレルギーシーズン開幕

ここ7~8年、春の花粉症だけではなくて秋にもアレルギー症状が出る。0909160014最初の数年間は春と同じく、気管支炎が発症していたのだが、数年前に越後の山へ行ったときに虫に刺されたのがきっかけで、病院通いをするほどひどい湿疹になったことがある。皮膚に出るか、気管支に出るか、そのときたまたま弱っている方に出るような気がしている。いずれにせよ、例年はもっと秋も深まってから発症するのが、今年は1週間ほど前から症状が始まった。

0909160006アレルゲンが何なのかわからないけど、何かでうっかりひっかいてしまったところとか、衣服が擦れているところなどが湿疹になってとてもかゆい。重症化するとステロイドを服用し続けてもなかなか治らないことがわかっているので、もう“腫れ物に触るように”どころか“腫れ物には一切触らない”決意で・・。しっかし、これがまたなかなか精神力が要求される苦行なのである。
思う存分掻き毟りたい~・・けど、結果がわかってるのでゼッタイ我慢~・・

| | コメント (2)

うりずん

最近ちょいちょい見かけるようになった新顔野菜。0909150003マメ科シカクマメ属のツル植物で、断面が四角形をしたサヤごと食べる。
熱帯アジアが原産で、開花結実時にある程度の温度が必要なため、これまで沖縄以外では栽培が難しかったのだが、「ウリズン」という新品種が出てから栽培エリアが広がったようだ。わずかに苦味があるものの、シャキシャキした歯ごたえでクセもない。


Sikaku_0909050041油と相性がいいみたいで、先日の沢キャンプのときに初めて見かけて買ってみたのだけど、天ぷらにしたらとても美味しかった。
今回は福井の「ファームビレッジさんさん」で見つけたのでまたまた買ってみた。割とお気に入りかも。いろんな食べ方にトライしてみたいけどうちの近所では見かけないなー。
★保存する場合は冷蔵庫に入れると黒ずんでしまうらしいので注意。

| | コメント (2)

初見参!ナカガイジム

数年前に一度行こうと企んだら、0909150047 時ならぬ大雪で交通網がマヒして行き着けなかったナカガイジム。昨日、なっちゃんが誘ってくれてようやく行くことができた。連チャンやなーと思いつつ、こーゆー機会に行っておかないと二度と行かないような気がして・・・coldsweats01





1_0909150006摂津市の倉庫街にあり、アプローチ核心な立地。
割と大きな倉庫を改造して作られたジムで、複雑な形状のボルダー壁があって、その奥にそこそこの高さのリード壁もある。
内部は全面ふにゃふにゃっとしたマット貼りで、絨毯敷なので掃除が大変だろうなーと思う。



1_0909150020少し前にホールドチェンジをしたそうで、そのまま復旧完了してない状態らしく、ホールドが非常にまばら。足自由の課題も「選択肢ないじゃん!」状態でか・な~りムズい。
ジロさんに「登れる課題がナイ!」って言ってみたら、「うちは初級者は相手にしてへんから」 ってあっさりいなされたdown
はいはい、すみません対象外な客で。


1_0909150026途中でなっちゃんのお友達も来られ、二人はリード壁へ。リードはまだ数回しか経験がナイと言いつつ前傾壁にも果敢にチャレンジしておられた。
極にゃみ的にはボルダーのみのつもりだったんだけど、垂壁の5.8をやってみれば?って言われて、ひもは超久々やなーと思いつつ渋々?取り付いたらえらいことに。


1_0909150015ホールド甘いわ、クリップコワいわ・・C○UXにあったら10cくらいとちゃうか?コワい!ヤバい!ムリっ!と大騒ぎして途中敗退(情けないやつ・・)
さすがになっちゃんはさくさく楽しそうに登ってたけど、やっぱ私ゃ高いトコはニガテだ。




1_0909150007ボルダー課題もけっこうムズくて、初級向けという黄色テープに黒数字シリーズにあちこちでイワされた。一番カンタンなのはコレ!と言われたナガモノ(入り口の赤テープ)も途中で落ちた。はぁぁ・・

10時半前に帰途についたけど、最寄のJR駅まで送ってもらって帰宅したら午前0時。うちからだと超足の便が悪い。
こんな機会がなければいけないので、誘ってくれたなっちゃんに感謝。ありがとー。次は長岡京やね。

| | コメント (4)

極にゃみ的ボルダロッサR-3

コンペ翌日の静か~な環境で、こっそり課題を触ってみることに。
0909140166前半ジム番君のザーリーに絡んでみたけど・・
気は優しくて力持ち、か・な~りデカいザーリーの登りはマッタク参考にならない。
極にゃみ的には、一撃完登は一番カンタンな34番のみ。次にカンタンとM嬢おススメの柱の50番はナニゲにコワくてゴール手前の一手が出せず、5トライ以上かかった。


Nyami_131ジャッジしながらみんなの登りをずーっと見てたから、ムーブは完全に頭に刷り込まれてるはずの28番・30番にも苦戦・・

休み休みのまったりトライで、帰るまでに6完登・1K点。得点を計算したら16.42で、もし出場してたらブービー賞だ。
なかなか手強いボルダロッサ・・じゃなくてにゃみにゃみ。がへぼいんだってば。
けど、触ってみた課題はどれもすごく面白かったな。

←これは135度からスタートしてカンテを越えて右壁へ抜ける13番。


Nyami_132イワちゃん店長にいろいろアドバイスもらいながら奮闘・・
ムーブを起こしてロックするタイミングとかが極にゃみ的課題で、とても面白かった。

一応ルーフ課題のカンタンなのも触ってみたけど、離陸不可能系・・。「腹筋ないからムリ」って言ったら、むさびーコーチに「腹筋の使い方がわかってないだけ」と言われた。ふむ。






Nyami_9スラブ課題もどれも“不可能系”で、ハイステップもキビしいし、踏み替えもムズい。けど、トライはコワ楽しい・・

あー、ロクスケが近所にあればなぁ。
すっかり涼しくなったし、ちょこっと地元で登ってそこそこ遊べる程度に持久力つけて、がっつりロクスケ合宿行きたいな。


ROCKSCAPE bouldering gym 福井市西開発4-701 0776-53-8238

| | コメント (2)

美味なる週末@福井

土曜日の仕事が終わるや、サンダーバードで一路福井へ・・・。
0909120138福井着は21時半頃だったが、ボルダロッサR-3の準備も順調に終わったようで、くま家にて3人でほっこり和みタイム。
いつもながら美味なる福井の夜であった・・





0909130140翌朝、日曜日は“長~い一日”になるので、朝から滋味あふれるくまご飯をがっつり。
炊き立てご飯が進む進む・・






0909130155コンペも順調に終わり、日曜夜はまたまたくま家にてほっこり和みタイム。
朝も昼も夜もよく食べたなぁ・・。
またまた美味三昧な週末、ご馳走さまでした。

| | コメント (2)

お約束の帰り途・・

福井から帰るときのお約束・・
0909140172少し早めに駅まで送ってもらって、駅のホームにある「今庄そば」で立ち食いそばを食し、キオスクでビール&“一本義”のワンカップを仕入れて乗車、ってのがパターン。

福井の「かけそば」は、たっぷりの鰹節がトッピングされている。大阪のは向こうが透けるほど薄い蒲鉾とてんかす、ネギだけだけど。


0909140174いずれにしても、一本義はマストアイテム。
そこそこ込んでいたけど、なんとか座れて、ちびちび飲みながら楽しく帰れた。

| | コメント (3)

今日のランチは「ゆう生庵」

なぜかまだ福井にいるのである。で、ランチはロクスケから歩いていけるそば屋へ。0909140161“本手打ち十割そば”と銘打っている「ゆう生庵」。
前回来た時は定休日だったので食べ損ねたけど、ココの「揚げ焼きおろしそば」が大好きなのである。
くま家の“ヘルシー絶品美味朝食”で竹田の揚げを食べたので、「揚げ焼きはやめとく」って宣言して行ったのに、やっぱり注文してしまうこの魔力。


0909140162べつにおろしそばに揚げをトッピングせんでもええやろ・・と思うけど、これがなかなか病みつき系の美味。今日も美味しくイタダキました。

★本手打ち十割そば ゆう生庵
福井市高木中央1-326  0776-53-6018
11:00~14:30 17:00~20:00 日曜定休

| | コメント (2)

ボルダロッサR-3

前回前々回に引き続き、「ボルダロッサ」の助っ人・・。
0909130143_2今回のメインセッターは茂垣敬太さん。
石川・岐阜・新潟・山口・長野・大阪など他府県からの参戦も多く、いつもながら非常に面白いコンペだった。
参加者は56名、90分×2ラウンドのセッション。
スラブからルーフまでさまざまな傾斜に50本もの多彩な課題が・・


1_0909130149女子上位は山口の小田桃花さん、大田理裟さん、新潟の片桐麻由子さん。みんなきゃしゃでちっちゃいのに、素晴らしい登りを展開してた。


★リザルトは ・・・ココ!

| | コメント (4)

さあ移動。

“今日のわざをなし終えて~”、移動開始。0909120134予定していた列車には間に合わなかったけど・・
楽しい週末へ向かってサンダーバードは走る!

昼も弁当だったんですけど~・・
何か気の利いたアテを仕入れようと思ったけど、めぼしいものは軒並み売り切れ。駅ナカで買ったミニお弁当が旅の供。ちと寂しい・・

| | コメント (1)

週末だけど・・

急遽駆り出されたのは納期が月曜朝ってとあるシンポジウムの報告書。
0909110006「テープ起こしは外注したんで、まとめるのだけよろしく」って・・・最初からゼンブ私に外注してくださってもヨカッタんですけど。前に1時間2万円って強気なことを言ったからですか。だって1時間分起こそうと思ったら録音状態と要求されている精度によるけど、ヘタしたら2日かかるんです。
中身を理解しないまま文章のタッチだけ指示通りにさくさくまとめてとっとと帰って来た。
晩御飯はサンマ。小骨もワタもきれいに食べるヒトには憧れるけど、小骨がヤなんで手で除去しながら食べたら、手がサンマ臭い・・いくら洗ってもとれん。

ところで今日、北アルプス・穂高で救助活動中の防災ヘリが墜落して、救助隊員数名が亡くなるというショッキングな事故が起こった。墜落したのは防災ヘリの「若鮎Ⅱ」(ベル412型機)。5名の隊員のうち3名が遺体で発見されたとか。残りの方がどうかご無事でいらっしゃいますように・・     ★ココ!

| | コメント (3)

予定はおおむね未定です。

9月開講予定のとある講座が、募集定員にならなかったので中止になった。で、0909110012今日の予定がブッ飛んで、おでかけついでに遊ぼうと思っていたプランも自動消滅。お遊びプランだけは決行してもよかったんだけど、なんとなく“予感”がしたのでペンディングしていたら案の定、午後から別件でつかまりそうな気配。私の予定は概ねいつだって未定。何でもいいけど儲かるシゴトをくだされ~・・・coldsweats01

週末はイベント×2で一応確定。山には行けないけど、これはこれで楽しみだ。

| | コメント (0)

がっつりボリューム、市役所ランチ。

時々、出回り先から近い大阪市役所の食堂へ行く。0909090001暑い中うろうろするのもイヤだし、ドコへ行こうか考えるのも面倒だからなんだけど、学食みたいな雰囲気でボリュームたっぷりの定食が食べられるから割とお気に入り。
ふつーの人たちのランチタイムをちょいと過ぎたころに行くと、タイムサービスのメニューが登場してることもある。通常の日替わりランチ+ミニうどんがついたりとか。しっかし、味噌汁にうどんにご飯って、ちとミョーでないか?

0909090002この日のオカズは、ほうれん草&ベーコン+たまごサラダのコロッケ2種盛り。揚げたて熱々ではなかったけど、コロモがカリカリしてて、ほんのりあったかくって、なかなか美味しかった。ご飯の選択肢に「五穀米」が登場してるのもよかったな。
デスクワークなのにこんなに食っていいのか?って点はさておき・・

| | コメント (2)

『男たちの宝塚』

“女の園”タカラヅカに「男子部」があった・・。Otokotatinotakarazuka 少女歌劇から始まり、女性だけの歌劇団として人気を博してきた“タカラヅカ”だが、創始者小林一三さんは、何度か男性劇団員の導入を試みたそうだ。終戦後の一時期「男子部」が設立されて、応募した25名の男性が「明日のスター」を目指してレッスンに励んだとか。しかし、一度も大劇場での通常公演の舞台を踏むことなく男子部は解散。存在すら忘れられてしまった「元・男子部」のメンバーに取材し、当時のことやその後の人生を記録したドキュメンタリー。宝塚市民としては読んでよかったと思える一冊だった。

「男たちの宝塚」
辻 則彦 著
神戸新聞総合出版センター 刊
2004年12月 初版発行

★送ってくださったマメオさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

ちょこっとボル

助っ人先で3時過ぎに唐突に作業が終わってしまった。090909_ocsb26早急にやんなきゃいけないタダ働き系のお仕事はあるんだけど、とりあえずちょこっと登って帰ろうか・・ってワケでちょこっと寄り道。先日来打ち込んでるけど全くできる気がしなかったピンクの26番がワントライ目で登れてしまい、気をよくして同じくピンクボル課題でハリボテで動けない「A」と、daiホールドから終了点に手が出ない24番も片付けようと思ったけどゼンゼン無理だった。
デッドで左手を出す課題ばっかり打ち込んだせいか軽く左肩を傷めたっぽい。手足が短い上に性格がザツなので、遠いホールドはどうしてもデッド系の粗いムーブになってしまうの、よくないよなぁ。

| | コメント (2)

“勝手に夕涼みカフェ”のメニュー

にゃみにゃみ食堂では、夏野菜をメインに使った、ヘルシー系前菜アラカルト。
0909080009手前右から、ナスの揚げ浸し、“ベストもやし”のナムル、かぼちゃとカマンベールのサラダ。
2列目右はインゲン豆のナムル、茄子と胡瓜と紫玉葱とミョウガのぽん酢和え。
出先からの移動だったので、保冷バッグに入れて持ち運び。冷たくても美味しいメニューをセレクトしました。


0909080015それから、umeちゃんが持ってきてくれた「ムーラタルト」のキッシュロレーヌが美味しかった。
昨年末の“チャリクリ”ではキッシュ屋さんだったんだけど、ワインに合うし、作り置きで冷めても美味しいからお気に入りのメニューだ。極にゃみ的には、オーブン料理は暑い間はやんないけど、秋が深まってきたらまた作ろうかな。

| | コメント (0)

中之島にて「勝手に夕涼みカフェ」

umeちゃんを誘って、中之島にて納涼宴会。0909080008
中之島線の開通に伴って中央公会堂の南東エリアの川沿いが整備され、川に面したデッキが作られている。
自由に使ってよさげなテーブル&チェアがたくさん設置されているので、いっぺんココで宴会やっちゃろ・・という企画ナリ。



0909080014アレコレ持ち寄って、涼しいひと時を美味しく過ごした。
同じようなことを考えるヒトはいるもので、一段上のエリアでは10数人のグループがテーブルを3つ寄せてワイワイ。
これから気候のいい間はこーゆー楽しみ方もアリかな。
昼間なら真冬でも大丈夫かも。

0909080007中央公会堂のライトアップがきれいです。
ほかのヒトも誘ってまた来よか~、と大満足な二人であった。
水都大阪2009の会期中なら、警備の方がおられるので夜でも安心。

| | コメント (4)

ポルチーニもどき?

イグチ科のヤマドリタケは、フランスではセップ、0909040001 イタリアではポルチーニと呼ばれる高級食材。では近縁のアカヤマドリは?
先日森の中で大きなアカヤマドリを見つけた。あまりにデカくて、しかも山行前だったのでとりあえず干してみたら、とっても美味しそうな香りに干しあがった。乾燥ポルチーニと香りがよく似ているんだけど、ホントにアカヤマドリかな?毒キノコだったらどうしよう・・

| | コメント (5)

三川山佐津川左股

この週末は、源平一の谷チームに紛れ込み、ゆく夏を惜しんで沢登り。
0909060051トチとブナの美しい森を流れ落ちる“癒し系”の沢とのこと。
権現様にご守護をお願いして入渓。
水流は少なめで、容易に越えられる小滝が連続。一箇所“ゼッタイ落ちそう”な滝でお助けを出してもらったけど、それ以外はノーロープで進む。
緑深い山で、トチの大木がたくさん。色鮮やかなコケの上につややかなトチの実が落ちていた。

0909060053なっちゃんから「中俣がお勧め」と聞いていたけれど相談の上、結局左股へ。
8m滝は登れそうにないので右岸から巻くが、不安定な泥付きが意外と悪く、どんどん追い上げられてとてつもない大高巻きとなった。河床に戻れるか不安だったが、ラッペルなしで下れた。次の20m滝で再び右岸を高巻くが、沢では巻きのルートファインディングがやっぱり核心。

0909060056ツメの手前で水があるうちに・・と昼食に素麺タイム。K-Iさんが半田麺を持ってきてくださって、茹で上げの熱々をいただいたが、涼しい沢中ではとても美味しかった。





0909060054650mあたりからブナの森になる。沢をツメてヤブコギが長いのもうっとうしいので、700m付近からピークへ突上げる尾根へと取り付く。稜線手前で、何か違和感のある場所へ・・・妙に人工的な感じのする地形で、そこだけ植生が違う。とってつけたような草が一面に生えている。さらに登って中股のツメに出て驚愕した。
大規模な山腹工事・・・
大きながけ崩れが起こったのだと思うが、これのせいで水が濁っていて、しかも川底に茶色い泥がたまっていたのだと思い当たる。入渓前からずーっと感じていた違和感の正体はこれだったのだ。

山が“病んで”いる。

山頂まで道路が敷かれ、電波塔が5つも建てられている山だけれど・・・
自然治癒力を封じられ、鉄骨とコンクリートとその地に元々ない種子を傷口にすり込まれた山が、病んでいるのだ。
0909060058たくさんの切り倒された木々、重機で削られた痛々しい工事用の道路・・・。
放置すると下流域で土石流が発生する危険性があったりするのだろうか。専門家が調査し、必要だから実施されている工事なのだろうから、素人がとやかく言うべきではないのだろう。

けれど、病んでいる山の“気”を私は感じた。悲しんでいるとか、怒っているとかではなく、病んでいた。

“癒し系の沢”がある山は、満身創痍の態だった・・・

| | コメント (4)

沢キャンプ

この週末は、兵庫県の北の方にある沢へ・・
0909050001短い沢だが、ちょこっと釣りなども楽しんでみようという趣向で土曜日の午前中に出発し、途中の道の駅で地元産の新鮮野菜を仕入れたりしながらのんびりとアプローチ。
夜はもちろん宴会キャンプです。



0909050038釣れたのはこんなお魚ばっかりだったけど、実質的に釣りデビューだった極にゃみ的にはかなり感動。

外道?ほっといて。このお魚たち、ホントに美味しかった。そりゃーイワナ君はステキだけど、トラウトにしか価値がないとは思わないな。

0909050044極にゃみ的にはエサのみみずをどうしてもハリにつけられないヘタレだったけど・・
釣り上げられて暴れる魚にパニクってぎゃーぎゃー言ったけど・・(同行の皆さまごめんなさい)

生き物の命をいただいて生きている、という実感を持つことって普段は全くないだけに、インパクトのある体験だった。「天ぷらにしかならない」って言われているウグイだけど、塩焼きもとても美味しかったですよ。もちろん揚げたての天ぷらは絶品でした。

| | コメント (6)

ようやく出番・・New沢シューズ

長年履いてきた沢靴、フェルトソールがすっかりヘタってしまってた。
0909040002_2先日扇ノ山小又谷に行ったときに滑りまくり落ちまくりで「もう買い替えなアカンなぁ」と実感したものの、なかなか買いにいけなくて。未遂に終わった台高行きでは内心ホッとしたりなんてこともあって、その直後ついに新調したものの、沢行きのチャンスはなく、このままシーズン終わるのか?とあきらめかけていたのだが・・。とあるご縁でこの週末は兵庫の山奥の“癒し沢”へ行くことに。

そういやこのクツは、黒部川上の廊下以来のおつきあい。長年よくガンバってくれました。ありがとう。

| | コメント (3)

『guddei』

季刊の情報誌『guddei』、最新号が好日山荘さん各店の店頭に出ています。
0909050001定価100円なんだけど、お買い物をするとタダでもらえます。タブロイド12Pで、全長80kmのブナの森を行く信越トレイルの紹介や、イラストレーターの鈴木みきさんの小川山レポート、旅作家掘田貴之さんの焚き火に関するエッセイなどなかなか読み応えアリ。
縁あってバックナンバーをゲット。2号はユージさん、創刊号は『岳』の作者・石塚真一さんのインタビュー。読むのが楽しみ・・

★『guddei(グッデイ)』web購入は ・・・ココ!

| | コメント (0)

うりばっか・・

オナカ空かせて帰宅した。たいていいつもは何か夕食の残り物にありつけるんだけど、0909040014 今日はめぼしいものが何もなかった。
今さら料理をしようって気にもならなかったので、きゅうりを叩き割ってジャコと醤油をかけて食べようとしてたら、にゃみ母が「カボチャの炊いたんがまだあるわ。それにヌカ床にウリがちょうど漬かってるはずです」とかって言うので、ウリを出して切りながらつい「瓜ばっかりやがな・・」とボヤいたら、勝ち誇ったように「カボチャがあるでしょ!」だって・・
母上さま。カボチャもウリ科です。

| | コメント (3)

こっそりジム詣で。

ぽっかり日干し状態だったので、開き直って午後からこっそり登りに行くことに。
1_0909030010そしたら、なんと午後からお休みのyukioさんが登場。先日、yukioさん似のおにーさんにニコヤカに挨拶したら見事にシカトされたことがあり(別人だった)、びくびくしながらチラ見してたらご本人だった。ヨカッタ・・
どーしても途中からムーブがわからない課題をやってもらったりとかして遊んでもらった。



0909030011yukioさんはとても親切で癒し系キャラなので、会えてラッキーだった。
宿題がいくつか残ったけど、ずーっとコワくてムーブを起こせなかった黒ボル14番がさくっと片付いてうれしい。ピンクの24、25も今度お片づけしてやるから待ってろよっ。

ところでハヤシ社長は最近カヌーに凝っているらしい。一応「乗せてくださいよ!」って言ってみたけど、ライジャケ持ってないし、極にゃみ的にはカナヅチだし、淀川で溺れるのはやっぱヤダ・・

| | コメント (4)

『カムナの調合』

読み始めてから気づいたけど、前にもいっぺん読んだ・・(←よくあるできごと)
Kamunano_takuki大陸から密航してきた中年男女がもたらしたものは、突然発狂して周りの人々を無差別に襲うという恐ろしい病原菌(?)。生物兵器、カルト信仰・・怪しい要素をおもいきりちりばめた小説。
作者は、前作を書いたときに出版社の上層部から「カルト集団が秘密研究所で生物化学兵器の研究をしているだなんて、いくら小説でもリアリティがない」と評されたとか。それにもめげず?本作を執筆していたら脱稿する直前に「あの事件」・・“尊師”率いるアノ教団がサリンをばら撒いたあの事件が勃発。今度は「あまりにも似すぎていて、オウム事件をモデルにしたとしか思えない」状況になってしまったのだそうだ。

「・・(略)・・やがて、そうした理性すらをも超えた、より大きな存在への帰属意識が、陣市の精神を昇華させていった。」

薬草や茸を調合し、思いのままの薬を作り出す“山の民”が暗躍するストーリー。神という概念に近い、自然そのもの・・自然に同化することによって“大きな存在”にアクセスできる、という考え方(信仰?)。

漂泊する山の民を扱った小説はいろいろあるが、自然を離れ、人工的な環境に身を置くしかない近代人は、自然と同化しながら暮らすことに本能的な憧れを抱くのかもしれない。

『カムナの調合』
たくきよしみつ 著
読売新聞社 刊
1996年3月 発行

| | コメント (2)

トらやんツアー&お祭りメシ

べつに気に入ってるワケではゼンゼンないんだけど・・・0909020006 バーコード頭にチョビ髭、放射線感知服《アトム・スーツ》を着てる”なにわのトらやん”。
可愛いのかブキミなのか、さっぱりわからん“トらやん”に惚れたワケでは決してない。が・・ナゼか連日トらやん詣でだ。なんでだ・・?
今日は、京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」へトらやんに会いにいった。めくるめくトらやんワールド・・ってーか、かなりの不思議ワールド。

0909020014ついでに、「水都大阪2009」の中之島会場で展開する“水辺のバザール”で、各国料理の屋台が出ているので、ランチにちょっと味見をしてみっか、と行ってみた。カレーを食べるつもりだったけど、あまりに暑かったのでついついその手前にあった「冷麺」のお品書きに引き寄せられちゃったんだけど・・・
代金と引き換えに渡されたのは、私がなるだけ避けて通っている「プラ容器」に入った麺と、ビニールパック入りのダシ。ちょっと急いでいたから「すぐできますよ~」って売り子のおねーさんが言ったひと言に反応したんだけど、保冷庫から出して渡すだけ。できますよー、ぢゃなくてできてますよー、ぢゃねえかよ。いいけど別に。

ダシはマズマズ美味しかった。韓国直輸入。麺は当然茹で置きなんでまぁいい。ゆで卵はアレ、切っても切っても同じアレですわ。
コンビニ麺レベルと思ったら600円はちょっと高いな。この商品に払える限度は420円くらいかな。でもお祭りってこーゆーもんやねんな。
昨日で懲りなかった私って多分かなりおめでたいヒト。「チっ」と思ったついでに、ついつい割り箸割っちゃったよ。だって渡された包装してないやつ、返しても捨てるだけだから。

| | コメント (2)

お好み焼きパニーニ・・

水都大阪2009の一環で大阪市役所入り口ロビーに“おもてなしカフェ”ができている。
0909010011あの“ジャイアント・トらやん”を眺めながらお茶できるんだけど・・イチオシメニューが、あのメイドイン尼崎の地ソース「ワンダフルソース」を使ったカツサンドセットとお好み焼きパニーニ。
「ナンやねんソレ?」と、ついつい「お好み焼きパニーニ」をオーダーしちゃった私って・・・
そうとうなお調子者である。


0909010014いや、お好み焼きがね、はさまってるんですよ。・・ってそのまんまやんっsweat02

何を隠そう、やきそばパンが好きである。たこせんも好き。パンにやきそばっておかしいと思う。せんべいにたこ焼きもヘンである。けど、その組み合わせがみょーに美味しいのだ。
で、コレ。ふつーにお好み焼き。パニーニ全く存在感なしっ・・ んん?手で持って食べられるように?なるほど・・食べ歩きにもぴったりってか?うーん、1/3くらいのサイズだったらよかったな。でもワンダフルソースはなかなか美味だった。
それから・・ふつーのカフェって、心地よいBGMが流れてたりするものなんだけど、トらやんから流れてくるみょーな音がなんともシュールで、あたり一面不思議感満載。トらやんがたまに火でも噴いてくれたら盛り上がるのになぁ。

| | コメント (0)

今年の「六甲全山縦走大会」は・・・瞬間完売!

毎年恒例11月に行われる「六甲全山縦走大会」。09090100049月に発売される「資料」が参加申込書なのだが、例年たいへんな人気で1週間くらいで売切れてしまう。昨年は3日でなくなったと聞いたので、朝から行ったら・・えらい大行列っsweat01
三宮・交通センタービルにある観光案内所が窓口なんだけど、9時の販売開始時間にはすでに長蛇の列。うへ?最後尾はいったいドコ?状態・・・

09090100061時間並んでなんとか必要分はゲットしたけど、今年は初日で完売。早めに行ってよかった~・・・買いに来たひとたちも混雑振りに驚いていた。

あ、にゃみにゃみ。がゼンジュウに参加するワケではありません。他府県から岳友がお仲間と来てくださるのです。楽しみ・・・
(って、ジツはゼンジュウ大会に出たコトがない・・・ナンてコトは立場上企業秘密なんで、表向きには口が裂けても言えない・・)

あ!ちなみに、全山縦走コースに関しては、『六甲山を歩こう!』に9分割で詳し~くご紹介してますからねー。分割で踏破して大会に臨むって方にも、大会はちょっと無理だけど、自分のペースで歩きたいって方にもお勧めですよ~。ジュンク堂さんやブックファーストさんでお買い求めくださいねー。
★オンラインショッピングは ・・・ココ!

| | コメント (4)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »