« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

カロリー収支は確実にプラスな日曜日。

か・なーり、ヤバいっす。1001310001昨夜、死ぬほどギョーザ食ったのに・・・
それなのに、それなのに、ランチはまたしてもコナモン。お好み焼きに焼きうどん、昨夜食べ残したギョーザまで・・またもやハラはちきれるほど食ってしまったsweat02
食べすぎは確実にカラダに悪い。フィジカルなコトには敏感な極にゃみ的にはよーくわかっているのになぁ。



0_1001310001午後からは、にゃみ母とおでかけ。西宮のプレラホールにて、「西宮文楽探検Part13 知的文楽探求セミナー」ってことで、国立文楽劇場の大道具さんのお話+「傾城阿波の鳴門」から「巡礼唄の段」。例年国立文楽劇場の新春公演には行くんだけど、今年は行き損ねていたのでちょっとうれしい。竹本相子太夫さんの語りだったけど、泣かせるわー。

| | コメント (0)

『出口のない海』

『半落ち』『クライマーズハイ』なDegutinonai_2どでお馴染みの横山秀夫さんの作品。例によって映画化されてたなんてことは全く知らずに手に取ったのだが・・
「回天」と名づけられた“人間魚雷”に搭乗する特攻隊員を描いた作品で、“特攻”って言うとゼロ戦を連想するけど、魚雷・・って言うのがさらに怖い。魚雷を無理に改良したために、操縦が非常に難しい上、故障や機器トラブルで搭乗員が無駄死にすることも少なくなかったそうだ。「国のために死ぬこと」が美徳とされた異常な時代に翻弄された若者たちの葛藤・・・。ずしんと心に重たい作品だった。


『出口のない海』
横山秀夫 著
初出:1996年(マガジン・ノベルス・ドキュメント)
2004年改稿し講談社にて単行本化

| | コメント (0)

伊丹昆虫館と昆陽池公園

兵庫岳連自然保護委員会の観察会で昆陽池公園へ。Dscf7035いろいろあって朝から遭難しかけたものの、何とか一行に合流。
日本野鳥の会兵庫県支部から講師を2名お招きして、池の周りで今見られるいろんな野鳥のことを教えていただいた。
しまったー。双眼鏡忘れてきたやんけー。
ひたすら講師にくっついて、照準を合わせたバードスコープを覗かせていただくことに。


Dscf7088 ぼーっとしてるアオサギなどは見られるが、ちょこまか動くミコアイサなんかはなかなかスコープでは見ることができない。近眼なので「あのパンダ顔がかわいい」とか言われても・・・
それでも、カイツブリ、ダイサギ、ハクセキレイ、ヒドリガモ、ハシビロガモなど25種くらいの鳥を見せていただいた。 宝石のように美しいカワセミも見られて満足。


Dscf7107“歩く居酒屋”付ランチのあと、午後から昆虫館へ。常夏の温室で乱舞する蝶たちを眺め、まったりと“大人の遠足”を楽しんだ。

伊丹市昆虫館
伊丹市昆陽池3-1昆陽池公園内
072-785-3582
9:30~16:30(入館~16:00) 火曜定休

| | コメント (0)

炙り帆立とグリル海老のサラダ、鶏のこんがりロースト

諸般の事情でお料理教室へ行ったのであるDscf6987_2(←ってまたかよ。 はい、多分これが最終回)。今回のメニューは「炙り帆立とグリル海老のサラダ ガーリックトースト添え」、「卵とチーズのふわふわスープ」、「鶏のこんがりロースト フレッシュトマトソース 長いものグリル添え」。お刺身用の帆立は直火で表面だけこんがりと焼き、車海老は開いてグリルへ。鶏モモ肉はフライパンで両面に焼き目をつけてからオーブンへ。


Dscf6992デザートはグリルで焼いたカスタードプリンに、キルシュ漬のブラックチェリーをトッピングしたもの。グリルでプリンが焼けるとは驚きだった。
もひとつ驚いたのは、泣く泣く食べた鶏肉が意外と大丈夫だった・・焼き方がとても巧くて、臭みは抜けてジューシーな食感は残っていたからかも。ソテーで表面をカリっと仕上げ、高温オーブンで短時間焼くのがポイントだそうだ。

今日の先生は、とっても若い女性で、ナレーターモデルみたいな雰囲気。滑舌のいい話し方、絶えずにこやかで、所作のひとつひとつが美しい。調理のプロって感じはあんまりしなかったけど、このような講習のインストラクターとしてはレベルの高いヒトだった。

| | コメント (0)

飛騨高山の「柚子とうがらし」

九州の「柚子胡椒」、越後の「かんずり」、1001270002どちらも大好きなんだけど、またまたこんなのを見つけてしまった。飛騨高山産「柚子のとうがらし」。かんずりよりちょっとゆるめの半ペースト状で、鍋物に最適。柚子胡椒ほど柚子がきつくなくてマイルドな味わいなので、いろいろ応用範囲が広そう。

★飛騨唐辛子工房 ・・・ココ!

| | コメント (0)

新治製菓舗の「笑鬼」

大江山と言えば鬼退治。1001280006_2鬼にゆかりのある地の笑う鬼をモチーフにした銘菓をいただいた。新治製菓舗の「笑鬼」最中。
とっても香ばしい皮の中身は、つやつやに炊き上げられたつぶ餡と栗。土産物の最中は数あれど、これはなかなかの美味。笑ってる鬼の表情も味わい深い。
極にゃみ的には、謀略家の渡辺綱より酔いつぶれて寝ちゃうスキだらけの酒呑童子が好きだな。

新治製菓舗
京都府福知山市大江町蓼原374-1
0773-56-0040
8:00~18:30 無休

今日は一日、出歩かなかったなー。カラダもココロもなまりますなー。

続きを読む "新治製菓舗の「笑鬼」"

| | コメント (2)

紀泉高原

来年度のプログラムの検討をするため1001270008堺の担当スタッフと共に「紀泉わいわい村」周辺へ下見に。朝10時にJR阪和線和泉砂川駅でピックアップしてもらって現地入りしたが、まだ日が当たらない部分は一面霜に覆われて寒そう・・
けっこう人気の高い施設だが、平日でもあり、サスガに厳寒期には利用が少ないようで、閑散としていた。


1001270024

近くの「梵天山」まで登ってみた。なだらかな紀泉高原の山々が見渡せ、西には関空、うっすらかすんで見えなかったけど明石海峡大橋なんかも見えるらしい。ササ峠側をぐるっと回って下り、事務所棟に戻って2施設のスタッフとあーでもないこーでもないとブレスト。具体案はまとまらなかったが一応方向性は概ね見えてきた。

1001270030微力ながらプログラム作りで何かお役に立てればればうれしいな。

紀泉わいわい村
〒590-0511
泉南市信達葛畑207番地(堀河ダム上流部)
072-485-0661


1001270055

美しい里山風景の中で萱葺き民家を見学したり、へっついさん(竈)のある宿泊棟での宿泊、キャンプなど各種プログラムを体験できます。農作業体験やアウトドアクッキングなどが特に人気。

| | コメント (0)

2010阪急うめだ本店バレンタインチョコ お味見会

とあるご縁で、昨年実績45倍の競争率1001260094という大人気の試食会へ・・(200組400名の枠に9000件の応募があったとか)。
会場は阪急17番街の17階、ふだんはにゃみにゃみ。のよーな庶民はあんまりご縁のない場所だが、セレブなyukiさん、ぱりぃさんと一緒なので、ナニゲにへーき。
約40店さんから数点ずつが出品され、配布された資料を見ながら好きなものをバイキング形式で試食するというスタイル。

1001260076_2

タレントさんとか有名人系もいろいろ来られていたそうで。日頃TVを見ないにゃみにゃみ。は誰が誰だかさっぱりわからんかったけど、私の隣にいてた方はアナウンサーさんだそうで、ぱりぃさんやyukiさんは一緒に写真撮ってもらってた。




1001260088_2

基本甘いものは好きでもたくさんは食べられない・・んだけど、なんだかんだで25アイテムも食べてしまった。おそるべし、試食会マジック。
レビューは追々「アチラ」に書きますが、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」「ショコラの騎士Ⅴbyル・コルドンブルー」「パッチ」「ローエンシュタイン」「トイスチャー」「アルマーニ・ドルチ」など、普段入手できない系を重点的に食べてみた。地元でも注目の「キャトリエンムショコラ進(三田のエス・コヤマ)」「グラモウディーズ」とかもナニゲに・・。

★阪急うめだ本店 バレンタインインフォメーション ・・・ココ!
★阪神百貨店のバレンタイン2010年 ・・・ココ!

| | コメント (2)

家庭で作れる本格中華

諸般の事情でお料理教室へ行ったのである。1001260029メニューは、家庭で作れる本格中華・・ってコトで、肉団子と野菜の甘酢あんかけ、ニラとビーフンのサラダ、杏仁豆腐に胡麻団子。生のままのニラをざくざく切って、合わせ調味料で和えちゃうサラダはとても美味。
ところで今日の先生は、見ててうっとりするセレブ美女。ビジュアルだけじゃなくて、話し方も物腰もすべて美しかった。オヤジなにゃみにゃみ。はほとんど講習には身が入らず見とれてただけかも。

1001260033

いや?もしかしてほかの人もそう?なんだかビミョーに失敗系が多かったような・・すでに水を加えてある胡麻団子の材料にまたまた水を入れて台無しにしちゃう人、できそこないの成型する人、揚げ損なって半生にしちゃう人(←オマエや!)
その後お話しを聞かせてもらった施設スタッフの女性もすっごくチャーミングな方で、たのし~い半日♪

| | コメント (0)

Happy Valentine メニュー

諸般の事情でお料理教室へ行ったのである。1001250015_2今日はバレンタインスペシャルメニュー♪ ・・って、べつに「意中のアノ人に・・ドキドキ♪」ってのではなく「みんなでワイワイと」(多分子供を含めた主婦仲間って意味?)というコンセプトらしい。1品目は「グラス盛りオードブル」。最近流行のピンチョススタイル系?イカと若芽、練り雲丹ときゅうり、いくらとレモン・・って酒のアテやんっ。「酒や酒や、酒持って来~い!」とはもちろん言いませんでしたよ。ガマンガマンです。

10012500162品目、ディップソースのひとくちロールサンド。フルーツジャムとロースハムってのは意外で美味しかった。サワークリームをバター代わりに使うのもなかなかGood。も少し具材にバリエーション持たせたらすごく楽しいかも(教室は制約がいろいろあるのでしょうがない)



1001250018「じゃこネーズトースト」。スライスしたバゲットに、ちりめんじゃことマヨネーズ、エシャロットを混ぜたものを乗せて焼き上げたもの。
カリカリで風味よく、とっても美味しかった。返りちりめんって感じだったけど、も少し繊細なちりめんだったらもっと美味しかったかも。大葉の刻んだのを混ぜたり、海苔をあしらったり、いろいろ応用できそう。

1001250025メインって感じだったのが「チョコフォンデュ」。
クーベルチュールに生クリームをプラスして卓上で溶かし、バゲットやフルーツにつけて食べるというもの。流行のチョコファウンテンのお手軽バージョンね。
バナナ・いちご・キウイ・パイナップルと試してみた。フルーツとチョコは意外と合うけど、カロリーがコワいなぁ。

| | コメント (0)

ビーフフトロガノフ&フリッター

諸般の事情で、お料理教室へ行ったのである。1001240012_1そもそもお料理教室なんてものには・・ってもうええか。どんだけ料理教室マニアやねーん。な、にゃみライフである。料理の先生を目指してる?ワケではもちろんない。それはともかく、イマドキの料理教室は、先生の手元がモニターに映し出されて、各テーブルでじっくり見ることができるのである。加熱はIHクッキングヒーター。

1001240020_1今日のメニューは、ビーフストロガノフとホタテや野菜のフリッター。例によって下ごしらえは全部してくれているので、炒めたり揚げたりするだけ。スーパーすばやく調理完了。
フリッターは、衣にオリーブオイルがはいっていてとても美味しい。ホタテ貝柱、ブロッコリー、セロリ、ごぼうと面白いラインナップ。

1001240023デザートは「時間の都合上」ってことで先生が仕込んでおいてくれたチョコレートババロア。
下ごしらえ・計量済みの材料を入れてあった容器や、使った調理器具などは使い終わると同時にアシスタントの方が回収してサッサとお片づけ。食べ終わった食器は食洗機へポン。なんとも至れり尽くせりのクラスだった。
“うし”には閉口したけど・・

| | コメント (0)

納豆かき揚げとグリル野菜スープ

諸般の事情で、お料理教室へ行ったのである。1001230018今日のメニューは、春菊と納豆のかき揚げ、グリル野菜のスープ、ピーマンと鶏ひき肉の味噌炒め、長芋といくら丼&チーズケーキ。
そもそもお料理教室なんてものにはあんまりご縁がなかったのだが、このクラスの場合は下ごしらえを全てやってくれているので、参加者は最終的な調理のみ。めちゃめちゃラクなのである。



1001230017苦手な納豆もかき揚げだと美味しく食べられるってことに気づいた上、とろろは袋に入れて麺棒でガシガシ殴りつけて作る技を教わった。
「腹の立つことがあるときにどうぞ」←講師
 ・・腹の立つことがあるほどマジメに生きてないので、ついついとっても歯ごたえのあるとろろを作ってしまった。けど、すりおろすより美味しいような・・

1001230022デザートは私の単独作。“作業分担どうする?”ってなったときに、ベテラン主婦の方々に「あんたこれやっとき」と言われたので(爆)
作り方は、材料混ぜるだけ~。しかもフープロで一瞬。
今回最大のヒットは「グリル野菜のスープ」。玉葱やパプリカを皮ごと焦げ目がつくまで焼いて皮をむいてスープの具に。甘味が増してとても美味。トマトの酸味がとてもいいアクセントで、ヘルシーな美味しさだった。

| | コメント (0)

“不動滝”から塩尾寺、そして六甲最高峰へ

オフのなっちゃんと六甲山へ。1001220002せっかくツレがいるので、正月明けに一人でうろうろしている時にふと見つけた「不動の滝」から続くコースを詰めてみることに・・。途中いくつも分岐があって、いろんな選択肢があったが、古いながらしっかりしたルートを辿って塩尾寺の裏手へ。もしかするとかつて塩尾寺への参拝道として使われていた道なのかも。途中でツチグリを見つけた。かわいい・・けど今頃なぜ?

1001220012700m越えくらいから、北側から風が当たる場所に霧氷ができていた。
六甲山で霧氷が見られる日数はそんなに多くないので、今日はラッキー。




1001220011キレイに風上側だけにミニサイズのエビノシッポがくっついてる。






1001220020途中でなっちゃんが持ってきてくれたコーヒーとお菓子でおやつタイム。山でいただくドリップコーヒーは最高!もっちりドーナツとデニッシュも美味しかったな。ごちそうさまでしたー。




1001220023霧氷のトンネルみたいになっているところもあって、とってもキレイだった。いい日に来たなー。











1001220030コケにも着氷。







1001220037山頂部は「ここはドコ~?」って感じの景色に。
なんだかとっても儲けたよーな気分に・・

魚屋道を有馬へ下り、銀の湯に入ってイッパイ飲んで帰った。いやいや、楽しい一日であった。なっちゃんありがとう。

| | コメント (2)

城内通「MC collection」

王子公園・神戸文学館で開催中の「賀川豊彦の文学」1001210027展を見に行った帰りにふと通りかかって立ち寄ってみたお店。きさくな女性店主さんが一人で切り盛りしておられ、オーブンフル稼働で次々に美味しいケーキが焼かれている。さつま芋とリンゴをメインに、サワークリームでさっぱりと仕上げたタルトはとってもナチュラルな味わいで美味しかった。「ルバーブのタルト」がちょうど売り切れだったのが残念。リピート必至。

エムシーコレクション(MC collection)
神戸市灘区城内通5-4-11
078-802-4766
10:00~18:00(L.O17:30) 日曜定休

| | コメント (4)

「阪神・淡路大震災記録資料展」と「子どもたちへのメッセージ運動展」

消防局が保有する震災当時の未公開写真や震災手記、1001210046_1震災をきっかけに発足した機関の活動写真を紹介する展示と、震災を知らない子どもたちへ「命の尊さ」と「震災の教訓」を語り継ぐ運動を紹介する展示』が行われています。
倒壊した家屋や火災の現場で命がけの救助活動を行った消防チームの目線でとらえた4000点以上の記録写真の中から、神戸学院大学の学生さんがセレクトした約800点を展示。

場所/神戸市役所1号館2階 市民ギャラリー
    神戸市中央区加納町6丁目5-1
期間/1月17日(日)~1月28日(木)10:00~18:00
★詳しくは・・ココ!

| | コメント (0)

森のメープルプリン@deux filles magasin

逆瀬川にある「ガトー・マガザン・ヒグチ」の別展開のショップが1001180012_2昨年10月にオープンした。店名は「二人の女の子のお菓子屋さん」って意味だそうで、ロゴもインテリアもとってもラブリー。本店は駅からはちょっと遠い感があるので、商品ラインナップは違うらしいけれど、ヒグチファンには便利かも。
ロールケーキとかシュークリームも人気。



1001180016「森のメープルプリン」は、白いつぼ型の容器に入っていて、表面に生クリームが浮いた二層構造。プリン部分はメープルシロップの色なのか薄い茶色を帯びている。カラメルソースが溶けてるのかなーって感じのほんのりとした香ばしさが漂う。とっても個性的な味わいがいい感じ。


★ドゥ・フィール・マガザン
宝塚市逆瀬川1-13-27
0797-74-8771  ※本店情報は・・・ココ!

| | コメント (0)

ひよこご飯

にゃみ家だけかもしんないけど・・1001210002かつおぶしご飯が「にゃんこ飯」、汁かけご飯が「わんこ飯」、そして青菜の漬物を刻んだものを乗っけたご飯を「ひよこご飯」と呼んでいる。
今朝は、軽く筋肉痛なのでたんぱく質をプラスってコトで、たまごかけにひよこトッピング。どうしてこういう下世話でチープなタベモノが大好きなんだろう・・
朝から雨模様の今日、気味が悪いほど気温が高い。今夜からまた冬型に戻るそうだけれど・・

| | コメント (0)

二十日正月

今日は「二十日正月」で、この日を以て正月モードは終1001200002了なのだとか。そして今日から「大寒」。一年中で最も寒い時期・・のハズなのだが、拍子抜けするよな暖かさで日中は4月並みの陽気。やっぱり異常気象かな。
けれど、にゃみ家では、カンアヤメが次々と花を咲かせている。真冬に花を咲かせるちょっと珍しい品種だ。



1_1001200003夕方、ちょこっとだけインドアクライミング。一月ほど前から復帰を試みてはいるんだけど、何しろほぼ9ヶ月の完全ブランクはなかなか強烈。持久力がまったくないし、指皮もヨワヨワ。おまけに関節やらスジやら、あちこちプチ故障気味。リハビリのつもりで、無理のない範囲でぼちぼち復帰を目指そうかなーって感じ。春も近づいてるしね。

けど・・そう言えば去年の2月にも「一年ぶりに復帰」とかなんとか書いてたな。年に数回、発作を起こしたように登りにきてるってコトか?
前回のブランクは指をパキってて、今回のはココロが折れてた・・と思ったら実は肩もプチ壊れてたんだけど。

| | コメント (2)

さつま揚げに生春巻きに大根餅に・・

諸般の事情で、お料理教室へ行ったのである。1001190021今日のメニューは、トマト鍋と生春巻き、エスニックさつま揚げ、大根餅にマンゴープリン。そもそもお料理教室なんてものにはあんまりご縁がなかったのだが、このクラスの場合は下ごしらえを全てやってくれているので、参加者は最終的な調理のみ。めちゃめちゃラクなのである。
大根餅は何度か作ったことがあるけど、この作り方&食べ方、いいな。今度やってみようっと。


1001190020それにさつま揚げは意外と簡単で美味しかった。いろんなアレンジができそうで面白い。生春巻きもヘルシーでいろいろ工夫ができそうなメニュー。
今日の先生はすっごい“プロ”。話し方、見せ方、進め方、全てにおいてハイレベル。“いい仕事”してるプロフェッショナルに出会うのってとても気持ちいい。
インストラクターってのは一種のタレント。指導スキルは当然のこととして、講習そのものも、本人も魅力的であるべきだと思う。今日の講師はまさにプロだった。教えようとするジャンルの魅力を楽しく伝えられてこその指導者だと思った。

| | コメント (0)

「幸福スイーツ アルカイック」の焼き菓子

奈良町の東、福智院にあるお洒落なお菓子屋さん。経営母体は建築事務所?
1001170060ヨーロピアンテイストのファサードがとってもセンスがよくて、バラの季節に行ってみたいなーと思える花壇がお出迎え。
焼き菓子と雑貨を扱っているお店で、鹿の形のクッキーをあしらったなんともキュートな「奈良マフィン」なんてのが観光ガイドブックにも紹介されている。が、なんとなーくいいお店っぽいオーラを感じたので立ち寄ってみたんだけど・・

1001170066乙女ちっくテイストではあるけど、ビンゴ~scissors
か・な~り本格的で美味な焼き菓子がいろいろ。
ガーリー趣味はわからん・・というオヤジな皆さま、女の子向けのプレゼントを探すなら、直球ストライクなものばかりありますぜ。
“元オンナノコ”で、おクチが肥えちゃったおネエさまだって満足しそうです。


1001180003フランスの伝統菓子「コンベルサシオン」。パリっと風味よく焼き上げられたパイの中にバニラの香りが濃厚なホロホロのフィリングがたっぷり。「スコティッシュ」はシンプルなショートブレッドで、小麦粉の美味しさがストレートに生かされてる。マフィンやマカロン、fumiさんのコンフィチュールなども各種アリ。

焼き菓子専門店 幸福スイーツ アルカイック
奈良市福智院町44-1 アルカイック本社1階 0742-24-7007
金・土・日・月・祝 12:00~17:00

| | コメント (0)

ま、マジでマズイっ・・

「世界一不味いグミなの~」と1001180005食べかけのをもらったんだけど・・お菓子版の不幸の手紙みたいなもんか? “SALT SILL”=塩鰊という名前のデンマーク製のお菓子。

カワイイのかブキミなのかよーわからんキャラが描かれた不思議なパッケージ。ダレだ君は・・ってニシンなんだよな。



1001180007中身はと言うと、どす黒くてブキミな魚。
と、ちょうどそこにいた“たま”に「食べてみ」と与えてみた。一口かじるなり・・「うげっ!」と絶句。サルミアッキ(塩化アンモニウム)が入っているらしい。北欧では、薬味のように酒やお茶、お菓子に入れたりするらしいけど・・「ヤバい薬品入りの腐ったゴム」の味なんですけど。
不意打ちで食わされた“たま”は怒って「おじいちゃんとおばあちゃんに言いつけてやるっ」と去っていった。
マダ残ってるんだけど、やっぱコレはダレかにあげるべきか・・

| | コメント (0)

空気ケーキ。

奈良公園のはずれ、志賀直哉旧宅などがあり1001170082 “文人地区”とも呼ばれる高畑エリアにある「空気ケーキ。」へ行ってみた。昨年末に観光ガイドブック制作の助っ人をしているときに知ったお店で、一度行きたいなぁと思っていたのである。実際に取材に行った編集者サンも「感じのいいお店なのでおススメ」って言ってたし・・




1001170083看板メニューの「空気ケーキ」は、ふんわりエアリーに焼き上げられたカステラにあっさりと炊き上げた小豆と生クリームをたっぷりサンドしたもので、とても上質な味わいの可愛らしいお菓子。
繁華街からもメインの観光地からもちょっと外れたロケーションなのにとても賑わっていた。フレッシュケーキもすごく美味しそうだったなー。


空気ケーキ。
奈良市高畑町738-2 0742-27-2828
9:00~19:30 水曜定休(祝日は営業)

| | コメント (2)

ケーキ×2=ダメダメ!

諸般の事情で、お料理教室へ行ったのである。
1001170008今日のメニューは、ヘルシーレシピのミートローフとアボカドサラダに里芋のポタージュ。そもそもお料理教室なんてものにはあんまりご縁がなかったのだが、このクラスの場合は下ごしらえを全てやってくれているので、参加者は最終的な調理のみ。めちゃめちゃラクなのである。



1001170006参加者は混ぜたり、煮たり、揚げたり、和えたりするだけ。
しかも3人一組。ってーコトは手が6本もあるので、作業はめっちゃ早い。うちの班は私以外は二人とも専業主婦っぽいヒトだったし。




1001170083で、ちょっと寄り道して、お三時にケーキなんか食べちゃったのである。前から行きたかったお店。
が、よせばいいのに諸般の事情でお五時にもケーキなんか食べちゃったもんだから、食べ過ぎでエラいことに。反省しながら帰って来たら晩ご飯がなかったのでちょうどよかった・・・けど、なんだかんだつっつきながら飲んでいるので、本日のカロリー収支は確実に大黒字。ダメじゃん。

| | コメント (2)

「神戸新聞の7日間」

日頃TVを見る習慣がないのだが・・昨夜のドラマ「神戸新聞の7日間」を見た。1001160007
15年前の阪神大震災で本社ビルが全壊、紙面作成に欠かせないホストコンピュータも機能しないという極限的な状況の中で、被災地からの報道に死力を尽くした地元新聞社の奮闘を描いたもの。脚色された部分ももちろんあるのだろうが、日頃から親しみ愛読kしている新聞だけに、食い入るように見てしまった。
紙面に掲載されなかった膨大な写真も、とても貴重な資料。現場を踏んだ記者にしか残せなかった大切なものだと思う。オンサイトの見聞ってホントに大切なことだから・・・

| | コメント (0)

六甲ハイキング ~森林植物園

天気もいいし、寒波も緩んだし、久々に山歩きでもしてみんとて。
1001160012長らく来ていなかった長峰山から登ることにする。伯母野住宅碑を過ぎたところで、近隣住民っぽい感じの女性が「気をつけて行ってくださいね」と声をかけてくださった。
とっさに「おはようございます」と返したけど、ありがとうございますと言うべきだったな。住宅街で声をかけられるのは珍しいので、なんだかうれしい気分になる。

1001160031天狗塚で一服。風もほとんどなく暖かい。整然とした神戸の街並みを山上から眺めていると、15年の歳月の長さがしみじみ重く感じられ、けれども絶望よりも希望の力の方が強いのだということをつくづく思った。
地球の裏側で今また起こっている悲惨な災厄。少しでも早くよい状態になりますように。一人でも多くの方が救出されますように。

1001160032そんなことを考えながらいつになく長い間街並みを眺めていた。
杣谷方面から来られた方と喋っているうちに、「森林植物園でロウバイと椿が咲いていた」というお話を聞き、ふと行ってみようかなと思い立つ。ガイドハウスに寄って、六甲へ降りて白馬堂さんに行こうかと思っていたのだが・・


1001160035穂高湖は一部凍結していた。凍った湖面に雪が積もってきれい。







1001160045このオジサンとずーっと前後しながら、徳川道を下った。話好きのきさくなオジサンだった。
ふだんあまり人と喋る方ではないのだが、今日は対人運が活発なのかもしれない。いろんな人と喋る喋る。




1001160066森林植物園のすみっこでランチを食ってたら、13:30からガイドウォークがあるとの放送が聞こえたので、参加してみることに。年配の女性案内人さんの班に入れていただき、7名ほどの参加者で和やかに歩く。




1001160075「天津の森」では、ロウバイがきれいに咲いていた。







1001160086初めて見た、赤いマンサク。
「ブリスベーンの森」の手前で解散となったが、その先へ行くというご夫婦連れが「ご一緒に」と声をかけてくださったのでお供させてもらうことに。とても面白いお二人で、和やかに会話を楽しみながら園内をあちらこちらと散策した。



1001160097ご主人が「ポーアイでケーキのお店をやってましてね」と仰るので、思わず「ぜひおトモダチに・・」と言ってみたが、よく聞いたら「計器」であった。ガックリdown
なんだかんだ喋っているうちに私の本の話になって、「園内の売店で扱っていただいてますよ」と言ったらお買い上げくださった。サインもさせていただいてドキドキ。

帰る前に職員の福本氏に年始の挨拶をと事務所に顔を出してみたら、ちょうどガイドさんたちが帰られるところで、ご一緒させていただいた。ガイドさんたちともいろいろお話ができて楽しかった。日頃あまり喋らないのに、今日はとても多弁だった。そういう日なのかな。

| | コメント (2)

『大修院長ジュスティーヌ』

フランス革命下の混乱期を舞台に、Fujimotohitomi時代に翻弄されながらもたくましく生き抜いた女性たちを描いた物語。峻厳な禁欲を是とするキリスト教修道会にあって、性愛を肯定する異端の女子修道院長ジュスティーヌ(Marquis de Sadeじゃないよ!)、革命によって領主の権限が崩壊し、領主である夫が不在の中で自らと最愛の子のために身を挺して立ち向かう侯爵夫人ドニッサン、性的トラウマを乗り越えてパリの高級娼館の女主人として成功をつかんだ娼婦ティティーヌ。それぞれの立場を介して描かれる性愛と陶酔・・
めんどくさい規範や戒律みたいなものがあるから複雑になるんだろうなとか思う一方、めんどくさくなければ陶酔するほど魅惑的でもないんだろうなーなんて・・え?何の話?

『大修院長ジュスティーヌ』
藤本ひとみ 著
文藝春秋 刊
2009年5月 初版発行

| | コメント (0)

そしてオヤツはシュークリーム

今日は寒いからってワケではないが、一日中ずーっとデスクに張り付き。1001150002そのワリにシゴトがはかどったってワケでもなく、そのワリにオヤツなんかはきっちり食べてたりなんかして。今日のオヤツは「ガトー・マガザン・ヒグチ」のシュークリームと、自分で煮出したマサラチャイ。ネパール土産にいただいた茶葉をたっぷり使って、濃く淹れたチャイにマサラもたっぷり投入。スパイシーな味わいが寒い日にはぴったり・・なんだけど、動かずに食ってばかりでダメじゃん。

| | コメント (2)

滑り込み“年明けうどん”

今年は「年明けうどん」なるモノがちょこっと話題になった。1001150001年越し蕎麦に対抗して?さぬきうどん振興協議会が仕掛けているもの。定義としては「元旦から15日までに食べるうどんで、何か赤いものを添える」そうな。で、たまたま15日の今日、お昼にうどんを食べようと思ったので、何か赤いものはないかと冷蔵庫をあさってみたけど・・アミエビくらいしか見あたらなかった。アミエビ入りの玉子とじにしてみたけど、イマイチ赤くない?七味でもどーんと振っとくか。

大晦日にはそばをWで食べたし、麺類ばっか食べてる私だ・・

| | コメント (3)

かぼちゃコロッケの“当たり日”

諸般の事情で、お料理教室へ行ったのである。
1001140014メニューは、かぼちゃコロッケとクラムチャウダーと菜の花&ブロッコリーのペペロンチーニ。
お料理教室というようなものにはトンとご縁がなかったのであるが、このクラスの場合は下ごしらえを全てやってくれているので、参加者は最終的な調理のみ。めちゃめちゃラクなのである。



1001140015なかなか美味しいかぼちゃのコロッケであった。 蒸すのもマッシュするのも全部やってもらって、参加者は丸めてコロモをつけて揚げるだけ。
しかも4人一組。ってーコトは手が8本もあるので、作業はめっちゃ早い。うちの班は私以外はみんなベテラン主婦っぽいヒトだったし。



1001140030で、ちょっと寄り道をして帰って来たら、晩ご飯はフライだった。玉葱フライ、じゃがいもフライ大好き。んでこの丸いのは?

メインはカキフライだけどアナタ嫌いだから別のものがいいでしょう?ってワザワザもう1品作ってくれたのは・・


1001140031かぼちゃコロッケでしたー。ええ、モチロンうちの方が美味しかったですよ。なんたって母の愛情こもってますからねぇ。

| | コメント (0)

ハイチ大地震への支援

カリブ海の島国ハイチで発生した大地震に関して、ユニセフや日赤で緊急支援のための募金活動を行っています。ユニセフではネットバンキングやコンビニからでも協力できるので、ぜひコチラのサイトにアクセスを。

 ★財団法人日本ユニセフ協会 ・・・ココ!

日赤でも義援金を募集中。こちらはゆうちょ銀行への振込み手数料が免除となります。
 ★日本赤十字社  ・・・ココ!

ささやかでも、今できることをすることが大切ってことを15年前の震災で学びました。
ハチドリのひとしずくのように、まずは「私は、私にできることを」。

| | コメント (2)

浦霞 大吟醸

プチ新年会にて・・
1001130010宮城県塩釜の蔵元・佐浦さんのブランド「浦霞」の大吟醸を。秋頃、数量限定・季節限定で発売される稀少なもの。とても華やかで濃厚な吟醸香が印象的。フルーティな香りと口当たりのよさは日本酒というより米ワインという感じ。フレンチなんかに合わせてみたいような味わいだった。高級酒をご馳走さまでした。

| | コメント (2)

農作業初めは雪・・・

年が明けて初めて友人の畑へ・・
1001130001薄暗いうちに家を出て、集合場所の喫茶店でまずは朝ごはん。日替わりのおススメモーニングセットはクロワッサンサンド。コーヒーをお代わりしながらしばしダベリング。





1001130005「曇り後晴れ」という天気予報だったのだが、畑に着いたらなんと雪が降り始めて・・







1001130004地上部が枯れて休眠中のアスパラの雑草除去作業を行ったが、たちまち雪が積もり始めて、1畝で挫折。
夏の暑いときも厳しいなぁと思うが、厳冬期の作業もなかなかたいへん。長靴はあまり保温性がなく、足先が冷たいのを通り越して痛い。
水も凍っているので、抜いた大根を洗う気にもなれず。


1001130008道楽でやっているので「寒いからもうヤダ」などと言っていられるが、仕事だったらそうはいかないワケだよな。やっぱり自然相手のシゴトは厳しい。
除草しながら、自然農法のことを考えていたのだが、農地を開墾して種を蒔いた時点ですでに自然環境に対しては撹乱なワケで。有害な薬剤を散布するようなことは別にして、耕起や物理的な除草はべつに悪いことではないように思うのだけど・・。思想の問題?

| | コメント (0)

『イヴの原罪』

ネタバレするけど・・20年も前の作品だからまぁいいか。Niitu_ivu
平凡なOLだった主人公が、ふとしたことから身寄りのない初老の資産家が住む大邸宅の離れで暮らすことになる。ところがルームメイトが事故で急死し、遺品の中から見つけた小説の原稿を善意から自分の名前で新人賞に応募したら入賞してしまい・・というサスペンス。
チョー気が小さい極にゃみ的には「ゼッタイばれるから早く打ち明けなきゃ!」とハラハラした。だって“文章”って“その人”だから、見る人が見たらスグわかるもん。それに、小説を書く才能がない人には絶対書けないから。次作が出せないともう終わりでしょ。

それはともかく、62歳の資産家とヒロインの関係がまた、ややこしいというかなんというか・・
まぁ“そういう関係”になるんだけど、ヒロインのカレシには嫉妬心を抱かないのに、自分と同世代の“文壇の巨匠”がヒロインに手を出すと平常心ではいられなくなるというあたり、リアルなのかなぁと思う一方、アラカンになってもそんな激しい執着心にとらわれるものなのだろうか?と不思議な気持ちになる。
“執着すべきでないものに執着してしまうからややこしいことになる”ってことを、身をもって思い知った過去がある私だから・・(だから逆に“執着する人”はとてもニガテ。速攻逃げ出したくなる)。
けれど、この物語のアラカンさんは、とても理知的に自ら幕を引いて消え去っていく。
自分の前から消えていった人たちの恩恵をきっちり自分のものにするヒロインを人は「悪女」と呼ぶのだろうか。

『イヴの原罪』
新津きよみ 著
1990年8月 出版芸術社(当時)刊
現・光文社文庫

| | コメント (0)

新春恒例「日本画の美」展

西宮市大谷記念美術館にて、新春恒例の日本画のコレクション展。1001110004富岡鉄斎、竹内栖鳳、横山大観、川合玉堂、橋本関雪、前田青邨、奥村土牛、山下摩起、堂本印象、小倉遊亀・・毎年お馴染みの作品で「また会えたね」という気分になる。館蔵品なので来場者もあまり多くなく、本当に静かに絵と対峙できるのがいい。安井曾太郎、梅原龍三郎らの近代洋画もあり、近代日本の美意識のひとつの流れが感じられる展覧会だ。


1001110024ロウバイのつぼみがいくつかほころびかけていた。例年もう少し遅い日程で行くのでちょうど見頃なのだが・・去年は2月6日に行ったらちょうど見頃だった。来月くらいには六甲山のマンサクも咲き始めるかなぁ。

『新春 日本画の美 展』
2010年1月2日(土)~2月14日(日)
10:00~17:00(入館~16:30) 水曜休館
西宮市大谷記念美術館 西宮市中浜町4-38  0798-33-0164

| | コメント (0)

長峰山方面? 行方不明者を探しています。

作家の多島斗志之氏が、Photo昨年末(12月20日頃)から行方不明になっておられ、六甲山方面へ向かわれた可能性があります。
ご家族が情報提供を求めておられます。兵庫県山岳連盟でも情報提供の呼びかけを行っています。ご協力をお願いいたします。





★「父、多島斗志之を探しています。」 ・・・ココ!

Tajima_1
←クリックで拡大します。

| | コメント (2)

久々に映画・・古典的名作を。

ご招待券をちょうだいしたので、特別上映のちょっと古い映画を鑑賞。
1001110057たまたま知人を見つけられなかったので一人で観たんだけど・・。やっぱ映画はひとりで観るもんだ。不覚にもナミダしてしまったが、一人だったからヨカッタ・・

| | コメント (0)

『自分は死なないと思っているヒトへ -知の毒 』

養老センセの「都市論」やYoro_jibunha「脳」を巡るエッセイ。「生老病死=自然」はヒトの“意識”の外にある=「コントロールできない」。都市=ヒトの意識が作りだしたものであり、戦後の日本は徹底的に都市化を進めることによってコントロールできないもの(=自然)をとことん排除してきた。
 死にそうな病人も、出産も、それは「自然」なので病院に隔離して、「生老病死」を日常から締め出した。
 ヒトが住む場所は人工的なもので囲って、「脳」が作りだした「意識の世界」に生きているのが現代人・・。
 なぜゴキブリがあれほどまでに嫌われるのか。ナゼ人前で裸になってはいけないのか。それは「人工」でなく「自然」に属するものだから。

 孔子が「女子と小人は養い難し」とノタマったのは、コントロールできないという意味であるそうだ。男に比べると女は、大人に比べると子供は自然に近いということ。カラダが女でアタマがコドモなにゃみにゃみ。は、とっても自然=反都市ってコトだよな。脳とかオトコには制御不能ですぜ。(意味不明・・)

『自分は死なないと思っているヒトへ -知の毒 』
養老孟司 著
大和書房 刊(だいわ文庫)
初出/『脳と自然と日本』(2001年3月)、『手入れ文化と日本』(2002年11月)

| | コメント (0)

またまた朝粥

今朝も朝ごはんは芋粥。お漬物の種類が多少昨日と違うくらい。
1001110002以前なら連休にはゼッタイどこか山へ行っていたので、休日にのんびりすることってまずなかった。ゆっくり起きだして、のんびり朝ごはん・・ってのも悪くないかなぁなんて。

けど・・悪かぁないけど、昨日からたべものネタばっか書いてるなー。

| | コメント (0)

美味しいパンいろいろ・・

先日、スイーツパーティの帰りがけにyukiさんからお土産にもらったバゲット。1001080001阪神姫島駅から近い「ブーランジェリー夢屋」のもので、パリパリのクルートとも小麦の香りも絶妙に美味しい 。確かゆかりサンも紹介してたよなー。あまりの美味しさに、ちょっとだけ味見をしてみたら止まらなくなって夜中にバリバリと食べてしまうという荒業に走ってしまった。

ブーランジェリー夢屋
大阪市西淀川区野里1丁目7-13 06-6475-6605
7:00~19:00 日曜・第3月曜定休

1001100001それから、昨日ゆかりサンにもらった「Bakery 点心」の食パン。
切ると切り口から風味が失われやすいとの配慮で、スライスせずに販売されているそうだ。キューブのような状態の1斤。




1001100002_2切ると、ふんわり・しっとりとした断面。
こーゆーのをスライスするのってけっこうテク必要なんだよね。(ちょっと自画自賛・・)






1001100003予熱した厚手のフライパンで焼くと、オーブントースターより外がパリッと、中がしっとりしたいい状態のトーストができる。昨日生で食べても甘味があって美味しかったけど、トーストすると風味がぐっと増す感じで、すごく美味しかった。




1001100005ココのラスクがまた独特で美味。パンの耳?に甘い香りのする砂糖の衣がかかっていて、なんとも言えない優しい美味しさ。食べだしたら止まらない小悪魔的なお菓子だ。

Bakery 点心
尼崎市武庫之荘5-13-4 06-4981-0248
8:00~18:00 水曜定休

| | コメント (2)

「アラビヤン焼そば」

「摩訶不思議!?香ばしくスパイシー 1001090002 たまらない味わいアラビヤン」「不思議な位おいしく出来ます」とのキャッチコピーが踊る。前々から気になっていたインスタントの焼きそば・・見るからにアヤしい。

サンヨー食品が出している「サッポロ一番」のシリーズなのだが、一時期ネットで話題になったことはあっても、「千葉限定」とのウワサで見たことがなかった。実際には、1967年発売の古い商品で、元々は全国展開していたのが、なぜか千葉エリアのみで生き残っているのだとか。
このレトロ感は古い時代にデザインされたものだからなのかー。コピーもレトロ。


1001090004オーキャットの中にある「アグリマルシェ」という店で見つけたんだけど、難波のインスタントラーメン専門店が取扱っているらしく、「産地 大阪」って表記されているところがまたアヤしい。どう考えても違うだろ。
サンヨー食品から通販で箱買いしたら1個100円ちょいらしいけど・・。


1001090005で、作ってみた。フツーのインスタント焼きそばと同じ、少な目の水でフライパンで蒸発させていくタイプ。ソースが特別スパイシーかと言われるとよくわからない。インスタント焼きそばって好きなんだけど、5年に1回くらいしか食べないので味の比べようもないが・・まぁ美味しかったかな。

| | コメント (0)

休日の定番朝ごはん

にゃみ家の冬の定番朝ごはんは芋粥。1001100002いろんなお漬物と一緒に・・
アツアツのお粥はあったまるし、消化もいいし、ローカロリーの糖質食なので朝にはぴったりだと思うんだなー。

| | コメント (0)

駐在終わりで下山、& More

15時で駐在業務は終了、油こぶしを下る。1001090051途中でコバラが空いたので、ゆかりサンのお土産「点心」のサンドイッチをいただくことに。
添加物を一切使用せず、卵も不使用、しっとりとした独特の食感と小麦粉の甘さがじんわり感じられるとても美味な食パンを厚めにカット。エビチリをたっぷりとはさんだ、とても個性的なサンドイッチ。食パンの耳も切り落とさずについているのがこれまたとても美味しくて。


1001090056ひとり陽だまりでまったりおやつタイムを楽しみ、さて降りよう・・と思ったら後方から耳慣れない音が。ガ・ガ・ガッ!と降りてきたのはマウンテンバイク。ハイカーに気を使ってる気配はあったし、きちんと挨拶もしていかれて、決して感じの悪い方たちではなかったけど、ハイカー的にコワかったのは事実。どう共存すべきなんだろう。“規制”という方向性ではなく、安全に共存する方策を何か・・ゾーニングしかない?

1001090057で、降りたところにナント!KTさん号が待っててくれた。「今から宵戎に行きたいんですー」って言ってみたら、越木岩神社へ連れてってくれることに。去年のお正月にもご一緒させてもらったんですけどねー。どうも覚えておられないっぽい。ま、いいけど。
KTさんは“神戸の飲み友達”なんだけど(恩人なのに失礼な表現でスミマセン)、お車なので今日は解散。次回飲める時によろしく~。

| | コメント (0)

新年初の六甲駐在はサプライズ連発

今年初めてのガイドハウス駐在。お天気もいいし、少し早く家を出て歩いて登ることに。
1001090017キリリと冷え込んで、カラリと晴れ上がった。いつものように六甲ケーブル下までバスに乗って、ケーブル下から「油こぶし」を登る。






1001090032山上エリアはうっすらと雪化粧。連休初日だし、みんな遠出していてあんまりお客さんも来ないのでは?と同じく当番のH谷さんとお茶しながらまったり。ちょうど午前中のツアー予定時間の少し前に2組のご夫婦が来られて、ガーデンテラスあたりまで歩いてみたいとのこと。どうせ観察会参加者もいないだろうと、二人で途中までご案内することに。

1001090034六甲山ホテルにお泊まりで、昼頃まで六甲山で過ごし、午後は灘の酒蔵を見物したいとのこと。いろいろお話しながらオルゴールミュージアムまでお送りした。
ガイドハウスに帰って昼からぼーっとしていたら、K-zoさんがふらりとやって来られた。アイスガーデンの氷を見に行くとのことで、入ってきて30秒でまた出て行かれたdash


1001090036Uスギさんのファン?の女性二人組が来られ、マメガキ?をいただいた。食べられるのかな?
で、またまたお茶しながらま~ったりしていたら、今度はなんと、バーチャル駅長仲間のゆかりサンが登場!びっくりして、思わず「自転車で?」と聞いてしまったが、家から自転車だったらそれこそびっくりだってば。
あたりまえだがケーブル利用coldsweats01

1001090040武庫之荘の人気ベーカリー「点心」のパンをお土産に持ってきてくれた!気になっていたお店なだけに、めっちゃうれしいプレゼント。“ヤラセ”のツーショット写真なんかを撮ってもらったりして(コレは明日のネタ?)・・・。

冬季は15時までなので、閉館後はまたまた油こぶしを歩いて下った。すると・・KTさん号が待っててくれて、ピックアップしてもらった!ラッキー。

| | コメント (0)

極にゃみ的“一陽来復”

昨夏、えらい毎日早く目覚めるようになって、0912010008「あートシのせいか」と思っていたが、冬になったら朝起きるのが辛い。アラーム恐怖症だから、セットした時間の前に目覚めることは目覚めるのだが、ふとんが超ぬくぬくで快適なせいもあって出るに出られない。15分くらいうだうだしてようやく「しゃーないなー」と起き出すのだが、どうも夜明けとの関係ではないかと思う。昼時間が一番短いのは冬至の頃だが、夜明けと日没の時間はそれとはズレて変化する。日没は12月10日過ぎから少しずつ遅くなるが、日の出が最も遅いのはちょうど今の季節だ。例えば、兵庫県神戸市付近なら、1月4日~1月12日の日の出は午前7:07。13日には7:06、17日には7:05と徐々に早まっていく。あと数日で夜明けが少しずつ早くなっていけば、朝起きるのもラクになるのではないかと思う。
一陽来復で春が近づくのに合わせて、ずーっと続いている“心身ともにメタボ化”からもそろそろ脱却したいなぁ。年末のちょこっとリハビリクライミング&年明けのちょこっとスノートレッキングをきっかけにリハビリしたいと思ってるんだけど。
※写真は、冬眠中に掘り出されて機嫌の悪いカエル君。

ところで目覚めのスッキリ加減は眠りの質にもよるそうだ。レム睡眠時には脳のメンテナンス、のんレム睡眠時にはカラダのメンテナンスが行われているらしい。
 ★眠れない時代に:第1部・快適な朝を求めて ・・・ココ!

| | コメント (0)

「ガトー・ルテチア」でお買い物♪

またまた“駅長関係”のスイーツパーティにて・・(どんだけヒマやねんっsweat01
1001080007ご近所のケーキ屋さん「ガトー・ルテチア」へ土産を買いに行った。洋菓子を買うときは、駅の近くにある『Prier-プリエ-』 へ行くことが多いんだけど、前回セレクトしたので、今回はちょっと違うところへと中津浜線沿いのコチラへ。ちょっとしたプレゼント用に焼き菓子のセットを眺めていたら店主さんが「お好きなものをラッピングしますよ」と声をかけてくれた。

2_1001080003気を使わなくていい程度にしたかったのでフィナンシェを2つずつ包んでもらったけど、とても感じのいい店主さんだった。味も大事だけど、やっぱり対応の感じよさって大事だよなぁ。
プリエもお店のひとがすっごく感じがよくて好きだけど、ココもとってもお気に入り。

ガトー・ルテチア
宝塚市小林5丁目9-105 0797-72-0700
10:00-22:00(日曜~21:00) 火曜定休

1001080002いかにも女性好みのロマンチックな内装デザイン。「写真撮らせて!」って言うお客さんは意外と多いそうで、「ココに住みたい!」とか、「こんな内装にしたいから施工した大工さん紹介して!」って言う人もいるそうな。
喋って楽しい面白い店主さんだった。

| | コメント (0)

賀川豊彦『死線を越えて』

キリスト教における博愛の精神を実践したShisenwokoete賀川豊彦。裕福な家庭に生まれながらも神戸の貧民街に身を投じ、「貧民問題を通じてイエスの精神を実践したい」と結核に苦しみつつ献身的な活動を行った。大正時代に書かれた自叙伝的なこの作品は刊行されると同時に大ベストセラーとなったとか。想像を絶するスラムでの活動が克明に描かれているが、宗教というのはこれほどまでに人を強くするものなのか・・・
活動100年となる昨年春に復刻版が発行されたが、“うちの書斎”には入荷していないので、社会思想社の文庫版を読んだ。
いつも利用しているコープこうべの創設者であり、神戸YMCAとも関わりが深いということを今回初めて知った。

賀川豊彦『死線を越えて』
PHP研究所 刊
2009年4月 復刻版発行

| | コメント (0)

北摂の冬の味わい・・・古川製菓の「丁稚羊羹」

北陸・福井では冬限定の「水ようかん」がとっても1001070001 美味しいんだけど、コチラにもこんなのがあるんです。昔ながらの製法で丁寧に手づくりされている商品で、完全無添加なので、気温の低い冬限定の美味。
JR福知山線・道場駅前にある「大北商店」さんで購入することができます。

★大北商店
神戸市北区道場町生野131-1
078-985-4347
水曜定休 


1001080010名前は「丁稚羊羹」だけどその正体は水羊羹。
つるんとした食感で、あっさりとした甘さながら小豆の美味しさがしっかり味わえる。あったかい部屋でいただく冷たい水羊羹。贅沢・・

| | コメント (0)

もうすぐ「えべっさん」

今日、十三の「もといま」商店街を歩いていたら、1001070013巫女姿のおねーさんをはじめ、不思議なコスチュームのご一行様が・・「えべっさん」のプレイベントかな。このへんやったら十三戎さんかなぁ。

この週末はえべっさん。土曜日が宵戎やね。どこへお参りしよかな。

| | コメント (0)

七草粥

今日は五節句のひとつ「人日の節句(七草の節句)」。
1001070001朝ごはんに七草粥を食べた。
にゃみ家特有の黒豆入りのうる餅が入っているのが特徴的かも。飲み会明けにはぴったりのメニューだった。温まった~delicious

| | コメント (0)

“組”の新年会

とんでもなくよく飲む連中と新年会・・
1001060001この寒いのに大ジョッキ何杯おかわりすんね~ん!







1001060002飲むわ食うわ・・
なんで山ヤって呑み助ばっかりなんやろか。

| | コメント (4)

舞妓はんのオヤツと王様のオヤツは昨日のにゃみにゃみ。のオヤツ

行動食に買ったランチパックは「豆乳クリーム&キナコ」。
1001050011宮川町の舞妓はんの顔写真入りだけど、なんだかオトナ顔の舞妓はんどすなー。
豆乳クリームときなこは相性がよくて、なかなか美味しかった。





1001050034もひとつのオヤツはUちゃんにもらったガトーフェスタハラダの「グーテ・デ・ロワ プレミアム」。冬のみの限定商品で、たっぷりチョコがかかった上に金粉がまぶされたゴージャスな商品だ。
家でじっと動かないときに食べるにはかなり度胸が必要なカロリーだと思うけど、行動中にいただいたらとっても美味しかった。

| | コメント (0)

“たま”の年賀状

例年、正月三が日で年賀状を書くのが習慣なんだけど0912280008・・今年はちょっと遊びすぎて今頃せっせと年賀状書き。まだ終わってないけどcoldsweats01

ところでコレは“たま”が手描きしたハガキ。ものすごーく手間がかかっていて、年末年始の休み中ずーっと描き続けてた。チョー根気のいる作業・・私にはムリ。このヒトは職人に向いているのかも。

| | コメント (0)

恒例新春ハイキング

Uちゃん、M井さんと三人で毎年正月明け恒例の温泉ハイキング。
1001050008天気予報は曇りだったけどカラっと晴れた。芦屋川からロックガーデン中央稜を登り、風吹岩、横池・・・
今日から仕事始めのヒトも多いのか、いつもは賑わっているロックガーデンも風吹岩もほとんど人影がなく、とても静かだった。



1001050009スカイハイ・タクさんのブログで凍っているとの情報を得た横池にちらっと寄ってみたけど、前日が暖かかったせいかもう溶けていた。






1001050015草原化調査中で茂りすぎのネザサを刈ってすっきりとした東お多福山。







1001050029ドビワリ峠から蛇谷北山を経由し、石の宝殿へ。








1001050032瑞宝寺谷西尾根を下って有馬温泉へ。
ナゼか途中で道を間違えそうになったりなんかして・・






1001050047正月なので金泉へ・・ってワケではなく、銀泉に行ってみたら休館だった。
とてもおトクな2館共通券850エンを購入したが、実は3日前、一年前に購入した2館共通券の一枚を期限切れで失効したばかり(一年間有効)。あまり学習能力がない私である。



1001050049Uちゃんがボッカしてきてくれたフランスワイン「シャトー・トランコー」で新年会(?)。
三人で飲むの久しぶり~。よく考えると元々とっても仲良しトリオだったよなー。いつも一緒に山に行ってたし。なつかしー。
酒飲みトリオが大人しく帰るわけもなく、宝塚でさらに寄り道をするのであった・・

| | コメント (0)

台高スノートレッキング 二日目

明神平で久々の雪中キャンプを楽しんで、明けた二日目は風もおさまり、快晴。
1001040025水無山、国見山、馬駆ヶ辻と越えて伊勢辻へ。
緩やかにアップダウンするコースで、周囲の樹木は樹氷に覆われて、幻想的な白の世界になっている。





1001040024ウサギやタヌキ、シカなどの足跡を観察しながら歩く。








1001040026赤ゾレ山の巻きでちょっとルートミスをして、登らなくてもいいピークを通ってみたりなんかしつつ、けど天気がよくてあまり寒くないので、スノーハイクをのんびりと楽しむ。





1001040037下山後、東吉野村「ふるさと村」へ寄り道。「やはた温泉」で入浴し、「食堂いちえ」でお昼ご飯。







1001040031山菜うどんとおむすびでガッツリランチ。
炊き込みご飯と白ご飯の2種のおむすびはホカホカご飯で作りたて。ふんわり美味しかった。






1001040029サスガ本場吉野杉の産地だけあって、美しい杉の割り箸。正真正銘日本産で、間伐材利用だろうから、日頃マイ箸派の私もありがたく使わせてもらった。使い捨てにするのは忍びないのでお持ち帰りcoldsweats01
★東吉野村「ふるさと村
奈良県吉野郡東吉野村大字大豆生739
0746-43-0413

1001040043_2帰路、一度行ってみたかった大宇陀を通ったので、「道の駅宇陀路大宇陀」に駐車して“松山の街並み”を散策。
正月休みでお店はどこも閉まっていたけど、静かな街並みを眺めることができた。




1001040045葛城の山並みに沈む夕陽を眺めながらのドライブ・・








1001040049トンネルを抜けたら、大阪側でも一度日没・・二度日没を見たのはハジメテ。

またまた天候に恵まれて、たっぷり雪も楽しめて、とても楽しい二日間でした。

何ヶ月も全く動かない生活で、完全にメタボ化してたけど、この年末年始でちょっとリハビリのきっかけをつかめそう。脱メタボで復帰できるかな~。

| | コメント (6)

2010歩き初め 台高スノートレッキングツアー

年末寒波の煽りを喰らって穂高で悪天敗退した1001030002S穂チームの“仕切りなおし”山行に紛れ込み~。雪と遊ぼ~♪
当初、北滋賀方面の山を計画したものの、どーも天候が悪そうとの読みで南の方へと転戦。2日夜に大阪を出発し、東吉野村の某所にて入山祝い泊。3日朝、大又の笹野神社から歩き始める。
けど、雪は・・カケラもないぞ。
プラスチックブーツ、セレクトミスか?


1001030005このコースは3回目だけど、体力がとことん低下している今回はもちろんキツい。若手(30代)で長身のRyoさんトップで歩くが、とてもついていけない・・そもそもコンパスが違うってのもある?
900mくらいから少し雪が出てきて、大鏡池あたりでなんとなく雪道風に・・



1001030011薊岳直下は部分的に悪いところもあり、「このコースならアイスアックスよりストックがいいかも」と思って置いてきたことを一瞬後悔。一歩の悪場で手元に使い慣れたアックスがない不安感って、「丸腰」って表現が近いだろうか。
まぁ樹林帯だし、万が一落ちてもちょいと面倒なだけだし、結果的にど~ってことはなかったんだけど、私、超こわがりなんで。

1001030016明神平まで、夏時間3時間半のコースタイムに5時間もかかったのはにゃみにゃみ。が足を引っ張ったからです。すみません。サスガにバテやしないけど、歩きは超のろかった。

天理大小屋では宴会の気配、けどもちろん私設小屋なので入れてはもらえない。風がかなり強かったので、広場ではなくて小屋の東側の樹林の中に小さなテント村ができてた。我々も明るいうちから宴会モードで、たっぷりと睡眠をむさぼりました。
やっぱ雪の世界は好きだなー。歩くのも、テント泊も。久々の雪の世界は、とーっても寒かったけど。

| | コメント (6)

年明け最初の週末

お天気がどうなんだかだけど、ちょこっと山へ・・
1001020128年賀状を作るつもりが未完成、なんだかんだほっぽり出してお出かけ。バタバタと忙しい一日だった。
今回のお出かけ先はケータイ圏外っぽいので、日記の更新もつぶやきもしないかもだけど、まぁ雪中ハイキングなんでご心配なく。

| | コメント (0)

とろ~りとんこつ醤油の和歌山ラーメン「たかし」

もはやおせちに飽きてラーメン食べたいモードなので年末に0912270007食べた一杯のコトでも書こうっと。和歌山ラーメンってどーゆーのが本場的なのかよくわかんないんだけど、ココのは、か・な~りコクのあるスープが印象的。スタンダードな「源味」、コッテリ「熟成」、アッサリ「淡成」があるんだけど、初見なので「源味」で。それでもとろみすら感じる濃厚さなのだが、丼を手で持てないくらいアツアツが供されるので、濃くてもイヤミのない味わい。細目のストレート麺はスープの絡みもよくて、美味しかった。

★紀州和歌山ラーメン たかし
大阪市都島区中野町2-1-18 06-6354-7454
11:30~14:30 18:00~24:00

和歌山ラーメンで以前に食べたことがあるのは「マルヤマ中華そば」「 井出商店」の2軒。とんこつと醤油って相性がいいんだろうなーと思う。

| | コメント (4)

2010初詣ハイキング

せっかく天気がいいので、近くでちょこっと歩いてみることに。
1001010005家の近所にある宝塚神社へ。やっぱココをスルーするわけには行きません。







1001010008お隣の平林寺さんにもお参りして、そのまま逆瀬川駅前を通り過ぎて東六甲のすそ野の方へと登っていく。







1001010018途中ちょっと道を間違えて野上の方へそれたりしつつ、“宝塚の聖天さん”へ。
なんだか明るくて感じのいいお社なのである。去年も来た。甘酒のお振る舞いがあったので、一杯よばれて温まった。
そのまま光が丘を越えて、塩尾寺の下にあたる紅葉ヶ丘へと歩く。


1001010044塩尾寺まで登ってお参り。
足の便が悪いところだけど、けっこう参拝客がいた。
ココからさらに東六甲中走路を登って・・





1001010050極にゃみ的今日の目的地、砂山権現様まで。
ダレもいない静かな神域で、まったりTea&ランチタイム。
二日前に賞味期限の切れた行動食の残りだけど、フツーに美味しかった。




1001010055さてココからが探検モード。
塩尾寺の下から、ほぼ北北東へ伸びている尾根を下ってみることに。
エアリアマップに書かれている「厳島弁財天」に行ってみたかったんだけど、沢筋に降りるのを躊躇してるうちにお寺みたいなところに出ちゃった。



1001010056_2目にまぶしいほどの白亜のストゥーパ。
一人のお坊様が、一心に何語かわからないお経を上げておられた。歌うような美しい抑揚のあるお経で、ほかに人の気配もなければ、読経以外になにも聞こえない・・ まるで異空間にトリップしたみたいだった。
「日本山妙法寺」という日蓮宗系らしいのだが・・調べてみてもさっぱりわからない。世界各地で平和運動をしているとか、仏舎利塔をあちこちに建てているとか、南方仏教系の黄色い袈裟で太鼓を叩いているとか、雑然とした情報しかウェブでは拾えなかった。でもココで出会ったお坊様は、たった一人で誰に聞かせるでもなく静かにお経を上げておられた。とても美しいお坊様だった。


1001010074さらに北側の沢沿いを遡ると、行場みたいなところが・・
この沢を遡行すると厳島弁財天があるのかも?と思ったけど、今日のところはココで引き返すことに。





1001010100最後に清荒神まで歩いたけど、あまりの人の多さにぐったり。おみくじをいただいて帰った。
トータル歩行距離約14km。少しは運動になったかな。

前回“白山さん”に「見かけ倒しの運勢」と看破されたにゃみにゃみ。だけど、今回荒神さんは「故郷にありては望事成就しがたし、他国へ出稼ぎしてよき容あり」「旅立至ってよし、後に心を残さず急げ急げ」って・・ドコへ行けばいいのかな?

| | コメント (0)

A Happy New Year!

あめましておめでとうございます~。
0912290002_2今年もよい年になりますよう。
お世話になっている皆さま、本年もよろしくお願いいたします。これからお世話になるかもしんない皆さまもよろしくね(?)


0912290006トラの画像は、垂水の「海神社」の巨大絵馬のものです。
小豆島ツアーの出発前にちらっと立ち寄ってみた時の写真。ツアーの記事はまだ続きますよー。

初詣はドコに行こうかなー。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »