« 『ザ・ウィスキーブック』 | トップページ | 「トムラウシ遭難事故を考えるシンポジウム」 »

超シンプル!な「すラーメン」と「癒しのクッキー」

今日は朝イチから助っ人に駆り出されていて、1002260002でもまぁ、お昼ごはんくらいは食べられそうな時間的余裕を感じていたので(最悪の場合は飲まず食わずで12時間労働とかになるんで!)、ナニ食べに行こうかな~って楽しみにしてた。が、思いのほか作業がはかどらず、昼ご飯のことなんて考えるのがもうめんどくさくなった。で、一番近くて、何も考えなくていいところへ・・・ほとんど勝手に“My社食”にしてる市役所食堂。そもそも時間が遅かったので、日替わりランチとかは売り切れ。でふと目に付いたのがコレ。
なんともまぁ、潔いとゆーかシンプルの極みとゆーか。うどんダシに中華麺。「えきそば」みたいなもんだけど、トッピングがナルトと葱だけ!いや、シンプルで美味しかったです。はい。

1002260001だもんで、ちょっと夜だけど甘いもの食ってもいいかな?って感じで・・
「なんかわからんねんけど、友達が落ち込んどるねん。励ましに行ってくるわ!」と、手づくりクッキーを持って出かけて行った“たま”が、「残り、食べてええでー」と置いていったもの。
ま、美味しいお菓子が人を幸せな気分にするのは確かやろ。あんたと同じ“音”の名前を持つオリンピック選手が、たくさんの人に元気を与えてくれてるんやから、あんたも大事な友達に元気を分けてあげたらええわ。

|

« 『ザ・ウィスキーブック』 | トップページ | 「トムラウシ遭難事故を考えるシンポジウム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ザ・ウィスキーブック』 | トップページ | 「トムラウシ遭難事故を考えるシンポジウム」 »