« ワインで優雅な昼下がり@CAFE LINK | トップページ | ケーク・サレ »

六甲山“半分だけ”縦走

天気も時候もいいので、なんだか久々にがっつり歩きたい気分に。1004180006_3そこで、全山縦走路を後半だけ歩いてみることにした。新神戸を9時過ぎに出発し、天狗道を登るつもりが、ふと旧摩耶道を歩きたくなって、徳光院方面へ。
五社稲荷さんの新緑がとても鮮やかでキレイ。この一帯は役小角創建の修験道道場があったとされており、後に川崎財閥の創始者である川崎正蔵氏が私財を投じて創建したのが徳光院。周辺一帯が環境保存区域に指定されている。巨樹がたくさんあって、とても気持ちの良い場所だ。



1004180017_2徳光院の多宝塔は、室町時代の建物を移築したもので、とても落ち着いたたたずまい。









1004180022ここは、狛犬さんがちょっと個性的でかわいらしい。







1004180031雷声寺でイキナリおやつタイム。昨日の摩耶山リュックサックマーケットでゲットしたD-yan師匠の桜のカップケーキ。新緑と舞い散る桜吹雪のなかでいただくとことさらに美味だった。





1004180035旧摩耶道(もとまやみち)は、山裾をトラバース気味にゆるゆると青谷方面へ続いている道で、明るくて景色がよく、でも人が少ないとても静かでよい道。
新緑に彩られて、とてもきれいだった。




1004180041ツツジも満開で、新緑と競うように色鮮やか・・








そのあと、

1004180038学校林道への分岐を進み、天狗道から摩耶山へ。天狗道で、15~6名の大パーティに追いついたのだが、接近したら最後尾の方が敏感に察知して、しばらくこちらの歩みを見ながら、「先に行かれますか?」と声をかけてくれた。すると、即座に全員がささっと適当な足場を見つけて脇へ寄って、とても気持ちよく道を譲ってくださった。私はどちらかと言うと、大人数で山歩きをするのには批判的なのだが、こういうしっかりとした対応ができるパーティであれば問題はないと思う。
ザックにつけておられたプレートから、兵庫労山の「西宮M昭山の会」と拝察したが、さすがに名のある会は違うと感心した。


1004180048摩耶山では桜が満開。さすがに今日は昨日とは打って変わって静かだった。







1004180051おやつタイムその3で、またまたD-yan師匠のケーキをいただいた。







1004180055児童公園の奥にミツマタが植えられているのだが、ちょうど満開できれいだった。







1004180057アゴニー坂では、山桜が咲いていた。
六甲山牧場の赤屋根の建物がとてもこのあたりらしい景観を作り出している。






1004180058丁字ヶ辻の六甲山YMCAでは、星野池の上に鯉のぼりが泳いでいた。







1004180060のんびりモードではなかったので、いつもは用がなくても立ち寄るガイドハウスはスルーしてとっとと進む。一軒茶屋で時刻を見ると14時過ぎだったので、まぁ塩尾寺まで行けるか、ってことで、当初の目論見通り東六甲縦走路へ突入。
クロモジの大きな樹にたくさん花が咲いてとてもきれいだった。タムシバもちょうど見頃だった。


1004180062大平山を過ぎたあたりで、デカいザックを背負ったパーティに追いついた。そういうとき、あまり追い立てないように少しはなれて歩くようにしているのだが、最後尾の男性ではなく、その前を歩いていた二人の若い女性が気配に気付いて、「どうする?ココはちょっと狭いから・・」と小声で相談して、少し広くなった場所で道を譲ってくれた。やっぱ、この人たちもちゃんとした山岳会のメンバーなんやろな~と思いつつ、「ありがとうございます」と声をかけて通り過ぎようとしたら、「ネギシさん!?」と呼びかけられ・・・んん?なんだ~?
アララ○YACのパーティやん。現役でいた最後の頃に新人で入って来られた方たちだそうで。覚えてなくてすみません。

100418006116時半頃、塩尾寺到着。三宮から宝塚まで、約8時間行動。久々にまともに歩いたらめっちゃ疲れた。ボッカもしてないのに。ちょっと鍛えなおさんとアカンなー。
今日の足元。モントレールのコンチネンダルディバイドファイントラックのストームゴージュアルパインパンツ。足捌きがとてもよくてこのパンツはお気に入り。シューズは、長距離を歩くのは初めてなので、ちょっとあちこち痛かったな。軽量だし、グリップがとてもいいので、歩いていてとてもラク。ザレた下りなんかではとても威力を発揮してくれるように感じる。

|

« ワインで優雅な昼下がり@CAFE LINK | トップページ | ケーク・サレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインで優雅な昼下がり@CAFE LINK | トップページ | ケーク・サレ »