« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

CAL-MEXが味わえる「EL DOMINGO GRANDE」

ハイテンションなご一行様でイベント終了後にわーっと繰り出したのは1005300070、阪急岡本とJR攝津本山の間にあるCAL-MEX(カリフォルニア&メキシコ)スタイルの料理が楽しめる「EL DOMINGO GRANDE」。後片付けやらなんやらで先発隊のスタートが20:30(後発隊到着は21時過ぎ!)と遅かったけど、クタクタでペコペコの面々でがっつり食べて!飲んで!喋って!楽しいひと時を過ごした。


10053000751005300076タクさんおススメの「ワカモレ・チップス」(アボカドディップ+コーンチップス)、「タコス/海老のフリッター」が美味しかった。大人数でどんどん注文するもんだから、オペレーションは大混乱だったけどcoldsweats01 頼んだのに結局来なかった「タコス/チリミンチ」食べたかったよー。

1005300078★BURGER & TACOS EL DOMINGO GRANDE
神戸市東灘区本山北町3-3-14 パティオ岡本B1F
078-452-2989
11:30~14:30(L.O) 17:00~22:00(L.O) 無休

| | コメント (0)

Mt.Rokko Outdoor Session vol.1 ~グルメブース編

昨日開催された「Mt.Rokko Outdoor Session」を1005300023サイドから盛り上げてくれたグルメブースの3店さんをご紹介。
丹波篠山鶏が美味しい御影の名物焼き鳥屋「一喜鶏 」さんでは、とっても美味しい特製チキンスープを提供された。





1005300031鶏ガラを5時間かけて煮出したというチキンスープをベースに、軟骨入りで歯ごたえ抜群の鶏つくね・卵入りで、とても滋味溢れる美味しさ。地元灘の日本酒を5種もご用意いただいていたのだが、プログラムが控えていたため、飲めなくてザンネン・・スープが早々に売り切れだったので、早めに閉店されていた。


1005300022灘の人気ベジ&スイーツ「N+ style Cafe (エヌスタイルカフェ)」さんからは、オーガニック野菜で作ったベジフル玄米カレー。身体に優しく、子どもにも美味しいものを・・というコンセプトのお店だけあって、無農薬野菜、無添加食品にこだわっておられる。



1005300032カレーのスパイスは自家ブレンド。香り高くてマイルドなスパイスづかいで、水を加えず野菜の水分だけで仕上げているため、ナチュラルな野菜の甘さが引き出されている。子どもたちも喜んで食べていた。
自家製ナン、生ビールも提供されていた。完売後はナゼかホットケーキ屋さんに変身していた。


1005300034阪急六甲のお洒落なニューフェイス「CAFE LINK」さんでは、特注のエスプレッソマシンで淹れるスペシャリティコーヒーが絶品だった。挽き立ての豆で抽出される香り高いコーヒーは樹脂製の貧相なマイカップでいただいてもとても美味しくいただけた。



1005300035ブリーチーズとはちみつのバゲットサンドも軽く温めて供され、パリパリふんわりでGood。トマト煮野菜のチャバッタサンドは気がついたら売り切れていて残念・・。レギュラーメニューになるかも♪とのことで楽しみ。
焼き菓子3種はオープンと同時に“大人買い”しておいたので、今日ゆっくり楽しもうっと。

| | コメント (4)

Mt.Rokko Outdoor Session Vol.1

5月最後の日曜日、「Mt.Rokko Outdoor Session」が開催された。1005300007_2
にゃみにゃみ。は、せっかくの好天だし、登りは歩いて行こうと思って早起きしてケーブル下を出発。ところが・・ここ2年以上“ボッカ訓練”なんてものをしたことがなかったので、ザックが重いと登りがしんどいってコトをすっかり忘れており、油こぶしの登りでヘロヘロ。それでもほぼ予定通り9時過ぎに天覧台に到着したら、Sky High Mountain Worksチームが先着していた。

1005300016追っ付け白馬堂ROKKO、BIG MOUNTAIN CYCLE&OUTDOORWEARチームも到着、出店者の方々も続々と登ってこられ、開始予定の11時にはすごい賑わいに。六甲ケーブルのご担当者様も来てくださって、みんなで開会挨拶。
美しく晴れ渡ったこの日、六甲山上はとても爽やかで、予想を遥かに超えたたくさんの方々が来てくださった。

1005300028元・バーチャル駅長仲間のゆかりサンが来てくださったり、Twitter仲間のあぷんてさんに初めてお会いしたり。摩耶リュックで出会った方と再会したり、以前にmixiでメッセをくださった方がお声かけてくださったりと、いろんな出会いがあってとても楽しかった。



1005300055午後には『にゃみにゃみ。と歩こう!六甲山を歩こう!』と題して、小一時間のプチ観察ツアーを実施。10数名の方々とショートコースを歩いた。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。短い時間でしたが、お楽しみいただけたでしょうか。



1005300052マウンテンバイク試乗会も各回定員いっぱいで、ちょっとハードな山上ライド体験を楽しんでいただいた。
最近人気のマウンテンバイクだが、安全に乗りこなす技術と共に、ほかのアクティビティを楽しむ人たちと気持ちよく共存できるようルールやマナーも学んでいただいて。


1005300066夕刻まで山上でのんびりとした時間を過ごし、終盤ではちょこっとビア&ワインタイムも楽しんだ。
流動調査の方にお聞きしたところ、550人くらいの方が来てくださっていたとか。ご参加の皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。


オマケ

続きを読む "Mt.Rokko Outdoor Session Vol.1"

| | コメント (8)

“無茶修業”@保塁岩

先週に引き続き、超久々にクライミング。1005290033一年以上のブランクがあったのにナゼ急に?って感じなんだけど・・coldsweats01 まぁノリとイキオイってところで。
メンバーは先週と同じshigeさん・千春どん&Mジュンさんで、マタマタSWACのN師匠にお世話になりました。
いきなり朝イチから、中央クラックを登って、間髪いれず大ハング右~枯れ木のカンテをリードするN師匠の図。

1005290038中央稜「中央クラックⅤ+」、「大ハング中央クラックⅥ+~枯れ木のカンテⅤ-」、「右クラックⅣ」、「凹角Ⅳ+~直上Var.」と全てTRトライ。
中央クラックはすげー難しくて、ほとんど引っ張りあげてもらったようなsweat02
大ハング中央クラックもかなりビミョーな登りだったけど、ムーブがダイナミックで楽しかった。


1005290044ランチ後には、千春どんが淹れてくれたコーヒーをいただきながらshigeさんが吹くサンポーニャでまったり気分に。爽やかで眺めのいい岩場で聞くフォルクローレは最高。
「Carnaval Humahuaqueno」だったっけ。懐かしい。



1005290054午後は「サラマン5.9+」、「スカイフレーク5.9」、「ジグザグクラック5.9」とさらにトンデモ度がUP。
オマケでスカイフレークからコズミックラインにもトライしよーと思ったけど、全然手も足も出ず。

★動画をUPしてみました・・・ココ!



1005290078イッポンさん&初Nさんコンビも登っておられ、華麗な登りを見せていただいた。イッポンさんもカッコイイ・・






1005290089帰りに灘温泉&イッパイ。一日登った挙句に4時間の宴会。ヘロヘロになったけど、お店で偶然お会いしたNTペアのお二人とご一緒させていただいて、ちょー古い業界話(?)なんかも飛び出してとても面白かった。
N師匠が甲楽亭でお昼にビールを飲んで、ゲタでサラマンを下降したなんて“伝説”まで飛び出して・・(ご本人曰く「ゲタはいくらなんでも無理や。ビーチサンダルならやったことがある」ってそれ!充分トンデモなんですけどっ。そーゆーのを日本では「五十歩百歩」といいます!)

| | コメント (2)

六甲「CAFE LINK」でランチ②

※2011年6月7日を以って閉店されました。

阪急六甲駅近く、高羽の静かな住宅街にあるお洒落なカフェ「CAFE LINK」さん。
1005270008昨日「MROS」のミーティングでお邪魔したついでにランチを。前回、自家製コロッケがとっても美味しかったので、今度はハンバーグ♪
ふんわり焼き上げられたジューシーな手づくりハンバーグに、ワインをたっぷり使ったという特製ソースが絶妙にマッチ。くどさのない上品な美味しさだった。で、ココのランチはご飯がめっちゃ美味しい。

1005270003ちなみにコチラは、午前中のミーティングのときに試食させていただいたティラミス&蒸し焼きショコラ。キュートなパティシエ・misaさん作のスイーツシリーズ♪どちらもすっごく美味しかったですheart04

CAFE LINK
神戸市灘区高羽町5-5-21 078-851-3212
10:00~20:00頃 水曜定休
※阪急六甲駅北側、線路と平行の道を東へ。カモcafeさんの角を山側へ曲がり、ひとつめの角をさらに東へ。突き当りを山側へすぐ。うどん「扇矢」さんの北隣。駅から徒歩約6分

(極にゃみ的過去記事)
★コロッケランチ♪ ・・・ココ!
★ワインで優雅な昼下がり ・・・ココ!
★スイーツも絶品 ・・・ココ!

| | コメント (0)

皐月下旬 六甲山の花たち

まずは、一昨日の東お多福山植生調査の時に見た花。
1005260048初夏の花「アキグミ」。ちょっとメタリックな葉っぱが特徴的。秋の実もきれいです。







1005260052ネザサを刈った地面からさっそくたくさん出てきた「ヒメハギ」。日当たりが好きみたいで、林縁部などでもよく見かける。ハギと言ってもマメ科ではなくヒメハギ科ヒメハギ属。





1005260054バラ科の「カマツカ」。小さな花だけどかわいらしい。材が硬くて丈夫なため、「鎌」の「柄」に使われたことから名づけられたそう。「牛殺し」などというぶっそうな別名も。





1005260040もうすぐ咲きそうな「ササユリ」。草原化すればたくさん戻ってきてくれそう。可憐な花だけに、あちこちで盗掘されて、すっかり減ってしまっているらしい。山の花は山で見るのが一番美しいです。拉致しないで、そっと見守ってほしい。




1005260053花が咲くのは秋だけど、「ツリガネニンジン」もたくさん芽吹いていた。秋の開花がたのしみ。咲くとこんな感じです。ココ!






それから、昨日MROSの打ち合わせ後に『にゃみにゃみ。と歩こう!六甲山を歩こう!』の下見で出会った花。

続きを読む "皐月下旬 六甲山の花たち"

| | コメント (0)

Mt.Rokko Outdoor Session『にゃみにゃみ。と歩こう!六甲山を歩こう!』

Sky High Mountain Works白馬堂ROKKOBIG MOUNTAIN+にゃみにゃみ。presents Mt.Rokko Outdoor Session 六甲山アウトドア・セッション!Mros2_2







今週末の5月30日(sun)、六甲ケーブル山上駅「天覧台」にて、六甲山が大好き!山が大好き!アウトドアが大好き!という人々のための楽しいイベントが開催されます。

続きを読む "Mt.Rokko Outdoor Session『にゃみにゃみ。と歩こう!六甲山を歩こう!』"

| | コメント (4)

準備着々@MROS

今週末の5月30日(sun)に六甲ケーブル山上駅「天覧台」にて、六甲山が大好き!山が大好き!アウトドアが大好き!という人々のための楽しいイベントが開催されます。
Mt.Rokko Outdoor Session

1005270004本日、その最終打ち合わせでSky High Mountain Works白馬堂ROKKOBIG MOUNTAIN+にゃみにゃみ。がCAFE LINKさんに集結。うんと盛り上げて、たくさんのみなさんに楽しい六甲山上のひと時を過ごしていただけるようにいろんなツメを行いました。
←試食させていただいたティラミスが絶品で・・smile

後日記:開催レポート
★Mt.Rokko Outdoor Session Vol.1 ・・・ココ!p>

| | コメント (0)

お濃茶ラングドシャ『茶の菓』

にゃみにゃみ。の昨日のおやつ。「江戸時代から続く宇治白川の茶園を継ぐ茶作り名人・1005260034小島確二が“本覆茶園”で育てた茶葉を、熟練の茶鑑定士・森田治秀が濃茶に仕立て、エグゼクティブシェフパティシエ・江崎靖彦によって繊細な味わいの焼き菓子に仕上げた“究極のコラボレーション”」とゆー、たいへんセレブなお菓子。いやー、実際ひじょーに美味しかったです。お気に入りのイラムティと共に、山の上でいただいたのでさらに美味しかったのかもだけど。Ake美さんご馳走さまでしたheart04

★京都・北山 マールブランシュwebサイト・・・お濃茶ラングドシャ『茶の菓』

| | コメント (0)

2010年春季 東お多福山草原保全・再生活動

2007年の秋から試行的に植生調査を実施している東お多福山で、1005260006今年も調査&保全活動が行われた。これまでボランティアとして関わってきた「ブナを植える会」「日本山岳会関西支部」「六甲楽学会」「芦屋森の会2001」などのグループに加え、「こうべ森の学校」「西宮明昭山の会」「萱葺同人」、神戸大学の学生さん、神戸市森林整備事務所や兵庫県民局の方も来られ、総勢約50名の参加となった。


1005260010兵庫県立人と自然の博物館・橋本佳延研究員によって、これまでの経緯と現状、植生について説明を受けた後、ネザサの刈り取り作業とコドラートの植生調査を実施。





1005260012六甲山系唯一の草原として利用されてきた歴史を持つ東お多福山は、1950年くらいから管理が放棄されたため、それまで長年維持されてきたススキ草原が失われた。1969年にはいったんネザサが一斉枯死したため、一時的にススキ草原が甦ったものの、その後再びネザサの勢力が増し、ここ10年以上、草原生植物がほとんど見られない“種多様性の低い”状態となっている。

そこで・・

続きを読む "2010年春季 東お多福山草原保全・再生活動"

| | コメント (0)

たこ焼きでイッパイ

縁あって担当させていただいていた5週連続のとあるクラスが終了。1005250025最終回ってこともあって、昔なじみのスタッフさんとちょい前にも来たお店で帰りにイッパイ。ホントは浅香山にあるべつのお店に行く予定だったんだけど、雨が降っていたため、最寄駅近くのコチラへ。
安くて美味しいたこ焼きでイッパイbeerができるのでなかなかお気に入りなのである。



1005250027ヤマイモの短冊揚げとか、ごぼうのから揚げとか、ビールにぴったりなメニューがいろいろあって、なかなかGood。女性客が多かったなー。

★たこ一
堺市堺区三宝町1-42-1 TEL 072-222-3347
11:00~23:30 月曜定休(南海電鉄「七道」駅下車すぐ)

続きを読む "たこ焼きでイッパイ"

| | コメント (0)

ちょこっとだけ“蛇のお散歩”

100525000210052500041005250005100525001010052500131005250008_2100525001610052500181005250021

| | コメント (0)

華麗なるブレンドハーブティ「甜茶」

先日ぷち同窓会で訪れた中国茶「紫藤」で購入したハーブティを淹れてみた。
1005250002中国南西部で採れるバラ科の植物・甜茶(テンチャ)をメインに、「洛神花(ハイビスカス)」と中国茶ではおなじみの「玫瑰花(ハマナス)」、「黄山毛峰(緑茶)」をプラスしたオリジナルブレンド。
花粉症などのアレルギーにも効果があるらしい。




1005250005古来より生薬として利用されてきた甜茶の薬効+ビタミンC、天然クエン酸。ナチュラルな甘さにほのかな酸味が加わり、とても爽やか。

中国茶坊 紫藤
尼崎市武庫之荘2-21-15
06-6431-0401
11:00~20:00 火曜定休

1005250006だりあサンにいただいた池田「ALFONSO」の美味しいクッキーと共にheart04いただきました。

| | コメント (0)

イタドリ 

春に、河原や荒地などにたくましい筍状の新芽を伸ばすタデ科の多年草「イタドリ」。
1005230001地方によっては「スカンポ」「スイバ」とも呼ばれ、「虎杖根」という生薬としても利用されてきた。当家では炒め煮にして食べるのだが、ちょっと酸っぱい独特の風味が美味しくて私の大好物。
このイタドリが、観賞用として19世紀頃にイギリスへ持ち込まれたのだが、野生化したものが道路の舗装や煉瓦の壁などを突き破るなどの被害を出しているそうだ。

★asahi.com「イタドリぐんぐん、英国迷惑」 ・・・ココ!

日本でも道路わきや線路際などで生えているのを見るが、舗装を突き破るほど繁茂したりはしない。違う環境に移入した生き物は、元の生態と違うものに変化してしまうものなのだろうか。そう言えば日本でも外来生物の被害がいろいろあったよなー。
けど、移入種を駆除するためにその天敵生物をまた移入すると、別の問題が起きないか心配。自然にヒトがヘンなちょっかい出すとろくなことにならないような気がする・・

★WWF「外来生物の問題」 ・・・ココ!

| | コメント (0)

雨の一日、今日のおやつ。

昨日からずーっと荒れ模様で、結局夕方近くまで雨が降り続いた。1005240004だらだらと明日の資料をまとめたりなんかしながら、結局1歩も外へ出ず。
で、動いてないのにオヤツはちゃんと食べた。先日のぷち同窓会でいただいた、武庫之荘「Bakery 点心」の砂糖がけのラスク、池田「ALFONSO」のホワイトチョコラスク、そして奈良「DONNER DU GATEAU」 の奈良漬キャラメルマドレーヌ。奈良漬が入ってるんだけど、これが摩訶不思議な美味しさ。ほのかな塩味と奈良漬独特の風味、食感がなんとも言えず面白い。大雨洪水警報は解除になったけど、極にゃみ的には食べ過ぎ警報ですがな。

| | コメント (0)

大荒れの日曜日はエイド@駒形ハング

晴れの土曜日から打って変わって大荒れの日曜日。1005230077夜半に窓を叩く雨音と風のうなりで目が覚めたほど。小豆島のレースはどうなるんやろ・・などと思いつつ、予定通り駒形へ。
クライミングそのものがとっても久しぶりなんだけど・・ここ1年余りの“山ヤ休眠”中、外岩と言えば昨年末にarutuさんと行った小豆島、4月に道場周辺清掃活動の帰りにちょろっと行った不動岩くらい。エイドクライミングとなるといったいいつからやってないんだか。

1005230078朝からすでに全身筋肉痛でボロボロ状態だったのだが、TR張ってもらってフリールートを1本。
その後エイドをやったけど、冬の本チャン用に調整したままのエイダーはリストループが長すぎて、ステップもクランポン仕様でびみょーに乗りにくい。軽量化で4mmコードを使っているため、巻き込んだときに足に当たるととても痛い・・なんだかんだで1本目、最上部まで張ってくださったちょー長いルートは途中で挫折。2本目は壁の半分だったのでなんとか終了点まで登ったものの、3本目はもう“ごちそうさま”状態でパス。
1005230082お昼過ぎに帰られるN師匠と一緒に降りて、大北さんで軽く祝杯をあげて帰って来た。
全身乳酸漬けって感じで、今とってもタイヘンなんだけど、久々に筋肉痛の快感を思い出した。やっぱ楽しいかもねー、クライミング。

| | コメント (0)

ちょー久々のクライミング。

「小豆島へクライミングに行くけど、1005220002一緒にどや?宴会メインやから(←どゆ意味?)」とゆー、N師匠からのお誘いにエントリーしていたこの週末。日曜日が悪天予報だったため、早々に予定変更。「ちょっと早いけど、8時に道場駅!」というご連絡をいただいたのが、ナゼかアタマの中で「7時半」に変換されて、しかもダイヤ検索をしたときにさらに1時間早く間違え、道場駅に6時半に到着してしまった。アレレ?気合入りすぎ?


1005220004shigeさん、C春ドン、Mジュンさんたちと一緒に登らせていただく。
ブログですっかり“知り合い”な気分になっていたC春ドンとは初対面って気がしなかった。(shigeさんのブログに描かれているよーな“ご無体凶暴系女子”ではなかった←ちょっと期待ハズレ)



1005220027囲炉裏の面々も来ておられて、それぞれに果敢なトライを展開されていた。まるいさーん、お久しぶり。(真ん中でリードしてるのがまるいさんで、奥で登ってるのがC春ドン。)
どっかで聞いたようなHNの方々が揃い踏みで登っておられた。



1005220017熊カンテ(10a)、太陽がいっぱい(5.9)、アフターバイト(5.9)、いないいないばあ(10a)、おじいちゃんのドタドタ落ち(5.11a)、サピエンス(5.10c)、ゴールドフィンガー(5.10a)。計7本で指皮も前腕も、気力体力全て完売。生岩ほぼ一年ぶりの極にゃみ的には当然のよーに全てトップロープトライだったんだけど・・。すべてN師匠がリードしてTR張ってくださいました。ありがとーございます。
登れない言い訳に「カラダ重すぎて・・」が成立しないことは本日よーくわかりましたcoldsweats01
N師匠、スゴすぎ。

で、終了後は・・・

続きを読む "ちょー久々のクライミング。"

| | コメント (6)

V駅長・ぷち同窓会@武庫之荘

阪急電鉄2009年度バーチャル駅長仲間の“ゆかり”サン、1005210002“だりあ”サンとぷち同窓会。
武庫之荘の名物カフェ「いぬかき」でお茶しながらアレコレ情報交換。「いぬかき」さんは店内外共に写真撮影禁止なのでお店の雰囲気はコチラ・・
ゆかりサンが管理人をされている
 ★武楽茶店(むらくちゃいはな) ・・・ココ!


1005210009ひとしきりお喋りしたあと、武庫之荘でもう一軒気になっていたお店、「中国茶坊 紫藤」さんへ。いぬかきさんとはちょうど駅を挟んで点対称、駅の北西側にある「一の橋」「二の橋」・・「七の橋」の先にある。




1005210013ビルの2階にある静かなティーサロンで、多様な中国茶をいただくことができる。昔々、カンテグランデとかアメ村のモンスーンTea Roomあたりでうだうだしているときにいつも飲んでいたラプサン・スーチョン(正山小種)があったので、つい懐かしくてそれを注文。独特のスモーキーな香りに、懐かしくその頃のことが思い出された。

※カンテGのファイブ店とかウメチカ店があった頃のコトでーす。

1005210015だりあサンは白茶の「白毫銀針」。やっぱ優美なマダムにぴったりのセレクトだなと感心。


中国茶坊 紫藤
尼崎市武庫之荘2-21-15
06-6431-0401
11:00~20:00 火曜定休


帰り際、常連客のゆかりサンの“顔”で甜茶を一袋お土産にいただいた。
それからお土産と言えば・・

続きを読む "V駅長・ぷち同窓会@武庫之荘"

| | コメント (12)

夏日!

午前中、武庫川の向こう側にあるブックオフまでチャリチャリお出かけ。
10052100031005210005





空気はカラッとして爽やかだけど、陽射しがきつくて暑い。
40リットルザックいっぱいの本は、半分くらいが廃棄と言われ、結局500円で引き取ってもらえた。
105円の新書を2冊買ったら残りは290円だった。ま、本をごみ収集に出す気にはどうしてもなれないので、一部廃棄にしろありがたい。
10052100061005210007_2にゃみ庭ではケアフリーワンダーが満開。

| | コメント (2)

走り梅雨

なんだかうっとうしいお天気。昨日は蒸し暑くて、まるで梅雨時のようだった。
1005200004100520000510052000081005200010_210052000111005200013





さすがに蛇のお散歩もできず、おでかけは隣駅の書店に行っただけ。
10052000021005200016






おやつは越後から送られてきた笹団子とちまき。晩ご飯に赤茎サラダほうれんそうを食ったが、歯ごたえがしっかりしてて美味だった。

| | コメント (0)

堺市・天然酵母の「世界パン」

堺で、古くから天然酵母にこだわったパンを焼いている1005180002ベーカリー。国産小麦を使用し、じっくりと時間をかけて作られるパンはどれも風味がとてもよくて、味わい深い。フォカッチャ、野沢菜とメンマ入りのおやき風のお惣菜パンはどちらも食べ応えがあって、ちょっとビールが欲しくなってしまった。細く焼き上げられたチーズ入りフランスパンは、例によって朝までに半分が“ナゾの消失事件”coldsweats01、左端の細長い「バター餅」はお散歩中に半分が消失した。カステラ風の味なのに歯ごたえがモチモチしててとても面白かった。“鮎”みたいな食感。

1005180029三国ヶ丘の駅から徒歩10分くらいの住宅街。

世界パン(リンクは「食べログ」)
堺市堺区向陵西町1-9-13
072-221-9061
10:00~19:00、金曜定休

| | コメント (0)

フダツキ宴会@河内長野

山から降りてきたら、フダツキの悪い酒飲みチームはモチロン宴会。1005190104飲み屋はどこも開いていないので、王将へ。かつて、“登山教室”の実技講習第1回目の足慣らしハイキングが金剛山系で行われていた頃には毎年来ていたけれど、実施エリアが変わってから全く来ていないのでこの店は10数年ぶりかも。




10051901051005190106定番の餃子も美味しくて、オリジナルメニュー?海老マヨもとても美味しかった。




1005190107なんかこんな酒まで飲みましたな・・
久々のメンバーだったので、話が弾んで楽しかった。










1005190111せっかく河内長野まで来たんだから、と地酒の「天野酒」が飲めるコチラでハシゴ。
やはりフダツキの会らしい結末であった。お疲れさまでした。




西條蔵直営「なまくら」
河内長野市長野5-1
0721-56-0056
16:30~22:00 (日曜日~21:30)、木曜定休

| | コメント (4)

雨の“フダツキ”ハイキング

“札付の酒飲み”と称されたメンバー4名で雨中うろうろハイキング。
10051900071005190049








10051900381005190063








このメンバーが揃うのは2年ぶり。雨予報でどうしようかと迷ったけど、この時期にしか出会えない花たちに会いに行くことに。

続きを読む "雨の“フダツキ”ハイキング"

| | コメント (2)

堺でお散歩

100518003210051800361005180040100518004210051800431005180049100518005610051800581005180064100518006610051800701005180075







ご用の前にちっと歩いてみたけど、今日は暑かった。
堺はいい町だ。 気が向いたら、あとで・・

| | コメント (3)

須磨「グリンデル」のなめらかプリン

先日、佐用ツアーの帰りに立ち寄ったのが・・1005140133昨年秋にこのへんをうろうろしててふと見つけたコチラのケーキ屋さん。アマンディーヌが美味しいと評判で、マメオさんが「花畑牧場より美味しい」と絶賛しておられた生キャラメルと評判のアマンディーヌを買って帰った。
大山牧場のジャージー牛乳を使った「なめらかプリン」が美味しいと聞いていたので、今日こそは・・と。






1005140141その、ウワサの「なめらかプリン」。
プレーンタイプ、カラメルがたっぷりかかってるタイプ、イチゴソースの3種類があった。
ど・れ・に・し・よ・う・か・な。
ってやっぱこういう場合はプレーンタイプだよね。




1005140144すくった感じは・・最近流行系の流れるほどとろとろではない。が、食べてみると、舌触りはか・な~り、とろりとなめらか。
なのに、味が濃い。昔風の卵率高めのクラシックなカスタードプリンみたいな濃厚な味なのに、食感は今風。材料がいいのかな。とても不思議なプリンだった。


1005140136ロールケーキはカットでも売られているので、ついでにシュークリームと共にゲット。あっさり素朴な味わいで、毎日のおやつ、って感じ。
どれも丁寧に手づくりされた、やさしい美味しさだった。



スイス菓子「グリンデル」
神戸市須磨区須磨寺町1-6-19
078-732-5520
9:00~20:00 (土・日・祝~19:00) 水曜定休(祝日は営業)

| | コメント (2)

5月17日の蛇のお散歩

10051700031005170005_21005170015_2100517001310051700061005170012

| | コメント (0)

佐用ツアー③ 佐用名物と言えば・・

佐用名物と言えば「ホルモン焼きうどん」。
1005140090戦後、近くに牛せり市場と食肉解体所があったことから、食肉として流通していなかった内蔵肉を有効活用して編み出されたメニューだそう。6~7種のミックスホルモンを野菜と共に炒め、うどんとだし汁をいれて焼き上げる。お店によってさまざまに工夫された「つけダレ」につけて食べる。



1005140089肉を食べない極にゃみ的にはふつうは近寄らない系のお店なのだが、佐用ではグループごとにまとめて焼き上げてみんなで突っつくってスタイルだってことを事前リサーチで知っていたので、コレならOK!
味噌味、醤油味、ミックスなどいろいろ。行ったお店では辛口の醤油と甘口の味噌を自分でブレンドするスタイルだった。途中ですりおろした柚子を振りかけてくれたけど、さっぱり香りよくて美味しかった。
ちなみにコレは4人前で、なかなかのボリューム。太くてコシのあるうどんもGood。

町内には9軒ものホルモン焼きうどんの店がある。
詳しくは★「ホルモン焼きうどん地図」 ・・・ココ!

それから・・

続きを読む "佐用ツアー③ 佐用名物と言えば・・"

| | コメント (0)

佐用ツアー②「智頭急行」と宮本武蔵

先日訪れた西播磨の佐用では、山間を縫って走る「智頭急行」が印象的だった。
1005140024兵庫県の上郡駅から岡山県を通り、鳥取県八頭郡の智頭駅に至る56.1km、14駅の全線単線・非電化の鉄道。江戸時代から往来の多かった「因幡街道」に沿ったもので、明治時代から何度か建設に向けて計画が行われながらも実施に至らなかった。



1005140062最終的に、黒字が見込めるJR特急の運行を前提とし、ローカル線は第三セクターが運営するという形で1994(平成6)年12月3日に開業。ところが、翌月に阪神・淡路大震災が発生し、京阪神方面への直通特急列車は全列車運休に・・という苦渋の歴史がある。
特急「スーパーはくと」や特急「スーパーいなば」が130km/h運転を行う合間を縫うように自社車両による普通列車を運行し、地元の大切な足となっている。

1005140058利神城の麓にある「平福駅」。「近畿の駅百選」(H14)に認定された落ち着いた佇まいで、道の駅から駅舎見物に来る観光客も多い。






1005140098もう1箇所立ち寄ってみた駅が、非常に珍しい人名を冠した「宮本武蔵駅」。宮本武蔵は、天正年間の生まれ。著書『五輪書』には生国播磨と記されているが、江戸時代後期の地誌『東作誌』に美作国宮本村で生まれたという説があり、川英治の小説『宮本武蔵』でもこの説が採用されている。


1005140099_2ホームは階段の上にあり、両側にトンネルがある不思議なロケーション。







そして・・

続きを読む "佐用ツアー②「智頭急行」と宮本武蔵"

| | コメント (0)

武庫川渓谷ハイキング

読図講習会の実技編は1時半過ぎに終了。Dscf3302スタッフは“反省会”と称して「さくらや」へ吸い込まれて行ったけど、昼過ぎから飲むにはもったいないお天気。どうせ鹿とか猪とか食べられないものばかりだし、割と高いし・・大北さんなら半分の金額で倍飲める、という思惑もありつつ、道場まで歩くことに(サイフの中身がとても寂しかったとゆー事情もある)。
鉄橋の上で半分トンネル内にある駅の下を潜り抜けて・・

Dscf3304上流にある旧福知山線のトンネルから、直角に川沿いに出るトンネルが穿たれている。
川の両側に温泉宿が点在するエリアだが、各地に甚大な被害をもたらした2004年10月の台風23号でここも大きな被害を受けた。
流された橋は架け替えられ、建物が被害を受けた旅館も復興。左岸の上流には足湯も設けられている。


Dscf3313あちこちでピンク色の花を咲かせているのはスイカズラ科のタニウツギ。優しい色合いがとてもキレイ。






Dscf3314_2地形図を見る限り川沿いにずっと道が続いているように見えるが、人の気配はまったくないし、ホントに行けるのか?とちと不安になりつつも、未知の場所を地図を見ながら歩くのはとても楽しい。
線路跡と思われる平坦で広い道は途中でぷっつりとなくなり、いきなりワイルドな踏み跡になる。切り立った岩が出てきたりなんかして、ちょっと楽しい。






Dscf3317なんか名前がついていそうな岩だけど・・?








1_dscf3323川下川ダムの下からは車道に合流。浄化センターのところで対岸に渡るより、丸山湿原側から越えたほうが楽しそうだったので、道があるかどうかわからなかったが、最悪ヤブコギ覚悟で239ピークの東側の道を進み、最終的に千刈ダムの下流に出た。



Dscf33402時間ちょいで道場に到着。







んで・・

続きを読む "武庫川渓谷ハイキング"

| | コメント (4)

武庫川渓谷で出会った五月の花たち

日曜日、読図講習会終了後に歩いた武庫川渓谷で出会った花たち。
Kogakuutugi_3327ユキノシタ科アジサイ属の「コガクウツギ」。清楚で控え目な風情がとても好き。
谷沿いとかわりと湿り気のあるところが好きみたいで、薄暗い樹林の中でひっそり咲いているのをよく見かける。




Tukubane_3331もう少し光のあるところを好むのが、スイカズラ科の「ツクバネウツギ」。花後の実にはプロペラのようなガクがついていてまるで羽根つきの追羽根のように見えるところから名前がついた。





Noibara_3325はっきりと陽射しが好きなのがバラ科の「ノイバラ」。野生種のノイバラの仲間にはほかにヤマイバラ、テリハノイバラがあるが、それらは葉に光沢があるので見分けられる。





Jaketu_3334つるがあってとげがあると言えば・・ジャケツイバラ科の「ジャケツイバラ」。漢字で書くと「蛇結茨 」で、鋭いとげがあるので蛇でも絡まってしまうという恐ろしいbearing植物である(蛇が絡みあっているように見えるとの説もあり)。




Dscf3335通常はほかの樹に絡みついて、樹冠を覆うように茂るので、近くで見る機会があまりないのだが、たまたま倒木があって近くで観察できた。
←こんな感じで30cmくらいのえらく立派な総状花序をすっくと伸ばす。咲き揃うとかなり華やか。葉っぱは羽状複葉。






Jishibari_3288足元で目立っているのは、キク科の「ジシバリ」。一面に咲いていてとても華やか。







Niwazekisyo_3292Niwazekisyo_3312足元に一面と言えば、アヤメ科の「ニワゼキショウ」。 北アメリカ原産の帰化植物で、元は観賞用に導入したものが逃げ出して、今やあちこちで野生化している。夏の花・・という印象があるので、寒いと思っても確実に季節は進行している。

Murasakituyukusa_3299同じく北米原産の帰化植物で野生化している「ムラサキツユクサ」。日本のツユクサと同じツユクサ科ではあるが、全く似ていない。さらに大型の「オオムラサキツユクサ」というのもある。





Tubosumire_3287スミレの仲間では、ツボスミレがたくさん咲いていた。花は地味だけどスミレの仲間にしてはわりと背が高い。






それから、同定できないヤツ。

続きを読む "武庫川渓谷で出会った五月の花たち"

| | コメント (0)

読図講習会② 実技編

毎年恒例・大阪府山岳連盟の読図講習会の実技編。
Dscf3280地図とコンパスを持って、北摂の山をうろうろ。
前日の机上講習を受けて、実地でコンパスの使い方や地形と地形図の照合などを体験していただいた。ちょーハイテンション女子が7、8人で超ニギヤカだった去年と違って4人だけの静かな班だったので、落ち着いてじっくりと取り組んでいただけたかと。


Dscf3283短いコースだったが、道の表記が間違っている例とか、表現が省略されるケース、尾根読み・谷読み、踏み跡が不明瞭でしかもわかりにくい平坦地でコンパスを活用して進む方法など、盛りだくさんに体験いただいた。新緑が美しく、爽やかな気候で歩いていても気持ちよかった。

| | コメント (0)

恒例「読図講習会」

毎年恒例・大阪府山岳連盟の読図講習会が開催された。1005150043講習会にはあいにくの天気で、しょうがなく屋上に登っちゃう人とか・・・coldsweats01 晴れてる日に山屋を室内に閉じ込めておくのは無理です・・






1005150049二日連続の講習で、初日の今日はコンパスの使い方と、地図についてのお勉強。二日目には実際にフィールドに出て読図を実習していただきます。地図と遊ぶのは楽しいですよ。

| | コメント (0)

靱公園のバラ

大阪市内の都心部にある広大な緑地「靱公園バラ園」が満開に。
1005150008100515001410051500211005150018 10051500221005150020






移動途中の超急ぎ足で見たので、どの品種がどれくらい咲いてるとかはノーチェック。
今日明日と「靭公園バラ祭~くらしとみどりフェスタ2010~」が行われている。

100515003010051500321005150034ケヤキの新緑がとてもきれいでした。

| | コメント (0)

佐用ツアー① 幻の名城「利神城」

因幡街道の宿場町として栄えた平福宿の北東にある利神1005140004(りかん)山(標高373m)。
南北朝時代に赤松氏一族の別所敦範によって山城が築かれ、戦乱の時代には次々と城主が代わったが、関が原の合戦後に播磨に入封した池田輝政が甥の由之に平福領2万2千石を分与。由之は5年がかりで城の大改修を行い、三重の天守を構え曲輪を回廊で結んだ壮麗な城を築いた。


1005140046_2平福は、秋から冬にかけて朝霧の名所として知られる地で、霧の上に浮かぶ威容から「雲突城」と呼ばれていたが、幕府の警戒を恐れた輝政の命により天守が破却されるという数奇な運命をたどる。由之が転封となった後、池田輝政の七男・松平輝興に与えられるが、輝興もまた転封となり、以後廃城となったという。


1005140038急峻な地形を利し、中心部分を総石垣で築いた豪壮な城であったようだが、長い歳月を経て建物は失われた。






1005140051石垣のみが残されているが、史跡指定を受けていないため保存・補修が行われることもなく、崩れかけたまま放置されている。部分的に非常に危険な状態であるため、現在は立ち入り禁止となっている。




1005140021いくつか登山道があるが、地元行政としては「立入禁止」としている。

※非常に急な部分や、崩れた石垣で足元が不安定な場所があります。崩壊寸前の危険な石垣もあります。

| | コメント (0)

ガンバレ佐用!

南北が海に接し、東西にも広い兵庫県の、最西端に位置する佐用町。1005140046昨年8月に記録的な集中豪雨による洪水被害により、20名近い死者を出し、未だに行方不明の方もおられる。1700戸以上の家屋損壊、河川・道路・農地にも甚大な被害があったことは記憶に新しい。その佐用に、縁あって訪れる機会を得た。




1_1005140059智頭急行智頭線「平福駅」。
宮本武蔵決闘の場としても知られる兵庫県佐用町平福の玄関口で、広々とした立地に建つ落ち着きのある駅舎。鉄分多くない人でも一見の価値あり。




2_1005140003道の駅「宿場町ひらふく」。
因幡街道随一の宿場町として栄えた平福。車社会になってからはココが旅人を迎えるメインの施設だろうか。





3_1005140117佐用川に面して立ち並ぶ土蔵や納屋、川屋敷のある川端の風景はこの地を代表する景観。







4_1005140121かつて、標高370m余の利神山の山頂には「利神城」という城があった。







1005140089もちろん、コノ名物メニューも食べましたよ!

あとで・・・

| | コメント (4)

中之島公園のバラ

いまこんな感じです。10051300311005130042100513005110051300271005130040_21005130058

| | コメント (2)

次々とパンが消失していった件。

先日、南海電鉄七道駅までお出かけしたのである。1005110017
翌日、持ち寄りお茶会&野良酒の予定だったから、どっちかのハナシのタネにと思って、お惣菜パンで人気のコチラのパン屋さんに立ち寄ったのである。
とんだドタバタがあったのだが、無事に一仕事終えて帰宅したのが23時頃。最初の事件はこの夜に起こった。

確か、3つ買ったパンが・・朝には2個しかないのである。





1005110018そして・・デジカメの画像データを見ると・・・・消失したパンが写っている。キーボードの上で真夜中に撮影されたこのベーコン・エピはいったいどこへ・・?





1005120001そして、諸般の事情でお茶会も野良酒計画も共に頓挫。パンは宙に浮いた・・はずだったのであるが、その翌朝、またしても消失していたのである。
そのナゾを解くべく、前夜のつぶやきをたどり返してみた。すると・・そこには事件の顛末がきちんと残されていた。「きのこパン焼失事件」じゃねえってんだよっ、このヨッパライ!


1005120003すべて不可解に焼失したパンの3つめ「たまごトースト」。コレがとても美味だったコトだけは覚えている。縁取りのマヨネーズ、程よく焼けた目玉焼き、パンとのバランス。たまご好き・マヨラーにはたまらない一品。
お店は南海本線七道駅の改札前(道路の向かい側)。安くて美味しいたこ焼きと串カツの「たこ一」もある。

パン牧場
堺市堺区三宝町1-42-1
072-204-8000
6:00~19:00 月曜定休

| | コメント (2)

バラが次々と開花

にゃみ家におけるイチバンの愛されキャラ“優花さん”の開花に引き続き、1005120008ほかのバラたちも次々に咲き始めてる。極にゃみ的にはかなり好きな「ケアフリーワンダー」。
名前がどうにも愛嬌がないけど、ホントにケアフリーで、しゃんとしないシュラブローズではあるが、花付もよくて好き。





1005090101それから、「新雪」にやや遅れて咲き始めたクライマーの「サハラ」。これも剣弁咲きのクラシックな品種だけど、好き。







1005120007ジュピターもまた花を咲かせてくれた。イベントで使ったポット苗をもらってきて植えたものなんだけど。

まだまだ咲くはず。楽しみ・・

| | コメント (0)

ついったーの威力。

昨日のこと・・ゼッタイ遅刻できない1005110016外出の出発予定時刻10分前にケータイが鳴った。出てみたら「急ぎの案件です。とりあえず必要な資料を入手してください。タイトル等の詳しい内容はメールで・・」とのこと。ギリギリまで待ったけどメールは間に合わず、しかも雨だったため“ギリギリ”の見切りをミスって乗るはずの電車にはギリちょんで逃げられ、しかも走っていたため途中でマナーモードのケータイが着信してたことに気づかず、車内で気づいて次の乗換えの1分強の間にコールバックしようとしたら、なんとバッテリー残量がゼロになってケータイがシャットダウン・・とゆー、悪夢としか思えない事態に見舞われた。
とにかく充電しながら梅田まで移動し、JR線への乗換えで走りながらコールバックして著者名とタイトルを聞こうとしたけど、まわりがうるさいのと電波状況が意外と悪くてよく聞き取れなかった。やむなく断片的な情報を、環状線の中でツイッターでつぶやいてみたらオンラインだったフォロワーの方が速攻でつぶやき返してくれて、南海線に乗り換える頃には書籍のタイトルから価格から表紙のデザインまで判明・・というすげーことがあった。どんな表紙かイメージが頭に浮かんでれば急いで探すのに役立つという配慮だよね。

ついったーの威力には、まったくまいったーなう。←って昨日の話やっちゅーねん。
ってか迅速に的確な情報提供をしてくれたフォロワーに今も感謝してるなう。

| | コメント (0)

コシアブラご飯

先日、平泉寺の土産物屋でコシアブラを見つけたので、土産に買った。
1005070006_21005070009帰ってさっそく天ぷらにして食べたのだが・・、





1005120020大量にあったので、残りをコシアブラご飯にした。
塩茹でにして刻み、バターで卵と一緒にいため合わせて粗挽き黒胡椒と醤油で味付け。コシアブラ特有の香りと苦味がバター醤油とばっちり合ってめちゃ美味しい。
タカノツメでも美味しいけど、やっぱりコシアブラの方が香りが際立つ感じかな。

| | コメント (2)

トマトドレッシング「越のルビー」

福井土産に買ってきたコレ・・
1005080127福井のブランドトマト「越のルビー」をベースに使ったドレッシング。甘く爽やかなミディトマトの味わいがストレートに生かされた感じのとてもさっぱりとした美味しさ。生野菜にはもちろん、温野菜にもとても合う。魚介のカルパッチョにもいいんじゃないかなー。

★福井県産「越のルビー」については ・・・ココ!

| | コメント (0)

六甲山花便り 五月上旬編

この週末に山で出会った花たち。1005090007
小さなブーケみたいな白い小花をいっぱいに咲かせているガマズミの仲間たち。コバノガマズミかな?ミヤマガマズミ・ガマズミ・コバを見分けるポイントは葉っぱの形と葉柄のあるなし、らしいんだけどイマイチよくわからない。




1005080024六甲山では分布域が限られているようだけど、バラ科シモツケ属の「イブキシモツケ」も今ちょうど満開。焼け石ヶ原には群生地がある。






1005090036_21005090033山で見かけるフジには「ヤマフジ」と「ノダフジ」の2種類があって、六甲山あたりではほとんど「ノダフジ」だそう。ツルが右巻き左巻きとか見分け方があるみたいだけど・・・。


1005080037比較的高い樹の花で目立つのは「マルバアオダモ」。モクセイ科トネリコ属の落葉高木で、白い房状の花を咲かせる。羽状複葉の葉は先が尖ってて、なんでマルバ?って思うけど、鋸歯がないって意味だそうな。




1005080067白い花で見頃なのはツツジ科の「シロバナウンゼンツツジ(白花雲仙躑躅)」。雲仙にはないそうだけど、六甲山の中腹以上くらいのところではちょいちょい見かける。ほかのツツジと比べるととても小さくて可愛らしい。




1005080107ツツジの仲間では、一番に咲くコバノミツバツツジは中腹以下ではほとんど終わっていて、代わってヤマツツジがちょうど見頃に。樹林帯の中でもハッとするほど色鮮やか。





1005080121モチツツジも最盛期は過ぎたっぽいけど、まだ咲いてる株もちらほら。







1005080113これはモチツツジにしては色が濃いような気がするけど、ミヤコツツジなのかな?ヤマツツジとモチツツジの交雑種がミヤコツツジなわけだけど、ガクの長さで見分けられるとか言われても・・よくわからない。




1005080087若々しい葉っぱの間から可愛らしい花序を揺らしているのは、カエデ科の「ウリハダカエデ(瓜肌楓)」。






1005090012「卯の花の匂う♪」頃。ウツギの仲間もそろそ咲き始めていて、「ツクバネウツギ(衝羽根空木)」が咲いていた。かわいいピンク色のタニウツギもつぼみがふくらんでいた。





1005090023バラ科キジムシロ属の「ミツバツチグリ(三葉土栗)」。
日曜日に踏査したコースにアホほど群生してた。






1005090005キク科の「ノアザミ(野薊)」。細かい同定はニガテな私だけど、春咲きのアザミはこれだけらしいので間違えようがない。






1005090069昨日の記事でも紹介したムラサキ科の「ホタルカズラ(蛍蔓)」。この色が好き。







1005090083ラン科の「ギンラン」。
めったに出会えない植物を見つけるとうれしくはなるけど、でもそれは、そこで出会えることに価値があるのであって・・
またシーズンが来たら自分がそこへ行きましょう。決して拉致らないでほしいものだ。

| | コメント (2)

路傍の花たち ~5月上旬

昨日一昨日のお散歩中に道端で出会った、1005080004舗装のすきまや街路樹の根元で勝手に咲いてる花たちをご紹介。空き地や河原などで昔からよく見かける「マツヨイグサ(待宵草)」。南米からやってきた帰化植物で、アカバナ科の可憐な花。夢二さんが「宵待草 」と詠っておなじみ。





1005080005同じくアカバナ科の帰化植物で、近年マツヨイグサよりよく見かけるようになってきた「モモイロヒルザキツキミソウ」は北米原産。これまた可憐な風貌に似合わずたくましい生命力を持っている。





1005080010よく見かけるようになってきたといえばコレも。ゴマノハグサ科ウンラン属の「マツバウンラン」。“仮面状花冠”という個性的なフォルムの花を咲かせる。やはりアメリカからの帰化植物だが、1980年頃から広がりだしたらしい。都会でも植栽の隙間から茎を伸ばして、涼しげな花を風にそよがせているのをよく見かける。


1005080006可憐なのに生命力旺盛と言えばこれもまさにそう。ケシ科の「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」。地中海沿岸から中欧原産の帰化植物だが、項羽と劉邦の決戦で破れた項羽に殉じて自刃した虞妃(ぐき)の墓に咲いたと言う伝説から「虞美人草(ぐびじんそう)」とも呼ばれている。



1005080056草むらでよく見かけるシソ科の「カキドオシ」。垣根を突き通すようにツルを伸ばすが、葉の形が丸いことから、別名「連銭草(れんせんそう)」。「疳取草(かんとりそう)」とも呼ばれ、薬草茶として利用されることもあるらしい。




1005090059ちょっと雰囲気が似ている「ムラサキサギゴケ」は、ゴマノハグサ科の植物で田の畔などに多い。よく似た花に「トキワハゼ」があるが、こちらは花がもっと白っぽい。





1005080054道端で群生しているツヤツヤした黄色い花はキンポウゲ科の「ウマノアシガタ」。ちょっと似ている種に「ケキツネノボタン」ってのもあるけど。






1005080008黄色い花でやっぱり今とても目立ってるのはキク科の「ジシバリ(地縛り)」。イワニガナ(岩苦菜)という別名もある。

どれもありふれた路傍の花だけど、可憐で、美しくて、たくましくて、ステキ。

| | コメント (2)

またまた、地図と遊んだ一日。

諸般の事情で、またしても単独でとあるコースを踏査することに。1005090003(諸般の事情については聞いてくれますな。アホ丸出し!につき。)
渓谷美のこんなところを出発いたしまして・・・・







1005090008決して「三角点オタク」ではないのですが、三角点をいくつかめぐり・・







1005090009自分の読図力にイマイチ自信がないもんで、GPSなんかも活用しつつ。ありゃ、ドコへ行ったかまるわかり。ま、いっか。






1005090044新緑が色鮮やかで、とても気持ちがよかったのです。
読図はかなーり難しかったけど。

ま、講習会でオタオタしない程度にはリサーチをしました。受講予定の皆サン、ご安心ください。



1005090072今日の収穫は・・ホタルカズラの大群落を見つけたこと。
べつに珍しい植物でもないかもしんないけど、とても可憐なので大好き。





Himehagi_1005090056それから、ヒメハギがたくさんあったこと。
これもあちこちでいっぱい咲いているけど、あまりに小さくてつい見過ごしてしまう植物なんだよね。






「見つけた」と言えば、ちょっとだけ自慢していいですか。
それは・・

続きを読む "またまた、地図と遊んだ一日。"

| | コメント (4)

母の日のプレゼント

1005060004

| | コメント (0)

長い長い蛇のお散歩

朝8時に家を出て・・逆瀬川を遡り、「ゆずり葉緑地」まで3.4km。1005080013
樫ヶ峰への登り口を見送り、エデンの園方面へ。








1005080026コバノミツバツツジのピンクと、マルバアオダモの白と、新緑の黄緑がなんとも美しいエリア。







1005080034向こう側に建物さえ見えなければ“それなりの山”に見えそうな・・







10050800241005080027ガマズミやら野イチゴがきれいに咲いておりまして。




沢沿いに詰め上がると「小笠峠」のちょい手前へ出るのであります。
1005080041道路脇で、ミツバアケビの花を見かけた。
ふつうのアケビ(葉っぱが5枚)と違ってシックなワインカラーの花で、時期的にもずいぶんと遅れて咲き始める。





で、

続きを読む "長い長い蛇のお散歩"

| | コメント (6)

優花さんが咲いた

にゃみ家で一番人気のフロリバンダ「優花」の一番花が開花。
1005070004咲いた瞬間に切られてるけど・・・coldsweats01
バラの品種名をどうしても覚えないにゃみ家の人々だが、優花さんだけは覚えてるみたい。この上品なピンクがみんなのお気に入り?





1005060007シュラブローズの「ケアフリーワンダー」もたくさんつぼみがふくらんで、クライマーの「新雪」「サハラ」も咲き始め。とてもワクワクする季節・・






1005060006バラに先駆けてこぼれるばかりに花を咲かせているのが、羽衣ジャスミン。帰宅するとき、家の50mくらい手前から香っているのがわかるほど。

クライマーたちは、誘引をしないでほったらかしてるうちに、とんでもない剪定をされてしまって、不恰好で見られたもんじゃないんだけど・・来年こそはちゃんとしよう(って去年も言ってたっけ)sweat01

| | コメント (0)

京都でスペシャルお買い物♪(酒のアテ編)

福井への土産第二弾は酒のアテ系。Fujimuraya_1いつもは大阪鶴橋の国際市場でキムチを大量に仕入れるんだけど、北白川まで足を伸ばしているうちにGWの渋滞やなんかで時間的にヤバくなってきたので、京都で何か、地元の人しか知らないようなものはないやろか、とコチラのお店へ。祇園で150年続いているという老舗食料品店「藤村屋」さん。阪急電鉄の2009年度“バーチャル駅長”仲間「花見小路抜ヶ太郎」さんが八代目さんというご縁で・・。

Fujimuraya_2ここの自家製ちりめん山椒は、保存料などを一切使用せず、先祖伝来の手法で毎日少しずつ炊き上げるという手間ひまのかかったもので、細かいものとやや大きいものがあるが、どちらも絶品。

京都祇園 藤村屋
京都市東山区大和大路四条上ル廿一軒町231
075-561-0617 SkypeID fujimuraya 
7:30~20:30 日・祝日、正月1~4日定休

ちりめん山椒を2袋買って、お土産にと葛きりを3袋いただき、挙句の果てに「どこかおススメの漬物屋ない?」(←京漬物も商ってる店でそれを聞くかsweat01フツー・・coldsweats01
 ・・ってワケで教えてもらったのがコチラ・・

続きを読む "京都でスペシャルお買い物♪(酒のアテ編)"

| | コメント (0)

京都でスペシャルお買い物♪(スイーツ&パン編)

福井ツアーへの出発前、京都へお土産を仕入れに行った。1005020001ゴールデンウィークで混雑する四条からはるばるえいでん(叡山電鉄)が走る北白川エリアへ。さすがにヒト気はあまりなくて静か。(しまった!また撮り鉄してる・・)
目指すは、知る人ぞ知るとっても美味しい焼き菓子を作っておられる「いちなんマルシェ ~Maman et Fille~」。



1005020006昨年末に、スイーツ関連のカリスマブロガーyukiさん宅のhome partyにお招きいただいたときに、pataponさんからフィナンシェをプレゼントしていただいて、そのあまりの美味しさに一同大感動。しかしながら、立地的にとても遠く、日曜日しか開いていないため未訪問だった。



1005020009とても濃厚で美味しい「かぼちゃのプリン」が欲しかったけど要冷蔵なのであきらめて、焼き菓子をメインに購入。
接客してくれたのは“maman”だと思うけど、とてもあったかい雰囲気で感じのいい方だった。




10050300371005030036「栗はちみつのガレット」はサクサクの食感と栗の香りがとってもGood。「カヌレ」は小ぶりながらバター風味がとてもリッチで美味。フィナンシェの美味しさはもう書くまでもないので割愛。 ↑なんでミスドのカップなのって聞かないで(笑)

いちなんマルシェ ~Maman et Fille~
京都市左京区一乗寺北大丸町51
075-721-6937
毎週日曜日10:00~

ここまで来たら、ついでに寄ってみたかったのがコチラ。

続きを読む "京都でスペシャルお買い物♪(スイーツ&パン編)"

| | コメント (8)

5月6日の蛇のお散歩

1005060013_410050600141005060015_31005060017_21005060019_210050600251005060026_2翌日が雨っぽいので、日暮れ前にちょこっとお散歩。
ジョギングではなくウォーキングでもなく。
ちょっとだけ心拍UPでぼちぼち行こう。

| | コメント (2)

勝山の新店「石挽き蕎麦 好太郎」

福井ツアー2日目、黒谷観音にお参りし、2_1005040154平泉寺のソフトクリーム屋さんに寄ったあとでもう1軒立ち寄ったのがコチラ。新店と言っても、昨年末くらいにオープンされたようだが、市街地から離れていて、ちょっと隠れ家的な立地のため、まだあまり知名度が高くないらしい。えちぜん鉄道の「発坂駅」からほど近い住宅街の中にある。
「第12回全日本素人そば打ち名人大会」で準名人に選ばれた中村好太郎氏が出されたお店で、現在のところ営業は土日祝日のみ。



1005040156日曜日のみ数量限定で“10割”があるとのことで、もちろん10割のおろしそばをいただいた。







1005040158勝山産のそばにこだわり、玄そばを自家製粉しているというそばはエッジの立った美しい仕上がりで、とても美味しかった。粗挽きの「盛り」も食べてみたいな。

★石挽き蕎麦 好太郎
勝山市鹿谷町保田98-7-2
0779-89-2415
土日祝のみ営業
11:00~15:00/17:00~20:00


ところで、福井に来たらやっぱりおろしそば。
極にゃみ的にお気に入りな福井のそば屋は・・・

続きを読む "勝山の新店「石挽き蕎麦 好太郎」"

| | コメント (0)

「平泉寺のソフトクリーム屋さん」

福井ツアー二日目に黒谷観音に行ったあと立ち寄ったのがコチラ。1005040153福井にいるときソフトクリームが食べたくなったら必ず足を伸ばすお気に入りのお店だ。
平泉寺白山神社・第一駐車場に面した可愛らしいお店で、店先はいつもきれいな花が咲いていて、そしていつもお客さんでいっぱい。




1005040146ジャージー牛乳100%で作られているソフトクリームが人気なのだが、この日はなんだかとっても“プリンな気分”だったので、ソフトクリームの上にプリンがどーんと乗った「プリンちゃん」をセレクト。さっぱりとしたソフトクリームと、やはり自家製の優しい味のプリンがとてもマッチしててシアワセ~な気分に・・。







1005040150平泉寺のソフトクリーム屋さん
福井県勝山市平泉寺町平泉寺67-20-2
0779-88-0255
3月上旬~12月上旬
10:00~17:30




1005040144メニューはこんなかんじ。


ちなみに、平泉寺もおススメです。
★平泉寺白山神社散策記 ・・・ココ! 2007年8月16日

| | コメント (2)

越前大野の古刹・黒谷観音

福井ツアー二日目の午前中、かぴさんと大野方面へドライブにでかけた。1005040123満開の芝桜を見ながらまず目指したのは平安時代創建の古刹で、夢のお告げを受けた平城天皇の勅願により京都の黒谷から大野の黒谷に移されたという「国生山佛性寺」。
山の裾野にある境内には、存在感のある巨木に守られ、美しく苔むした参道には清らかな気が立ち込めている。


1005040125本尊は三十三年に一度しか開帳されない秘仏だが、境内には風情のある石仏が点在。
参道の入り口では、優しい面ざしの観音さまが静かに迎えてくれる。





1005040126何の樹なのか・・巨大すぎてよくわからない。栂か何か?







愛らしい表情をした石仏がそこここに。

続きを読む "越前大野の古刹・黒谷観音"

| | コメント (0)

『今、知っておきたい 日本茶の基本』

エイ出版社から日本茶に関するムック本が発行されました。
Nihontya_3奥深い魅力が再び見直されている日本茶について、歴史や産地、銘柄、味わい方など幅広い視点からまとめたもので、A4変形版フルカラー128ページの読み応えのある一冊。
「諸国名物茶図鑑」の宇治茶のパートを執筆させていただいてま~す。

今、知っておきたい 日本茶の基本
エイ出版社 刊 2010.4.25発行 980円

★取材記・・ココ!

| | コメント (0)

竹田のあげで煮物

福井に行くといつも買って帰る「竹田のあげ」。
1005060001フライパンでカリカリに焼く「あげ焼き」が定番料理法で、「あげご飯」も美味しいんだけど、今日はナゼだかキャベツと煮付けにしてみたい気分に。







1005060003たぶん御所の「片上醤油」が煮物に美味しいってのを発見しちゃったせいだと思うんだけど・・coldsweats01

新キャベツ、新玉葱、スナップえんどうも一緒に薄味で煮たら、とてもやさしい味に。
やっぱこのお揚げさん、美味しいわー。

| | コメント (0)

そしてロクスケ3連チャン

なっちゃん・muraさんチームと1時間だけ登ろうってことでロックスケイプへ。
1005050214ほかのジムと違って、“初回登録料”という意味不明な費用はかからないし、1時間1050円っていう選択肢があるので、ちょこっと覗いてみるヒトとか、通りすがりにちょい登りたいヒトにはGoodなジムなのである。




1005050220かぴさんに“怒涛の新作コレクション”をご案内してもらって、怒涛のトライ。(って、なっちゃん・muraさんが、だけどcoldsweats01 ←私ゃもう手が終わってました)






1005050216スラブ・ルーフ左・柱・ルーフ右・マントルとあちこちの課題を次々にトライ。







1005050275極にゃみ的には昨日より後退してる気味でからきしだったけど、楽しい雰囲気を一緒に味わえてとてもよかったな。
帰りの名神高速は少し渋滞したものの、けっこう順調に走れて、サンダーバードの1/3くらいの費用で帰ってこれた。本当にありがとうございました。1005050222_3

| | コメント (2)

「その字」でそばランチ

朝、くま家で幸せな朝ごはんを食べて、1005050194まったりしていたらなっちゃんからメール。「今、富山です・・」
んんっ!?んじゃ福井へ寄ってくれる??ってコトで・・






1005050199お昼前に福井に到着したなっちゃん、muraさんチームと合流。
まずはお昼ご飯ってコトで、ロクスケからちょっと走ったところにある「その字」へ。
モダンなデザインの小洒落たお店で、とても端正で美味しいそばが食べられる。



1005050200おろしそばを頼んで、待っている間に隣の客が食べていたかき揚げを見て「あれ美味しそう」 ・・いや、すげー美味しいんですけど、すげーボリュームで、クライマーが食っていいようなシロモノじゃないんですよ。




1005050203んじゃ三人でシェアする?ってコトで、ほどよいボリュームのかき揚げおろしそばになった。かなーり久々に食べたけど、やっぱココのそばは美味しい。帆立たっぷりのかき揚げも絶品。カロリーさえ気にしないならね。


その字
福井市高木中央2丁目2612
0776-52-1106
11:30~14:30 17:00~20:30  月曜定休

| | コメント (0)

なぜかまたまた福井な夜

剱岳へ行ってるパーティに「帰りにタイミングが合えば拾ってくれない?」って1005040189_2声をかけていたのだけれど、2パーティとも下山が遅くなったので富山でもう1泊するってことに。で、どーしよーかなーと思ってるうちに時間も遅くなり、「ついでやからもう1泊してったら?」ってコトで、さらに連泊。くまさんお世話になりっぱなしでスミマセン。ってワケでさらに福井な夜は続くのであった。






1005040192この日の酒は「純米大吟醸・奈良萬」。福島県喜多方の夢心酒造のもので、福島県で開発された「うつくしま夢酵母」、福島県産の酒米、飯豊山の伏流水を用いて醸され、生産量が少ないため稀少なのだとか。
燗酒に向いているという触れ込みだったが、しっかりとした飲み口は冷で飲んでも美味しかった(って燗にするのが面倒だった・・・)。



1005040190野菜三昧なヘルシーメニュー、ひらめの昆布〆やら、くまさん特製の具沢山チヂミなどに舌鼓を打ちながら、またしても記憶レスワールドへと突入するのであった・・
昼間暑かったせいか麦酒を2本も飲んでしまったけど、エビスがやっぱり美味いなー。

| | コメント (0)

ロクスケ②

福井二日目もロックスケイプ1005040165昨日は山口県から高校生の強化チーム7名が登りに来ていたけれど、今日は鳥取県からご一行様19名が来られていて、ロクスケはえらい活気。







1005040177高校生クンたちはとっても楽しそうに長時間登り続けていた。やっぱあのスタミナは若さかしらん・・
女の子たちも果敢にトライしていた。





1005040180せっかくの課題なので、できそうなやつにはかたっぱしから手を出してみて、5完登。え?全部で35もあるのにって???

| | コメント (0)

福井な夜②

福井滞在2日目の夜は、一匹増えて“か1005030091ぴくまごりにゃみ”宴会。
彩り豊かな野菜料理の数々、地元産の汲み上げ豆腐などヘルシーなメニューがテーブルを彩る。






1005030081富山のクライマー・ゴリちゃんがお土産にと持ってきてくれたのが名産のます寿司とぶり寿司が二段になったの「すし重ね」。
ホントはこの時期に富山でしか手に入らないサクラマスのものを買いに行ってくれたそうなのだが、朝10時半に行ってすでに売り切れだったとか。

1005030090_2でも、ふつうのます&ぶり寿司も充分美味しかった。






1005030098_2ゴリちゃんのお土産がもうひとつ。
富山の伝統的名産品「細工蒲鉾」で、端午の節句にちなんだ可愛らしい金太郎さん。
細工蒲鉾は、新鮮な海の幸を生かしてつくられる独特の柔らかな食感と、華麗な装飾性で慶弔や贈答品として今も富山では人気があるらしい。


1_1005030103この日の酒は、朝倉義景ゆかりの地で四十六代続いているという老舗・安本酒造の「白岳仙」純米吟醸 あらばしり生(山田錦16号)。
ふわっと立ち上がる香りがとてもフレッシュな生酒で、うす濁りのマイルドな味わい。こいつはか・な~り、お気に入り系。
「あらばしり生」は季節限定の稀少なものらしく、来年の春がもはや待ち遠しい・・

★安本酒造有限会社
福井県福井市安原町7-4
(0776)41-0011

| | コメント (0)

ロクスケ①

くま家でゆっくり目覚めて、みんなでしあわせな朝ごはん。
1005030031くまごはんはホントにココロもカラダも幸せになる滋味あふれる美味しさなのだ。






1005030040一番でロクスケに行って、シューズをあれこれとフィッティング。新開発ラバーの採用でフリクションと耐久性がぐっと向上し、形状的にもいろいろな進化を遂げた「2009サイエンスフリクションモデル」の中からオンサイト、マニアック、ジェスターを履いてみて、一番足入れ感がよかったジェスターをセレクト。

1005030041さっそくおNewのシューズでトライトライ♪
この日のために、30本余りもの課題が用意されていた・・・のだけれど、
結果的に登れたのは・・・coldsweats01




1005030073でもまあ、ロクスケクライマーのEリカちゃんやザンヌ、富山からかけつけたGoriちゃんたちががっつり登ってくれたからまぁいいか(?)
久々に見たEリカちゃんはぐっと締まった感じでとっても美しかった。Goriちゃんも「夏までには別人に・・」とか言ってたなー。私もちっとはシメて登れるようにならねば・・

| | コメント (0)

福井な夜①

夕方発の高速バスで福井へ・・
1005020021名神高速道路がえらい渋滞で、3時間半で到着の予定が5時間近くかかってしまった。
米原ジャンクションを過ぎるとさすがに空いていたけど・・




1005020023ロクスケはGWタイムのため20時で営業終了しているので、かぴ号でピックアップしてもらってくま家へ直行。いきなり宴会開始。
諸般の事情で70日間あまり断酒しているかぴさんを巻き添えにかぴくまにゃみでまったり和やかなひと時。


1005020025いただいたのは、地元・安本酒造の白岳仙無濾過生原酒。ふんわり香り高く、マイルドな口当たりがとても美味だった。





1005020029京都で仕入れた“日本一美味しい漬物匠”という「一頁」さんの日野菜漬も・・
※京都で仕入れたシリーズはまた別記事で。

| | コメント (0)

にしき堂「生もみじ」

広島からの帰りに、新幹線の駅でふと見つけて買ってみたのが1005010001_3「生もみじ」なるお菓子。
ふつうのもみじ饅頭と皮が全く異なり、もっちり・しっとりとした食感が独特。たしかに、名前の通り「お饅頭」ではなく「生菓子」の味わい。
粒餡と漉餡の2種類があった。食べたことがないので、家族の人数分だけ買ってみたけどコレはなかなかヒットでした。

にしき堂
広島市東区光町1丁目13番23号
082-262-3131

| | コメント (2)

春の味・タケノコ&新玉葱

先日、掘りたてのタケノコのおすそ分けに与ったので、タケノコたっぷりのちらし寿司。
1005010001フキに木の芽もあしらって、香り高い春の味に。
タケノコをいっぱい入れると歯ごたえがよくてとても美味しい。






1005020003それから、早生種の若い玉葱をいただいた。葉もぜんぶ食べられるとのことで、「まつまさ」の揚げと煮付けてみることに。
味付けはもちろん御所の天然醸造・片山醤油





1005020005新玉葱ならではの柔らかさと自然な甘味たっぷりでとても美味しかった。
まるごと一株ひとりで食べちゃった。

| | コメント (0)

にゃみにゃみ。のお散歩道

引きこもり状態だった昨日、夕方にちょこっと運動がてら定番の散歩コースを歩いた。
1005010009仁川上流の「五ヶ山遺跡」は弥生時代の古墳や遺物が発掘されたところ。見晴らしのいい高台のプチ公園になっていて、ココを通って・・・






1005010012かつての「阪急仁川自然植物園 」、2005年に閉園されてからは「仁川市民緑地」となって無料開放されている園地へ・・・。

宝塚の街並みと中山連峰を見渡せるナイスビュースポットだ。



1005010025自然の山肌を利用した湿原と丘陵地に拓かれた公園で、自然林、湿地植物、山野草園、薬草園などが作られ、クリ拾いや芋掘り、しいたけ狩りなどが楽しめたので、うちの“たま”が小さい頃にはよく訪れた。
閉園後は植物の手入れなどは放棄されている感じだが、それぞれにたくましく生育している。


1005010024八重桜やハナミズキがちょうど見頃・・








1005010026八重桜では、「六甲菊」という面白い桜が咲いていた。
桜やのに菊って名前なんか~い。
花の中心に緑色の部分があってとても不思議な雰囲気。




1005010022林床では、ひっそりとアマドコロが花を咲かせ始めていた。
元は植えられたものだろうが、管理放棄されたあとは自力で生きられる種だけが残って淘汰されている感じ。




1005010031ヒメハギ科ヒメハギ属の「ヒメハギ」が咲いていた。
とっても小さな花なので見落としがちだけど・・
よーく見るととても可憐。





1005010034園内で今から見頃を迎えるのはツツジの仲間たち。
べつにお手入れされてるわけでもなさそうなんだけど、たくさんのつぼみがスタンバイしてる。





1005010035目に鮮やかな咲き姿。








1005010004野草では、キク科のハルジオン(春紫苑)が咲いていた。極にゃみ的には、やっぱり園芸種より野草が好きだなー。



★仁川市民緑地 ・・・このへん





・・・

続きを読む "にゃみにゃみ。のお散歩道"

| | コメント (0)

第18回比婆山国際スカイラン大会

来る5月23日、中国地方で唯一の山岳マラソンが開催されます。1004290074不況のあおりで休止されていた大会が多くの要望があって4年ぶりに復活とのこと。緩やかなトレイルで、とっても見晴らしがよくて気持ちのいいコースなので、トレラン初心者にもおすすめ。なんたって、比婆山ってこ~んなにすてきな山なんですよ。
 ★その① ・・・ココ!
 ★その② ・・・ココ!

■大会概要は・・・ココ!
↑もう締め切りだったらゴメンなさい

Aコース 18.5km(高校生・一般)
Bコース  9.0km(中学生・高校生・一般)
参加費 ;
(1)一 般; 4,000円
(2)中高生; 3,000円 

主催:広島県山岳連盟
広島市西区横川町2丁目4-17
082-296-5597 

| | コメント (0)

Meeting@“回らん”寿司

昨日は、山帰りに梅田で超久々にお寿司を食べた。
1004300203お初天神の商店街からニュー松屋のある細い路地を東へ入ったところにある「縄寿司」へ。いつもは隣の「亀寿司」なのになーと思っていたら、やっぱり入り口を間違えていたらしい。極にゃみ的にはどちらもべつに遜色はないと思うのだけど・・




1004300204コノお方と会うのはとても久しぶりなので、アレコレとつまみながらなんだかんだと喋って・・







1004300205いるうちにめっちゃオナカがいっぱいに。サスガに食い意地がはったへっぽこブロガーでもすし屋で写真を撮るのはちと恥ずかしい。ってワケで時々盗み撮りみたいに撮ったものしかないんだけど。





1004300206この日は「うどん→ラーメン→ジェラート→ラーメン→寿司」とゆー、とんでもない摂食構成だったため、そこそこ歩いたにも関わらず、帰って体重計ったら激増・・・sweat02 
恐ろしいことである。

ともあれ、ごちそうさまでした。

★縄寿司
大阪市北区曽根崎2-14-1
06-6312-9891
12:00~24:30

| | コメント (3)

広島の山で出会った花たち

2010GW★広島ツアー①、★広島ツアー②で出会った花たち。
1004290013最初に行った天応は花崗岩質なので、六甲山と植生が似ているように感じた。コバノミツバツツジ?(アラゲミツバツツジ?)が満開。






1004290035スイカズラ科のコバノガマズミ?








1004290041ナメラ岩を背景に清楚で涼しげな花を咲かせているのはマルバアオダモ。
ほかにも、サルトリイバラなどが花盛りだった。ワラビもひょろひょろと出ていた。





1004290058比婆山では、ブナの新緑を楽しみにしていたのだが、寒い日々が続いているため、例年この時期に萌え出す新芽はまだまだ固い冬芽のまま。でも林床にはいろんな花が咲いていた。
あちこちでたくさん咲いていたミヤマカタバミ。




1004290059エンレイソウもちょうど見頃。なぜかみんなうつむきかげんなんだけど・・・







1004290064ショウジョウバカマもあちこちに。
ナゼかこの花、私はなかなか見つけられないのに、horiさんがすぐに見つける。






1004300110初めて見た「ダイセンキスミレ」。とても小さくて可憐・・







1004300113このスミレはダレ?タチツボスミレみたいな淡い青紫のスミレがたくさん・・
(写っている葉は別の植物)






1004300170これもよくわからないスミレSP。








1004300173ネコノメソウとミヤマカタバミ。








1004300176オオカメノキ(ムシカリ)も咲いていた。もっと遅い時期のような気もするけど、こんなもん?周辺はまだ山桜がきれいで、タムシバも咲いていた。
極にゃみ的には、すぐに立ち止まっては観察モードに入ってしまうのだけど、horiさんも植物好きみたいで、うっとうしがらずに付き合ってくれたのでヨカッタ。


1004300186オマケ。ジェラート屋さんの駐車場に大量に咲いていたヒメオドリコソウ、なんだか色が鮮やかで、花がみょーに目立つけど・・最近話題のモミジバヒメオドリコソウほど葉の切れ込みが深くはない?

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »