« 末期的? | トップページ | 梅雨明け山行二日目 ~雲取山から丹波へ »

梅雨明け山行初日 奥多摩の山

連休前の金曜日、東京で会議があったため、せっかくなので関東の山を歩くことに。
1007160028たまたま同じように東京で夕方業務が終了したK上嬢と新宿で合流し、奥多摩へ・・。
事前郵送が間に合わなかったので、まずは駅前の交番に登山計画書を提出。





1007160029_2氷川キャンプ場の一番小さなバンガローを借りて、都内で仕入れた食材とワインでささやかに前夜祭。
この日、東京都内は梅雨が明けたとしか思えないほど晴れあがって暑かったが、さすがに奥多摩の夜は涼しかった。




1007170034翌朝、羽黒三田神社の石段からスタートしてみたものの・・。これがまー、二日酔いの朝一番に登るよーなシロモノではなく・・いきなりの急登にグロッキー。「道標にはあっちって書いてあるのに・・・」と疑わしげなK上嬢を「だって地図で見るとこっちが近道だもん!」と説き伏せて来てみたけど、選択ミスですなー。近いのには理由があるのであった。ゴメン・・

1007170052_2異常な発汗にへろへろになりながら「石尾根」を登るが、だーれにも会わないんですけど~?
ガスったりもしてたけど、まずまずのお天気で、汗だくだくになりながら城山・水根山を越えて、鷹ノ巣山(1736.6m)へ。
奥多摩駅前が326mなので、都合1400m登ったことに。累計高度差はかなりのもの。しんどいはずや~。


1007170069_2鷹ノ巣山山頂は、展望はあんまりなかったけどたくさん人がいた。
石尾根にはほとんどダレもいなかったのに・・もしかして、地元の山ヤさんにとっては石尾根って、登るコースではないのだろーか、とゆー考えが頭をよぎる。



1007170073時間的にまだかなり早かったが、この日は「鷹ノ巣山避難小屋」にて泊まることに。
超快適できれいな小屋である。別棟でトイレもあり、5分ほど下ったところには水場もある。





1007170075がっつり担ぎ上げた食材でアレコレ楽しいお夕食♪
ポテトとソーセージのソテー、胡瓜と茄子の即席漬、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーニconバジリコ・・

が、到着が早すぎたのと、ちとアルコールが不足気味だったため、いささかさびしい気分のまま明るいうちから就寝。同宿は2名パーティが一組いただけでとても静かで快適だった。

|

« 末期的? | トップページ | 梅雨明け山行二日目 ~雲取山から丹波へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 末期的? | トップページ | 梅雨明け山行二日目 ~雲取山から丹波へ »