« IPNET-Jから、被災地の子どもたちへ・・・ | トップページ | 六甲山(の地図を見て)を歩こう!!Vol.1-2 / 2-1 »

東日本大震災 支援活動報告会@神戸byあさやん

アウトドアつながりの仲間たちとDsc00722共にいち早く被災地へ行ってきた白馬堂ROKKO・浅野晴良氏による報告会が、神戸登山研修所にて開催され、約50名の方が集まってくださった。
関西からはとても遠い、東北の被災地。
物理的にも、心理的にも遠いけれど・・・


極にゃみ的に印象に残ったところだけレビュー。

「石巻まで運転を交代しながら走れば約12時間。六甲を全山縦走する程度の時間で行けるんですよ」

「“自粛”はそれこそ自粛しないと。日本の生産の1/5を担っているエリアが被災している今、被災地以外の我々はその分、1.25倍働き、1.25倍経済を活性化させる必要がある。
現地では“がんばれ”とはとても口にできなかった。がんばらないといけないのは、被災していない地域。我々ががんばって、日本を支えて、復興させなければ」

「友人のフリーカメラマンは震災で仕事がなくなったから当分ボランティアをする、と言ってずっと現地にいる。一般の人には難しいかもしれないが、ゼンジュウを1回“自粛”して、その12時間をかけて現地へ向かい、有給休暇を2日充てれば行けるのでは」

「現地には、報道とはかなりかけ離れた現実がある。リアルな被災地の現実は、報道されていないことが多い。海外メディアの方がはるかにいろいろな情報を流している」

「ボランティアに押しかけることが迷惑かどうかはわからないけれど、阪神大震災のときと違って、圧倒的に広大な被災エリアで多大な被害が起こっているのに、ボランティアの人数があまりにも少ない。『安易に行くな』と言うのは一種の風評被害。“阪神”では2万人来てくれたボランティアだが、石巻にいたのはわずか1000人。とにかく人手が足りていない」

「被災地に行けないのであれば、実効力のある活動をしている人を後方支援するという方法もある」

「知名度の高いところ・・メディアが好んで報道するセンセーショナルなエリアは支援物質も人も行っているが、“気づかれていない”ために放置されている被災者がたくさんいる」

「ほうれん草や青梗菜など、出荷できなくなったと聞いた野菜がたくさん入ってきていた。群馬産とか茨城産とか・・・。被災地ではそれを食べている」 !!

「関西で、神戸で大切なことは、まずは関心を持ち続けること。そしてそれは、実感ある支援によって継続できる」

まだまだ書ききれない。間違ってるかもしれないし、優先順位がおかしいかもしれないけれど、速報的に今日の報告会の内容をUPしました。

お忙しい中、来てくださった皆さま、ありがとうございました。
※聞き間違い・勘違いがあればごめんなさい。

それから、Shin's BURGER さんが「支援バーガー」を届けてくださいました。
まさに、あさやんが「活動をしている人への後方支援という方法もある」と言う話をしているところへ。とても美味しかった。ありがとう。

Photoところで、四万十塾の塾長とーるさんこと、木村とーる氏という方がおられます。
あさやんが現地で共に活動していた方で、現在も活動中。
彼の最新刊『四万十塾の焚き火料理塾』を買いました。これも、活動している人の後方支援になると思います。(フリーランスの人は、サラリーマンに比べると動きやすいけれど、活動している間は完全に収入が絶たれます。休業補償もなければ、有給休暇でもないのです)



あさやんの日記

同じく、石巻で活動中のホーボージュンさんが現在配布中の『フィールドライフ春号』に寄稿した
『あの日から、震え、怯え、泣き、そして今、
被災地のために何かがしたいと思っている
心優しきボランティア志願の君へ。』 も一読してほしい。
ココでPDF版が読めます。

|

« IPNET-Jから、被災地の子どもたちへ・・・ | トップページ | 六甲山(の地図を見て)を歩こう!!Vol.1-2 / 2-1 »

コメント

にゃみさん、昨日はありがとうございました。
あさやんさんの言葉が、心に響き、
とても嬉しい日を過ごす事ができました。
とーるさんの本もGetできました!
勝手に宣伝部長のおかげです…(@^^)/~~~

投稿: バレン | 2011年4月17日 (日) 11:00

バレンさん、
来てくださって、ありがとう。
そして、いろんな方に広めてくださってありがとう。

人と人のつながりが、よいご縁を生み出していく。
人の縁が明日をつむぎだして行く。

近頃、ホントにそう思います。
バレンさんとのご縁も、ホントにステキ。
お会いするたびになんだかわくわくしますもんね。

ありがとう!

がんばろうニッポン!(あさやんの口癖…ww)

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年4月17日 (日) 23:51

ボランティア志願者への話はあまりなかったんですね〜、残念。
「現地へ行って何も出来ない」ってことがないように情報収集しなきゃ。

ただ、GWは混むでしょうね〜。

投稿: タマスケ | 2011年4月19日 (火) 11:07

とにかく行こうよって話もありましたよ。

要約が偏っててごめんなさい。

「志願」で、どーしていいのかわからない、
つてもない、のなら浅野氏に相談してみたら?

連絡先お知らせしますよ。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年4月19日 (火) 19:34

ありがとうございます。
何人か、他にも現地に行った人がいるので
とりあえず、その人達に話しを聞いてみまーす!

行ってから少し時間が経つと、
状況も大きく変わってきそうですね。

投稿: タマスケ | 2011年4月20日 (水) 17:53

そうそう。日々ニーズは変わっていくみたい。
現地に今いる人と連絡を取って、
その上で動くのがいいんでしょうね。

現地にいける人は行く。
いけない人はいけないなりに。

できることを精一杯やりましょう。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年4月20日 (水) 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IPNET-Jから、被災地の子どもたちへ・・・ | トップページ | 六甲山(の地図を見て)を歩こう!!Vol.1-2 / 2-1 »