« 2ヶ月ぶりに髪を切った。 | トップページ | 数年ぶりの「花くじら」 »

『プリンセス・トヨトミ』

「大阪夏の陣」で徳川家に滅ぼされた豊臣家。自由闊達でノリのいい“太閤はん”を愛していた大阪の庶民たちは、冷酷な徳川家の仕打ちに「太閤はん、かわいそうや」と同情する。そこから400年に渡って、地下組織的に代々受け継いできたのは・・・
Pt_wallpaper_a_thumb_2
飲み屋で、役所で、商店で、突然ひょうたんがカタリと置かれる。
「あ、ひょうたんや!」「ひょうたんや!」「ひょうたんや!」 ・・・街中にあふれ出す大量のひょうたん。(どっから出てくんねん・・・coldsweats01

そして、“七月八日金曜日、午後四時。大阪が全停止” ・・・という奇想天外な作品。
万城目学原作の同名の小説を映画化したもの(原作では全停止の日が違うようだが)で、空堀商店街や大阪城など、見慣れた街並みがコッテコテの原色モードで登場する。はちゃめちゃだけど面白かった。

ナゾの組織「財団法人OJO」がエエ味を出しているんだけれど、極にゃみ的には“本当の読み方”がイマイチナットクできない。つか、「おじょー」にしか思えないのやが。(つかどうでもいいか)


ところで・・・

“フクシマ”での対応で露呈した、国民をあまりにもないがしろにしているこの国にはもう愛想をつかして、大阪国とか、ホンマに独立したらどうやろか。
巨大な“闇”が内在するこんな国より、荒唐無稽でも、いい国ができるかもしれん。多くを望まない小さな国で、質素でいいから自給自足して、原子力に頼らず、自然と折り合いながら生きていけたらいいのにな。


ちなみに、5000人のエキストラが動員されたそうで、「かむなび」店主のいとがー先生も登場しているそうですよ。 ★ココ!

|

« 2ヶ月ぶりに髪を切った。 | トップページ | 数年ぶりの「花くじら」 »

コメント

予告で見てからこの映画気になってたんですよね〜。
やっぱりおもろそ!!
ほんま国民無視して我が身のことばっか考えてる政治家なんて
ほっぽって「大阪国」でもなんでも本当の自由のある、気持ちの入った国に独立してほしい気分です。

投稿: monaco | 2011年6月 1日 (水) 22:13

はっきし言っておもろいです!!

ぐだぐだと言って、国民をバカにしてるだけの今のニホンの政府より、地下組織の大阪国のほーが数倍ましです!

私は兵庫国民ですけど、独立するなら全力で国のために尽くす!

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年6月 2日 (木) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2ヶ月ぶりに髪を切った。 | トップページ | 数年ぶりの「花くじら」 »