« 『原子力 その神話と現実』(2011増補新装版) | トップページ | 秋晴れの伊吹山へ。 »

写真展「ISHINOMAKI」スライド&報告会

西宮北口のジュンク堂書店 西宮店にて開催中の写真展「ISHINOMAKI」Dscf7534被災地・石巻でののべ8週間にわたるボランティア活動の傍ら、撮りためた写真を展示しているのだが、本日は横浜からわざわざ有人 さんが来店し、スライド&報告会が行われた。

←仕掛け人の白馬堂あさやんとジュンク堂店長K氏。


Dscf7536避難所での不自由な生活や、津波で壊滅した街の風景は痛ましいものだけれど、この人が撮る写真には、ほっとするような優しい笑顔が満ち溢れている。子どもたちの、ボランティアたちの、きらきらした笑い顔に逆に見ているこちらが元気をもらえた気がする。

有人さんの一言「今日一番伝えたいことは、忘れないこと。思い続けること」。

Dscf7543被災地に行って何か手伝うことはできなくても、ここにいてできることを考え続けること。そして自分にできることをひとつでもいいからアクションとしてやっていくこと。そんなことを改めて考えた濃いひとときだった。

ジュンク堂書店 西宮店
西宮市北口町1-1 アクタ西宮 西館4F
0798-68-6300
10:00~21:00

【写真展】 ~10月16日

有人(本名 鈴木有人)
arito photography

|

« 『原子力 その神話と現実』(2011増補新装版) | トップページ | 秋晴れの伊吹山へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『原子力 その神話と現実』(2011増補新装版) | トップページ | 秋晴れの伊吹山へ。 »