« 「真菰」と「マコモダケ」 | トップページ | ロックガーデンへ »

おかんの味!? お母ん? いや…

昔から「カレーと云えば日本海軍」だそうで、Okann海上自衛隊となった今も、毎週金曜はカレーの日と決まっているそうな。それぞれの艦で自慢のオリジナルレシピが存在し、海上自衛隊ファミリーページ(レシピ)のサイトでは、42種類ものカレーレシピが紹介されている。
そもそも海上自衛隊と言えば食事の美味さで定評があるそうで、帝国海軍以来の伝統を受け継ぐレシピの数々を紹介したのがこの本。陸から隔絶された過酷な環境の中で、食事は隊員たちの活力源であり、稀少な楽しみ。そのため「給養員」と呼ばれる厨房担当者は、限られた食材でめいっぱい美味しいものを作るのが使命なのだとか。
そりゃ、アスリートだって食事はとても重要なのだから、ましてや過酷な任務についている自衛官にとってはなおさらだろう。発売後すぐに売り切れるほどの人気となったという本書には、なかなか興味深いレシピが満載なのである。

『海自レシピ お艦の味  元気が出る!安くて美味しい力めし』
小学館出版局 著
小学館 刊
2010年4月 初版発行

|

« 「真菰」と「マコモダケ」 | トップページ | ロックガーデンへ »

コメント

航海中は食べることが楽しみですが、船酔いがひどいと食事どころでは、、、停泊中は最高ですな!私は美味しい食事をいただいていたわけですが、陸海空3自衛隊の中でも海上の食費が一番高いとか、、、つい最近も食べてきましたよ!お仕事ですから、、、

投稿: Kず | 2011年9月22日 (木) 19:26

船酔い!には思い至りませんでした。たしかに…

けど、現役で食べてんやー!!
アレコレ、美味しそうですよねぇ。
カレーは作ってみようかなー。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年9月22日 (木) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「真菰」と「マコモダケ」 | トップページ | ロックガーデンへ »